月別: 2016年11月に関する福原ソープコラム一覧

全国を飛び回る出張サラリーマンが感じた福原ソープ街

日本には数多くのサラリーマンたちが全国を出張で飛び回っています。

日本の経済を根底から支える彼らは忙しい毎日を送りますが、”ひとときの安らぎ”もあります。

それは「各地のソープランド」で羽休めをすること。

大阪・兵庫・京都と企業の多い関西地区では、「神戸・福原ソープ街」に人気が集中しているようです。

とくに東日本から関西にやってきた、出張サラリーマンは、ホームグラウンドである関東のソープと福原の違いを痛感します。

出張サラリーマンたち数人に「福原ソープ街」の感想を聞いてみました。

●コスパが異常に高い!
関東から訪れる出張サラリーマンが最も口にするのは「値段が安い!」「コスパが高い!」といったものです。

ソープのグレード「高級店」「大衆店」「格安店」ともに、福原の場合は関東圏のソープよりも3割ほど安く感じるというのです。

とくに吉原を知る一人のサラリーマンは「福原の大衆店ならば、吉原の高級店に匹敵する」と断言するほどでした。

●コンパニオンの数が多い!
ソープ嬢が増えていることは全国的に共通していますが、それでも福原の在籍数は”異常”だといいます。

100人近く在籍する店舗もあることから、「いったいどこで待機してるの?」などと要らぬ心配をするほど・・・

関西は大型ソープ街が関東よりも少ないことから、福原にソープ嬢が集中するのです。

●店舗がきれいで派手!
これは関西と関東でのセンス違いなのかもしれませんが、福原のソープ店の外観は若干派手です。

また、頻繁な代替わりが行われ、そのたびにリニューアル工事をするために、どの店舗も新しく清潔な印象があるのです。

古くシックな佇まいも良いものですが、福原のピカピカした印象の店舗群は、出張サラリーマンの記憶に深く残るようです。

●女の子が若い!
ソープ嬢として働ける最低年齢は、各自治体の条例によって決まります。

関東圏のソープランドのほとんどが20歳からとなっていて、それに対して福原では18歳です。

この2歳の違いは大きく、全体の印象も”平均的に若い”と感じてしまうのです。

学園系・JK系のソープ店ならば、ほんとうに去年まで、制服をきて通学していた女の子がソープ嬢をしているのですから、リアリティーは半端じゃありません。

●コンパニオンのサービスがいい!
福原は、ソープ嬢の数が多いために指名競争は店内だけにとどまりません。

また、次々と若いソープ嬢が下からデビューしてくるので、人気嬢であっても油断はできないのです。

一人一人のお客に全力で応対しないと、すぐに指名本数を落としてしまいますので、みな必死に良いサービスを提供しようとするのです。

誰しも知らない土地に出張したときに出会う「女性」は格別です。

方言の違いや微妙な習慣の違いなども、「興奮材料」として作用するのです。

福原は日本の三大ソープ街の一つといわれるほどクオリティーも高く、そしてリーズナブルなソープ街なのです。

関西の出張の際には登楼を試みてみましょう。

福原ソープ街なら彼女が見つかるかも?ソープ嬢を彼女にして一発逆転!

ここ数年、若い男性の「恋愛未経験率」や「非交際率」「未婚率」が急増しています。

原因にはさまざなものがあるでしょうが、男ならばやっぱり彼女は欲しいものです。

ところが最近ではなぜか、「ソープ嬢や風俗嬢が彼女」という男性が増えているというのです。

しかも、恋愛経験の少ない、または全くない男性がソープ嬢の彼女にすることに成功しているのです。

その理由などを詳しく探ってみましょう。

●ソープ嬢は一般女性と恋愛の価値観が違う!
また最近の女性は、イケメン、イケメン・・と口にしますので、自分の容姿にあまり自信がない男性ならばあきらめモードに入っているのかもしれません。

しかし、女性の恋愛未経験率も男性同様に増加していることから見ても、「イケメン」にこだわるのは「白馬の王子症候群」である可能性があります。

恋愛的に満たされない者は、男でも女でも「夢を見る」傾向にあります。

逆に恋愛経験が豊富な人たちのほうが「見た目」にはこだわらないものなのです。

福原のソープ嬢は、毎日多くの男性と接して性的サービスを提供しています。

それが本当の恋愛ではなくても、かなりの「男を見る目」が養われています。

男性を見た目だけで判断することはなく、ちゃんと「中身」を見る彼女ただからこそ、「チャンス」があるのです。

●ファーストコンタクトがかんたん!
彼女ができない男性は、「ほとんど女性とまともに話したことがない」というケースが多いようです。

あまり会話が上手ではなく、慣れない女性に対してどんなふうに接していいか分からないために奥手になるのです。

少し話でもできれば、自分の長所などもアピールできるのに、”第一歩”が踏み出せないことで恋愛の入り口にも立てずにいます。

しかし、ソープランドでは料金を支払うことで一発目の難関をかんたんに突破することができます。

接客といっても話ができるのですから、「相手にこちらを感じさせること」ができるのです。

また、福原のソープ嬢は非常にフレンドリーで気さくな子が多く、会話が苦手な男性でもキャッチボールがちゃんと成立します。

これで、恋愛の最も高いハードルであるファーストコンタクトがクリアできるので、成功率が高まるのは当然のことだといえるでしょう。

●「誠意」が伝わりやすい環境
恋愛経験の少ない男性は、どうやって自分の好意を相手に伝えてよいかが分かりません。

あまりしつこく度が過ぎると、すぐに「ストーカー扱い」「セクハラ扱い」をするのも現代女性の悪い癖ですから、気の弱い男性は怖れて近づくこともできないのです。

しかし、ソープ嬢は予約を入れて「本指名」をすれば、大喜びで歓迎してくれます。

本指名の数が増えれば増えるほど、印象が深まり「誠意」も伝わり成功率もアップします。

とくに福原ソープ街は指名競争が激しく、本指名のお客を大切にする傾向があり、男性客を待ち望むような状態です。

ランキング嬢ではなく、あまり本指名客を持たないコンパニオンが狙い目です。

ソープ嬢が彼女にしやすい理由は以上のようになります。

ソープ店がたくさんあり、コンパニオンも豊富な福原ならば、恋愛経験の少ない男性でも、一発逆転のチャンスはあるのです。

近代風俗界の歴史を勉強してみよう!

ソープランドを始めとする日本の風俗業界には脈々と続く長い歴史があります。

ふだんは自分の欲望のためだけに風俗店を利用しているでしょうが、たまにはお世話になっている業界の歴史を知るのも面白いものです。

風俗業界には星の数ほどの人々が関わり、数え切れないほどの人間模様を繰り広げながら、途絶えることなく今なおその形態を残しているのです。

日本の近代風俗史を紐解いてみました。

●近代風俗とは?
「男が女をお金で買う」という商売は世界中に有史以前からあったようです。

日本にも「遊郭」が古くからあり、現代では大きく数を減らした「チョンの間」などがその流れだといえます。

しかし、チョンの間などは「売春」の色合いが強く、現代の主流となる性風俗とは一線を画します。

ここでは近代風俗を、戦後しばらく経って登場した「ストリップ劇場」以降の風俗店と規定しました。

●チョンの間の規制からストリップの登場
戦後GHQによる「公娼廃止例」によって日本各地に点在していた女郎屋がなくなりました。

しかし公認の売春地帯「赤線」は生き残り、それは1958年の「売春防止法」まで続きました。

近代化と経済発展が右肩上がりに進んでいた日本は好景気に湧き娯楽を求める人が増える中、1947年新宿にストリップ劇場の原型が登場しました。

●ソープランドの原型が登場
ここで早くも「ソープランド」が登場しますが、1951年「個室付き浴場」として開業された当時は性風俗ではありませんでした。

徐々に性的サービスを行うようになって、ある程度の型が決まり「トルコ風呂」として普及しはじめたのです。

それが、1958年に「売春防止法」が施行されたと同時に、女性を求める男性の矛先がトルコ風呂に集まったという経緯です。

トルコ風呂は一時期全国で1500店舗を超えていたそうですが、多くは当時の繁華街に出店されていました。

この時期に現代まで続く日本の性風俗業界の基盤ができたと考えられています。

●AIDSブームにのって現れた「ピンサロ」

トルコ風呂は、トルコ人留学生の厚生労働省への申し立てにより、現在の「ソープランド」へと名称変更したり、オリンピックなどの大きなイベント時には多少の規制がかかるなど、けっして平坦な道のりではありませんでしたが、それでも徐々に数を増やし続けました。

このあたりの事件はソープ業界にとっては、話題は大きくとも売上に影響するものでもなかったのです。

ソープ業界最大の危機は「AIDSブーム」が起きた時代です。

実際にはAIDSはインフルエンザなどと比べるとはるかに低い感染力であり、被害者数も数えるほどだったのですが、メディアによる報道方法も適切ではなく、いわゆる「風評被害」によりソープランドの客が激減したのです。

こういったことは日本ではよく起きることです。

数年前の「狂牛病」なども、話題の大きさに比べて実際に発症したひとなどほとんどいないのが真実なのです。

このAIDSブームの時期に登場したのが「ピンクサロン」です。

おさわり型キャバレーを原型とするこのピンサロは、「ボディタッチ」から「ハンドサービス」へと方向性を変え、突如として性風俗への変貌を遂げました。

価格も安かったことから、力の弱まったソープに変わって性風俗産業の主役になったのです。

●バブル期の風俗カンブリア紀

バブルの好景気には、まるでカンブリア紀のように多くの性風俗が現れては消えていきました。

ノーパン喫茶・愛人バンク・デートクラブなどが登場しては規制が敷かれて瞬時に消え去る・・・という運命にありました。

ファッションヘルスもこの頃に徐々に数を増やし始めた性風俗で、数少ない生き残り組です。

現在の60歳代の男性ならば、この時期の日本の”カオス”とも呼べる時代を懐かしむ人も多いはずです。

●出会い系サイトで証明された性風俗

「性風俗」は女性の敵であり、忌み嫌われていました。

しかし新たに登場した「出会い系サイト」により、そうも言っていられなくなったのです。

出会い系サイトがらみの事件事故の数は膨大で、社会問題となりました。

自分の子供がそれに関係する可能性も非常に高く、正直警察でも手に負えない状態だったのです。

この頃から日本人の性風俗に対する視線が柔らかくなったようです。

お客も風俗嬢も違法性はまったくなく、事件も起きないわけですから当然のことだといえるでしょう。

警察当局にしても、女性が出会い系サイトで援助交際をするよりは、きちんと届けの出された風俗店で働くほうがいいわけです。

現代の日本の性風俗は「ソープランド」「デリバリーヘルス」「ピンサロ」「ファッションヘルス」「エステ」などを主体に安定期に入っているといえます。

長い歴史を歩み続ける日本の性風俗の黄金期だと言っても過言ではないでしょう。

抗生物質が効かない性病菌が出てきている

ソープランドで遊ぶことはとても楽しいものの、楽しさとは裏腹に危険性もあります。その代表的なものが性病で、ソープ遊びをしない人が遊ばない理由として一番に挙げる理由です。確かに、ここ数年は性病に関するニュースが多く取り上げられるようになり、そのイメージはあながち間違いではないと言えます。

ソープ遊びで発生する性病のリスクは、HIVや梅毒、肝炎、淋病、クラミジアといったものが代表的で、最近では梅毒が再流行しているというニュースが何回か取り沙汰されています。HIVはともかくとして梅毒などは抗生物質が出来た現代では不治の病というわけでもなくなり、昔に比べて性病で大きな問題になることは少なくなっていますから、ソープ遊びで性病をそこまで気にする必要もないのです。

だからといって性病を気にせず遊べるのかというとそうではありません。こうした病気には抗生物質の効かないタイプというものが登場しています。とあるニュースによれば、2010年~2013年の間に福岡を中心に、抗生物質に対して抵抗力のある淋菌が増えていると言いますし、さらに梅毒でも特効薬であるペニシリンが効かない菌が出ています。

こうした菌が増えたのには諸説あり、治療に際して本来では必要な量を必要な種類だけ、必要な期間だけ使うべき抗生物質がむやみに処方され、それを服用したことで菌に耐性が出来てしまったとか、外国人利用者が保菌していた菌に耐性菌が混じっていて、そこから日本国内に広まったなどなど、実に多くの理由がありますが、現実にこうした耐性菌が広まっているのは事実です。

ソープランド側もこうした現状は認識していて、危機意識の高い店は性病予防に力を入れていますが、やはり価格の高い店ほどそうした意識が強い傾向にあります。格安店などではどうしても接客数で利益を出す方針ですから性病リスクも高くなりますから、いくら性病検査を徹底しても防ぎ切れないというのが現実なようです。高級店は、性病検査の義務化や接客数が少ない分だけ性病のリスクも少ないと言えますが、それでも完璧ではありません。

そうなるとやはり利用者である男性が自衛する必要があるわけですが、男性側で出来ることは全てのサービスをスキン着用で受けるぐらいしかありません。喉につくクラミジアというのもいますから、オーラルセックスでも注意しなければいけないのです。これからは今までの「感染しても治す」から「感染しないように遊ぶ」という方向へ、意識の改革が求められる時代になったということかもしれません。

ソープランドのアンケートはちゃんと答えよう

ソープランドに付き物なのが、お店側から是非にと書かされるアンケート。サービスを受ける前にもアンケート、終わったあともアンケートと、ソープ遊びはアンケートに始まりアンケートに終わると言っても過言ではありません。お客側からすればアンケートというのは店に意見を伝えるもの、店側からすればお客から忌憚ない意見を聞いてサービスの改善に努めるための重要な判断材料となるものです。ちゃんと活用出来ればより良い店作りに効果的なものと言えるでしょう。

ソープランドで行われるアンケートは、最初に行うものと最後に行うものでは意味合いが違います。最初に行われるアンケートというのは行われるサービスについてのアンケート。どのようなサービスをされたいのかというのが主な目的で、そこに希望を書くことで大体その通りにサービスが行われます。ソープ遊びに慣れていない人などは恥ずかしがってちゃんと書かない人もいますが、女性側もこれを読んでサービスの方向を決めていたりしますので、満足いくサービスを受けたいのであれば恥ずかしがらずにちゃんと書くのが良いでしょう。

最後に行われるアンケートは、その時入った女性についてどういう感想を持ったかというアンケートです。女性の接客はどうだったか、サービスの質は、店の設備などに何か気になったことはないかなどなど、結構細かく聞かれることが多いです。さらに、店によっては男性スタッフに口頭で尋ねられたりします。このアンケートも女性に伝えられて、サービス改善などの手がかりになります。

しかし、この終わりのアンケートですが、色々な理由でなかなか本当のデータが出ないという傾向があります。その理由というのは「遊び終わった後に色々聞かれるのは面倒臭い」とか「サービスが良い女性は高評価せずに人気を抑えて予約を入れやすくしておきたい」とか「サービスが悪い女性のためにわざわざ悪評を書くのも労力がもったいない」といったものです。大体の男性は終わったあとは余韻を楽しみたいというのが本音ですから、下手にゴチャゴチャ聞かれるのは逆効果なのかもしれません。

こうしたアンケートを正直に書く人もいますが、面倒を避けるために可もなく不可もなくといった評価でお茶を濁す方も多いのです。とはいえ、こうしたアンケートが機能しないと店側も女性も改善点が見つけづらく、利用客にもお店側にも良いことはありません。もし、遊びに行ってアンケートなどがあった場合は、面倒臭がらずにしっかり答える程度の余裕は持っておきたいものです。

高級ソープのコンパニオンと格安ソープのコンパニオン

ソープランドは、価格帯によってある程度ランク分けがされているというのは周知の事実です。高級店で働く女性はレベルが高いとよく言われるのですが、具体的にどこが格安店の女性と違うのかというのは、気になるという人も多いのではないでしょうか。あくまで一般的な傾向であり全ての女性に適用されるというわけではないのですが、よく言われているのは次のようなものです。

■ 高級店は美人揃い、格安店はそこそこ
一番よく言われるのがこれではないでしょうか。女性の容姿についてのレベルなのですが、実はこれはよっぽどこだわって採用基準を決めている店以外はそう大差なかったりします。美醜の感覚というのは個人によって大きく違うものであるうえ主観的なものですから、一概に美人ばかりというわけでもないというわけです。ただ、顔の造作などはともかくとしてスタイルなどは高級店などではかなり厳しくチェックして採用を決めているようですので、そういったことも含めれば差があると言えるかもしれません。しかしながら、顔の造作だけで考えるのであれば高級店でもそう期待しない方が良いでしょう。

■ 高級店はテクが有り、格安店はそうでもない
これはいわゆる各種プレイのテクニックです。洗いやマットといったもので、これはやはり高級店の方が明らかに上と言えます。高級店の場合はそれらの技術がしっかりしていないと指名を取ることが出来ません。求められているレベルが値段に応じて高くなっていますから、接客出来る数が限られている以上女性も稼ぐためには積極的に学ぶ必要があるからです。実技講習なども高級店の方がしっかりしている傾向にありますからそういった部分でも差があるようです。

■ 高級店は性格が良い人が多く、格安店は性格が悪い人が多い
これもよく言われるもので、接客時における態度などと考えて頂ければわかりやすいでしょうか。高級店で働く女性はプロ意識が強いせいか客である男性に露骨に不快感を与えるようなことは滅多にありません。しかし、格安店ではそうではなく客が不快に感じる言動を行う女性も多く報告されています。考えられる原因としては、客層の違いや女性自身の心の余裕などがあると言われています。突き詰めれば女性のストレスが溜まっているかどうかというものですから、環境の良い高級店では女性の性格が落ち着くのも当然ということではないでしょうか。

先述の通り、これは一般的な傾向であり全ての女性に当て嵌まることではありませんが、やはり高級店の方が楽しく遊べる女性が揃っているというのは間違いではないでしょう。普段は格安店をメインに遊ぶ人は一度奮発して高級店の女性と遊んでみれば、その違いを理解出来るでしょう。

女性の写メブログは情報がいっぱい

ソープランドで遊ぼうと考えた時、まず行うのが下調べ。流れとしては、お店を決める→女性を決める→店や女性の評判を調べる→予約を入れる、といった流れだと思いますが、特に重要なのが女性の情報を調べるというもの。女性の当たり外れはそのままその時の遊びの当たり外れを決定付ける重要な要素。それなりにかかる料金を生かすも殺すも女性次第と言えるでしょう。

さて、そんな女性の評判や情報を知る場合、よく使われるのは匿名掲示板や風俗検索サイトでの口コミ情報、個人ブログなどのレビュー記事などです。お店などに配慮しない生の声が書かれているという貴重な場所なのですが、一概に全てを信用するわけにはいきませんし、中には悪評を書いて目当ての女性に予約が入らないようにするという工作が行われている可能性も否定出来ません。そういった嘘や真実を見分けられるのであれば一番の情報源となりますが、素人でも出来るものではありません。では、素人でも一目瞭然な一番の情報源と言えば「女性が書く写メブログ」です。

最近のソープランドでは、お店に女性が自分の写メを載せた日記ブログを運営していることが多く、女性が数少ない自分の情報を発信することが出来る希少な場所となっています。実はそこには様々な情報が詰まっていて、なかなか侮れない情報量を持っているのです。

では、どんな情報があるのかというと、例えば「パネマジの有無がわかる」というのはどうでしょうか。女性が挙げる写メというのは、意外にも大抵の店で検閲をスルーしていることが多く、お店側が用意している加工されたプロフィール写真とは違う女性が移っていることもしばしば。特に、最新の状態がわかるので、在籍が長い女性の場合は太ったとか痩せたとかが一目瞭然です。

それと同時に、記載されている本文からは「現在ハマっている趣味」「気になっているアイテム」などなど、様々な情報が詰まっています。会話のネタ探しにもなりますし、差し入れなんかを持っていきたいと考えているならば、そこの情報を元に色々と選ぶことが出来るでしょう。本文の文体などから、その女性がどういう女性なのかといった性格面も想像出来ますし、ただの客寄せブログと思うなかれ、意外にも充実した情報源といえるのです。

もし、今までは女性のブログなんか参考にしていないと言う方は、一度参考にされてみてはいかがでしょうか。意外な情報があったりして、面白い遊びが出来るようになるかもしれません。

神戸・福原ソープ街を攻略する10の情報源

関西屈指の規模を誇る「神戸・福原ソープ街」は、その巨大さと店舗の多さから、はじめて訪れる男性客を迷わせます。

数が多くバリエーションが豊富なことは、非常に良いことではあるのですが、自分の気にいったソープ店を探すとなると、それはそれは大変な作業です。

まさに「大洋でメダカを探すようなもの」という表現がぴったりであり、なんらかの”道しるべ”が必要となるでしょう。

現在の情報社会にあって、ソープ店選びも情報の多さが成功につながる秘訣です。

神戸・福原ソープ街を攻略する10の方法をご紹介しましょう。

1.ホームページの確認
福原のソープランドは99%ホームページを配信しています。

全国のソープ街の中でも、福原の各店舗が配信するページは洗練されていて多くの有力情報を入手できるものです。

ソープ店選びの「基本ツール」としてホームページをブックマークしておきましょう。

2.ポータルサイト
ネット上では風俗情報誌が運営する「ポータルサイト」も人気です。

全国のソープ街を網羅しており、各店舗の料金比較などもしやすいことから利用者が増えています。

3.体験談サイト
ソープランドやその他の風俗店に、実際に登楼した人による体験談や評価などが投稿されたサイトもたくさんあります。

福原などの有名ソープ街にはたくさんの投書がされているので、参考になります。

悪い評価なども書かれているのでリアルな評価を知ることができるでしょう。

4.SNS
ツイッターやインスタグラムなどのSNSにも、福原ソープ街の情報は満載です。

「ソープ店スタッフ・店長」「ソープ嬢」「お客」の書き込みが渾然一体となっていますが、慣れた人ならば大量の情報を一気に入手できるのです。

5.フリーペーパー
少しアナログな方法になりますが、フリーペーパーでも多少の情報を得ることはできます。

繁華街を歩けば、あちこちにスタンド・ラックが立っていますので、こっそり手に取り目を通しましょう。

求人欄を利用する女の子もかなりいるようです。

6.神戸特殊浴場協会・SB協会サイト
情報量は少ないですが、店舗の入れ替わりに最も早く対応しています。

福原は店舗の入れ替わりが非常に早く、閉店した店舗のホームページが残っていることもあります。

協会サイトならば最新の店舗の営業情報が入手できるので便利です。

7.「NN・NS」情報サイト
(NN→生中出し)(NS→ノースキン)のことです。

ゴムなしで本番をしたい人はかなり多く、そういった情報を個人で配信しているサイトがたくさんあります。

グーグルで「福原 NN NS」などと検索してみましょう。

8.AV女優を紹介しているサイト
最近では、現役AV女優や元AV女優がソープランドに在籍することが増えています。

多くは関東圏に多いですが、西日本では福原にもっともたくさんいます。

こちらも、グーグルで「福原 AV女優 在籍店」などと検索してみましょう。

9.風俗ライターサイト
日本には、風俗情報誌や男性週刊誌に掲載される「風俗欄」を取材する「風俗ライター」がかなりいます。

その多くが「個人サイト」を立ち上げていて非常に参考になるのです。

福原は日本の重要ソープ街ですので、多くの風俗ライターが訪れていますし、一般人の体験投稿とは違って「玄人目線」で判断しているのが特徴です。

10.無料メールマガジン
各店のホームページやポータルサイトなどには「無料メールマガジン」を配信しているところがたくさんあります。

ネット上には不用意に登録をすると、後からしつこくメールが送られてきたりするものもありますが、ソープランド関係のものは「安全」だと断言できます。

メールマガジンのメリットは「割引イベント」や「メルマガ限定割引」などの情報を受け取れることです。

ご紹介したように、現代のソープ街攻略法は、インターネットを駆使する方法が非常に有効です。

一切お金をかけず、また失敗をたくさん経験しなくても、的確な情報や攻略方法を知ることができるのです。

福原ソープ女子の履歴書~ソープ嬢になった経緯~

福原ソープ街には、数千人のソープ嬢が日夜サービスを提供しているといわれています。

一般女性はもちろんのこと、ソープ街に通う男性であっても、彼女たち「福原ソープ女子」がどういった経緯でソープ嬢としてデビューをしたのかを知る人は少ないでしょう。

どんな女性でも、将来の夢の職業が”ソープ嬢”であるわけはありません。

人生の途中に何らかのアクシデントや不幸があり、ソープ店への就職を決意したのです。

「福原ソープ女子の履歴書」と題して、福原ソープ街で働く数人のコンパニオンにこれまでの経緯を告白してもらいました。

★某大衆店勤務 Aちゃん(22才)の場合
まず、一人目は、福原ソープ街の人気大衆店に3年勤務するAちゃんです・・

「私の場合は借金ですね・・・遊ぶお金と生活費をキャッシングで借り入れして返済できなくなりました。自己破産は嫌だったので、最初は大阪のピンサロで働いてたんですけど、稼げない店でね・・・身を切って働いてるのに借金も思うように減らなかったんで、ソープ嬢になることを決意しました」

—–ヘルスやピンサロからソープ嬢になるのは一番多いパターンじゃないでしょうか。

最初は「本番」がないという利点で、ソフト系風俗を始めやすいのですが、やってみれば「本番の有る無し」はさほど問題にならないようです。

結果的には収入の高いソープランドへ移籍するんですね。

★某格安店 Bちゃん(23才)の場合
二人目は、コンパニオンの在籍が多いことで有名な格安店に1年勤務のBちゃんです・・

「私は現役大学生で、親がリストラして仕送りがストップされたことで福原で働くようになりました。毎年の授業料と生活費を、ふつうのバイトで捻出するのは不可能なんです。勉強もしなくちゃいけませんし・・福原には現役の大学生多いですよ。私が知ってるだけで4人います。大学卒業しても就職に不安もありますから、最後の保険としてもソープランドにいると安心できますしね」

—-日本の不況は学生たちの生活までにも影響を与えているようです。

本人の理由ではなく、親の経済状況によって性風俗で働かなければならないとは、不憫な身の上です。

現在では彼女のような現役大学生ソープ嬢が数多く存在するのは、社会問題にもなっていますね。

★某格安店 Cちゃん(19才)の場合
3人目は、なんと”19才”という若さで格安店に半年勤める人気嬢Cちゃんです・・

「高校卒業して就職したんですけど、会社に合わなくて辞めて1年で辞めてしまいました。面接に行ってもなかなか就職できなかったときに、たまたまネットで求人を見つけてデビューしました。将来ファッション関係の会社を起業する夢があるんで、今はその資金を貯めています」

—-いわゆる「平成っ子」と呼ばれる女の子たちは、ソープ業界に新たな新風を巻き起こす存在です。

「お金のために」と、将来の夢のための軍資金作りにソープ嬢となるCちゃんのようなコンパニオンは、仕事も良くできてしかも健康的です。

現実的な感性はまさに現代の申し子といってもいいでしょうね。

今回インタビューをさせてもらった3名のソープ嬢は、みな大人しいイメージで、街を歩いていても目立ちませんし、ソープ嬢であることを感じさせないような”普通の子”でした。

福原のソープ女子の履歴書は、社会の裏側を表す写し鏡のようにリアリティーがあるのでした。

地雷に当たり続ける男性は、自分に原因があるのかも

ソープ遊びを続けていると、必ず会うのが「地雷」と呼ばれるハズレのお店や女性。ソープランドにおける地雷は、同じ店でも女性が変われば踏み抜く可能性もあるもので、運が悪ければ2回3回連続で踏み続けることもあります。地雷を踏んだ直後の虚しさは筆舌にするのも面倒というもので、値段が高ければ高いほどその虚しさと後にくる怒りは大きくなるものです。

地雷を踏むというのもソープ遊びの醍醐味の一つではあるものの、それが連発するという場合は単純に運が悪いだけとは言い切れないかもしれません。それというのも、『意図的に地雷サービスをされている』という可能性が出てきます。ソープランドの仕事というのは、他のサービス業などとは違ってわりと女性が自由に接客することが許容されている仕事ですから、女性の気分次第で良い接客もあれば悪い接客もあるということです。本来であれば許されることではないのかもしれませんが、肌を重ねるということですから、やはり避けることは出来ません。

つまり、人を変えても地雷接客を受けるという場合、一概に女性や店が悪いというわけではなく、男性側に問題がある可能性もあるということです。知らず知らずのうちにタブーとされている行為や発言をしていたりするかもしれません。では、地雷接客を受けやすい男性の特徴というのはどういう男性が挙げられるのでしょうか。

一番地雷接客されやすい男性、それは「身だしなみが出来ていない男性」です。外見がどうとかではなく、不潔な男性が一番嫌がられます。ソープランドで体を洗うからと不潔なまま訪れたりすると、地雷接客一直線です。衣服などもそうですが、口臭があればキスだけでなく男性に攻められることすら嫌で相手に何もさせない接客になるでしょうし、あとは性器や肛門周りの不衛生さも嫌がられます。そういう男性には即即サービスがウリの店でも絶対にやってくれませんし、NG入りの可能性もあります。

次に「本気で惚れてくる男性」です。ソープ遊びというのは女性との疑似恋愛を楽しむ場所ですが、それに本気になってしまった男性などは、遠ざける意味合いもあって地雷接客をする女性も多いようです。本人にそのつもりが無かったとしても、そう受け取られてしまうような行動は慎みましょう。

ソープランドで働く女性も同じ人間、遊ぶ際には最低限のマナーとルールを守ることが大事です。それが出来ない男性というのは袖にされても仕方無いと言えます。ソープランドで遊ぶのは決して安い金額ではないのですから、少しでも楽しかったと思えるように最低限の努力だけはしておきましょう。