風俗未経験でも働きやすいマット無しのソープ求人

ソープ求人は、未経験でも単価が高く稼ぎやすいということで、未経験女性も数多く応募をしている人気業種となっています。
そんなソープ求人ですが、未経験女性に向いているソープ求人があるのはご存じでしょうか?
難しいサービスをしなくても済む、そんなソープ求人を選べば、始めてすぐに稼げるようになるのです。

◆ 未経験向けソープ求人はマット無しのお店

未経験女性に向いているソープ求人、それはマット無しのお店の求人です。
ソープランドと言えば、その代表的なサービスとなるのがマットプレイで、昔はこのマットプレイがしっかり出来て一人前と言われるくらい重要なプレイでした。
しかし、昨今のソープでは1万円台で遊べる格安店というのが台頭してきており、そういったお店は40分程度の短時間コースが基本。
そうなるとマットプレイをする時間が無いということで、マットプレイ自体が省略されているのです。

マットプレイは、その難易度から未経験の方が最初から上手くやるというのは無理で、「マットが気持ち良くなかった」という理由でリピーターを逃してしまうことは珍しくありません。
マットプレイが無いお店であればその心配は要らず、リピーターになってくれるお客さんを逃さずに済むのです。

◆ ハードプレイも無いことが多い

マット無しのお店は、その他のプレイについてもハードプレイが無いことが多く、未経験女性でも無理なく行えるプレイが基本となっています。
即尺、NSなどのハードプレイを基本でするようなお店ですと、いくら稼げるとはいえ精神的にまいってしまうこともありますから、簡単なプレイで大丈夫なお店なら安心です。
そういった意味でも、未経験者向けの求人と言えます。

◆ マット無しのお店は意外と稼げる

マット無しのお店は、基本的に低価格が売りのお店となっていて、1回の接客で得られる単価というのは決して高くありません。
お店にもよりますが、1回あたりの単価はおよそ7,000円前後で、ソープ求人の給料相場からすれば安い方です。

しかし、だからと言ってマット無しのお店が稼げないというわけではなく、むしろ回転数で稼ぐことが出来るので、1日分または1ヶ月分といった長期の目で見れば十分な額を稼ぐことが出来ます。
マットプレイは女性も疲れるプレイですが、それが無いだけで体力的に余裕が出来ますし、その分回数をこなすことが可能です。
連続出勤や長時間勤務も可能ですし、未経験女性でもバッチリ稼ぎやすいお店なのです。

こうした理由から、風俗未経験でソープ求人を利用するのであれば、マット無しのソープ求人を選ぶことをおすすめします。
マット無しのお店はどこでも見かけますから、勤務地で困ることもありません。
吉原や福原、中洲やすすきの、日本全国で働けるので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

【ソープランド】低コストを狙い過ぎると得をしない理由

ソープランドが好きな男性の中には「いかにして安く遊ぶか」に重点を置いている人がいます。
たしかにソープランドの料金は決して安いものではありませんので、学生やアルバイトなど経済的に余裕のない男性ならば仕方のないことかもしれません。
しかし、低コスト狙いの行為によって、「逆に損をしている」ということもあります。
今回はソープランドで、低コストを狙い過ぎることで得をしない理由を解説しています。

●ソープの料金体系はダテじゃない?
ソープランドは「高級店」「中級店」「大衆店」「格安店」など、料金による分類が明確にされています。
それは単なる料金の違いだけではなく、それぞれのグレードに見合った経営がされているのです。

高級店などはソープ嬢の面接も厳しいですし、教育も行き届いています。
また、店内の調度品・設備・スタッフサービスも高級ホテルかと思わせるようなレベルの場合がほとんどです。
高い料金に見合ったサービスを提供しなければ、その客はリピートしてくれないからです。

その料金に応じて、すべての要素が変わるので、ソープ店の料金体系は”ダテ”ではないのです。
低コストばかりを狙い過ぎると、高い店がどんなものかを知ることもでないため、ソープランドの本当の魅力や醍醐味を知らないままになってしまう危険性があります。
普段は低コストの店で遊ぶとしても、たまにはいつも以上のグレードの店に行くことをおすすめします。

●短時間でソープを楽しむことは難しい
低コスト狙いの男性は、時間も短めにすることが多いようです。
しかし、ソープランドのフルサービスは結構時間を必要とするもので、洗体・入浴から始まり、マットプレイからベッドへといくつかの段階を経てクライマックスを迎える構造なのです。

短時間の場合にはマットを排除したり、入浴を排除したりすることで、そこで行われるサービスを受けることができません。
また、ソープ嬢も時間を気にして急かされるので、落ち着いて得意のサービスをすることが難しいのです。

「抜ければOK!」という人もいますが、ソープランドの魅力はそんなものではありません。
ゆったりと余裕のあるコースを選んで遊べば、ソープ嬢も本来の能力を発揮して、テクニックを存分に披露してくれるのです。

●上客になれないことの弊害
低コストで安く安く店を利用しようとするお客は、何度通っても”上客”として認知されません。
多くの店舗のサービスは、薄利多売でサービスをしないか、あるいは臨時サービスを窓口に気前の良い上客を集めようとしているのです。

なので、料金をケチり、割引ばかりを狙う客は店側からすると利益率の低いお客です。
また、店やソープ嬢が上客に対してする”スペシャルサービス”も、低コスト狙いの客には使いません。

上客になると、フリーでも人気の高いソープ嬢や新人を優先してつけてくれたり、大幅な割引券をサービスしてくれたりします。
また、ソープ嬢でも自分の太い客となりそうな上客に対しては、規定外のサービスをするものです。

低コスト狙いばかりをしていると、いつまでも上客になれずに、その弊害を受けていることになります。

●おわりに
いかがでしたでしょうか?
確かにソープランドを安く利用しようとする行為も面白いかもしれませんが、それによって高い満足度を捨てている場合もあるのです。
商売人が昔から言う「損して得を獲れ」ということわざは、意外にも利用客にも当てはまるかもしれませんね。

ソープ嬢はお客のここを見ているぞ!ソープ通から振る舞いを学べ!

ソープランドで上客になり、一段階上の洒落た遊びをするためには、ソープ嬢からまず気に入られる必要があります。
ソープ嬢と信頼関係を築き、店外デートなどをしているのも、レベルの高いソープ通なのです。
ソープ嬢の観察力は鋭く、お客の立ち振舞で人間性まで見抜いてしまうこともめずらしくありません。
そんな見識の高いソープ嬢がお客のどんなところを見て判断しているのか知っておくことが大切なのです。

●余裕があるかどうかを見ている
ソープ通や遊びの上手な男性はみな穏やかな話し方をします。
知ったかぶりもしませんし、マウンティングもせず、懐の深い振る舞いをするのです。

よくソープ嬢に気に入られようと、覚えたての知識をひけらかす男性客がいますが、ソープ嬢はすべて見抜いていると考えて良いでしょう。
また、ソープ嬢は、男性の知識など欲していません。
ソープ嬢は男性客に「余裕があるかどうか」を見ているのです。

●清潔感を見ている
ソープ通の男性は揃って「清潔」です。
なぜなら、不潔な男性は恋愛感情の有る無しに関わらず、女性から敬遠されるからです。
女性には独占欲がありますが、それ以上に女性にモテない男性には興味を示しません。

まったく女性との関わりがない男性は、清潔にする動機が希薄なので、つい身だしなみも手を抜いてしまい、そこを見抜かれてしまうのです。

●誠実さを見ている
ソープ嬢の多くは過去に経済面で地獄を見ていてるので、ソープランドで働いている現在ではかなりお金にシビアです。
そして男性に対しても同じような価値観を求めます。

なので、ソープ嬢に気に入られようとブランド物をたくさん身につけていったり、高価過ぎるプレゼントをたくさん持っていっても、気を引くことはできません。
たとえそれが自分のためにしていることであっても、散財している様子を見て不安になるのです。
ソープ嬢に気に入られたければ、無理してお金を使おうとせず、財布の紐が硬いところを見せつけた方が良い印象を与えることができます。

●ストーカーになるリスクを見ている
女性は褒められたら喜ぶものですが、限度を超えてしまうと逆効果です。
最近ではストーカーによる悲惨な事件も多く、ソープランドのような接客業ではとくに警戒もしているのです。

ソープ嬢のことを褒めることは良いことですが、何度も感情的にしつこく同じことを言ったりすることは避けましょう。
ソープ嬢はどちらかというと、情熱的な男性よりも冷静沈着な男性を好む傾向にあります。

●会話のキャッチボールができているかを見ている
人間性を強く表すのが「会話」です。
自分だけのことを延々と話続けたり、自慢話ばかりしたり、あるいは逆に根掘り葉掘りソープ嬢や店のことを聞き出そうとするのもNGです。

会話で大切なことは、聞くことと話すことの”バランス”です。
そして、女性は聞くことよりも話すことが好きな性質なので、6:4で聞く側になるとちょうどいいかもしれませんね。

●おわりに
ソープ嬢はめずらしい職業なので、男性客はどうしていいか分からず、常識はずれな行動を取りがちです。
しかしソープ嬢は、同年代の女性よりもいろんな経験を積んだことで角が取れ、意外に常識的でもあるのです。
ソープ通を見てみると、揃って常識人です。
それを見習って、ソープ嬢の厳しい観察眼をクリアしましょう。

ソープ求人でトラブルになりやすいお金の問題

風俗の中でも相場が高めとなっているソープランド。
そのソープランドの求人では、どこのお店も高い報酬を提示して女性を集めています。
ソープ求人は、風俗業種の中でも比較的しっかりしたものが多いのですが、それでも全てが問題無いというわけではありません。
中にはソープ求人でトラブルに繋がったという話もあるのです。

◆ ソープ求人で一番起きやすいトラブルとは

ソープ求人で発生してしまうトラブルですが、一番多いのは『求人広告の条件と面接で提示される条件が違う』というものです。
よく報告されるのは給料に関してで、求人広告に掲載されているバック率と面接で提示されるバック率が違うというケースが大半です。
風俗未経験の方などは特にこれに引っかかりやすく、面接まで行ってしまった手前、断りづらくて納得出来ないまま働くことになってしまうということは珍しくありません。

ソープ求人におけるバック率の相場というのは、およそ50~60%の間です。
お店に長年在籍していて、しっかりと営業成績があれば70%近くになることもあるようですが、新人でいきなり相場以上のバック率を設定する所はまずありません。
将来的に稼ぐ見込みがある女性であれば、個別で多少の色が付く可能性はありますが、それでも数%といった所です。

一番起きやすいトラブルですが、給料の相場を知っておけばそれなりに防げるものでもあります。
ネットで調べればある程度の相場の額を知ることが出来ますので、それらと比較して怪しい求人は利用しないようにしましょう。

◆ 他にもお金のトラブルはたくさん

支払われる給料の額もそうですが、それ以外の手当などでもトラブルになることは多いです。
例えば、求人広告には「面接でも交通費出します!」と記載されているのに、実際に面接に行ったら「採用する方にしか交通費は出しません」と言われたり、「入店祝い金出します」と書いてあっても、実際には不可能に近い条件を出されて支払われなかったりということも。

悪質店では、こうしたことをフルで行ってくることもあるので、わりとトラブルになることは多いです。
こうしたことをするお店というのは、やはりネット上で話題になっていることが多く、信憑性の有無はどうあれ一考するに値する情報です。

たくさんのお金が動くソープランド業界では、全てではないにしろトラブルを起こす悪質な求人が紛れ込んでいます。
昨今ではネットを使ってちょっと調べるだけでも、悪評はすぐ出てきます。
ほんの少しの手間で確実にトラブルを防ぐことが出来るので、求人に応募する前に必ずネットを使って調べてみることをおすすめします。

潔癖症の男性こそソープに行った方がいい理由

最近では女性との性交が”不潔”と感じてしまう若い男性が多いようです。
そしてそれらの男性は「潔癖症」で、自分の身の回りの衛生にも非常に神経質なのです。
きれい好きで悪いことはありませんが、それによってセ○クスまでできないのはよくありません。
それはきっと本人も望んでいないことでしょう。
そんな潔癖症の男性こそ、「ソープランド」に行くべきだといえます。
過度な潔癖症を直し、健全なセ○クスライフを送るために、ソープランドが効果的な理由を解説しています。

●ソープランドは普通の女性よりも衛生的
セックスが汚いものと感じてしまう男性は、過去にセ○クスをした女性の体臭が気になったり、身近な不衛生な女性に遭遇したことが原因かもしれません。
しかしこれだけは断言できますが、ソープ嬢は確実に「普通の女性よりも衛生的」です。

毎日裸の男性とセ○クスをするのですから、エチケットとして体を清潔にするのは当然ですし、不潔にすることで感染症の感染リスクが高めてしまうことを予防してもいるのです。
実際にソープランドでプレイをしてみると、思っていたような女性の体臭は皆無ですし、肌のコンディションも普通の女性よりも圧倒的に良いことが普通です。

まずはキレイで衛生的な女性と性行為をすることで、女性嫌いを克服しましょう。

●強い性的快感は潔癖症の嫌悪感を超える
説明する必要もなく、ソープ嬢たちは”セ○クスのプロ”です。
そして、普通の女性とは違い「責めの技術」が凄いのです。

潔癖症で多少女性の体に対して嫌悪感を感じたとしても、凄まじいテクニックで責められて強い快感を覚えると、「女性は汚い」などという発想は吹き飛んでしまいます。
これまで感じたことがなかった新しい快感を受けると、脳内には「受容体」ができて、またその快感を得るために行動するようになります。
性的欲求に夢中になることができれば、潔癖症も完治してしまうでしょう。

●水と石鹸が全てを洗い流す
人は汚れたら「水」で洗います。
それ以上に汚れたら石鹸を使って洗うでしょう。
水と石鹸は、潔癖症の男性にとっても強いツールのはずです。

そして、ソープランドにはそのどちらもたっぷりと完備されているのです。
文字通り「ソープ=石鹸」ですし、どこのソープランドにも湯船とシャワーがついています。
そこに「汚い」という印象を受けることはないのです。

女性の体が密着することを恐れる男性もいますが、その際にも石鹸の泡が体をまとっていますから大丈夫です。
”清潔のシンボル”がソープランドに備わっていて、そこで女性の体に慣れてしまえば、プライベートでも女性を不潔だと思わなくなるでしょう。

●おわりに
あえて書かなかったのですが、最後に「性病」について付け加えておきます。
ソープランドでは性病問題が風評被害になることが多いため、何十もの対策が打たれています。
実際には、ナンパについていくような素人女性よりも、ソープ嬢の方がはるかに安全だという意見が専門家のあいだでは常識なのです。