思い切った「開拓精神」でマンネリ化したソープ遊びに風穴をあけみましょう!

ソープランドに数年通い続けると、さすがに「マンネリ化」することがあります。
最初は強い刺激を感じていたソープランドのサービスも、何度か経験してしまううちに人間は飽きてしまうのです。
このマンネリ化の状態を打開するためには、思い切った冒険が必要かもしれません。
性の喜びの中には、まだ自分が開発されていない「未踏の地」が存在します。
これまでの選択肢を捨て”開拓精神”でマンネリ化したソープ遊びに風穴を開ける努力をしましょう!

●現代の「スレンダー信仰」を捨ててみよう!

現代の女性の多くは「ダイエット」にチャレンジしているものです。
それは世の中の人の中に「痩せている方が美しい」という”スレンダー信仰”があるからです。
ソープランドに通う男性も、ぽっちゃりした女性を低く評価する人が大多数ですが、思い切って「ぽっちゃり」の良さに開眼してみてはいかがでしょうか?
ふくよかな女性は肌質の気持ちよさだけではなく、女性ホルモンが多く「母性」を本能的に感じることができるそうです。
なにかDNAレベルで新しい快感を感じることができれば、マンネリ化を打破することができるかもしれませんね。
逆にぽっちゃり好きだった人は、思い切ってスレンダーなコンパニオンで新規開拓してみるといいでしょう。

●熟女に目覚めてみよう!

前項のスレンダー信仰と同様に、「女性は若いほうがいい」という価値観もあります。
多くの男性客が「少しでも若い女の子」をソープランドでも探しているのではないでしょうか?
この「年齢」の部分でもマンネリ化打破のためにはチャレンジしたい要素です。
ソープランド業界には「熟女ソープ」という確固としたカテゴリーがあり、そのファンも多数います。
年齢的には28歳くらいから上は50歳オーバーまで、いわゆる「年増世代」の女性がコンパニオンです。
これまで若い子だけを負い続けてきた男性も、マンネリ化したのであれば、思い切って熟女ソープにチャレンジしてみましょう。
実は熟女ソープにはたくさんおメリットがあり、低価格でハイレベルな接客を受けられることで有名です。
若い子狙いから熟女ソープに鞍替えできれば、ソープランドにかけるコストも低く抑えることにもなるのです。

●緊縛・SM・痴女にチャレンジしてみよう!

ソープランド業界には元々なかった新カテゴリーが業界に流入しています。
それは「緊縛・ソフトSM・痴女」などのフェチ系です。
趣味じゃない人は絶対手を出さない世界ですが、一度経験すると意外にハマってしまう男性も多いようです。
またこれらのフェチは、いき過ぎると常人ではついていけないレベルになってしまうので、専門店にいきなり突撃するのは危険です。
ソープランドではどれも「初心者向け」となっているので、とっつきやすいので安心です。

●新ジャンルコスプレ系の世界を覗いてみては?

「コスプレ」は古くからソープランド業界にありましたが、ナースや婦人警官、和装やOLなどの職業系です。
しかし、最近の”コスプレ”という言葉さ指す意味は「アニメキャラのコスチューム・プレイ」のことです。
アニメやコミックを読む習慣のない男性ならば、何を真似ているのか分からないのですが、かつらやメイクカラーコンタクトなどで完璧にカスタムアップされたコンパニオンには一種独特の性的魅力があります。
黄色・青・ピンクのカラコンや髪をした劇的に派手な女の子とのセックスにSFチックな興奮を感じるでしょう。

●おわりに

男性の性欲は底がなく無限です。
どれだけ完璧と思っていた女性も数回セックスを重ねると飽きてしまうのが男の性なのです。
常に新鮮にソープランドを楽しみ続けるためには、ときおり思い切った精神的な開拓をし、新たな自分を覚醒させていくことが大切です。

人の減る閑散期こそ良いソープ嬢と遊ぶチャンス

商売にはどんな業種であっても忙しい時期と暇な時期があります。
ソープランドでもそれは同様で、一般的に2月や6月、10月頃というのがソープランドの暇な時期と言われています。
逆に忙しい時期と言われるのが12月下旬~1月上旬、3月下旬~4月上旬、7月末から8月中で、ボーナスや年度の節目などで財布の紐が緩む時期です。
さて、ここで気になるのは忙しい時期と暇な時期、はたしてどちらが遊びやすいのかということです。

◆ 質より量になるのが繁忙期

ソープ業界では、繁忙期の前あたりになると一気に在籍嬢の数が増えてきます。
繁忙期を見越して採用基準を緩めたり、出稼ぎ嬢の受け入れなどをしてとにかく数を揃えておくという店が増えるためですが、そうなると当然質の低いいわゆる地雷嬢というのも増えてくるものです。
特に低価格帯で在籍嬢の数などを売りにしているお店ですと、面接を受ければとりあえず採用というレベルまで下げたりしているので、地雷嬢に合う確率は極端に高くなります。

◆ 人気嬢と遊びたいなら閑散期狙い

繁忙期の人気嬢というのは、予約で出勤枠が全コマ埋まってしまうことが珍しくありません。
不況でソープ利用者が少なくなっているとはいえ、指名をしっかり獲れる人気嬢にはあまり関係ありませんから、忙しい時期の人気嬢は朝イチの予約合戦が必須となります。

しかし、暇な時期であればその限りではなく、人気嬢でもふと枠が空いていたりするものです。
運も絡みますが、そうした空いた時間にうまく潜り込める可能性があるので、人気嬢と遊びたいのであれば閑散期を狙うと良いでしょう。

◆ おすすめは閑散期

では、繁忙期と閑散期のどちらが良いのかというと、おすすめなのはやはり閑散期でしょう。
暇な時期に来てくれるお客さんというのは女性からしてもありがたいものですから、比較的接客も丁寧になることが多いようです。
そういった時期に接客したお客さんのことは意外と覚えているもので、裏を返したりする場合は、なおのこと繁忙期より閑散期を狙うべきです。

また、閑散期になると稼げない嬢はお店を辞めてしまうことも多く、結果的に在籍嬢の質が高くなることがあります。
地雷を踏んで後悔するという可能性も減りますから、そういった意味でも閑散期に遊びに行くのが良いでしょう。

ソープランドは高い料金設定となっていることも多く、それなりのお店であれば数万円かかるのが当たり前です。
そんな中で「忙しいから」なんていう理由で雑なプレイをされたのではたまったものではありません。
他の人が避ける閑散期こそ遊ぶのには最適ですから、取り立てて急ぐ理由が無ければ、閑散期を待って動いてみるのが良いでしょう。

【兼業ソープ嬢】掛け持ちでソープ嬢やってる子はかなり個性的で面白い

ソープランドで働くソープ嬢の就労形態は、臨機応変で専属契約もあれば「掛け持ち」で働く子もたくさんいます。
現在の日本経済は収入格差が大きく貧困女子も社会問題化し、とくに収入の低い女性たちは複数の仕事を掛け持ちしていることが多いのです。
その中には「兼業ソープ嬢」をしている子もいて、これがなかなか接客を受けてみると面白くて楽しめるのです。
ここでは、他の仕事をしながらソープ嬢をしている子にスポットを当て解説してみました。

●看護師とソープ嬢の掛け持ち

昔から「元看護師のソープ嬢」はたくさんいます。
病院で患者の生の体に触れることの多い看護師は、ソープ嬢として働くときに抵抗感が普通の女性よりも少ないということがその理由のようです。
また看護師は高いスキルを努力して習得しているにもかかわらず、業務も過酷で我慢強いところも、ソープ嬢になったときに役立ちます。
ソープランドの男性客として看護師と掛け持ちのソープ嬢から接客を受けると、一種独特な雰囲気を味わうことができるでしょう。
これに似た職業に「介護士(ヘルパー)」とソープランドとの掛け持ちもあります。

●お硬い仕事とソープ嬢の掛け持ち

公務員や教師、あるいは一流企業勤務の、いわゆる「お硬い仕事」をしている女性のソープ嬢との掛け持ちもかなりおもしろい存在です。
お硬い仕事とソープランド掛け持ちしているソープ嬢は、なぜか「めちゃくちゃエロい!」ことが多いのです。
副業禁止の規定を破ってでもソープランドで働くのには、強い「性的好奇心」があるのでしょうし、高収入の一流企業勤務の女性ならば「性的目的のみ」が働く理由になるのは当然です。

●学生とソープ嬢の掛け持ち

奨学金制度の問題などで、最近では大学や専門学校生の掛け持ちソープ嬢が急増しています。
こういった学生ソープ嬢は、将来を見据えてしっかりとした考えを持つ子も多いのですが、思春期のためにソープランドで働き始めてから「性に覚醒」してしまう子も多くいます。
学生とソープランドを掛け持ちしているコンパニオンは、仕事ではなく”楽しむために”お客とセックスしていることも多く、その違いは接客を受ける男性にもヒシヒシと伝わってくるものです。
このタイプに「マジイキ」する子が多く、演技ではないリアルなセックスを楽しむことができるのです。

●主婦とソープ嬢の掛け持ち

「職業」ではありませんが、最近では主婦をしながらソープ嬢をしている子も増えつつあります。
経済不況の影響で、旦那の収入が少なく「共働き」が増えていて、その数は全世帯の1/3にのぼります。
その中に”ソープランドと掛け持ち”をするという離れ業をやってのけている主婦もいるのです。
旦那公認も場合もあるといいますからほんとに驚きですね。
またこういった主婦たちがもう一つ抱えている問題「セックスレス」も、ソープ嬢になることで同時に解決することができます。
主婦の魅力はやはりにじみ出てくる「生活感」ではないでしょうか。
「リアルにエロい」これが兼業主婦ソープ嬢の魅力です。

●おわりに

”職業”はその人の人格や雰囲気にも大きく影響を与えます。
専業のソープ嬢よりも、兼業ソープ嬢の方が職業から受ける影響が2倍多いことで、人格や行動にも深みが現れるのです。
こういった兼業ソープ嬢を探すには、ホームページで掲載されている「出勤予定表」などを確認し、週に1~2度や不定期で出勤している子を確認します。

ソープランドの店探しから実際に遊ぶまでのフローチャート

これから「ソープランドを体験してみたい」という人なら、その”遊び方”を早く知りたいはずです。
ソープランドの利用には独特のルールと手順があり、風俗遊びをしたこともない男性ならば、行き当たりばったりでは難しい面もあるのです。
ここでは、あくまで「初心者の男性に向けた」ソープランドで店探しから実際に遊ぶまでのフローチャートを解説してみました。

1.店を探すことから始める

ソープランドで遊ぶには、まず「店探し」をすることから始めます。
これにはいくつかの方法がありますが、現在では主流は「インターネット」になっているので、新聞広告やフリーペーパーなどには頼らず、スマホ・パソコン・ガラケーを利用しましょう。

店探しは・・・

◎地域の絞り込み
 ↓↓↓
◎軍資金の決定
 ↓↓↓
◎実際の店舗を選ぶ
 
といった手順で探します。

予定している地域、たとえば東京ならば「東京 ソープランド」といったキーワードを検索エンジンに打ち込めばたくさんの店舗がヒットします。
また「ポータルサイト」と呼ばれる、日本全国のソープ店を一挙に検索できるサイトもあるので、そういった
ものを利用してもいいでしょう。

2.店が決まれば女の子選び

料金価格やサービス内容などで、めぼしい店が決まれば次に「女の子選び」です。
ソープランドのインターネットのホームページには、無料で女の子(コンパニオン)の顔写真が公開されているのです。
ただし、前項の「店選び」と「女の子選び」の順序が逆になってもかまいません。ソープランド遊びに慣れた男性ならば、逆パターンの方が多いかもしれませんね。

3.電話で問い合わせをする

ソープランド業界は、インターネットがかなり普及していますが、最終的には「電話」で予約や問い合わせが必須です。また、料金体系や細かな質問などは、利用する側も話をして確認するほうが安心です。
そして、ソープランドで遊ぶパターンには「予約」と「飛び込み」の2種類があります。この”飛び込み”は一切連絡もなしに店に直接行くのですが、現在ソープ業界は非常に利用者が多く、長時間の待ち時間があることが普通です。
初心者・ヘビーユーザーに限らず、現在のソープランドでは「予約を入れた遊ぶこと」が常識となっているのです。

4.予約当日にすること

ソープランド遊びには、予約を入れても当日に気をつけることがいくつかあります。まずは「予約確認電話」です。
これは当日キャンセルによる営業被害を防ぐためと、予約した女の子が体調不良などで、接客できないといってトラブルに対処するためです。
この「当日電話」を入れないことで、自動的に予約が抹消されることもあるので確実にこなしましょう。
――あとは「エチケット」の問題です。
ソープランドは誰でも知るとおり「風呂完備」なのですが、店舗のサービスによっては「即即」といった入浴前に行われるサプライズ的なものも存在します。
即即サービスを導入している店舗は増えつつあるので、やはり来店前に入浴しておくほうが無難です。

5.料金を支払って楽しみましょう!

ここまでくれば、あとは存分に楽しむだけです!ソープランドは2段階受付が基本で、受付で「入浴料」、サービスルームで「サービス料」を支払います。
ただし、現在多くのソープランドでは「受付一発精算」を採用し始めているので、これも電話受付の際に確認するといいでしょう。
そしてソープランドの料金は「前払い制」ですので、サービスを受けたあとに「料金が足りない」といったトラブルはないので安心してください。

●おわりに

現在のソープランド業界は、顧客層を広げるためによりシンプルな遊び方ができるような工夫がされています。
昔のように「詳しい先輩に教えてもらう」といったことをすることもなく、インターネット一つでこっそりとデビューするということがしやすくなっているのです。

ツライことかあったら病院だはなくソープランドに行くほうがいい理由

近年会社で働く社会人の「精神疾患」が問題視されています。
仕事や将来の悩み、人間関係などでストレスを受けて神経症や不眠症になったり、うつ病や出社拒否、引きこもりになってしまうというケースが急増しているのです。
こういった人たちはたいてい精神科などの専門病院を受診して薬物治療を受けているはずです。
しかし、日本の精神科医療は完治率が低く、逆に向精神薬の副作用に悩まされてさらに悪化してしまうことも珍しくありません。
そこで突飛な提案なのですが「ソープランド」に通うことでメンタルケアをし、精神疾患に陥るのを防いだり改善に向かわせる工夫をしてみてはいかがでしょうか?
これにはちゃんとした「根拠」があるのです・・・。

●セックスには最大の「いやし効果」がある

男性が震災などに被災をした際、悲しいことに「レ○プ事件」が多発するといいます。
これは強いストレスを受けた男性が自浄作用として「性行為」を求めることがその原因だという説が有力です。
――そうです、セックスには、ストレスを解消する「いやし効果」があるのです。
ソープランドはもちろんセックスをするところですから、料金を支払うだけでセックスをすることは容易です。
現在未婚で彼女もいないような男性ならば、職場で強いストレスを感じたらソープランドにいやされに行きましょう!

●日常から完全に切り離される瞬間ができる

社会生活でストレス障害に陥る人は、職場から帰宅しても趣味も持たず仕事のことで思考を支配されているのです。
仕事とプライベートをきっちりと分けることができれば、生活にメリハリができてメンタルが正常に保たれます。
――ソープランドは非常に印象の強い体験です。
日常生活から完全に切り離された世界観のある店内で、普段会うことのないような着飾った女性に接客されることで、確実に日常のストレスを忘れ去ることができます。
ほんの1~2時間の体験ですが、この瞬間に大きくストレスを解消して疲労した脳をリセットすることができるのです。

●男性としての本能的な自信を取り戻すことができる

男性は「仕事」「性生活」の両方が充実していないと、自信を失いストレスにも弱くなります。
彼女が何年もいない男性は、仕事で高収入を稼いでいる人でも、どこか自信なさげなことをみても理解できるはずです。
ソープランドでソープ嬢と一線交えることで、男性の本能的な自信を取り戻せる可能性があります。
仕事や人間関係でうまくいかないとき、月に1回のペースでもかまいませんから、ソープランドに出かけると、下半身からこみ上げるような根拠のない自信に満ち溢れ、日常のストレスに打ち勝つ生命力を取り戻せることでしょう。

●ソープ嬢との会話もメンタルケアに役立つ

精神疾患に陥る人は、コミュニケーションが苦手で会話の少ない人が多いようです。
友人が多くいて、たくさん会話をしていると、それだけでストレスを解消できるメンタルケアになるのです。
友人がいなくてコミュニケーションを取ることが難しい人にもソープランドはおすすめです。
ソープ嬢との短い会話も、「初対面」であることも手伝って刺激的で精神に良い影響を与えます。
またソープ嬢は会話もうまく、こちらの悩みを真剣に聞いてくれたり、思ってもみなかったアドバイスをしてくれるようなことも少なくありません。
セックスに加えて”会話”をするためにもソープランドの利用価値はあるのです。

●おわりに

「メンタルケアをソープランドで・・・」といういきなりの提案でしたが、それなりの根拠があることが分かったと思います。
社会生活で疲れ切った男性は、「別世界」であるソープランドで心の垢を落としてみてはいかがでしょうか。