月別アーカイブ: 2018年7月

日本各地に人妻・熟女ソープが増えている理由とは

昨今、風俗業界において一大勢力として台頭してきたジャンルがあります。
それは、「人妻・熟女系」と呼ばれるジャンルで、風俗業界では高齢と言われることも多い30代~50代の女性が活躍するジャンルです。
ソープランドでもこうしたコンセプトのお店が増えてきていて、今ではどこのソープ街でも必ず見かける人気ジャンルとなっています。

▼ 人妻・熟女ソープが増えた理由

人妻・熟女ソープが今のように激増したのは、2010年以降と言われています。その理由ですが、大きいのは次の2点ではないでしょうか。

1.人妻・熟女層を求める客が増えた
2.ソープ嬢の高齢化

1については、2010年代に入ってから女性誌やファッション誌発祥のスラングである『美魔女』とか『艶女(アデージョ)』といった言葉が広く知られるようになったことが関係しています。どちらも、30代以降のファッションや美容に気を遣う美しい女性を指す言葉で、これが様々なメディアに取り上げられて拡散されたのです。
ソープランドを利用する男性も、こうした情報から従来のイメージとは違う人妻・熟女の存在を知り、利用者が増えているというわけです。

2についてですが、増税や不況の影響によってシングルマザーや主婦層がソープランドで働くことが増えたという背景があります。他にも、昔は20代はソープで稼いで貯蓄して稼ぎづらくなる30代になると足を洗うのが一般的でしたが、この不況の影響でソープの仕事から抜けることが出来ないというケースも増えているのです。

▼ 人妻・熟女ソープの魅力

人妻・熟女ソープで働く人妻や熟女といった女性には、若いだけの女性には無い魅力があります。それこそが男性客が人妻・熟女ソープへ通う理由で、その魅力というのは「大人の女性ならではの母性や包容力」と「経験豊富だからこそ出来る濃厚プレイ」というものでしょう。

昨今では、男性の傾向も変わっていて、昔のようなガツガツと女性を求める肉食系は減少し、女性に対してそこまで積極的ではない草食系が増えていると言われています。若い草食系男性でも人妻・熟女ソープを利用する方が増えているのですが、そうした男性が求めることこそ女性の持つ包容力なのです。

こうした包容力を発揮出来る若い女性も皆無ではありませんが、なかなか見かけることはありません。そして、プレイについても同様で、若い女性が嫌がる、面倒臭がるようなプレイでも丁寧にやってくれるというのが、人妻・熟女ソープの魅力というわけです。

人妻・熟女ソープをそのイメージだけで敬遠してしまうという方は多いのですが、昔と比べてそのレベルは格段に上がっています。とても美しい女性も多いですし、そのテクニックにも目を見張るものがあります。
昔ながらのソープランドを楽しめるお店にもこうした熟女店が多いので、古き良き日本のソープを楽しみたい方にもおすすめのジャンルでしょう。

ソープランド求人で稼ぎやすい3つの地域

ソープランドの求人は日本全国で出されていますが、それを利用する方はどの方もとにかく「稼ぎたい」という一念に尽きると思います。
しかし、ソープランドとはいえどこのソープランドでも稼げるというわけではありません。「どこの地域のソープランドで働くか」ということはとても重要で、やはり稼げる地域と稼げない地域があるのです。
そこで、稼げるソープランド求人が多い地域をいくつか御紹介したいと思います。

【 東京都台東区 吉原 】
ソープランドと言えば吉原、吉原と言えばソープランドという具合に、ソープランドという業種を語るには欠かせないのが吉原なわけですが、その知名度は日本全国どころか江戸時代から続く風俗街ということで、日本文化に興味を持つ方にも広く知られています。
その知名度に由来するその集客力というのは決して侮ることが出来ず、昨今はソープランドが下火と言われている中でもまだまだ人気のあるソープ街となっています。
そんな吉原ですから、人気のあるソープランドも数多くあり、そういった所も求人を出しています。また、新規店もどんどん増えていて、業界的にも活気のある街ということで、やっぱり日本で一番稼げるソープ求人の宝庫となっているのです。

【 福岡県福岡市博多区 中州 】
日本三大歓楽街の一つとして数えられるのが、この中州。屋台の飲み屋が有名なこの中州ですが、ソープ街としても高い知名度を誇っていて、九州一とも称されるその規模は、西日本でも一、二を争うレベルです。
福岡で一番人を集めるのがこの中州ですから、当然ソープランドの利用者も格段に多いです。格安店から高級店まで幅広く揃っていて、価格の相場としても吉原などと同じレベルですから、1本あたりの手取りというのも十分期待出来ます。
九州のソープランド求人で稼ぐなら、まずここでしょう。

【 兵庫県兵庫市 福原 】
関西地方最大のソープ街が、この福原です。福原も遊郭を祖とするソープ街で、その歴史はとても長いです。現在でも50軒以上のソープランドが営業を続けていて、地元兵庫だけではなく、大阪などからも人が訪れる人気ソープ街です。
ソープ街のほとんどを大衆店が占める福原ですが、高級店などもしっかりありますので店を選べば報酬単価も問題ありません。出稼ぎなどにも対応している店が多いので、他地方からでも働きやすく稼ぎやすい求人が多いです。

やはり、集客力があるソープ街のソープランドの方が、求人も豊富ですし稼ぎやすいのは確かなようです。こうした地域は出稼ぎなども多いので、他地域からでも働きやすいですから、稼ぎたいのであれば人気ソープ街の求人を利用してみましょう。

【性犯罪予防】貴方の理想ソープランドが叶えてくれます

性の欲求は、なかなか実現できないものです。AV動画などの射精産業の発達によって、昔の男性よりも性嗜好が多様化した現代では、さらに自分の”理想”とするセックスをすることが難しくなってきているといいます。場合によっては法律を犯してしまうようなタイプの性行為が好きな男性もいますが、セックスで人生を狂わせてしまうことだけは、是非とも避けたいものです。
そんな貴方には「ソープランド」をおすすめします。現在のソープランドは、あらゆる男性の性の理想に対応するべく、サービスのバリエーションが豊富になっています。性嗜好別に、ソープランドがいかなるサービスを提供しているか見てみましょう。

●ロリコン

これは男性の理想の性癖の中で、最も多く、そして実現するのにリスクをこうむるものです。テレビニュースでも未成年女子に対する淫行行為が発覚し、逮捕されるというニュースを毎日と言ってよいほど見ます。若い女性を好むことは、男性として異常なことではないのですが、現代社会ではそれが許されないものとされているのです。
ソープランドは現在、ソープコンパニオンの急増と「低年齢化」が進んでいます。ソープ街がある自治体によっては「18歳」のソープ嬢があふれんばかりに存在しているのです。大人っぽい子もいますが、中には18歳よりもはるかに若くみえる子もいて、ロリコン男性に人気があります。

●痴漢

痴漢行為には「依存性」があるといいます。何度か痴漢で捕まった男性は、反省しながらも自分の欲望に負けて痴漢行為を繰り返してしまうのです。警視庁発表のデータでも、痴漢犯罪者の再犯率はかなり高いそうです。
ソープランドには、痴漢プレイが楽しめるサービスを提供する店舗が少なからずあります。「イメクラ」から派生したこのジャンルは一般的ではありませんが、一部の愛好家の犯罪防止に一役かっているのです。電車や学校、オフィスといったシチュエーションを模したサービスルームで、念願の「痴漢プレイ」を、法を犯さず実現できます。もちろん「射精」もできるので、電車の中の痴漢以上の快感が得られるでしょう。

●不倫

芸能人や政治家などの不倫報道は毎日と言えるほど見聞きし、またそれを野次馬根性で視聴する一般人が多いことに驚かされます。愛人・妾という言葉は過去のものとなり、現代でそれを願うことは、人間性さえも疑われかねないものなのです。
不倫の精神的な盛り上がりは独特で甘美です。それを、家庭を壊さずに実現できるのも「ソープランド」なのです。いわゆる”背徳感”を味わえるソープのジャンルとして「熟女・人妻店」「オフィスラブ」があります。中には、イメクラのように、コンパニオンが演技をしてくれる店舗もあるので探してみましょう。

●おわりに

社会モラルが過剰で神経質になった現代の日本では、男性の性欲は閉じ込められて爆発寸前です。開放されない性欲が爆発すれば、自分でコントロールできないレベルに陥ります。「性犯罪者」にならないためにもソープランドを利用し、こまめな性欲ケアをしておくことが大切なのです。

ソープランドの割引は利用してもいい?

ソープランドは、風俗の中でも最も高額設定になっている業種で、安くても10,000円以上というのが相場になっています。
最近では10,000円以下というソープも出てきているのですが、それは全国的に見てもとても希少で、ソープ遊びをするならそれなりに予算を用意しないと遊べません。
そこで利用したいのがお店が用意している割引なのですが、この割引については男性側とソープ嬢側では色々と認識の違いというものがあるのです。

▼ 男性にとってはお得な嬉しいシステム

割引は、設定されたコース料金からお店が定めた分の金額を値引きしてくれるシステムです。
割引金額はお店や割引の種類によって異なりますが、概ね2,000円~5,000円程度の割引がされます。
大きいものですと10,000円近く割引されることもあり、男性からすればとても遊びやすくなる嬉しいシステムです。

▼ 女性にとってはあまり嬉しくないシステム

では、割引を利用される側のソープ嬢側からするとどうなるのかというと、これは当然あまり嬉しいものではないようです。
その理由として一番大きいのが「手取りが減る可能性が高い」というものでしょう。

ソープランドの料金システムは、入浴料+サービス料となっていて、サービス料というのが女性が貰える部分です。
例えば、総額15,000円だった場合、5,000円が入浴料、10,000円が女性のサービス料といった具合になります。
割引がされた場合、お店によっては入浴料からだけでなくサービス料からも割引分が補填されることもあるわけで、そうなれば女性の手取りが減るということです。

手取りが減ったとしても、サービスは普通に行わなくてはいけません。
そのため、女性にはあまり好ましくないシステムというわけです。

▼ 割引は利用すべき?

ソープの割引は、お店側が用意したものであり、それを利用するのは決して悪いことではありません。
そこには様々な事情があるにせよ用意しているのはお店なのですから、お客さん側がお店側の意図を深読みして利用しない選択肢をする必要は無いでしょう。

しかし、好きに利用しても良いとはいえ、ソープ遊びのマナーというものもあるのが現実で、本指名の時などに割引を利用するようなお客さんは女性から良い印象は持たれません。
使う場面をしっかりと考え、初めて遊びに行くお店とか初めて入る女性の時だけにするといったことは必要になるでしょう。

高額料金となるソープランドですから、少しでも安くというのは誰でも思うこと。
上手に使って、お客である男性も給料を貰う女性もwin-winになれるような使い方を模索してみるというのも良いかもしれません。

普通のソープとはちょっと事情が違う駅前ソープ

ソープランドは、今ではどんどん経営出来る場所が減ってきていて、基本的にソープ街と呼ばれる営業可能区域に集中して営業しています。しかし、ソープ街以外では全く経営出来ないのかということでもなく、駅前にぽつんと1軒だけソープランドが営業しているということもあります。これらは駅前ソープと呼ばれ、古くからそのお店に通う常連によって支えられている、ちょっと特殊なソープランドです。

▼ 駅前ソープの特徴

駅前ソープの特徴は、「激安店が多い」ということです。日本全国至る所に駅前ソープは点在していますが、そのどれも激安店~格安店という1万円前後で遊べるお店ばかりです。
また、在籍嬢なども若い女性はほとんどおらず、30代~40代の女性がメインとなっていて、利用客も年齢層は高めです。常連客がメインとなっているため、外観も目立たないようにしていたり、宣伝も少なめ、ウェブサイトも古めの感じになっていることが多いです。

▼ サービスは地域によってちょっと違う

駅前ソープのサービスには2つのパターンがあります。1つは一般的な激安ソープと同じサービスをする所、もう1つはファッションヘルスいわゆる箱ヘルと同じサービスの所です。駅前ソープという名称ですから、サービスについてもソープランドのサービスが行われると思うかもしれませんが、地域を担当する保健所の指導によってサービスに違いが出ると言われています。
そのため、初めて行く地域の駅前ソープを利用する場合は、事前にお店にサービス内容を確認しておくと良いでしょう。確認を怠ったがために思っていたサービスと違って、お店とトラブルになるという話もありますので、面倒でもしっかり確認しておきましょう。

▼ 駅前ソープは近い将来に無くなる可能性大

駅前ソープは、ソープ街にあるソープランドとはその経営事情は大きく違います。そもそも駅前というのは現在ではソープランドの営業が認められておらず、新規出店は完全に不可能です。
駅前ソープは禁止される前から営業しているため、既得権によって営業しているわけです。そのため、もし何らかの事情で営業権が無くなれば再び営業権を手に入れることは不可能になります。
経営状態の悪化、建物の老朽化、地域住民からの反対運動などなど、様々な理由によって各地の駅前ソープは徐々にその姿を消しています。業種替えをするだけならまだしも、完全に廃業ということも珍しくないので、興味のある方は今の内に行っておくことをおすすめします。