月別アーカイブ: 2018年3月

「性癖」はたんなる思い込みだ!ソープランドで新境地開眼!

SMの愛好家はこう言います。

「人間はSにもMにもなれる・・・」

サディストは何かのきっかけで、性癖としては対局にあるマゾヒストになることがあるということです。

これは、人間の性癖を極端に例えたものですが、的を得た言葉だといえるでしょう。

多くの男性が女性やセックスの好みを、「揺るぎないものと」思っています。

たとえば、ぽっちゃり好きやスレンダー好き、またはロリコン、熟女好き、あるいはセックスのスタイルもマグロであったり責め好きだったりと、思春期に性に目覚めた頃のままずっとその好みが持続すると考えるのです。

しかし、これがたんなる「思い込み」です。

そして、この思い込みこそが性生活を単調にし、折角の楽しめるチャンスをみすみす逃してしまう原因となるのです。

●ソープランドによって”覚醒”する新たな性癖

性癖に関して多くの場合、「思い込み」が作り上げた幻想です。

別の例えをするならば「食わず嫌い」とでもいえるでしょう。

そして、その中で「ソープランド」を経験した男性の中には、その揺るぎないはずの「性癖」に革新を持たす人が少なくありません。

「痩せていなければ女ではない!」と断言していた男性が、ポチャリ体型の人気ソープ嬢に遭遇した日を境に「デブ専」へと変貌するようなことは日常茶飯事なのです。

そして、新たな”覚醒”をした男性は異口同音にこのようなことを口にします。

「なぜ今までコレの良さが理解できなかったんだ!」「人生の半分を損した気分だ!」と・・・。

そうです、自分の思い込みによって作り上げられた性癖を信じ、他の世界を拒絶していた男性は、”人生で損をする”のです。

●ソープランドには多くのプレイスタイルが存在する

ソープランドのことをあまり知らない人は、ソープランドには実に多くのプレイスタイルがあることに驚かされます。

◎ロリコン(低年齢)
◎熟女
◎学園系
◎オフィス系・痴漢系イメージプレイ
◎コスプレ系(アニメコスプレもあり)
◎緊縛、SM
◎痴女
◎アダルトグッズオプション
◎3Pプレイ(2輪車)

大型のソープ街のあるところでは、たいていこれらのジャンルを打ち出すソープ店を見つけることができるでしょう。

これまでの自分が信じて疑わなかった性癖と、真逆に位置するプレイを体験し、新境地を開拓することが可能なのです。

●より豊かな性生活のために・・・

自分が無意識に避けてきた女性やプレイスタイルのタイプを経験し、新しい性の喜びを見つけることは、性生活を豊かにします。

限られた性癖の持ち主は、性格的にもどこか屈折したり、度を越してしまったりしますが、多くのタイプのプレイをこなせる人は人間としての器も大きく懐が深くなります。

もちろん、懐の深い男性は女性にもモテるようになるでしょう。

女性は豊富な生の知識を知る男性に、動物的な魅力を感じるからです。

思い切って未踏の分野に飛び込んで、未知のセックスを経験しましょう。

それには「ソープランド」が大いに役立つことになります。

以前までは、各ソープ店がどのようなプレイを主体にしているか、行ってみないと知ることはできませんでしたが、現在ではネットの発達によって、かんたんに調べることができます。

各ソープ店のホームページを閲覧し、事前リサーチしてから来店しましょう。

「性癖」はたんなる思い込みだ!ソープランドで新境地開眼!

SMの愛好家はこう言います。

「人間はSにもMにもなれる・・・」

サディストは何かのきっかけで、性癖としては対局にあるマゾヒストになることがあるということです。

これは、人間の性癖を極端に例えたものですが、的を得た言葉だといえるでしょう。

多くの男性が女性やセックスの好みを、「揺るぎないものと」思っています。

たとえば、ぽっちゃり好きやスレンダー好き、またはロリコン、熟女好き、あるいはセックスのスタイルもマグロであったり責め好きだったりと、思春期に性に目覚めた頃のままずっとその好みが持続すると考えるのです。

しかし、これがたんなる「思い込み」です。

そして、この思い込みこそが性生活を単調にし、折角の楽しめるチャンスをみすみす逃してしまう原因となるのです。

●ソープランドによって”覚醒”する新たな性癖

性癖に関して多くの場合、「思い込み」が作り上げた幻想です。

別の例えをするならば「食わず嫌い」とでもいえるでしょう。

そして、その中で「ソープランド」を経験した男性の中には、その揺るぎないはずの「性癖」に革新を持たす人が少なくありません。

「痩せていなければ女ではない!」と断言していた男性が、ポチャリ体型の人気ソープ嬢に遭遇した日を境に「デブ専」へと変貌するようなことは日常茶飯事なのです。

そして、新たな”覚醒”をした男性は異口同音にこのようなことを口にします。

「なぜ今までコレの良さが理解できなかったんだ!」「人生の半分を損した気分だ!」と・・・。

そうです、自分の思い込みによって作り上げられた性癖を信じ、他の世界を拒絶していた男性は、”人生で損をする”のです。

●ソープランドには多くのプレイスタイルが存在する

ソープランドのことをあまり知らない人は、ソープランドには実に多くのプレイスタイルがあることに驚かされます。

◎ロリコン(低年齢)
◎熟女
◎学園系
◎オフィス系・痴漢系イメージプレイ
◎コスプレ系(アニメコスプレもあり)
◎緊縛、SM
◎痴女
◎アダルトグッズオプション
◎3Pプレイ(2輪車)

大型のソープ街のあるところでは、たいていこれらのジャンルを打ち出すソープ店を見つけることができるでしょう。

これまでの自分が信じて疑わなかった性癖と、真逆に位置するプレイを体験し、新境地を開拓することが可能なのです。

●より豊かな性生活のために・・・

自分が無意識に避けてきた女性やプレイスタイルのタイプを経験し、新しい性の喜びを見つけることは、性生活を豊かにします。

限られた性癖の持ち主は、性格的にもどこか屈折したり、度を越してしまったりしますが、多くのタイプのプレイをこなせる人は人間としての器も大きく懐が深くなります。

もちろん、懐の深い男性は女性にもモテるようになるでしょう。

女性は豊富な生の知識を知る男性に、動物的な魅力を感じるからです。

思い切って未踏の分野に飛び込んで、未知のセックスを経験しましょう。

それには「ソープランド」が大いに役立つことになります。

以前までは、各ソープ店がどのようなプレイを主体にしているか、行ってみないと知ることはできませんでしたが、現在ではネットの発達によって、かんたんに調べることができます。

各ソープ店のホームページを閲覧し、事前リサーチしてから来店しましょう。

『責好き必見!』ソープ嬢の”責められ嫌い”に対抗する方法

男性のセックスのスタイルには「責好き」「受け好き」の2つに分かれます。

気持ちよくしてもらうのが受け好き、女性を感じさせたいのが責め好きですね。

ソープランドにおいては、この「責好き男性」は敬遠されるという噂があります。

しかし、これには”誤解”もあります。

この噂を聞いて、せっかくのソープランドに興味を失せてしまうのは非常にもったいないことですので、ここで詳しく解説することにしました。

●ソープ嬢は「責められるのが嫌い」はホント?

ソープ嬢は「責められるのが嫌い」だとよく言われています。

はたしてこれはホントなのでしょうか?

あるアンケート調査を見ると、ソープ嬢の4割は「お客の責めで感じることがある」と回答していますし、「仕事中のプレイを本気で楽しむことがある」という回答も半数以上います。

また最近では、日常の性環境に満足できずにソープ嬢になる女性も急増しているといい、これは女性の未婚率や非交際率の上昇に比例している数値なのです。

そして、「痴女=ソープ嬢」と勘違いされることもありますが、これも違います。

また違うアンケートで、「プライベートのセックスは責め側か?受け側か?」という質問には8割以上のソープ嬢が「受け側」だと答えているのです。

要は、セックスのプレイの好みに関しては、ソープ嬢も一般女性も変わらず「受ける側」を好むという結果なのです。

●ソープ嬢の「責められ嫌い」を見極める方法

男性に責好きと受け好きがいるように、ソープ嬢の好みも分かれます。

責めでないと満足できない男性客ならば、まずはそこを見極めたいところです。

これは意外にかんたんな方法で判明します。

それは、各ソープ店のホームページを参照し、コンパニオンの紹介ページを閲覧するのです。

そこにある「姫からの一言・メーッセージ」を読んでみましょう。

表向きにソープ嬢は、責めても受けてもOKということになっているので、はっきりと自分の好みを書くことはできませんが、”ふくみ”を持たせてメッセージしているのです。

◎「やさしくしてね」
◎「ソフトなプレイが好き」
◎「男性を気持ちよくするのが好き」

などといった内容をお客へのメッセージとしているソープ嬢は、間違いなく責められることを嫌がります。

反対に「オプション(アダルトグッズ)OK」といったソープ嬢は責められることを好むのです。

まずはタイプ合わせとして、この方法でリサーチしてみましょう。

●ハードすぎるプレイはやはり敬遠される

いくら責められ好きのコンパニオンを見つけたとしても、やはりあまりハードな責めはよくありません。

ソープ嬢は、毎日多くの男性客を相手にするので、「粘膜」がもたないのです。

以下のようなプレイスタイルと注意点を守りましょう。

◎「指」による膣内への責めを少なめにする
◎「舌」での責めをメインにする
◎潮を吹かせようとしない

また、責められるソープ嬢は、体力によっても感じ方が違ってきます。

なるべく早い時間帯に入店することで、コンディションの良いソープ嬢とプレイすることができます。

●おわりに

世間でよく言われている、「ソープ嬢の責められ嫌い」は誤解であったとしても、責好き男性側にも多少の配慮は必要です。

ある程度妥協点を見つけて、ソープ嬢とお客の双方にメリットのあるプレイを楽しみましょう。

福原のソープは毎年入れ替わりが起きている

福原のソープ街は、とても長い歴史を持つソープ街です。そのため、福原のソープランドの中には数十年の歴史を持つ老舗と呼ばれる店がいくつもあって、多くの根強いファンを楽しませてくれています。
そうとは言うものの全てのソープランドがそういう店ではなく、毎年新しい店舗がいくつか登場していて、新鮮な空気を福原に取り込んでいます。

▼ 福原では毎年5~10店舗前後の店が新しくなる
福原ソープ街は、60軒以上のソープ街が営業をしている大規模ソープ街です。このぐらいの規模になりますと、毎年5~10店舗ほどの店が入れ替わります。
福原のソープランドのほぼ全てが加入している『神戸SB協会』という組合では、過去10年に渡っての店舗の移り代わりが記録されています。
そのデータを参考にしてみますと、2015年~2016年の2年間だけで13軒のお店が開店しています。それより遡っていくと、10店舗以上開店している年もあれば、5店舗に届かない年もあります。
平均すると5~10といった所になるのです。

▼ 開店もしているが閉店している所も多い
新規開店が毎年多く行われているのは先述の通りですが、逆に閉店するということもあります。
閉店理由には色々とあって、単純に営業利益を上げられずに撤退していくケースと、摘発されていくケースが多いでしょうか。
毎年何らかの理由で2~3店舗ずつ消えていきますが、それを超える分だけリニューアルや新規開店していくので、あまり目立ちません。

▼ 福原のソープは行ける時に行っておこう
そんなわけで、福原のソープランドは、行ける余裕が出来たらすぐに行くことをオススメします。そうしないと、ある日突然閉店してしまうということもあるからです。
例えば、2015年に『本家玉家』という、福原でも最古のソープランドと言っても過言ではない老舗が閉店しています。昭和50年にはその名前を福原の地図に見ることが出来ますが、50年近く営業しているという噂もあるのでもっと古いかもしれません。
そんな老舗でも閉店してしまうことがあるわけですから、現在残っている人気店でもいつまで残っているかわからないのです。
摘発されれば突然閉店してしまいますし、普通に営業終了する場合でも1ヶ月程度の通告が一般的ですから、お気に入りのお店があればこまめにウェブサイトなどをチェックしておくと良いでしょう。

風営法による規制強化などなかなか厳しく閉塞感が漂いがちなソープランド業界では、暗い雰囲気を吹き飛ばすのが開店というものです。
老舗の丁寧なサービスなどを楽しむのも良いですが、時代のニーズを取り入れた新規のお店というのも面白い店が多いので、気になるお店を見つけたら是非積極的に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

福原のソープランドが働く女性に人気なのは何故?

大規模ソープ街の一つとして、ソープランド業界では日本全国的な知名度がある福原ソープ街。
利用客だけではなく働く女性側にも高い人気がある風俗街であり、出稼ぎで福原に来る女性なんかも多く、昨今下火になりつつあると言われるソープランドでも、比較的活気のある場所です。
人気が高いのには当然理由があるわけですが、何故福原のソープランドが働く女性に人気が高いのでしょうか。

■ 神戸の風俗で一番稼げるのがソープランド
神戸は、近畿地方でもかなりの大都市で、そこには様々な風俗があります。ソープランド、デリヘル、ホテヘル、箱ヘル、ピンサロ、性感エステ、オナクラなどなど、ありとあらゆる風俗があります。
福原は、ソープ街として名前が知られていますが、そこにあるのはソープランドだけではありません。他の風俗もあるため、正確にはソープ街というよりも風俗街と言う方が正しいかもしれません。
しかし、数ある風俗の中でも女性が稼げるのは、やはりソープランドなのです。

■ 福原という地域の集客力が抜群
福原と言えばソープランドというぐらい、地名とソープランドは密接な関係にあります。知名度がそれだけ高いということは、それだけ集客力があるということでもあります。
実際、デリヘルやホテヘルを求めて大阪などの他の場所からわざわざ福原へ来る人は少ないですが、ソープランドを求めて福原へ来るという人というのは多いのです。

■ ジャンルが豊富でどんなタイプの女性でも受け入れられる
福原には数多くのソープランドがあり、コンセプトも多種多様です。
若い女性ばかりを集めたオーソドックスな店もあれば、年齢を重ねた女性ばかりを集めた人妻・熟女専門店もあります。OLや学生、和服やナースなどなど、服装に合う女性タイプというのもあるでしょう。
特定のタイプの女性ばかりに需要があるというわけではなく、どんなタイプの女性であってもそれなりに需要があるので、そうしたことも稼ぎやすい・働きやすいという理由です。

■ 働きやすい条件の店が多い
福原のソープランドは、数が多いため人材募集についても取り合いです。そのため、待遇についても様々なものがあって、かなり女性有利な条件が揃っています。
女性にとっては働きやすい店作りが整備されつつあるということもあって、その辺りも福原の女性人気の高さにつながっているようです。
福原ソープの求人を見比べていると、想像以上の好条件で募集が出ていることもありますから、じっくり検討して利用すると良いでしょう。

女性人気が高い福原のソープランドは、必然的にレベルの高い女性が集まります。
稼ぐための競争は激しくなりますが、その競争を勝ち抜くことが出来ればかなり稼げる場所ですから、やる気と自信がある女性なら福原のソープランドで働くのも良いでしょう。

ソープランドで低価格を狙うのはほんとうに得なのか?

ソープランドには「高級店」「大衆店」「格安店」といった、料金の違いによっての分類のしかたがあります。

また最近では「激安店」というような、1万円を切るようなソープランドも増えつつあるのです。

そして、ソープランドが好きな男性の中には「いかに安く遊ぶか」を生きがいとしている人もいます。

こういった人はイベントなどを常日頃からチェックし、少しでも安い料金で”得”をしようとします。

しかし、こういった行動が本当に「得」なのでしょうか?

その辺を考察してみました。

●ソープランドで”得”をするということ・・・

ソープランドは、いかに性欲を発散し長く余韻が残るような体験をするかが、満足度のカギです。

「男は射精さえすれば満足」だと考えている女性もいるようですが、そんなシンプルなものではないのです。

ソープランドで高い満足度を得ることができれば、2~3日、もっと長ければ何週間も晴れやかな気持ちで過ごすことができます。

こういった状態こそが「ソープランドで得をすること」だと言えるでしょう。

安い金額で流れ作業のように”射精”だけをするなら、それは排尿や排便と変わりません。

それならば自宅でAVを見ながら自慰行為をするほうが、もっと効率的なはずです。

●割引だけにとらわれると楽しみも半減してしまう・・・

誰しも3万円が2万円に割引されたらうれしくなります。

しかし、こればかりにとらわれると、最終的にはソープランドの楽しみも半減してしまうようになるのです。

本来、ソープランドで高い満足を得るためには「店選び」「ソープ嬢選び」をいかにするかが大切です。

また、自分の相性の良いソープ嬢を探すのには、かなりの労力を必要とします。

それが「割引」「料金」にばかりとらわれてしまうと、勘が鈍り良い店、ソープ嬢を選ぶことができなくなるのです。

そして、そこそこの金額を出して遊んでいる人ならば、地雷ソープ嬢などに出会うと悔しくてたまらず、勉強を重ねてリサーチ能力を高めるのですが、割引好きの男性では「安かったから元はとっている」と考えてしまいます。

こういった行為は悪循環を作り、そのうちほんとうに楽しめるソープ店、ソープ嬢に出会えなくなってしまうのです・・・。

●低価格だからといってすべてが低レベルではない・・・

高い満足をすることこそが、ソープランドで”得”をすることであり、それには多少の出費も必要ではありますが、低価格店や大幅値引きサービス(たとえば早朝割引など)がすべて低レベルかといえば、そうとも言い切れません。

商売において「割引」をすることは、お客が来ないから仕方なくすることもありますが、店を盛り上げたり、本気でお客に”利益還元”を考えて行われることもあります。

とくにソープランド業界の中には、昔の遊郭から引き継がれるような精神的な商売の慣習も残っており、「三方良し」とか「世の中への奉仕精神」といっことを本気で実践しようとするオーナーもおられるのです。

ですから、「低価格=低レベル」ということにはなりません、安くてもいいソープ店はたくさんあることは知っておきましょう。

●おわりに

ソープ遊びにおいて大切なのは「バランス感覚」です。

割引と低料金ばかりおいかけてもいけませんが、金をたくさん出したからといって確実に満足できるとも限らないのがソープランドの奥の深さなのです。

より多くの情報を入手し、金額ばかりにとらわれず登楼を重ねることで、本当に”得”ができるノウハウが身についていくはずです。

ソープランド求人の面接をクリアするポイント

女性であれば誰でも働くチャンスがあると言われるソープランドの求人ですが、誰でも働けるチャンスがあるからといっても、応募すれば無条件で働けるというわけではありません。
一般の仕事と同じように応募すれば面接という過程を経て、それに合格すれば採用という流れになるのは同じです。逆に言えば、そこで弾かれるようであればソープランドで働くことは出来ないというわけです。
そこで、ソープランドの面接をクリアするためのコツをいくつか御紹介しましょう。

【 面接テクニックその1:お店のカラーに合わせた服装を心掛ける 】
お店にはそれぞれのカラーというものがあります。コンセプトとも言うものですが、当然お店側としてはそれに合わせて人材確保をしているわけですから、面接を受ける時にはそれに合わせた装いをしていくのが当然というものです。

例えば高級ソープなら、どこのソープも高級感とかセレブ感といったものが基本となっていますから、それに合わせるように高級感のある服装をしていくと良いでしょう。高級感と言っても高級ブランドで固めろというわけではなく、清潔感があってそれっぽい雰囲気であることが大事です。

大衆店などでは、高級ソープのような高級感というのは逆に避けられる傾向にあります。そこまで高級感を主張しても場違いになりやすいので、よっぽどお店のカラーが特殊なものでなければ、清潔感のある派手すぎない服装が良いでしょう。

【 面接テクニックその2:言葉遣いや態度などに気を付けよう 】
ソープランドの仕事というと、イメージ的には言葉遣いや態度が悪い女性でも採用される仕事と思われがちです。当然これは間違いです。ソープランドの仕事は風俗ですが接客業、言葉遣いや態度などは、働くうえでは容姿よりも重要と言えるでしょう。

面接の際にも、そうした部分は当然チェックされています。普段使い慣れてない敬語とか猫を被っている態度とか、じっくり見れば意外とすぐにバレるもの。そういった女性というのはおしなべて仕事に対してもそこまで真面目でないので、場合によっては不採用の判断をされることもあります。
日頃から言葉遣いや態度には気を付けておくと、ソープランドの求人だけではなく社会生活全般でメリットがありますから、この辺りは日頃から修正しておきましょう。

ソープランドの仕事というと見下されがちですが、お金のやりとりがあるちゃんとした仕事です。それを真面目にこなせる人材をお店は求めているので、上記のようなポイントは一般常識レベルのもの。
多少容姿がどうあれ、こうしたポイントが守れていれば問題無く採用されるので、ソープランドの求人の採用率を上げたいなら、徹底しておきましょう。

ソープランドの待合室でしたほうがいいこと、しないほうがいいこと

ソープランドを予約して来店すると、まずはフロントで受付をします。
そしてそこから「待合室」に案内され、姫との”ご対面”という流れになります。
予約の場合ならば、店側も事前準備をし、ソープ嬢はすぐに予約客を受け入れられる状態に個室を整えていますから、たいてい10分か15分くらいの待ち時間です。
しかし、この短時間に「したほうがいいこと」「しないほうがいいこと」があり、その違いによってその日の満足度までもが左右されることになるのです・・・。

●待合室でしたほうがいいこと
待合室には、たいていテレビや雑誌、またはコンパニオン写真の閲覧などができ、飲み物が提供されたりもします。
そして、テーブルの上には必ずと行ってよいほど「爪切り」「爪磨き」の類が常備されています。
これはお客の爪でソープ嬢たちの体を傷つけないように、という店側の配慮です。
爪が伸びているなら、整えておきましょう。
長い爪でソープ嬢のアソコに傷でもつけてしまい、出血などしてしまっては、良い雰囲気でプレイを続けることは難しくなります。
また、最低のマナーとして「トイレ」には行っておかなくてはなりません。
トイレには濡れティッシュや口臭スプレーなどが置いてあるので、使用して臭いケアをします。
次回来店のために、予約外のコンパニオンのアルバムなどを見るのもかまいませんが、目移りしてしまっては気が散ります。
待合室ではこれから対面するコンパニオンのことだけに集中したほうがいいでしょう。
現在では店でアルバムを見なくても、ネットのホームページであるていど確認できるので、時間の無駄なのです。
また、興奮度がいやでも高くなりますが、度が過ぎると勃起力にも影響が出ることがあります。
精神統一のために呼吸を整えることで、冷静さを少し取り戻すと、「勃起しない」「不発」といったことを防止することにつながります。

●待合室でしないほうがいいこと
反対に待合室ではあまりしないほうがいいこともあります。
それは「喫煙」「飲酒」などです。
これらは、体の快楽神経を麻痺させ、感度を鈍らせてしまうリスクがあります。
緊張する気持ちは分かりますが、より高い快感を得たいのであれば控える方が無難です。
とくに60分などの短いコースを選んでいるときには、”時間切れ不発”という嬉しくない事態が起こりやすいので注意しましょう。
ただ、待合室の雰囲気にのまれて舞い上がってしまうこともよくありません。
そんなときには、必ず常備されているエロ系の雑誌などを読みながら、「性欲」を高めることに集中すると良いです。
たまに、ソープランドの待合室でパソコンや書類を開いて仕事をしているようなお客もいますが、それは、少々のことではびくともしなくなった「上級者」ですから、マネしないようにしましょう。

●おわりに
ソープランドでのプレイを野球の試合に例えるならば、待合室は「ブルペン」です。
自分をチェックし、最良のコンディションでプレイできるように、最終調整をするために時間を使いましょう。
慣れてくれば、自分なりの調整方法やルーティーンなども確立されていくはずです。

稼ぎたい女性にお勧めのソープランド求人

風俗求人の中でも、高額報酬として知られるソープランドの求人。「とにかくお金を稼ぎたい」という女性にとってはソープランドの求人は最高のようで、風俗業界全体の求人として見てもトップクラスのものとなっています。
人気のソープランド求人ですが、どこのソープランドでも良いというわけではありません。どこのソープランドであっても自分の仕事への取り組み方であったり、接客技術次第でいくらでも稼ぎが変わってくるものですが、やっぱり重要なのは店選びではないでしょうか。

ソープランドというのは、その価格によってランクがあります。45分以下で10,000円以下の激安店、45分前後で10,000~20,000円程度の格安店、60分前後で20,000~30,000円程度の大衆店、90分前後で30,000~50,000円の中級店、120分前後で50,000~70,000円程度の高級店、120分前後で70,000円以上の超高級店といったもので、地域による相場の違いなどで多少変わりますが、吉原などの有名ソープ街などではこうした感じの基準になっています。

ソープランドの求人で支払われる給料というのは、こうして設定された料金の中から支払われ、料金以上の給料が発生することはあり得ません。この料金設定のうちのおよそ60%前後が女性の報酬として支払われますので、それはつまり高額の料金設定のお店ほど高い報酬になるというわけです。
ソープランドというのは、基本的に完全歩合制になっています。接客をすることで初めて報酬が発生するシステムになっていますから、出来る限り高級店で働くことが出来れば、少ない接客数であっても十分な額が稼げるのです。

ですから、ソープランド求人を利用する際には、高級ソープの求人を優先して応募していくのが良いでしょう。高級ソープであれば、1日に2人ぐらいの接客でも50,000円以上稼ぐことが可能です。大衆店以下ですと、その金額を稼ぐのには倍以上の接客をこなさなくてはいけませんから、その差というのは実際に働くとなると大きい差になります。
その分、高級ソープの求人は、求められるレベルも高くなりますが、特上の美人でないとダメというわけでもありません。高級ソープで働いているのに「あれ?」と思うレベルの女性もいたりしますし、そういう女性でもしっかりと指名を取れていたりするので、この辺りはお店の事情なども関係していますから、挑戦する前から諦める必要はないのです。

福原のソープランドは早朝からも楽しめる

ソープランドを利用するのは夕方から夜というイメージを持つ方も多いのですが、ソープランド自体は午前中から営業を行っていて、ほぼ1日中遊ぶことが出来るものです。
ソープランドは、風営法によって日の出~午前0時前までと営業時間が制限されているのですが、地域によっては時間をフルに使って午前6時ぐらいから開店してい所もあれば、10時ぐらいになってゆっくりと開店するという所もあります。

■ 福原の早朝ソープは数が多い
関西でも有名なソープ街である福原ソープ街には、60以上のソープランドがありますが、このうち早朝6時~7時からやっている店はおよそ30軒と、早朝からでも半分ぐらいのお店で遊ぶことが出来ます。
地域によっては早朝ソープをほぼやっていない所もありますし、早朝からでも色々なお店で遊べるというのも、福原ソープの魅力ではないでしょうか。

■ 福原の早朝ソープは低価格店だけ
早朝から営業をしているソープランドは、手軽に遊べる格安店~大衆店で、高級店は全て10時頃からの開店となっています。
どうして格安店や大衆店ばかりが早朝に開店しているのかというと、これはお店のシステムやターゲット層の違いなんていうのが関係していると考えられます。

そもそも低価格帯のお店というのは、単価を安くして利用客を増やすといういわゆる薄利多売で利益を出しています。しかし、小売店などと違ってソープランドでは1回の接客時間は定められていますから、回転数というのはある程度限定されてしまいます。
そのため、少しでも営業時間を長くしておかないと利益が確保しづらいということになるわけです。福原ぐらいの人気ソープ街になれば、早朝ソープを利用する客の存在も見込めますし、早朝営業に踏み切る店が多いのです。

■ 早朝ソープは普段と違った楽しみがある
早朝ソープの魅力には色々とありますが、朝の空気の中で遊ぶソープランドというのも意外と乙なものです。
朝というのはお店の中の雰囲気も違いますし、男性スタッフもキャストの女性も普段とは違う一面が見れたりします。
出勤しているキャストについても、早朝に出勤しているキャストというのは割と気合いの入ったキャストが多く、サービスにも熱が入ることもしばしば。
また、料金的にお得という現実的な部分もあります。早朝ソープでは割引が適用されるのが当たり前で、規定の料金から数千円安く遊べるのです。

福原のソープランドであれば、早朝からでもしっかり楽しむことが出来ます。普段は夕方~夜に利用する方が多いという方も、機会があれば是非早朝から福原を楽しんでみてはいかがでしょうか。