月別アーカイブ: 2018年7月

普通のソープとはちょっと事情が違う駅前ソープ

ソープランドは、今ではどんどん経営出来る場所が減ってきていて、基本的にソープ街と呼ばれる営業可能区域に集中して営業しています。しかし、ソープ街以外では全く経営出来ないのかということでもなく、駅前にぽつんと1軒だけソープランドが営業しているということもあります。これらは駅前ソープと呼ばれ、古くからそのお店に通う常連によって支えられている、ちょっと特殊なソープランドです。

▼ 駅前ソープの特徴

駅前ソープの特徴は、「激安店が多い」ということです。日本全国至る所に駅前ソープは点在していますが、そのどれも激安店~格安店という1万円前後で遊べるお店ばかりです。
また、在籍嬢なども若い女性はほとんどおらず、30代~40代の女性がメインとなっていて、利用客も年齢層は高めです。常連客がメインとなっているため、外観も目立たないようにしていたり、宣伝も少なめ、ウェブサイトも古めの感じになっていることが多いです。

▼ サービスは地域によってちょっと違う

駅前ソープのサービスには2つのパターンがあります。1つは一般的な激安ソープと同じサービスをする所、もう1つはファッションヘルスいわゆる箱ヘルと同じサービスの所です。駅前ソープという名称ですから、サービスについてもソープランドのサービスが行われると思うかもしれませんが、地域を担当する保健所の指導によってサービスに違いが出ると言われています。
そのため、初めて行く地域の駅前ソープを利用する場合は、事前にお店にサービス内容を確認しておくと良いでしょう。確認を怠ったがために思っていたサービスと違って、お店とトラブルになるという話もありますので、面倒でもしっかり確認しておきましょう。

▼ 駅前ソープは近い将来に無くなる可能性大

駅前ソープは、ソープ街にあるソープランドとはその経営事情は大きく違います。そもそも駅前というのは現在ではソープランドの営業が認められておらず、新規出店は完全に不可能です。
駅前ソープは禁止される前から営業しているため、既得権によって営業しているわけです。そのため、もし何らかの事情で営業権が無くなれば再び営業権を手に入れることは不可能になります。
経営状態の悪化、建物の老朽化、地域住民からの反対運動などなど、様々な理由によって各地の駅前ソープは徐々にその姿を消しています。業種替えをするだけならまだしも、完全に廃業ということも珍しくないので、興味のある方は今の内に行っておくことをおすすめします。

30歳以上のソープランド求人の探し方

ソープランド求人は、若い女性を対象とした求人が多いのですが、最近では人妻風俗の人気も高まっているため、人妻ソープというのもまた人気のジャンルとなっています。そこで、今回は30歳以上を対象にしたソープランド求人について見ていきましょう。

■ 30歳以上のソープランド求人はどこで探すべきか

ソープランドの求人は、色々な場所で募集されています。ネットが全盛期になった今であってもアナログの雑誌媒体というのもいくつかあって、色々な事情でネットが使えない方でも問題無くソープランドの求人を探すことが出来ます。
そういう風俗求人雑誌を利用するのも良いのですが、やはり求人を探すのであればインターネットが便利です。インターネットの風俗求人サイトであれば、雑誌媒体と違って掲載スペース的な制限がほぼ無いため、雑誌以上に求人の数が多いです。また、地域的にも、雑誌は販売地域周辺の求人に限定されてしまいますが、インターネットの風俗求人サイトであれば、日本全国のソープランド求人が見られるのです。
そして、ここが一番重要なのですが、30歳以上の女性だけに限定した求人サイトというのが多数あるということです。20歳代の若い女性向けの求人と一緒くたにされないだけあって、より探しやすく、純粋に30代の女性を欲しがっているお店を見つけられるので、自分に合ったお店を見つけやすいでしょう。

■ 高級店の求人は少なく、大半は大衆店以下が多い

人妻風俗が認められるようになり、人妻ソープの数も増えてきたとはいえ、残念ながら人妻ソープの地位というのは、あくまで大衆店レベルと思われている節は否めません。人妻・熟女ソープで高級店というのはとても少ないですし、大半のお店は1万円台の格安、よくて2万円台というレベルです。
そのため、人妻を対象にした高級ソープの求人というのはほとんどありません。若い女性のように高級ソープで荒稼ぎというのは難しいのです。女性の見た目によっては高級ソープでも十分やっていける方もいるでしょうが、やはり高級ソープの採用基準というのは厳しいため、よっぽど美人で若々しい方でないと採用基準を満たせる方というのは希少ではないでしょうか。

30歳が一つのボーダーと言われるソープランド求人ですが、風俗年齢というのがまかり通るソープランド業界、実年齢よりも見た目次第でどうにでもなるというのが真実かもしれません。35歳でも若い子に混じって普通のソープランドでバリバリ稼げている方も少なくありませんから、あまりこだわらず色々なソープランドの求人を探すのが、精神的にも良いのかもしれません。

福原だけじゃない!雄琴ソープ街と外国人観光客

最近では、街中で外国人を見かけることが増えました。グローバル化が進む日本では、積極的に外国人観光客を呼び込んでいて、数年前には外国人観光客による爆買いというのも話題になりました。2020年、東京オリンピックに向けて年間で4000万人の外国人観光客を誘致する計画の日本では、今後も外国人を見かけることが増えるでしょう。
そうした外国人観光客を新しい客層として考えているのがソープランド業界で、最近では外国人の利用を受け入れる店も増えてきました。吉原などはその先駆けと言われていますが、密かにその風俗目当ての外国人に目をつけている場所、それが雄琴です。

◆ 温泉とソープランドを両方楽しめる雄琴

「雄琴の魅力は何か?」と尋ねられれば、答えは2つ。「温泉」と「ソープランド」です。この2つ、実はどちらも外国人観光客が日本で楽しみたいと希望するもので、その2つが同時に楽しめる場所というのはかなり限定されてしまいます。
雄琴はその限定された場所の一つであり、日本を代表する観光地である京都からも程近いということで、京都観光の宿として雄琴の温泉街を利用する外国人観光客は多いのです。宿から望む琵琶湖の風景は素晴らしいものがありますし、温泉街から車で10分程度のソープ街も規模が大きく上質な店が多いですし、外国人が楽しめる店もありますので、その辺りも関係しているようです。

◆ 雄琴で外国人でも利用出来る店はどこ?

雄琴で外国人を受け入れている店は、今の所7店舗ほどあるようです。検索サイトで「雄琴 ソープ 外国人OK」といった感じで検索すれば、受け入れしているお店は出てきます。そして、肝心な雄琴ソープの外国人観光客の評判ですが、これがかなり評判が良いようです。
ただ、そもそも外国人にとって日本のソープランドの基本サービスは、風俗としてはかなり良質なサービスになるので、あまり信用しすぎるのも考え物です。しかしながら、日本人からも評判の良いソープランドばかりな雄琴ですから、ソープ慣れしていない外国人からすれば、海外では味わえないと感動するのも頷ける話です。

◆ お店がOKでもキャストがOKとは限らない

外国人向けの風俗サイトでは、外国人でも利用出来る雄琴のソープランドが紹介されています。だからといってそこに掲載されている店の全てのキャストが外国人接客OKというわけではありません。
中には「絶対に外国人の接客はイヤだ」というキャストもいますので、外国人の接客をするキャストを避けたいという方は、その辺りを調べていくべきです。

昨今では雄琴のソープランドも利用者が減少しつつあると言われていて、経営のためにより積極的に外国人観光客を誘致する店が増えるかもしれません。是非はありますが、そんな未来も想像しておく必要があるのではないでしょうか。

有名ソープ街だからこそ発生する悩み

日本には各地にソープランドが集まるソープ街と呼ばれる地域があり、その中でも特に大きな規模を誇っているのが、吉原や川崎、福原などに代表される有名ソープ街です。有名ソープ街のソープランドはとても良質な店が多いと言われているのですが、そこには有名ソープ街ならではの悩みというのもあるのです。

▼ プレイルームがかなり狭い

こうしたソープ街のソープランドに共通しているのが「プレイルームの狭さ」ではないでしょうか。日本一の知名度を誇る吉原ソープ街では、狭い地域に120以上のお店が営業していることもあり、その狭さは致命的と言われるほどです。
基本的にソープランドでは、お店のランクが高級になればなるほどプレイルームは広くなります。激安店・格安店ともなると、マットプレイ用のマットを置くスペースすら無いということも珍しくありません。

▼ 建物の老朽化が深刻

有名ソープ街と呼ばれる所は、どこもとても歴史があるエリアばかりです。現存している建物はほぼ全てが昭和の時代に建てられた物であり、平成も終わるという現在でもそれらが使用されているのです。
そのため、どこの有名ソープ街でも建物の老朽化というのはとても重大な問題となっているのです。
ソープランドは、法律によって大規模な修繕なども出来ず、改装をして壁紙などを貼り替えても建物自体の老朽化は直せません。配管やボイラーなどの設備も老朽化が進むばかりで、それによって事故などに繋がることもあります。

▼ 周辺住民などの反対運動や行政の摘発

日本全国の有名ソープ街が今直面しているのが、周辺住民や行政による反対運動や摘発です。ソープランドは性風俗ですから、そのイメージは決して良いものではありません。周辺に住む住民からすれば、治安の悪化やその地域のイメージに関係してくるため、無くせるなら無くしてしまいたいと考える方は多いのです。
ソープ街として日本一有名な吉原ですら、昨今はすぐ周辺にファミリー向けマンションが建ったりしていて、その流れは隠せない物になっています。福原や川崎、福岡などでも同様のことが起こっていて、有名だからこそそれに反対する感情も大きくなってしまうのです。

他にも有名ソープ街ならではの悩みというのはたくさんあります。ソープランドが下火になりつつある昨今では、有名ソープ街だからこれから先も大丈夫というわけにはならないのです。「有名ソープ街だからいつでも行ける」というのは大きな勘違いですから、行きたいと思ったらすぐに遊びに行っておくことをおすすめします。

ソープランド求人で稼ぐために抑えたいコツ

ソープランドは、数こそ減少しつつあるものの、有名ソープ街であれば最低でも数十のお店があります。それだけの数のお店があるということは、それ相応にソープランドで働く女性がいるわけで、ソープランド求人を利用するということはそうした人達との争いになるということです。
そんな中で稼ぎたいというわけですから、ただ働くだけでは難しいと言わざるを得ません。そこには、ソープランド求人で稼ぐためのコツというのがあるのです。

▼ 武器になるテクニックを持つ

数多くのキャストの中で目立とうとするのであれば、やはり何かしらの武器になるテクニックが必要となります。容姿を徹底的に磨くというのもそんな武器の一つですが、全ての方に出来るというわけではありません。
そこで、重要になるのがテクニックです。おすすめなのは、マットプレイのテクニックでしょうか。昨今ではマットプレイも出来る人が減少していますし、その中で高等なマットプレイが出来るキャストというのはほとんどいません。学ぶ機会はなかなか多いとは言えず独学だとかなりの努力が必要になりますが、上手なマットプレイというのは十分過ぎるほどの売りになるでしょう。マットを楽しむためには必然的にロングコースで入ることになりますから、1回の手取りも上がりますし、稼ぎやすくなります。

▼ 接客技術を磨く

男性がソープランドに求める物というのは非常に多く、ただエッチなことをしたいだけという男性は実はそう多くありません。正直な所、ただエッチなことがしたいだけならデリヘルなどの方が手軽ですし、安いです。しかし、それでもソープランドを利用するというのは、ソープランドだからこその物を求めているからです。
その「だからこそ」というのが、接客という部分なのです。接客が出来るキャストと出来ないキャストでは、指名数にも直接影響してきます。接客数の他に指名料などで差が出てきますから、その稼ぎに大きな差が出てくるのです。

▼ ちょっとした気遣いが男性を惹きつける

これは接客技術にも通じるものですが、接客する男性に対してちょっとした小さな気遣いが出来るキャストというのは、とても人気が出ます。服を脱ぐ際にはちゃんとアシストするとか、お風呂上がりの体を拭くのを丁寧にやるとか、そんなちょっとしたことでもいいのです。
ある人気ソープ嬢は、雨の日など靴下が濡れているお客さんの靴下を個室に用意した洗濯機で洗濯してプレイ時間中に乾燥させ、プレイ後には綺麗な靴下にしておくというサービスをしていたと言われています。ここまでの必要はありませんが、ちょっとした気遣いこそ男性を惹きつける最高の魅力となるのは間違いありません。

高額給与のソープランド求人だから稼げるというわけではなく、稼げるキャストはこうしたポイントをしっかりと抑えているものです。ソープランドの求人を利用して稼ぎたいなら、是非抑えておきましょう。