月別アーカイブ: 2017年5月

デリヘル嬢からソープ嬢になるときにはここに注意!

現在、日本の風俗業界で最もコンパニオンが多いと言われているのが「デリヘル嬢」です。
風俗業界への入り口としては、比較的入りやすい業種ですが、長く働いていると不満も多くなるジャンルですね。
最近の風俗嬢は、ネットコミュニティーの利用もさかんですから、「ソープ嬢」の稼ぎの良さなどを聞きつけて、転職を考えていることも多いようです。
ただし、同じ風俗業種でも、デリヘルとソープランドでは違う点も多くありますから、前もって注意点などを知っておくとよいでしょう。

●もっとも差があるのが「接客」
デリヘル嬢も立派な風俗嬢ですので、ある程度の空気感や客のこなし方などは心得ているはずです。
ただ、ソープランドはデリヘルとは違って「接客」にかなりの重点を置く業態です。
お客もそのつもりで来店しますから、デリヘルで通じていた接客術が通用しないこともあります。
ソープ客は多かれ少なかれ「高級感」を求めていますし「風俗業界の王様」で遊んでいる、という感覚があります。
これまでの接客よりも若干ていねいな接客を心がけたほうが無難です。
こちらにそんな気がなくても「態度が悪い」と感じられたら、本指名につなげることが難しくなるでしょう。

●指名競争はデリヘルより過酷かも・・・
デリヘルをしていても、本指名の競争はありますが、ソープランドではそれに輪をかけて過酷だということを知っておくほうがいいでしょう。
これは、業種によるお客の傾向の違いもあり、デリヘル客よりもソープ客のほうが本指名で遊ぶことが多いのです。
店側も本指名の数を「人気と満足度のバロメーター」ととらえますから、多く本指名をとっておかないと、フリー客さえつけてもらえなくなることもあるようです。
体のメンテナンスをしっかりとし、まじめに接客とサービスをしていれば自然と本指名も増えるはずです。

●性病対策にも注意
ソープ嬢は、性病に対して神経質です。
それは、ソープランドが他の風俗よりも感染しやすいからではなく、むしろその反対です。
店舗側が「絶対に性病感染は出さない」という強い理念がありますので、ソープ嬢も他の業種よりも気をつけるのです。
性病対策のマニュアルに関しては店側からのアドバイスもありますから、そのとおりに実行していれば大丈夫でしょう。
反対に、そういったノウハウの少ないデリヘル嬢の生活から抜け出せるチャンスでもあります。

●おわりに
デリヘルで、風俗の空気感や肌感をつかんだ女性ならば、きっとソープランドにもすんなりと馴染めるはずです。
デリヘル嬢からソープ嬢への転身は、収入面や待遇面でもかなりのステップアップになるはずですから、心機一転、気合を入れて稼ぎまくりましょう!

『危険回避マニュアル』繁華街型ソープで働くときの注意点

ソープ嬢はソープ店にとって「商売の要」ですので、非常に手厚いバックアップ体制で迎え入れられます。
しかし、女性側にもいくつかの注意が必要で、想像もしていなかったようなトラブルに巻き込まれるということも、けっしてゼロではありません。
とくに、「繁華街型ソープランド」で働きたい女性は、危険に巻き込まれないために前もって心がけておきたいことがあります。
繁華街型ソープで働くときの『危険な注意点』を見てみましょう。

●知り合いの男性が客としてあらわれる
繁華街は、誰がどんな目的で訪れるかわからない場所です。
大きな街では、ソープランドもたくさんあるので油断しがちですが、そこに「知り合いの男性」が来ないという保証はありません。
普通の仕事ならば、家からのアクセスを考えますが、ソープ嬢をしたいのであれば、その逆を狙わなくてはなりません。
そのためか、多くのソープ店は「入寮制度」がありますので、許される状況ならば利用しましょう。

●ホスト・ギャンブル
繁華街に必ずあると言っても過言ではない「ホスト」「ギャンブル施設」は、高収入のソープ嬢の天敵です。
せっかく身を切って働いたお金を湯水のごとくつぎ込んでしまうこの2つは、ほんとうに注意が必要な娯楽です。
これらにはまりこみ、生活が荒れ始めると仕事にも身が入らなくなって、”後悔しきれない結果”が待ち受けていますから入店前から警戒しておきましょう。

●買い物
お金に困っていた状態から、一気に高額所得を得てしまうと、これまでの鬱憤を晴らすように買い物に走ってしまうこともあります。
繁華街には女性の購買欲をくすぐるようなものがたくさんあるので、金銭感覚が麻痺しやすいのです。
これも、後々に悔やんでしまうことになる要因ですので、しっかりとした気持ちを持ち続けることが大切です。
ソープ嬢はあまり長く続けられる仕事ではありませんので、「引退したあとの生活」を常に念頭に入れておきましょう。

●客との店外デート
大人の女性ですので恋愛は自由ですが、ソープ嬢とお客の間柄で店外デートをするのはあまりおすすめできません。
たいていの店はそういった行動を禁止していますが、ときどき好みの男性があらわれてフラっと魔が差してしまうソープ嬢も少なくないようです。
しかし、そういった恋愛はあまり長続きしないのが通例です。
お客との恋愛は自重したほうが賢明ですね。

●キャッチ・スカウト
ソープ嬢になると、確実に「きれい」になります。
出勤のためにキャッチやスカウト、または他店からの引き抜きなどを受けることもあるでしょう。
しかし、このネットの普及した時代には、人探しもネットするのが普通です。
いまだに”人力”で人集めをしている業態などは、けっしてまともなところではないでしょうから、無視するのが無難です。

●おわりに
繁華街は、今も昔も危険でいっぱいです。
とくにソープ嬢のようなお金を持った女性は、自分の欲望ですら敵になることもあるのです。

ソープランド新コンセプト続々急増中!

ここ数年のソープランドを見てみると、まさに「百花繚乱」という表現がふさわしく、じつにバリエーション豊富な新コンセプトが次々と急増しています。
一時期、ヘルスやピンサロなどに風俗の王座を奪われていましたが、最近ではそのステイタスを入れ替えつつあるようです。
昔の衰えかけたソープランドと現在の大きな違いは、「コンセプトの種類の多彩さ」だと断言できるでしょう。
通り一遍等だった昔のソープランドには存在しなかったコンセプトをまとめてみました。

●年齢層限定ソープランド
昔のソープランドは、若い子もいれば中年まで在籍するという「マルイタイプ」が主流でした。
昔はソープ嬢の絶対数も少なかったので、年代別にコンパニオンを揃えるということは難しかったのです。
しかし、現在では「低年齢のみ」で18歳から20代半ばくらいまでで限定していたり、40歳オーバーの熟女だけを揃えているという店舗が急増しています。

●タイプ別ソープランド
ソープ嬢の「タイプ」というのも年齢別と同様に以前までなかったコンセプトです。
最近人気が高いのは「清楚系」「ロリ系」「アイドル系」です。
街で出逢えばソープ嬢とは思えないような普通で清楚なコンパニオンを集めたソープランドです。
世の男性の女性の好みも色気ムンムンから、「普通の女の子」に人気が高いこともこういったソープランドが増えた原因だといえるでしょう。

●痴女系・変態系ソープランド
一般的に誤解されがちですが、ソープ嬢というのは素人の女の子がしないようなサービスをしますが、自分の性欲を全面に押し出してくるような子はほとんどいません。
どちらかというと「お客に尽くす」といった具合で、本人たちは至って冷静でノーマルなのです。
それが最近では「痴女系」や「変態系」といわれる、フェチ型のソープランドが増え人気を集めています。
極端なSやMのソープ嬢は、これまでにないほどの濃密なプレイを実現しています。
「拘束」「アナル」「言葉責め」「焦らし」「前立腺マッサージ」など、アンダーグラウンドな性的プレイを得意とするディープなソープランドです。

●痴漢・セクハラ・イメクラ・オフィス系はもはや定番?
ピンサロを中心に広がった「痴漢」「セクハラ」「オフィス」「イメクラ」なども数年前からソープ業界を席巻し、大流行の後にいまや定番化しています。
ピンサロやヘルスでは、こういったコンセプトには付加価値がついて料金も高くなる傾向にありますが、ソープランドでは反対に安くなるという逆転現象が起こります。
どこまでいってもソープランドの王道は「高級店」であり、こういったカジュアルなコンセプトを持つ店舗は料金も安いのです。

一時期ソープランドのマンネリに飽き飽きして離れてしまったような元ソープファンでも、今ならばもう一度楽しむことができるはずです。
豪華な設備の中で行われるコンセプトプレイは、ピンサロのようなハリボテ感がなく、非常に高いクオリティーをもっているので、説得力も高いのです。

「狙え高級ソープ!」貧困女子の所得倍増計画

借金問題や就職難、将来の夢のための軍資金のためなど、ソープ嬢になることを決意する女性が急増しているそうです。
ソープ嬢になるということは、女性にとっては一大決心が必要で、得るものもあれば失うものがあるのも事実・・・。
どうせソープ嬢になるなら、少しでも良い思いをしないと損です。
それならば、ソープ業界の中でもっとも稼げてメリットも多い「高級ソープ」を目指しましょう!
貧困女子から一発逆転で所得倍増できるための計画をまとめてみました。

●高級ソープ嬢のメリットとは?
同じソープランドでも「高級ソープ」はメリットが多いことで知られています。
報酬面はもちろん、客筋がよくストレスなく仕事ができるのです。
高級ソープ嬢は、経営者の方でも大切に育ててくれますので、バックアップ体制も他のレベルのソープランドより格段に高いのです。

一般的にソープランドは、お客が支払った金額を、店とソープ嬢が折半するかたちです。
お客の料金が3万円の大衆店ならば、1人接客して1万5千円ですが、6万以上する高級店ならば、報酬も倍の3万円になります。
両者が1日に5人お客がついたとしたら・・・その差は恐ろしく大きなものになるのはご理解いただけるでしょう。
また、仮にソープ嬢を長年続けて、店のランクを落として移籍するような場合でも、高級店出身ならば「元高級店勤務」という金看板がありますから、それも大きな財産になります。
入店できれば、いいことづくめなのが、”高級ソープ嬢”だと覚えておきましょう。

●高級ソープ嬢になるにはどうすればいい?
ソープランドは、「格安店」「大衆店」「中級店」と価格帯が上がるほどに、ソープ嬢のレベルも高くなります。
その中でも「高級店」は別格で、面接を突破して入店することさえ難しいのです。
ただし、高級店の入店審査の基準や傾向は、昔とはかなり違っています。
「即戦力」を求められていた昔とは違い、現在もっとも注目されるのは「外見容姿と性格」です。
「キャリア」はまったくなくても大丈夫な高級店もかなりありますので、未経験でもチャレンジすることが可能なのです。

”性格”といっても、社会常識があってきちんと受け答えができていれば問題はありません。
注意しなくてはならないのが、”外見容姿”のほうです。
現代の高級ソープは、ソープ嬢の外見レベルがかなり高いので、少しでもよく見せるためには・・・
◎メイク
◎ヘアスタイル
◎服装
◎体型
これらを洗練させていくほうが賢明です。
少しでも自分をよく見せるために努力をしましょう。
面接時に少しお金がかかったとしても、入店して1ヶ月も頑張れば取り戻せます。
ソープ嬢の中には、高級店に在籍するために、整形をしてのぞむ子もいるそうですから、それほど価値のあるものだということです。

●おわりに
ソープランドでデビューするときに、自分の安売りは禁物です。
高級店がダメならば、中級店、それがだめならば大衆店と、しらみつぶしにチャレンジし、少しでも待遇の良い店舗へ入店することをこころがけましょう!

「こんな娘だって働いている」元問題児のソープ嬢たち

ソープ嬢になることを目指している女の子たちの中には「自分なんかで勤まるんだろうか?」と敵前逃亡寸前になりそうな子もいます。
テレビや動画で見るソープ嬢は、外見もよく、まさに”プロフェッショナル”という感じですから、気後れしてしまうのも当然かもしれません。
でも、現在指名ランカーの売れっ子で、月収が何百万もあるソープ嬢でも、最初はみな弱々しく未完成だったのです。
少し勇気をもっていただくために、「元問題児」だったソープ嬢の入店時の様子をお伝えします。

●「メンヘラ」はかなりいる
「メンタルヘルス」を略した”メンヘラ”は、ネットの造語でもありますが、概して「精神的に病んだ状態」を指すものです。
ソープ嬢の中には精神的な傷を深く追っている子が少なくなく、性虐待やレイプ体験者、またはDV被害者などもかなりの数見られます。
こういった子たちは最初は自信なさげで、コミュニケーションもまともに取れないこともありますが、運営側は百も承知であり、その子が「覚醒」するまで気長に待ってくれるものです。
笑顔さえまともに作れないような女の子でも指名ランカーに育ち、看板コンパニオンとしてバリバリやっていけているのです。

●全く色気のなかった女性も生まれ変わる
最近では、女性の就業環境が悪く、とくにその中でも「ホームヘルパー」「保育士」「看護師」などは、男でも音を上げるような過酷な職場です。
また、こういった職場では労働に対する報酬が信じられないほどに低く、そういった状況を打破するためにソープ嬢へと転職する女の子がたくさんいます。
こういった職場では「女の身だしなみ」などに気を取られている暇はないので、たいていはメイクの仕方も知らないような、「全く色気のない女性」が多いのです。
しかし、こういった経緯で入店した子たちでも、女性として洗練されていくのにそれほどの時間を必要としません。
先輩ソープ嬢や店長の助言に加えて、自分でもそれなりに工夫する子は、短期間で別人のような色気と華やかさを身にまといます。
仕事とは言え、男性客との性交渉によって、女性ホルモンが活発になることもその原因かもしれませんね。

●若返る熟女たち
家庭の金銭問題で苦労をした熟女もまた、入店当時は色彩が薄いものです。
その年齢の女性はセックス自体が遠のいていることもあり、心身ともに女性で無くなりつつあるような子も多いのです。
しかし、「裸を見られる仕事」は女性を若返らせます。
たいていは同年齢の女性よりは色気が出るようになりますし、もちろん清潔感があり、熟女好きでなくても十分にストライクゾーンなコンディションに変貌していきます。
やはり女性は何歳になっても「抱かれること」で、細胞さえも再生されるようになるのでしょうね。

ここまでの例を見ていただいただけで、「自分にもできる!」と自信が持てたはずです。
借金問題などももちろん解決しますが、女性として美しく羽ばたくことができるのも、ソープ嬢という職種の大きなメリットでもあるのです。