月別アーカイブ: 2018年6月

福原ソープのキャスト探しはPV動画で

最近ではインターネットも大容量通信が可能になり、スマホでも動画などを見るのには全く困らなくなりました。そのため、どこのソープランドでもウェブサイトにキャストの紹介動画を載せるようになっています。福原のソープランドでもそういった動画を載せている店がほとんどで、よりキャストを魅力的に紹介してくれます。

◆ 情報収集は写真から動画へ
昔からソープランドのキャスト選びには、プロフィールの写真などを確認するのが一般的でした。しかし、写真だけですとやはり加工もしやすいですし撮り方一つでイメージが大きく変わってしまうため、もはや信頼に足る情報とは言えません。
動画であればスタイルなどに誤魔化しが効きませんし、動きなどもあって実物のイメージも掴みやすいです。さらに、何よりも動画の加工は手間が掛かるため修正なども難しく、やっても精々顔にモザイクをかける程度、つまり動画はプロフ写真以上に信用出来るのです。しばしば問題になるパネルマジックに引っ掛からないで済むというわけですから、失敗したくない方にとってはとても重要な情報となるのです。

◆ 風俗情報サイトなら大量の動画を観られる
さて、こういったいわゆるPV動画と呼ばれるものですが、それぞれの店のウェブサイトで掲載されているのですが、いちいち見て回るのも面倒です。そこで利用したいのが、福原のソープランド情報を紹介している風俗情報サイトです。
こうした風俗情報サイトでは、様々なお店の注目キャストの動画を紹介しているため、手軽にイチオシのキャストを観ることが出来るのです。わざわざお店のウェブサイトを個別に確認しに行かなくてもいいですし、比較もしやすくなっています。

◆ 動画有りのキャストは人気嬢が多い
動画を公開しているキャストというのは、そのお店でも人気が高いことが多く予約を取るのが大変になることもしばしば。特に顔出しをしている方などは、店側としても女性自身も「動画を出すことで稼げる」という自信があって公開しているわけですから、美人だったりスタイルが良かったりと、魅力的な方ばかりなのです。上質の女性が多いと言われる福原のソープランドでも、特に上質な方を観れるPV動画ですから、参考にする方は予約合戦になることも覚悟しておきましょう。

福原のソープ情報を扱うサイトでは、大きい所では数百の動画を掲載しています。これだけあれば、必ず1人は自分の好みのキャストが見つかるというもの。動画から所属しているお店のウェブサイトや個人のプロフィールに直接飛べたりしますし、出勤情報もすぐにわかりますから情報集めにはとても便利です。魅力的な女性を見つけるための手段として、しっかりと活用しましょう。

まるでお見合いの場?結婚できない男性がソープランドに行くべき理由とは?

ここ数年、「ソープランドがお見合いの場と化している」という、信じられない噂があります。昔ならばほとんどありえなかったソープ嬢と一般男性の恋愛は、現在ではそのハードルが下がり、多くのカップルが誕生しているのだそうです。この原因は、現代日本で生きる男女の双方に存在します。現在のソープランド事情と男女の恋愛観にスポットを当ててみました。

●未婚のまま死ぬのは餓死よりも怖い?

最近では「草食男子」などという言葉が流行り、男性の非交際率が右肩上がりに増えているようです。しかし、これは「若い世代」の話であり、20代の頃に草食系であっても、それが30代・40代・50代と年齢が高くなっていくに従い焦りが生じ始めるのです。
人間を含む動物の人生の目標は、「遺伝子を後世に残すこと」だと断言できます。よく、大地震のあとにレイプ事件が勃発するのも、「死ぬ前に子孫を残さなければ!」という本能的な心理が働くからです。
平和なときであれば、人間の欲望は多岐にわたり、その中でも「睡眠欲」と「食欲」が特に強いのですが、死に直面するような事態に陥ると、全身が”緊急事態モード”に入り、欲望の種類が野生的になって、無性に異性を欲するようになります。
人生の残り時間を考えるような年齢になってくると、災害時の緊急モードに似たような状態になり、食べることを後回しにしても「セックスがしたい」という本能的司令が脳内に発生するのです。
この時期の男性は、未婚のまま人生を終えることを「餓死よりも怖い」と感じるのだそうです。これは女性にも同じことが言えます。

●最も手っ取り早く女性に触れられるのが「ソープランド」

結婚できない男性は、今流行りの「お見合いコンパ」などに参加する人もいますが、これも業界が洗練されてきて成功率が格段に低下しているといいます。本来ならば「モテナイ男女」の最後の砦であったものが、結局はその中でも”最もマシ”な男女がカップルになるという現状ですので、すでにまともに機能していないものと考えていいでしょう。
そして、それら男女の受け皿が「ソープランド」というわけです。ソープランドではお金さえ支払えば、ソープ嬢を彼女にできなかったとしても、性的な欲求は充たされるわけですから、リスクは小さいのです。また、これまで恋愛経験がなかったような男性ならば、女性に対しての苦手意識・コンプレックスを克服できる方法として有意義です。

●「セックス目的」でソープ嬢になる女性が急増

また女性の方にも、驚くような現状があるようです。昔ならば、経済難を乗り切るためにソープ嬢に転身することがほとんどでしたが、最近では「セックス目的」でソープ嬢デビューする女性が少なからずいるのです。
これはにわかに信じられないことですが、現実の話です。災害地のボランティアに参加する女性にも、心の奥のどこかに「出会い」を求めている人が多いといいます。それだけ現代の日本の女性も男性と同様に、性や恋愛に対して飢餓感を感じているのでしょう。ソープ嬢ならば、性欲はもちろん、高額な報酬まで手にできるのですから、まさに一石二鳥の逆転状態となり得るのです。

●今やソープランドは「お見合いの場」と化している・・・

こういった世間の男女が、小さな個室で二人っきりになれば、それは必然的に恋愛感情が生まれることになります。基本的にソープランドは店外デートや、客との交際を認めていませんが、ソープ嬢が店を辞めてしまえば無効になる規定です。
実際にこういった需要と供給が合致し、そのまま退職してゴールインするソープ嬢が増えているのです。こういった現状が、「ソープランドがお見合いの場と化している」と言われる理由のようです。

【最新情報】昔いなかったソープ嬢のタイプ

ここ数年、日本人の価値観は大きく変化しているといえます。過去に人気のあった商売が軒並み不況となり、またこれまでなかったような趣味・娯楽が新たに登場し、旧タイプの人間たちは時代遅れのレッテルを貼られる現状なのです。
「ソープランド」においても、そのサービスの中身は20年前とはまったく違ってきていますし、肝心の「ソープ嬢」もまた、昔いなかったようなタイプが増えつつあるようです。ただし、ソープ嬢の変化については、あまり悪い要素はありません。
昔の男性が「こんな子がソープ嬢だったらいいのに・・・」といった妄想的な願望が、現実化しているのです。

●「清楚系」の台頭によってソープは一新された?

以前までのソープ嬢といえば、外見・性格的な分類で言えば「お水系」に限りなく近いものでした。「大人の女性」といった雰囲気で、風格さえ感じるほどの完成された大人のソープ嬢が大半を占めていたのです。
しかし、ある時期から「清楚系」といわれる、ケバケバしさを一切排除させた、品のあるソープ嬢が増えはじめました。例えるならば「女子アナ風」「インテリ系職業風」「女子大生風」といった感じでしょうか?
大人しめのファッションとメイクが特徴で、店外で見かけたら、間違ってもソープ嬢とは思えない出で立ちです。清楚なソープ嬢が台頭し、それによってソープ業界の勢力地図は大きく塗り替えられたともいえます。

●「ロリ系」の登場

元々ソープ嬢は、ピンサロやヘルスなど他の業態の風俗ジャンルと比べると、コンパニオンの年齢層は高めでした。それが最近では、見る見る低年齢化し、18歳くらいのソープ嬢を見ても驚きもしないほどなのです。こういった年齢層のコンパニオンが、20年前にいたとしたらかなり話題になっていたはです。
社会経済の悪化や、女性の性に対する価値観などが原因し、男性客からすれば「嬉しい変化」となっているのです。ロリ系の登場は、新たな顧客層を獲得することにも成功しています。

●「高学歴」「インテリ系」の急増

女性の社会進出が叫ばれていますが、現実にはそれほどうまくいっていないのが真実です。価値観的には「働く女性」は認められますが、雇用する側に余分な力がないのです。
将来の就職のために難易度の高い大学を出ても、就職先が見つからずにソープ嬢に転身する若い女子大生はあとを絶ちません。また、インテリ系の職もライバル競争が激しかったり、思った以上の給料がもらえず、ソープでバイトをする女性も多いのです。
女性の就業事情の悪化が、高学歴・インテリ系のソープ嬢を量産しているのでしょう。

●本物の「人妻」

昔から、年齢の高くなったソープ嬢の受け皿として「人妻ソープ」は存在していました。ですから、昔は「人妻ソープ」ではなく「ベテランソープ店」というのが真実だったのです。ところが、景気回復が見込めない現代の日本では、「本物の主婦」が生活費捻出のために、人妻店で働くことが増えているのです。
中には「旦那公認」というびっくりするような事情を抱えていることもあり、時代の変化を感じずにはいられません。また、3組に1組が離婚をするという現代の社会背景から生まれる「シングルマザー」のソープ嬢も、探し出すのに苦労はしません。現在の「人妻店」が本物の主婦だとしたら、きっと興味を持たれる男性も多いはずです。

●おわりに

もし仮に、旧タイプのソープランドを知っていて、それがあまり好みではなかった男性なら、現在のソープランドに再登楼する価値はあります。ソープ嬢のタイプは激変し、もはや昔の雰囲気はなくなりつつあるのです。

ソープランドで男性スタッフと仲良くなることのメリットについて

ソープランドで満足度の高い遊びをするためには、「店選び」と「姫選び」が大切なことは、説明するまでもありません。そして、さらに充実したソープランド・ライフを送るためには「男性スタッフ」と仲良くなることも大切なのです。あまり重要視されない男性スタッフですが、信頼関係を築くことができれば、思った以上のメリットがあるのです。

●有益情報は男性スタッフが握っている?

ソープランドで遊んでいると、頻繁にソープ嬢が入れ替わったり、新人が入っていたりします。また、ソープ街にはたくさんのソープ店があるので、それらの情報も知りたいところでしょう。
こういった情報の詳しいところ、たとえば、コンパニオンのテクニックや性格、写真ではなく実物での外見などを詳しく知っています。仲良くなっていると、接客マニュアルの説明以上に、詳しく教えてくれることがあるのです。
写真指名をする時など、写真写りに惑わされないようにアドバイスしてくれたりもするので、パネマジのリスクを軽減させることができるのです。また、かなり仲良くなってくると、経営者から口止めされているような、他店の情報などを教えてくれることもあり、これらはネット情報よりもはるかに真実味のあるものです。

●下っ端が責任者になればクリーンヒット

ソープ店の経営陣は完全な「タテ社会」であり、店長が絶大な権限を持っています。ですから、仲良くなるならば店長がいいのですが、そんなことを考える客はたくさんいるので、店長になってから仲良くなっても遅いのです。ところが、まだ下っ端の頃から仲良くなって、そのスタッフが店長になったときなどは、かなり優遇度は上がります。
ソープ店の下っ端の男性スタッフなどは、まるで奴隷のように扱われ、客からも下に見られる存在です。そんな状態で、きちんと相手の尊厳を守りながら大人の付き合いができていれば、そのスタッフから感謝され、仲良くなることができるでしょう。
ソープランドの出世競争は、一般企業などは比べ物にならないほど過酷です。入店1年で、下っ端からごぼう抜きで店長になるようなことも珍しくないのです。店長ならば、特別の割引チケットも切り放題ですし、新人の紹介や人気コンパニオンの予約の優遇など、一般客がうらやましがるほどの高待遇を受けられるでしょう。

●まずは「上客」になることから

男性スタッフと仲良くなるといっても、フロントでの精算や案内の時くらいしか接することはありませんので、難しいと考えるはずです。たしかに忙しい店ならば、雑談をする時間を作ることも難しいのが現実です。
しかし、ソープ店は、常に「顧客の確保」を念頭において営業しています。他店にお客と持っていかれないように、親交を深めたいと願っているのは男性スタッフも同じなのです。
それには、まずは「上客」でいることが基本です。過度な値引き交渉をしたり、長々とクレームを言ったり、待合室で悪態をついたりせず、定期的におとなしく通っていれば、必ず男性スタッフは客のことを見て覚えていてくれます。逆に、威圧するような態度を取って、無理やり特典をつけさせ、自分が上客になった気分でいるような男性は、本当の信頼関係は築けていないのです。
また、店はお金持ちだけを上客だと思うのではありません。たくさんのお金を落とさなくても、店がやりやすく、安定して来店してくれる客を大切にするものです。紳士的に振る舞い、数ヶ月通っていて、店員がよく話しかけてくるようになればチャンスです。少し雑談をして一気に親交を深めましょう。

●おわりに

「ソープランドの通」を自称する人は、たいてい数人の仲の良い男性スタッフがいて、他のお客が知り得ない有益情報を入手したり、規定外のサービスを受けています。ソープ嬢は卒業し、すぐに店からいなくなりますが、男性店員は長期的に働いていることが普通です。
ソープ嬢にばかり気を取られて男性店員を見くびっていると、得するチャンスを逃すことになるということを覚えておきましょう。

割引を使えば福原ソープも安く遊べる

ソープランドと言えば、風俗の中でも高額の遊びというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。
特に風俗初心者の方などは、そのようなイメージのせいで相場が安いと言われるデリヘルやホテヘルといった他の業種に流れてしまうことも少なくありません。
福原のソープランドも同様で、福原はソープランドだけではなくほぼ全ての業種が揃っている総合的な風俗街ですので、そういった傾向もより顕著です。

しかし、実際にはソープランドと言ってもかなりお安く遊べるもので、最近では相場的にもデリヘルやホテヘルと大差無かったりします。
福原のソープランドでも、最安10,000円~25,000円の間でほぼ全てのお店が集中していますから、実はデリヘルの相場と2,000円~3,000円ぐらいしか変わらないのです。
また、どこのお店でもほぼ必ず割引がありますから、それらを利用することで表記価格よりもお得になります。
そうなればほぼ他の業種と変わりませんから、価格面での問題というのはありません。

福原のソープランドで行われている割引ですが、実に様々なものがあります。

1.時間帯割引
2.新人割引
3.メール会員割引
4.おまかせ割引
5.団体割引
6.イベント割引

この辺りが一般的で、お店によって行われている割引などは違いますが、どこのお店でもこの中のどれかの割引がほぼ必ず適用されます。
割引額もお店や価格帯によって違いますが、数千円は安くなったりするので、利用しない手はありません。
こうした割引情報ですが、メール会員限定の割引を除いてほぼ全ての割引が、お店のウェブサイト上に掲載されています。
イベント割引などはかなり短い周期で変わっていくので、福原のソープランドを利用する際には、必ずウェブサイトを確認していきましょう。

もう一つ福原のソープランドならではと言えるのが、高級店での割引です。実は、高級店では割引というのはあまり行われません。
それというのも、高級店では「高級」というイメージを維持する必要があり、安易な割引は高級感というイメージを崩しかねないということで、逆に割引をしないことがセオリーとなっているのです。
しかし、福原のソープランドでは高級店でも割引を行っていることが多く、むしろ割引を行っていない方が珍しい状態です。
高級店の割引は、元の価格が大きい分だけ割引額も大きく、5,000円~10,000円になることもありますから、うまく利用出来ればかなり遊びやすくなります。

昨今では安い他業種風俗に押されているソープランドですが、福原のソープランドであれば価格は同じでソープランドのサービスを楽しめます。
上手に割引を利用して、福原のソープランドを楽しみましょう。