月別アーカイブ: 2018年8月

福原の高級店がおすすめな理由7選

西日本では最も規模の大きなソープ街、神戸福原には大小60店舗以上ものソープ店が営業を続けています。ソープランドは、料金の価格帯によって「高級店」「大衆店」「格安店」と分けられていることはすでにご存知の方も多いでしょうが、その中でも高級店を選ぶことにたくさんのメリットがあると言います。
福原の高級店は、全国のそれと比較しても優れている部分が多く、風俗好きの男性ならば是非とも経験してもらいたいものです。関西在住、あるいは遠方から出張など神戸付近にお越しの男性のために、福原の高級店がおすすめな理由7選を解説したいと思います。

1.抑えめの料金設定が魅力

全国で規模や質を考えて、福原と同等と思われるソープ街は東京の「吉原」ではないでしょうか?東京大阪間は経済的な結びつきが強く出張で行き来する男性がかなりいます。そして、吉原を知っているビジネスマンが口を揃えて言うのが「料金が安い」ということです。
もちろん、料金が安くてもクオリティーが悪ければ、こういった評判は持ち上がりません。吉原に匹敵するくらいの設備・コンパニオンの質・店舗のサービスを考慮した結果、「安い」と感じられているのです。

2.ソープコンパニオンが若い

全国の大型ソープ街の在籍可能年齢が20歳なのに対して、福原では18歳のコンパニオンが多く存在します。この年代の”2歳の差”は非常に大きく、全体の平均年齢の印象も福原は若いのです。
また、福原ソープ街はコンパニオンの育成が優れているために、高級店でも低年齢の子が在籍することはめずらしいことではありません。”高級店”に限定して遊んでいる人の間で、「福原は若い子が多い」ということが常識となっているのもこのためなのかもしれません。

3.接客指導が行き届いている

地方のソープ街では、高級店であってもコンパニオンに接客指導をあまりしていないケースが多々見られます。せっかく高額な料金を支払ってエグゼクティブな気分に浸ろうと思っても、肝心のコンパニオンの言葉使いが悪かったりプレイレベルが低いとがっかりしてしまいます。
その点福原では厳しい規律と教育によって、コンパニオンはかなりのハイレベルにまで作り込まれていますから、安心して高額な料金を支払えるのです。これは関西系風俗の特徴とも言えるもので、こと接客の良さに関しては西高東低な印象があります。

4.店舗のサービスが行き届いている

店舗サービスについては高級ソープならば高いことが当然なのですが、福原ではさらに上を行く心配りをしてくれます。これは、関西が「商売の街」であることに起因しているのかもしれませんね。顧客サービスの手厚さに対しても福原は一歩抜きん出ている印象があります。

5.関西でAV関係のコンパニオンがいる

最近のソープ業界では、「元・現役AV女優在籍ソープランド」という流れが広がりつつあります。ただしそれは首都圏を中心とするもので、関西ではまだまだAV女優を置けるソープ店は希少です。
ただし、福原ソープ街は例外です。高級店を中心に、元AV女優・現役AV女優がかなりの数存在し、首都圏以外では福原が最もその数が多いと言われています。最高級の設備の中で、手の届かなかったAV女優とプレイができるのですから、関西在住の男性ならばたまらないはずです。

●おわりに

「高級ソープ」といっても、大衆店2~3回分の料金なので、普段は安いソープを利用している男性でも、高級店1回にまとめてしまうと遊べる料金です。格安店で不完全燃焼したり、満たされない欲求のはけ口を見つけるために安い店舗を次々とはしごするよりも、確実に満足できる福原高級ソープに乗り換えてみるのも一つの手かもしれませんね。

当たり外れの大きいソープ嬢をお店のウェブサイトからでも見分けるコツ

ソープランドは、風俗の王様と言われる業種で、デリヘルが台頭してきた昨今でも根強い人気を誇る業種となっています。ソープ遊びの成否を決定付ける要素といえば、実際に接客をしてくれるソープ嬢。このソープ嬢には良い嬢と悪い嬢がいて、良い嬢を引けばお値段以上の素晴らしい時間が、悪い嬢に当たればお金をドブに捨てたような気分になることでしょう。
ソープ遊びで失敗しないためには、「良い嬢を引くのではなく、悪い嬢に当たらないこと」が重要となります。悪いソープ嬢には共通する特徴があって、あるポイントに注目しながら注意深くお店のウェブサイトを見ていると、なんとなくわかってくるものです。

▼ 出勤日数の多さとランキングが釣り合っていない

ソープランドのウェブサイトでは、ソープ嬢の出勤を確認することが出来ます。以前の出勤状況を見ることが出来るお店は少ないのですが、大抵のお店では翌日~1週間後くらいまでの出勤状況を見ることが出来ます。それを見て、連日のように出勤しているのにも関わらず、お店のランキングに登場していないというソープ嬢は要注意です。
出勤日数が多いと接客機会が増えるわけですが、サービスの良い女性はリピーターが付きやすく、リピーターが付けばお店のランキングも上がっていきます。連日のように出勤しているのにランキングに登場していないということは、リピーターの数が少ないということ。つまり、サービスが悪い女性と言えるわけです。

▼ 写メ日記が自分のことばかり

ソープランドのウェブサイトでは、写メ日記というものがほぼ必ずコンテンツとして存在しています。在籍している女性が営業の一環として書いているもので、その内容は女性に一任されていることが多いです。
その写メ日記の内容に注目すると、人気のある嬢の日記には「接客した男性へのお礼や感謝の言葉」が必ずあります。対して、人気の無い嬢の場合は日記は基本的に自分のことばかりで、お店の写メ日記なのに食べ物の話やペットの話、自分が観た映画の話などが多くなるのです。接客することが無いため、お礼や感謝を伝える相手もいないということです。

失敗しないソープ遊びをしたいのであれば、事前の情報集めは必須。可能であれば1週間前後は情報集めをすれば、失敗は格段に減ることでしょう。目当てのソープ嬢を見つけたら、まずはお店のウェブサイトをしっかり確認しましょう。それ以外からも情報を集めればより確実に見分けることが出来ますので、情報収集は怠らないようにすることが、良嬢を見つけるコツです。

注文の多い男性でも大丈夫!ソープ嬢選びマニュアル!

男性は、こと女性の好みなると妥協をすることができません。一般的に美人と言われる人であっても、自分の好みとして見るとき「どこか違うんだよな・・・」となることも多いはずです。
ソープランドでのコンパニオン選びにおいては、料金を支払いますから、さらに注文が多くなります。ソープランドでの遊びの、成功・失敗の多くは、コンパニオン選びにかかっているので、死活問題となるのです。ここでは、コンパニオンの外見に対して、注文の多い男性のためのソープ嬢選びマニュアルをご紹介します。

●ネット写真から「素材」を読み解く方法

最近では多くのソープランドがネット上にホームページを配信していて、無料でコンパニオンの写真が閲覧できるようになっています。プライベート保護の理由で顔出しがNGの子もいますが、この場合には実際に店に行ってみるしかありません。しかし、多くのソープ店では顔出しOKな写真を配信しているので、多くの男性客はこれを選択の基準とします。
しかし、「写真は写真」であり、あくまでバーチャルなものであることを忘れてはいけません。写真は”演出”できるものであり、写真を見た人の多くはその「演出」を見てしまうのです。
肝心なのは演出の部分ではなく「素材」です。衣装や部屋の雰囲気、ポーズ、そして照明などを「差っ引いて」判断する癖をつけましょう。写真を鵜呑みにし、予約を入れていざ対面したときに「思っていた子と違う」ということがよくありますが、これも”演出”に負けてしまった結果なのです。これには想像力が必要ですが、意識していくうちに上達できていくはずです。

●画像加工ソフトを見抜くには慣れが必要

IT技術が進化し、最近では一般層の中にも「画像加工ソフト」を使いこなす人が増えています。達人級に使いこなせる人ならば、まったくの別人にしてしまうこともできるので、これには最大の注意を払わなければなりません。
しかし、実際に画像ソフトを使われると、なかなか素人の目で見抜くことは難しいものです。それには「慣れ」が必要なのです。
フォトショップなどの画像加工ソフトを使用した写真には、特有の「癖」があります。グーグルの検索エンジンで、「フォトショップ 加工 女性」や「フォトショップ 女性 ビフォーアフター」などと打ち込んで検索をかけてみましょう。加工前と加工後の女性の写真がたくさんヒットします。

注意して見るところは・・・

◎独特の目の質感
◎頬・額の光沢
◎肌の質感

です。

フォトショップで加工するメインは、たいてい「目」であり、そして加工後の目には独特の質感があるものです。現実離れしているというか、立体感がないというか、とにかく”リアルさ”がなくなるのです。そして画像加工ではなくても、女性の顔の中心に強い光を当てると、美しく映るものです。
写真撮影のときの「レフ板」はそのための道具です。顔の中心部がやたらと明るい写真には要注意です。肌の質感を滑らかにする加工もよく行われますから、あまりに透き通った肌には注意しましょう。

●動画や自撮り写真もチェックする

ソープランド業界は競争が激化しているので、ソープ店も他店と差をつけるために、ホームページの情報量が以前よりも格段に増えています。中には「動画」や「コンパニオンブログ」などのページを作り、より多くの情報をユーザーを獲得する努力をするソープ店もあります。
動画は、前述した「画像加工」はできませんから、見つければラッキーです。そして、コンパニオンブログに載せられている写真は、ソープ嬢自らが撮影した「自撮り」が基本になるので、これも画像修正の可能性は低いといえるでしょう。

●おわりに

ここまでの解説を読むと、「ソープ店とお客の騙し合い」のように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。ソープ嬢の外見レベルは、ここ数年飛躍的に良くなり、15年前とは比べ物にならないほどの美人が多く在籍しています。しかし、冒頭でも書いたように「男性の好みはシビア」ですから、自分にピッタリと合うソープ嬢を見つけるためには、多少のマニュアルが必要になるということなのです。

ソープランドにも「地方格差」はあるのだろうか?

インターネット上にはたくさんの風俗情報が配信されています。「ソープランド」のことについても数え切れないほどの情報サイトが乱立し、有益と思われる記事も多く見受けられます。しかし、ソープランドはどの地方でも同じものなのでしょうか?
狭い日本ですが、300kmも離れれば文化圏が違いますし、食生活などもおもしろいように個性を感じます。ソープランドの多くは個人店や小規模なグループ店ですので、「地方格差」のようなものがあるか気になるところです。

●地方と都会でのレベルの違いは断定できない

多くの商業施設が、「都会になるほど規模が大きい」という格差があります。しかし、ことソープランド、あるいはソープ街では規模やレベルの違いは断定的ではありません。
関西の滋賀県雄琴などのように、完全な田舎町にあるのに、首都圏のソープ街をはるかに凌ぐ規模とレベルを誇るソープ街もありますし、岐阜の金津園なども商業都市としては規模が小さいものの、業界でもトップクラスの地方型ソープ街もたくさん存在するのです。
これは、ソープランドがどの地方自治体でも出店できるわけではない、ということが理由です。東京に「吉原」という異本最大のソープ街がありますが、そこに通う男性客の多くに「関西や九州のソープ街の近くに引っ越したい」と嘆く人が多いように、たんなる規模の大きさだけでも片付けられない話でもあります。

●地方と都会では「料金格差」は存在する

規模とレベルの格差はほぼないといえますが、「料金格差」は存在します。ソープランドのほとんどは、その地域の「土地価格」と比例するので、東京などの土地の価格が高いエリアはソープランドの料金も高くなる傾向にあるのです。しかし、これはお客側からすると”ありがたくない格差”であり、関西の雄琴や福原などは地方都市にも関わらず規模レベルは高く、料金も安いという現象が起きているのです。

●コンパニオンレベルの格差はある

ソープランドの評価は、ある意味「コンパニオンのレベル」の問題とも言えます。コンパニオンが美人でサービスが良ければ、そのソープランドも人気が高くなるのです。
このコンパニオンのレベルにも格差は存在します。ただし、都会のソープランドのレベルが高いとは必ずしも言えません。それよりも、”ソープ街の規模”による格差があるのです。
日本には北から、ススキノ・吉原・金津園・雄琴・福原・中洲といった巨大ソープ街があります。これらの巨大ソープ街がある地域はコンパニオンレベルが高くなる傾向にあります。それは、ソープ嬢は自分の生活圏の近くで働かず、地方に出張や移住の形で入店するケースが多く、大きく稼ぎやすいソープ街に集まりやすいという性質があるためです。大きなソープ街には、容姿が良くやる気のあるソープ嬢が全国が集結するために、レベルも高くなっていくのです。

●おわりに

このように、「ソープランドの地域格差」は経済の格差とはまた違った性質があります。どうせお金を使うならば、よりレベルとコスパの高いソープ街・ソープランドで遊ぶことをおすすめします。

ソープ求人は引かれる額も考慮して選ぼう

ソープランド求人では、とても高額の給与を提示している求人が多く、実際に大きな金額を稼ぐことが出来るというのは事実です。お店のランクが上がって料金設定が高くなると、それに比例してキャストに支払われる報酬というのも高くなります。その辺りを考慮して、自分が客をしっかりと取れるレベルのお店で一番高い店で働くというのが、稼げるソープランド求人の選び方の基本です。

しかし、ソープランドで働くということはただ高い給与を得られるということではありません。ソープランドでは、そのシステム上必ず経費というものが発生してしまいます。いわゆる雑費を始めとした様々な引かれ物と呼ばれるものです。
お店によってその額は違っていて、1日単位で見れば小さい差であっても出勤数などが増えるに従ってその額は大きくなり、結果的にかなりの差になることもあります。ただ給与が高いというだけではなく、こういった部分も計算して求人を選ぶことが必要と言えるでしょう。

では、どうすればこうした雑費などの額を知ることが出来るのかというと、一番確実なのはお店に聞いてみることです。どこのソープランドのウェブサイトでも求人用のページというものが用意されていて、そこには問い合わせ用のメールアドレスなどが記載されています。
そのアドレスに問い合わせのメールを送れば、ちゃんとした店であれば返信をしてくれます。直接電話で聞いてみてもいいですし、面接に行かなくても確認の方法はあるのです。

また、ネット上にはかつてその店に在籍していた方などが情報を提供してまとめているようなサイトもあります。リアルタイムではないことや女性によって引かれる額が違うことから、100%信用出来るというわけではありませんが、いちいち問い合わせをせずに確認することも出来ます。あくまで目安になってしまいますが、そうした所を利用してみるのも良いでしょう。

しかし、やはり前者の直接問い合わせてみるという方をオススメしたいです。その理由として、「そのお店が誠実であるかどうかを確認出来るから」です。求人を出しているソープランドは、残念ながら全てが信頼出来る店ばかりではありません。
悪質なお店の場合、問い合わせをしても「一度面接を受けに来てください」の一点張りで、質問に答えずとにかく来店させようとします。そういったお店はキャストに対する扱いも雑で、とても信頼の置ける店とは言い難い場合が多いのです。

ソープランド求人を選ぶ際には、しっかりと引かれる額も計算して選ぶようにしましょう。大変な仕事をこなしてお金を稼ぐわけですから、少しでも手元にお金が残るようにしたいものです。