月別アーカイブ: 2019年5月

今一番の人気ソープとなっているカジュアルソープ

ソープランドというと、一般的に想像されるイメージというと次のようなものでしょう。
・美女が男性に三つ指ついてお出迎え
・即尺
・お風呂で体をスポンジ代わりに洗ってもらう
・ローションでヌルヌルのマットプレイ
・ベッドでプレイ
まさに風俗の王様と言われるだけある凄いサービスと思うかもしれませんが、このレベルは総額50,000円以上の高級ソープの話。
一般庶民が気軽に使えるソープランドはカジュアルソープと呼ばれているもので、一般的な想像とは若干グレードが落ちるものとなっています。

◆ カジュアルソープの魅力
カジュアルソープは、今やどこのソープ街でも主流となっているもので、かの吉原ですら50%以上がカジュアルソープです。
その魅力は、やはり値段の安さです。
上記の通り最高のサービスをしてくれる高級ソープは、1回50,000円以上かかってしまい、なかなか気軽に利用出来るものではありません。

しかし、カジュアルソープは20,000円前後が相場となっているもので、コース時間が短くなっていたり、ソープ嬢やサービスの質が低かったりします。
サービスの質が低いと言っても行われるプレイ自体はほぼ同じですが、技術が無かったり細かい部分で違っていたりします。
例外として、マットだけはコース時間の関係で行わないのが基本です。
そこそこの値段でソープランドのサービスを味わえるのが、カジュアルソープの魅力と言えるでしょう。

◆ ソープ嬢にも人気のカジュアルソープ
男性から見てもメリットが多いカジュアルソープですが、働くソープ嬢側にもメリットが多くなっています。
例えば、求められるサービスの質が低いので、技術が無い女性でも普通に働けます。
それは未経験の女性でも働けるということでもあり、敷居が低いというわけです。

また、女性自身もそれほど高いレベルは求められていないので、スタイルや容姿についてもほぼ不問です。
マットプレイなどが無いため体力を使うプレイが無くなり、あまり疲れないのも特徴です。
こうした様々なメリットが、気軽に働きたい女性に人気となっています。

◆ 今一番面白いのがカジュアルソープ
利用者・働くソープ嬢、両者が集まるこのジャンルこそ、今一番面白いソープと言っても過言ではありません。
実際、コンセプトの多様性があるのもこのカジュアルソープで、どんな趣味の男性でもカジュアルソープを探せば大抵趣味に合うお店が見つかります。
高級ソープでは出来ないプレイが楽しめるのもカジュアルソープの特徴ですので、普通とは違うサービスを求めるなら良い選択肢です。

価格が安い=悪いと取られやすいソープランドですが、必ずしもそうとは言えないのがカジュアルソープ。
ソープデビューにも適したお店なので、初心者から玄人までぜひ利用して欲しいソープラドです。

ソープ嬢を怒らせる4つのケース

ソープランドで働いているソープ嬢は、お金を貰って働いているわけですから、普通にルールを守って遊んでいればお客さんに対して怒ったりすることはありません。
しかし、中には故意か過失かはわかりませんが、怒らせてしまう男性もいます。
一般的にソープ嬢がお客さんに対して怒る場合、どんなケースが考えられるでしょうか。

◆ case1:プライベートの詮索
プライベートを詮索されるのはとても不愉快で、それは働いているソープ嬢も同様です。
しかし、それを忘れて恋人の有無や働く理由、給料の額などを話のネタとして聞いてしまう方は少なくありません。
これをされると途端に気持ちが萎えてサービスが適当になってしまう嬢もいますし、度が過ぎれば出禁にされることもあります。

◆ case2:プレイ中の態度
プレイ中というか、ソープ嬢に対する態度が横柄な人も多いです。
明らかにソープ嬢という仕事を下に見て、利用している同レベルの存在のくせに何故か上から目線で対応する人は、ソープ嬢を激怒させることも多いです。
そういった方は、プレイ後に説教したりすることもほぼセットで、そうなるとほぼ間違い無くソープ嬢を怒らせることになります。

◆ case3:メイクやセットを崩すプレイ
ソープ嬢は、接客の際にはしっかりメイクや髪型をセットし、自分を最大限に美しく見えるようにセッティングしています。
メイクやセットに掛かる時間は男性が想像するよりはるかに長く、プレイした後の少しの準備時間では直すことはほぼ不可能です。
そのため、プレイ中にメイクやセットを崩されることを極度に嫌います。
顔を舐めたり、顔射したり、フェラの時に頭を抑えたりすると、怒る嬢はけっこういますので注意が必要です。

◆ case4:しつこい要求
ソープランドのサービスは、明言されていなくてもある程度決まっています。
ある程度はソープ嬢側の裁量で決められるものではありますが、それを逸脱するような過剰なプレイをしつこく要求するのも、ソープ嬢は怒ります。
嫌がるプレイを続けたり、要求したりというのも同様です。
男性からすれば「これぐらい良いだろう」という意識かもしれませんが、ソープ嬢からすれば「嫌なものは嫌」という意識なので、断られたら諦めましょう。

以上、4つのケースを紹介してみましたが、嬢の虫の居所が悪かったりすると男性のよくわからないポイントで怒られたりすることもあります。
あまりにも理不尽に怒る嬢に慮る必要はありませんが、男性側が原因ということも多いので、ソープ遊びをする際はこうした部分に気を付けてお互いが気持ち良く遊べるように心掛けましょう。

ソープ求人で不採用になる理由 ~女性に問題のあるケース~

ソープランドの求人は、年間を通して途絶えることが無い求人で、いつでも人手不足というのが現実です。
しかし、いくら採用率が高くても誰でも採用されるというわけではなく、もちろん採用基準を満たずに不採用となる方もいます。

不採用になる理由には大まかに「女性側に問題があるケース」と「お店側の都合によるケース」があります。
今回は、女性側に問題があるケースについて取り上げてみましょう。

▼ 一般常識が欠如している女性が多い
ソープランドの求人で意外に多いのが、一般的な常識が欠如している女性です。ソープランドという風俗の仕事だからといって、あまりにも一般常識が欠如している女性は普通に落とされます。
普通の人からすると「あり得ないでしょ」なんて思われるような行為を、さも当たり前のように行う女性も少なくありません。

例えば、面接の際の態度なんかはそういったトンデモ行為の宝庫です。敬語が使えないというのは初級レベルで、ガムを噛みながら面接を受けたり、足を組んでいたり、スマホをいじるなんていうのもあります。
一般の仕事であればこんなことしてたらその場で履歴書を突っ返されるものですが、ソープランドでも同様です。
こうした一般常識が欠如した女性というのはお客様に対しても失礼を働くことが多いため、店側も不採用にするのです。

他にも、面接の時間に遅れたり、何かあったときに連絡を入れないというのも少なくありません。
面接の時間にルーズということは、出勤の際にも当日キャンセルが多いという風に見られますし、しかも連絡無しなんていうのはまず不採用確定です。
何らかの理由で遅刻してしまうにしても、しっかりと連絡と謝罪はするのが当たり前です。

▼ 身だしなみに全く気を遣っていない
面接だからといって、髪のセットやメイクに手を抜いていたり、服装が小汚い格好だったりというのは、不採用になります。
面接の際にしっかりと身だしなみを整えられない女性は、仕事でもズボラで手抜きをしやすいと取られます。
手抜きサービスをするキャストなんていうのはお店にとっても地雷ですから、わざわざそんな女性を採用する必要はありません。

▼ お店に嘘情報で応募している
ソープランドでは、応募の段階でメールにスリーサイズや写真添付などを求める所もあります。
そういった際に、スリーサイズを誇張して記載していたり、写真を画像加工して可愛く見せていたりとしていると、ろくに面接を受けることもなく不採用になります。
普通の会社でも嘘のデータで応募してれば不採用になりますが、当然ソープランドでも同じです。

こういった女性自身に問題がある場合、どこのソープランドの求人であっても採用されることはありません。
働けたとしても女性を換えの利く歯車扱いで、良い待遇の店に巡り合うことは無いでしょう。
次回は、お店側の都合で不採用になるケースについて取り上げます。

1,000人以上が在籍する福原ソープで好みの女性を見つける方法

ソープ遊びが成功するか失敗するかは、「どのお店を選ぶか?」ではなく「どのソープ嬢に当たるか?」というのは、経験者であれば誰しも骨身に染みて理解しているものです。
どんな良店と呼ばれるお店を選んでも、そこで地雷嬢に当たれば最悪な結果になりますし、逆にそうでなくても良嬢に当たれば最高の結果になります。
一大ソープ街として知られる福原ソープ街にも様々なお店に様々なソープ嬢が在籍しているわけですが、その中から良嬢を見つけ出せれば、使う費用に関わらず満足度の高い遊びが可能なのです。

◆ 福原在籍のソープ嬢を探す2つの方法
福原にいるソープ嬢は、様々なお店に在籍していて、その全ての中から好みのソープ嬢を見つけるのは簡単ではありません。
主に行われる見つけ方は、次の2つがあります。

1.お店を決める→そこの在籍嬢から探す
2.全店から好みのタイプを探す

料金や場所、基本となるコンセプトなども関係するため一般的なのは前者ですが、この形式ですと選べる範囲がかなり限定されてしまいます。
1つのお店に在籍するソープ嬢は平均で20~30といった所ですから、総数からすれば選択肢が狭すぎると言えるでしょう。

対して後者では、福原に在籍する1,000人以上のソープ嬢の中から理想のソープ嬢を選ぶことができます。
しかし、色々なお店に分散しているソープ嬢を探すには、いちいちお店のホームページを見ていては時間がいくらあっても足りません。
そこで、次のような方法を使うのがおすすめです。

◆ 便利なソープ嬢検索を使う
福原の各店に分散して在籍するソープ嬢をまとめて検索するには、お店ではなく福原ソープ街の情報を扱うサイトを利用します。
ある程度大手の情報サイトであれば、各店の在籍嬢から様々な条件でフィルタリングして絞り込むことが出来るようになっています。
身長やスリーサイズ、年齢など、こだわりたいポイントを指定すれば、その条件に適合する女性が見つけられます。

ただし、これはあくまでもステータスで選別するだけですから、実際にその女性がどういうサービスをするかはわかりません。
そのため100%失敗が無いかというというとそうではなく、あくまでも好みのスタイルや容姿の女性を選ぶことが出来るだけというのは覚えておきましょう。

色々なソープ嬢がいるのが福原の魅力の一つですが、その分だけ自分好みを見つけるのは難しいものです。
情報サイトをしっかり活用して、自分の好みにしっかり合致した女性と遊ぶようにしてみれば、少しはソープ遊びの失敗が減らせるのではないでしょうか。

最新ソープ事情に対しての不安を解決するためのQ&A

ここ数年の最新ソープランドの変化に「ついていけない」と感じる男性客も多いようです。
実際に20年前と現在とでは、ソープランドの”遊び方”も変わっているのです。

ここでは、ソープの進化に乗り遅れてしまった人のために、現在のソープランドへの疑問をQ&A形式によって解決していきます。

●風俗情報誌を見なくなったが、何で店を調べればいいの?
以前までソープ遊びの必要ツールは「スポーツ新聞か風俗情報誌」でした。
それが近年インターネットが普及したことによって、ソープランドの宣伝もネットが主流となりました。
ソープランドのネット広告は、他の業種よりも優れている言われていて、パソコンやスマホだけではなく、ガラケーを使っても十分に調べることができます。
スポーツ新聞の小さな広告や、風俗情報誌のページよりも遥かに情報量も多く正確な情報をネット広告で得ることができます。
とくに革新的なのは「姫パネル」です。
昔は有料なのが当たり前だった姫パネルも、ネット広告ではほとんどが無料で閲覧できるほか、写真だけではなく動画や詳細ページの設置がされていて、パネマジ防止に一役買っています。

●あちこちに体験談が書かれているが信憑性はあるの?
SNS(ソーシャルネットワークサービス)が普及したことによって、多くのソープランド体験者が口コミを投書し、それをネットで見ることができます。
昔ならば「投書なども宣伝の一つだろ?」とうがった見方をされていましたが、SNSのそれは信憑性が高いといえます。
「消費者の生の声」を聞きたい場合には、SNSで体験談を読むことも、ソープ店探し・姫探しの方法としては優れています。

●カテゴリーが理解できないのですが?
元来ソープランドのジャンルは「金額別」による、高級店・大衆店・格安店といった分類しかありませんでした。
それが最新のソープランドでは豊富なジャンルが確立したことで、昔のソープしか知らない人は戸惑ってしまうようです。
以下に代表的なジャンルと概要を解説しておきます。

・アイドル・学園系
低年齢のソープ嬢が多く、制服やアイドルの衣装などを着て接客してくれます。

・痴女系
拘束・目隠し・焦らし・言葉責めといったプレイをソープ嬢が男性客に行うプレイジャンルです。
男性側が責められるタイプの”ソフトSM”の一種だと考えていいでしょう。
一般的なSM店とは違い、ちゃんと本番もあります。

・痴漢・セクハラ・オフィス系
オフィスを模した室内で、OLの衣装を着たソープ嬢と社内恋愛プレイを楽しみます。
また痴漢系では電車の車内を模したプレイルームで痴漢行為ができ、本番も楽しむことができます。

・コスプレ系
コスプレ系はそのジャンル内でもいくつかのタイプに分類されます。

○JK(女子高生)
○アニメキャラ
○ナース・女性警官などの職業系

店によって自分の好みをチョイスすることができ、衣装を着たままのプレイを楽しむこともでき、近年非常に人気の高いカテゴリーでもあります。

●入店の仕方は昔と違うの?
入店や料金システムは昔とさほど違いはありません。
ただし、最近ではソープランドの人気が高く予約を入れて入店することが推奨されています。
また、料金システムは明確化されていて、昔のように店頭や呼び込みとの値段交渉はほとんど受け付けてくれません。
ホームページを見てそこに書かれている料金を確認し、そのまま予約を入れて来店するのが最新のソープランドの遊び方の定番です。

●割引キャンペーンが分かりづらいのですが?
店頭や呼び込みとの値段交渉はなくなりましたが、各ソープ店が独自で割引キャンペーンを実施することが多くなっています。

割引には、

・期間限定
・時間帯別
・早朝
・新人
・合言葉

などがあり、各ソープ店のホームページに詳細が書かれていますが、分かりにくい場合には電話での問い合わせも受け付けてくれます。

●近くのソープ店を探したい場合にはどうすれば?
ソープランドに行きたくなったら、迷わずインターネットを利用し、検索エンジン(GoogleやYahooなど)で、地元名と”ソープランド”という語句を入力しましょう。
それだけで近くのソープランドのホームページや紹介サイトなどがたくさんヒットしますので、ページ内に入れば料金や遊び方、アクセス方法まですべてを知ることができます。

●まとめ
最新のソープランドは昔とは大きく仕組みが変わりましたが、総体的に「遊びやすくなった」というのが実情です。
聞き慣れない言葉も覚えてしまえばなんてことはありません。
またソープ店でも新しい顧客を確保するために、案内は手厚くしてくれているので、以前よりもはるかに遊びやすくなっています。

ソープ求人で不採用になる理由 ~女性に問題のあるケース~

ソープランドの求人は、年間を通して途絶えることが無い求人で、いつでも人手不足というのが現実です。
しかし、いくら採用率が高くても誰でも採用されるというわけではなく、もちろん採用基準を満たずに不採用となる方もいます。

不採用になる理由には大まかに「女性側に問題があるケース」と「お店側の都合によるケース」があります。
今回は、女性側に問題があるケースについて取り上げてみましょう。

▼ 一般常識が欠如している女性が多い
ソープランドの求人で意外に多いのが、一般的な常識が欠如している女性です。ソープランドという風俗の仕事だからといって、あまりにも一般常識が欠如している女性は普通に落とされます。
普通の人からすると「あり得ないでしょ」なんて思われるような行為を、さも当たり前のように行う女性も少なくありません。

例えば、面接の際の態度なんかはそういったトンデモ行為の宝庫です。敬語が使えないというのは初級レベルで、ガムを噛みながら面接を受けたり、足を組んでいたり、スマホをいじるなんていうのもあります。
一般の仕事であればこんなことしてたらその場で履歴書を突っ返されるものですが、ソープランドでも同様です。
こうした一般常識が欠如した女性というのはお客様に対しても失礼を働くことが多いため、店側も不採用にするのです。

他にも、面接の時間に遅れたり、何かあったときに連絡を入れないというのも少なくありません。
面接の時間にルーズということは、出勤の際にも当日キャンセルが多いという風に見られますし、しかも連絡無しなんていうのはまず不採用確定です。
何らかの理由で遅刻してしまうにしても、しっかりと連絡と謝罪はするのが当たり前です。

▼ 身だしなみに全く気を遣っていない
面接だからといって、髪のセットやメイクに手を抜いていたり、服装が小汚い格好だったりというのは、不採用になります。
面接の際にしっかりと身だしなみを整えられない女性は、仕事でもズボラで手抜きをしやすいと取られます。
手抜きサービスをするキャストなんていうのはお店にとっても地雷ですから、わざわざそんな女性を採用する必要はありません。

▼ お店に嘘情報で応募している
ソープランドでは、応募の段階でメールにスリーサイズや写真添付などを求める所もあります。
そういった際に、スリーサイズを誇張して記載していたり、写真を画像加工して可愛く見せていたりとしていると、ろくに面接を受けることもなく不採用になります。
普通の会社でも嘘のデータで応募してれば不採用になりますが、当然ソープランドでも同じです。

こういった女性自身に問題がある場合、どこのソープランドの求人であっても採用されることはありません。
働けたとしても女性を換えの利く歯車扱いで、良い待遇の店に巡り合うことは無いでしょう。
次回は、お店側の都合で不採用になるケースについて取り上げます。

日本社会の女性の就労問題とソープ嬢増加の関係性を考察

近年ソープランドで従事する女性(ソープ嬢)が異様な増加をしていると言われています。
精神的・肉体的なリスクがあるはずの職業に、なぜこれほどまでに多くの女性が志望するのでしょうか?
社会学の専門家の中には「日本社会にある女性の就労問題」が、ソープ嬢増加の一因だと考えている人が少なくないそうです。
ここでは「性差別とソープ嬢の増加」の関係性を考察してみました。

●雇用機会均等付における女性の苦難
男尊女卑傾向が強いと言われていた昔の日本社会では「女性は家庭に入るもの」という価値観が普通でした。
それが戦後に西洋の価値観が流入するようになって一気に男女平等が広がったのです。
ただし、これは建前上のことであり、女性の社会進出は進んだものの、しばらくは女性の平社員は「お茶くみ」「コピー取り」といった、軽業務を任されることが多かったのです。
この日本社会の女性に対する労働環境が大きく変わったのが、97年に大幅改定された「雇用機会均等法」です。
この法律改正は、一見女性の労働条件を改善させるように思われていますが、実際には女性が苦しむ結果となってしまったのです。
単純に入社した女性は、体力の差を考慮されずに過酷な労働を強いられ、そして”均等”に評価されてしまいます。
職種によっては、女性はかなり辛い労働条件で男性と渡り合わなければならなくなったのです。
女性が女性の本領を発揮できる「ソープ嬢」」という職業は、もちろん男性では変わってできない仕事です。
非力な女性が大切にいたわられ、”女性の価値”の対価として高額なギャランティを受け取れるソープ嬢という職業を味わった女性は、本能的な幸福感を得ることができるそうです。

●実際には就職が不利な女性
国が定めた今雇用機会均等法ですが、これがビジネスの世界で確実に守られているとは言えません。
会社というものは合理化と利益を最優先にしますので、どうしても女性が活躍しずらい職種では、求人の応募や面接をしても合格を出すことが少ないのが現状なのです。
これを政府がテコ入れすることは不可能です。
実際に一流大学を卒業した高学歴女性の「就職浪人」が増え、それに比例するようにソープ嬢の数も飛躍的に増加しています。
また20年続いた景気低迷ですが、それが現在すべて解決したとは言えません。
元々家庭に入り就業しないことが多かった”女性”という人材が社会進出したことによって、家庭を持つ男性の就職先が減ったり、収入が低下する事態に陥っています。
「女性が活躍する素晴らしい社会」どころか”働かなければ家計が苦しい家庭”が増えたことにより、既婚者のソープ嬢が増えたり、離婚率が高まりシングルマザーのソープ嬢が急増することになったのです。
これもある意味”性差別問題”から派生した社会問題なのです。

●大学にすら男女平等はない
ここ数年、医科系大学の入学試験不正をニュースで見ることが増えています。
一般的に高学歴になるほど女性の「学科」の成績は男性よりも高く、単に筆記試験の結果だけで入学者を決めてしまうと、「医者は女性だらけ」になるのだそうです。
医師は知力だけではく、体力もかなり必要な職業だそうで、女性ばかりの医療施設ではまた違った問題が出てくるのです。
この歪を起こさないために、医科系大学は試験の採点に不正をしてでも、男子学生を多く入学させるような行為をしてしまうのだそうです。
またこういった事例は表立ってはいないものの、医科系だけではなく様々なジャンルに及びます。
せっかく努力をして勉強しても、女性は大学にさえ入りづらいという状況は精神的にもかなり辛いことは想像できます。
最近のソープ嬢の中には一流大学を説業した者も少なくありません。
努力の報われなかった女性たちの受け皿としてソープランドが利用されているとも言えるのです。

●まとめ
ここで考察した日本社会と女性の就労問題は、はっきりとした関係性が実感できにくいものです。
しかし懇意になったソープ嬢と深く話すと、リアルに社会と女性の就労問題が密接に結びついていることを確認することができます。
現在のソープ嬢の増加を「女性貞操観念が低くなったから」と思ってしまうのが、いかに間違いであるかが分かります。

ソープ遊び10年の筆者がおすすめするソープに行く日のプラン

ネットの普及でより身近な存在になったソープランドですが、遊び方の工夫によってレジャーなみに英気を養うことができます。
それには、ソープランドで遊ぶ前後に別のプランを組み込んで、その日1日を楽しむようにするのです。
予約を入れてバタバタとなだれ込むような入店の仕方をせず、しっかりと1日の計画を立てることで、ソープでのサービスもより楽しめるようになります。
ここでは、10年ソープ遊びをしてきた筆者がいつも実践している「ソープに行く日のプラン」を紹介します。

●朝は早起きが基本
筆者はいつもソープランドに予約を入れる日は前日深酒をせず「早起き」をすることを基本にしています。
男性の勃起は健康状態に大きく左右されるので、なるべく規則正しい生活を心がける方が感度も高まるのです。
いつもソープランドはお昼すぎに予約を入れ、朝食をしっかりととってゆったりとした時間を設けます。
時間ギリギリに慌てて準備をすると、忘れ物をしたり集中力が低下したりするので、余裕を持って1日の計画を組み立てています。

●軽いギャンブルは性欲がアップする
医学的にも性欲とギャンブルは脳の使う場所が似ているそうで、性的な興奮を高めるためにソープ街近くのパチンコ店に行くようにしています。
パチンコをする人なら、座っているときに股間がムズムズとしてくることはないでしょうか?
それは脳の「腹側被蓋野」という”欲望”を司る部分が刺激されているからです。
ただし、本格的な勝負をするわけではなく、余裕の範囲内で「当たればラッキー、負けても痛くない」程度に勝負をします。
大勝ちをしても、途中でやめられるくらいの心の余裕がほしいところです。

●予約寸前には喫茶店で一息
パチンコは予約時間のかなり前に切り上げて、いつも喫茶店に行くようにしています。
「パチンコで上がった気持ちを、コーヒーで落ち着かせてしまうんじゃないか?」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。
予約を入れて数時間後にはセックスをすることが確定しているわけですから、頭の中はそのことでいっぱいです。
落ち着いた環境の中で脳裏をよぎるソープ嬢の裸体や、プレイを想像することで、だんだんアイドリングがかかってくるのです。
ここで注意をしたいのが、ソープに行く前にアルコールを入れてしまうことです。
酒池肉林という言葉もあるように、女と酒は豪遊の要素としてセットになりますが、実はアルコールは性機能を極端に低下させてしまうのです。
アルコールはソープでスッキリした後にゆっくりと飲むことをおすすめします。

●サウナか日帰り温泉でスッキリ
ここまで準備をすると、ソープランドでの満足度もかなり高くなります。
思う存分ソープ嬢を抱いて男性の本能を開放することができるでしょう。
そしてお待ちかねの「射精後の一杯」ですが、筆者はここでもうひと踏ん張りして「サウナ」か「日帰り温泉」に行くようにしています。
ソープランドでも風呂は入りますが、行為後にはローションやソープ嬢の体臭などがわずかに残ります。
また、射精後に大浴場で入浴すると、いつにない開放感を得ることができるのです。

●思い出を肴に居酒屋でひとり酒
サウナや大浴場で汗を流してさらにスッキリしたら、ここでやっと居酒屋で一杯飲みます。
このときのビールの味は格別で、五臓六腑に染み渡るとはまさにこのことです。
ひとり酒を飲んでいると情報量が少ないせいか、思い出すのはさきほどのソープでのプレイや、女の子との会話です。
その思い出を肴にひっそりと飲むひとり酒は、大人の男の醍醐味だと言えるでしょう。

●おわりに
ここで挙げたプランは筆者の個人の好みによるものですが、性行為を前提とした1日の時間割として参考になる部分もあるかと考えています。
店内でのプレイはもとより前後の時間をも満喫することで、ソープ遊びそのものに満足し、その日1日が良い思い出にもなるのです。

女体とソープ嬢の性質を知り尽くしてパネマジを回避する方法

現在のソープランドは、インターネット広告の普及によって顔写真を無料で閲覧することができます。
しかし、あくまでも写真は写真であり、実物と対面したときに感じる「パネマジ」は今なお撲滅できていないのが現状です。
店側、ソープ嬢側は「騙してやろう」などと考えているわけではなく、少しでもキレイに撮影したいというのが本当のところです。
実は”パネマジ”の多くは、お客側の見識力の低さから起きているものなのです。
ここでは、ソープ嬢と女体の性質を熟知し、パネマジを回避する写真の見方を紹介しています。

●顔のパネマジを回避する方法
多くの男性が「パネマジ」と感じるのは、やはり”顔”です。
顔の良し悪しは光の当たり方や角度など、多くの要素が絡み合ってきますので、識別するのが最も難しいものです。
また、男性の女性に対する顔の好みは非常に精密なので、ここでは「極端なブス」を見分ける方法だけを紹介します。
写真を見て以下のような撮影をしている場合は要注意です。

・強く作られた照明が使用されている
・アゴを強く下に引き上目遣いのポーズをとっている
・顔が横向きの写真を使用している
・口元を強く結んでいる(アヒル口など)
・目を大きく見開いている

女性が美しいかどうかは、ある程度本人も自覚しています。
上記のように撮られた写真は、顔に自信のない女性がしがちなポーズですから要注意です。

●ぽっちゃりパネマジを回避する方法
顔の次に詐称されやすいのが「ぽっちゃり体型」で、これもソープランドの投稿サイトに「写真と違ってデブだった」という書き込みを多く見かけます。
どうしてもぽっちゃりが嫌な男性なら以下のポイントをチェックしましょう。

・首元
・二の腕
・太ももの内側の隙間
・指の肉付き

ぽっちゃりした女性は非常にコンプレックスが強く、上記のようなポイントを隠す傾向にもあります。
二の腕などは腕を上げたポーズなどでごまかそうとすることも多く、それをされると判別が難しくなります。
写真でごまかしにくいのが、首元の肉付きや、両太ももの隙間の有無、また指の肉付きが多い場合もぽっちゃりの可能性が高いといえます。

●年齢パネマジを回避する方法
昔と違ってソープ嬢自体が低年齢化してきた現在では、年齢詐称をするソープ嬢も少なくなっています。
ただ、中には5歳以上も年齢をサバ読んでいるソープ嬢もいるということなので、安心はできません。
年齢をカバーするためのメイク方法は進化していて、写真ならばよりいっそうその技術が生かされるので「顔」ばかりを見ていては判別することは難しいでしょう。
女性の年齢を赤裸々に浮かび上がらせるのは「手の甲」だと、専門家は言います。
少し血管あ浮き上がっていたり、筋張ったような手の甲なら年齢はかなり高いといえます。
参考までに「熟女店」のソープ嬢の手の甲を見て覚えておき、比べてみましょう。
明らかに若い女性のものとは違っているはずです。

●まとめ
フォトショップなどの画像加工ソフトや、メイク術の進化によって、まるで別人を作り上げたような写真を作ることが容易になりました。
あまりパネマジを連発をすると、店の信用にも関わりますので、最近のソープランドではよりナチュラルに撮影する傾向にはなっています。
しかし、男性の女性の外見に対する好みはデリケートですので、今回ご紹介したような方法でパネマジによる失敗を防ぎ、できるだけ好みのソープ嬢を選べるように眼力を鍛えておきましょう。

ソープランド各種時間別プレイプランの提案

ソープランドはキャバクラなどと同じで「時間制」で料金が変わります。
ただし、”延長”というものはあまり使われず、入店した最初の時点、あるいは予約の際に遊ぶ時間を決定します。
40分・60分・90分と店側が設定しているのですが、時間によって遊び方を変えることも満足するためには大切なことです。
ここでは、ソープランドで遊ぶときに、各種時間別でのプレイプランを提案しています。
ぜひ参考にしてみてください。

●30分~40分コースでのプレイプラン
早朝や日の出などの時間帯割引や、お試しコース的な割引には「30分~40分」という短いコースが存在します。
ソープ未経験の人や「抜ければそれでいい」といった男性客のために設置されているショートコースです。
ソープランドは本来もう少し長時間を使用することが一般的で、ソープ嬢もそれに合わせたペース配分が得意です。
なので、イベント的なショートコースを何も考えずにサービスを受けると、最悪の場合「不発」という事態になることもあるのです。
忙しい店ならば延長ができないこともあり、発散できない性欲を抱えたまま家路に着くことになります・・・。
こういったことを回避するためには、次のようなプレイプランを実践してみましょう。

1.雑談はしない
2.マ○トプレイ、もしくはベッドプレイのどちらか一つに限定する
3.さっさと動く
4.我慢しないでイキそうになったタイミングで射精する

時間切れになる最大の要因は「会話」です。
かわいい女性を目の前にすると話をしたくなるのが男性の性質ですが、そこはぐっとこらえてプレイに集中しましょう。
また、ソープランドは「マ○トだけ」「ベッドだけ」「風呂なし」というのを選択することも可能です。
シャワーでさっさと洗体してもらい、一刻も早くプレイに持ち込むことが大切です。
また、快感を長く楽しむために射精のタイミングを遅らせようとするのも不発の原因なので、注意しましょう。

●60分コースのプレイプラン
ソープランドのプレイスタイルでは、60分でも十分な時間だとはいえません。
ソーププレイの一連のプレイを体験することは可能ですが、それでも抑えておきたいポイントがあります。

1.雑談はほどほどに
2.洗体、マ○トでは射精しない
3.なるべく早くベッドに移動
4.2回戦を想定し1発目は早めに

ソープランドは無制限で射精可能です。
60分コースならば復活の早い人なら2発抜くこともできるでしょう。
ただし、ショートコースでも書きましたが、イキそうになっているのに我慢をしてしまうと射精しずらくなり60分コースでも不発してしまうことがあります。
2回戦を想定し、後悔しないようにまず一発目は早めに発射しておきましょう。
1回で十分な人ならば、早い目に射精をしてベッドでのイチャイチャタイムで会話を楽しむのも良い方法ですね。

●90分以上のコースでのプレイプラン
90分以上あれば、ソープランドの真髄を楽しむことができます。
ソープランドのプレイの性質上、できればロングコースを選ぶのが理想なのです。

1.挨拶・会話は十分にできる
2.マ○トで1回、ベッドで2回以上射精
3.プレイ後にベッドでまどろみタイムを堪能

ロングコースは、ソープ嬢の方でも最も余裕があり得意とするので、プレイプランも完全に任せておいて大丈夫です。
また、ソープ嬢が持つテクニックのすべてを楽しみ、スッキリした後にベッドでイチャイチャしながらまどろみタイムを満喫するのも醍醐味ですね。

●まとめ
ここでは時間別のプレイプランを提案してみましたが、ソープランドの楽しみ方はたくさんあります。
ロングコースの料金を持っていても、ショートコースではしごをすることを好む男性もいて、それはそれで楽しいものです。
ただし、慣れないうちは思ったよりも早く時間が経ってしまうので、不発を防止するために、提案したプランを参考にしてみてくださいね。