東京オリンピックがきっかけで福原ソープ街がさらに進化するってホント?

2020年に控えた「東京オリンピック」。国際的な大イベントですから、経済を始めとしたあらゆる部分に影響があると言われています。
そしてなんと、関西最大の歓楽街「福原ソープ街」が今以上に巨大化し、さらに進化するという予想があるのです。その理由や社会背景などを考察してみました。

●国際イベントに「環境クリーンナップ」が行われる可能性がある?

オリピックのような国際的な大イベント時には、必ずといっていいほど「環境のクリーンナップ」が行われます。これはどの国でも行うものであり、要するに「国のメンツ」のためです。
そこで現在の小池都政がターゲットにしているのが、「パチンコ」「タバコ」「風俗業界」です。パチンコは日本特有のギャンブルであり、これだけの先進国が街中にギャンぶり施設が点在していることは、世界でも疑問視されていました。東京オリンピックまでにパチンコ店を「半数にまで減少させる」という目標が明示されています。
タバコに関しても日本は禁煙後進国であり、歩きタバコの厳罰化、商業施設の分煙などすでに条例が整備され始めています。そして、ニュースにはなりませんが、「東京吉原」を始めとする”風俗業”への摘発が強化されることはほぼ確実とされているのです。
関東地域全域でこれらの動きが起きると、困るのはソープ関係者とコンパニオンたちです。ソープコンパニオンは元々地元で働くことが少なく、多くが地元から離れているため、遠くへ遠征してソープ店を探すことも十分に考えられます。
――そんな行き場を失ったソープ嬢が白羽の矢を立てているのが「福原ソープ街」だといいます。
吉原など日本屈指の高収入を誇るソープ街ですから、寂れた地方ソープに流れません。同程度の規模があるソープ街こそが「福原」なのです。

●福原の持つポテンシャル

神戸市福原には、他のエリアにないポテンシャルがあります。現在も一時期減少した店舗が徐々に増え始めるなど復活と進化を続けているのです。
インバウンド景気を始めとして、関西の景気が上昇し始め、顧客の落とす単価も上がっています。その反面、格差問題によって貧困女子が増えてコンパニオンが増加し、過去最大と言われる在籍数があります。
一時期ヘルスやピンサロ、デリヘルに流れていた男性客も福原ソープ街に戻り始め、その様子はネットコミュニティーを使って全国のソープ嬢が知る状態です。こういった好条件が福原ソープ街のポテンシャルを底上げし、さらに関東からのコンパニオンの流入があれば、一層強大化する可能性が期待されています。
「女の子が増えれば客も増える」という風俗業のセオリー通りにいけば、ビッグバンが起きる可能性は十分に考えられるでしょう。

●予想できる福原の変化

では、関東からのソープ嬢の流入によって起きる福原ソープ街の変化にはどんなものがあるでしょうか?予想されるのは次のような変化です。

◎料金の低価格競争
◎巨大ソープ店(在籍100人超え)の増加
◎サービスの向上
◎プレイのハード化
◎ソープ嬢レベルの向上

より安くハードに、そして遊びやすい福原に生まれ変われば、好循環が起こることは必至です。関西圏の男性の間でソープランドブームが再燃することは間違いないでしょう。現に今でもこういった流れは起こり始め、標準語を話すコンパニオンが増加しつつあると、関係者への調査で明らかになっているのです。

●おわりに

低迷し始めているヘルスやピンサロ、デリヘルなどのソフト風俗業界を尻目に、福原や雄琴などのソープランドは東京オリンピックが追い風になるはずです。
関西に住まれている男性なら、生まれ変わりつつある新生福原ソープ街を、下調べを兼ねて今のうちに体験してみてはいかがでしょうか。

福原で急増する低年齢バツイチソープ嬢の生態と特徴を考察

社会の世相から強く影響を受ける風俗業界では、数年単位でその様相が激変することも少なくないようです。現在の日本社会の特徴を大きく表しているのが「格差」と「離婚問題」ではないでしょうか?
この2つの社会要素が「バツイチソープ嬢」を大量に生み出していると言われているのです。関西屈指の巨大ソープ街『福原』は、その色合いが最も濃く表れたエリアだと言えるでしょう。ここでは、低年齢のバツイチソープ嬢の生態と特徴を考察しています。

●日本の離婚率は30%超え

現在の日本人の離婚率は30%を超え、さらに増大傾向にあるそうです。”バツイチ”ですから、もちろんそこが大きな要因となっていることは確かです。
関西圏でソープランドを営業できるのは、兵庫と和歌山だけです。日本でも関東に次いで人口の多いエリアですから、必然的に離婚をした女性も多くなります。
離婚後に子供を抱えて生活費に困り、ソープ嬢へ転身する女性が増えるのも当然のことなのかもしれません。離婚をすれば慰謝料や養育費を請求できるのですが、実際にそれを受け取れている女性は一握りなのです。

●バツイチに理解のない職場と社会

昔は結婚して会社を卒業することを「寿退社」と言って祝ったものですが、最近では他人の幸せに花を向けてくれる人も少ないようです。無条件に祝うべき「妊娠出産」さえ、会社側ではうとましく感じるような暮らしにくい社会なのです。挙げ句には、マタニティハラスメントによって追い詰められる始末です・・・。
子育てに理解をしない職場環境が、子持ちのバツイチ女性をソープランドに追い立てています。また、保育所不足などの問題がここに加わり、さらに子供を育てながら働くことが困難になっているのが現状です。

●格差の拡大

日本経済は一時期の不況のトンネルから抜け出したように言われていますが、その実「格差」は広がりつつあります。学校の備品や給食費が支払えない親が増えていることも問題視されています。
戦後すぐは今よりも貧乏な家庭はありましたが、「周りも同じように貧乏」な状態でした。現在のように同じエリア、学校内で高収入の家庭と貧乏な家庭が混ざった状態は「相対的貧困」を強く感じるために精神的にもつらいのです。
とくに現在では資格や手に職がないと最低賃金に近い就職環境になってしまうのが普通です。若くして結婚した女性は、たいてい学歴も低めで資格などもないことが多く、良い就職ができない傾向にあります。

●福原に低年齢バツイチソープ嬢が多い理由はここにある

これらの「社会問題」のほぼすべてを、福原のようなソープ街が解決してくれます。

◎抜群の高収入
◎託児所付き、または斡旋
◎学歴資格のいらない職種
◎同じような状況・環境の同僚が多数いる
◎ソープ店側の理解とバックアップの存在

低年齢で子持ちのバツイチ女性が抱えがちな問題は、ソープランドに転職することでほぼクリアできてしまうのです。

●おわりに

女性フェミニストを始めとする社会の目から風俗業界は白い目で見られていますが、困窮した女性を最底辺で支えているのは、実はソープ業界なのです。人口の多い関西圏は、全国的に見ても経済の地盤沈下が激しく、バツイチ女性の収入が統計的に見ても低めです。「福原ソープ街」にバツイチ女性が多いのには、こういった背景があったのです。

現在の福原では人妻ソープのレベルが高くなっている

福原のソープランドといえば、よく言われるのは「若いキャストが多い」というもの。
統計があるわけではありませんが、神戸という場所であることや立地の良さ、それからソープ街自体の知名度を考えると、確かに若い女性が多くなるのも納得の条件が揃っています。
また、昔は「若いうちは福原で経験を積み、年をとったら雄琴へ移る」というのがトルコ嬢の定番コースと言われていましたし、歴史的にも福原に若い女性が多いというのは確かと言えるでしょう。

さて、そんな福原ですが、最近では昔と違って福原にも人妻とか熟女といった年齢のキャストが活躍するお店が増えてきました。
昔に比べて年齢が高くなったキャストでも働きやすい環境が整いつつあるということで、昔は「福原の人妻はハズレ」と言われていたのですが、その評価はあてにならなくなっています。

福原の人妻・熟女ソープの中には、昭和の時代から営業している店があります。
それが、『有明』や『いろは』といったお店で、どちらも若い女性が全盛期だった時代を生き抜いてきた老舗です。

『有明』は、60分総額12,000円の格安店。福原では1,2を争う老舗ということもあって、建物もかなり年期が入っています。しかも、昨今ではかなり珍しくウェブサイトなども無いので、ネットを探しても入手出来る情報というのはとても少ないです。
働いているキャストについても、実際にお店に行ってみないとどんな女性が働いているのかはわからず、噂では40代どころか50代以上のキャストもいるとのこと。
内装なども古めかしく、昭和の時代の古き良きトルコ風呂の雰囲気を味わえるという意味では、唯一無二のお店と言えるでしょう。

『いろは』も、昭和末期に営業開始して平成の時代を丸々生き抜いてきた名店です。
60分総額19,000円からの大衆店で、福原の主流相場よりも若干高めとなっています。
平成に入ってから出来た福原のソープランドは、実は店舗が手狭だったりすることが多いのですが、『いろは』はそんな中でもかなりの店舗の広さがあります。
在籍しているキャストは、20代後半から40代がメインとなっていて、『有明』よりも平均年齢は下でしょうか。
老舗ながらイベントなどもこまめに行っていて、かなり遊びやすい店となっています。

こうした老舗より新しい人妻店といえば、『ドンファン』『仮面貴族』『仮面の館』といったものがあります。
これらの店も人妻店らしく丁寧なサービスが人気を博していて、福原の人妻レベルが高くなっていることを実感出来ます。
若いキャストでは出来ない接客をするのも人妻ソープの魅力ですから、是非利用してみましょう。

ソープ嬢の価値を高める本指名というシステム

ソープランドには指名というシステムがあり、ウェブサイトなどでお気に入りの女性を見つけて予約することが出来ます。
指名にはいくつか種類があるのですが、その中でも最も上位となるのが本指名です。

▼ 本指名とは

本指名というのは、同じ女性を2回以上指名するというものです。
初めて遊ぶ女性では指名しても本指名にはならず、指名の仕方によって電話指名やネット指名、パネル指名といった形になります。

▼ 本指名にはどんなメリットがあるのか

本指名は、指名をする男性側にも指名を受ける女性側にもメリットがあります。

・男性側のメリット

本指名によって男性側が受けるメリットは、「上客扱いになる」ということです。
よく耳にする話ですが、長く同じソープランドに通っていると、男性スタッフからお得な情報を教えてもらったり、たまにフリーで遊んだ時も良い嬢をあてがってもらうことが出来ます。
本指名を続けることが信用が生まれるわけで、そういった意味でも本指名をすることによるメリットはかなり大きいでしょう。

・女性側のメリット

女性側にとってのメリットは、「収入が増える」ということです。
ソープの給与形態は歩合制で、接客することでサービス料が女性に支払われるというシステムです。
同じ時間のコースでも本指名の場合は取り分が増えることが多く、さらに指名料分も入ってくるのです。
月あたりですと数万円単位で変わってくるので、決して無視出来る額ではありません。

もう一つは、「お店での待遇が良くなる」ということです。
多くの本指名客を抱える女性には専用の個室が与えられることもあります。
収入だけでなく、お店における立場も良くなるのが本指名のメリットです。

▼ お気に入りの女性が出来たら本指名で遊ぼう

本指名は、女性にとっては給料だけでなくそのお店での立場をも左右するな指標です。
もしお気に入りの女性が出来たのであれば、必ず本指名をして遊ぶようにするべきでしょう。
いくらフリーで遊ぶチャンスがあったとしても、指名をせずにフリーで遊びに行けば確実に不興を買うことになります。
それによって女性からの対応が悪くなったりすることもあるのですから、多少の指名料はかかるとしても本指名をするのが正解というわけです。

ソープランドは、風俗の業種としてはかなり高額設定になっていますから、遊ぶのであれば可能な限り良質のサービスを受けたいもの。
ほんの数千円で普通よりも良いサービスを受けられる可能性があるわけですから、そこは惜しむべきではありません。
まともなソープ嬢であれば、本指名をされると自分が認められた感じがするのか、断然喜んでくれます。
お気に入りの女性が出来たら、ぜひ積極的に本指名をしてあげましょう。

低価格でも良質な店が多い福原

ソープランドは、世の中の時流を反映しやすい業界で、昨今ではソープランドの主流が格安や大衆といった低価格帯のお店になっています。
関西を代表するソープ街である神戸の福原ソープ街でも低価格帯のお店が主流になっていて、リニューアルや新規オープンで登場するお店もほとんどが低価格帯のお店です。
そんなこともあってか、福原のソープランドは遊びやすいというイメージが強く、県外からも多くの方がソープランドを楽しむために訪れています。

◆ 安くてサービスの良い店が豊富
ソープランドはいかに安かったとしても、サービスが悪ければ営業を続けることが出来ません。
現在はインターネットが全盛期で、基本的に何かあればすぐにネット上に情報が出てしまいます。
そして、地雷サービスばかりをする店というのがあれば、それも当然ネット上に出てきます。
そのような事情もあって、昨今のソープランドは「安かろう悪かろう」では営業出来なくなっています。

福原のソープランドの魅力の一つが、安くても良質なサービスを心掛ける店が多いことです。
この風潮は個々のお店だけではなく地域ぐるみで行っているため、数あるソープ街の中でも安心して利用することが出来ます。

◆ ジャンルが豊富で遊びの幅が広い
いくら安くて良い店が多いとはいえ、同じような店ばかりではすぐに飽きがきてしまうものです。
福原のソープランドは、低価格帯でも沢山のお店がありますし、そのジャンルは他に類を見ないぐらい豊富です。
オーソドックスなノーマルのお店から、ちょっとマニアックなお店もありますし、ガッツリとアブノーマル系のお店もありますから、気分次第で色々なお店で楽しむことが出来るのです。
福原のソープランドが長く人気を保っていられるというのも、こうしたお店の多様性というのも関係しているでしょう。

◆ 色々な女性に出会える
ジャンルが違うとなれば働いている女性のタイプも違いますし、同じ価格帯のお店でも色々な女性に出会うことが出来ます。
福原のソープランドを探していれば、必ず自分の好みに合う女性というのは見つかるでしょう。
福原のソープランドで働いている女性は、本当に様々です。容姿や年齢、雰囲気などもそうですが、出稼ぎ女性なんかも多いので他の地方の女性とも出会うチャンスがあります。
話が上手な方もいればテクニックで満足させてくれる女性もいますし、接客に対する取り組み方も様々で、飽きることがありません。

低価格なお店でも様々な魅力がある福原のソープランドは、ソープ初心者の方でも楽しめますし、何度行っても飽きることなく楽しめます。
良質なソープ遊びを求めるならば間違い無いという場所ですから、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。