カテゴリー別アーカイブ: 雄琴ソープランド

福原と並び立つソープ街、雄琴の全ソープを統括する滋賀特殊浴場協会とは?

福原と双璧をなす関西有名ソープ街、滋賀雄琴。雄琴にあるソープランドは、全てのお店が「滋賀特殊浴場協会」という共同組合に加盟しています。
雄琴のソープランドを利用したいという方にとっては結構便利な所なのですが、外部の情報サイトなどの影響もあって、今一つその便利さは知られていません。
そこで、今回はその特殊浴場協会について触れてみましょう。

◆ 滋賀特殊浴場協会とはどんな組織?

そもそも、この滋賀特殊浴場協会とは一体何をする組織なのかというと、これは雄琴ソープ街全体の窓口のようなもので、雄琴全店の最新情報が集約されている場所になります。
1974年の創立以来、45年もの間雄琴をまとめてきている実績があります。

ここでは、加盟しているお店の情報は当然のこと、新規出店情報やお店のイベント情報、男性スタッフ求人などなど、雄琴で営業するソープランド全ての情報があります。
雄琴エリアは基本全店スキン着用というルールがありますが、そうした衛生管理面についてもこの協会による実績と言えるでしょう。

◆ 便利な点は?

この滋賀特殊浴場協会の便利な点は、その情報力です。
全てのお店の最新の情報が集まってきますので、雄琴のソープランドに関する様々なニュースやイベントをまとめて知ることができます。
滋賀特殊浴場協会が運営しているサイトであればそうした各種情報の他、予算に合わせたお店検索なども出来ますし、出勤している嬢をすぐに見ることが出来ます。

雄琴中のソープラドの情報を知る事が出来るわけですから、比較もしやすいです。
イベントの割引なども含めて色々と知ることが出来ますので、簡単に比較検討が出来ます。
自分の予算や好みに合わせたお店を探すのであれば、特殊浴場協会が持つ情報はとても役に立ちます。

◆ 雄琴で店探しなら使うべき

では、雄琴ソープで店探しをするなら使うべきなのかというと、やはり使うべきでしょう。
外部サイトでも同様の情報を得ることが可能ですが、サイトによっては登録されていない店もありますので、必ずしも全ての情報が得られるわけではありません。

また、見やすさという部分でも優れていて、外部の情報サイトではお店が羅列しているだけというのが多いのですが、こちらでは雄琴ソープ街の地図上からお店を見つけることも可能です。
どこにどんな店があるのか、そこからすぐにお店の情報を知ることが出来るわけですから、使いやすさでもとても優れているのです。

長く雄琴ソープ街を統括する滋賀特殊浴場協会は、利用する側からしても価値の高い組合です。
雄琴のソープ情報を探すのであれば、まず見ておきたいサイトでしょう。

福原だけではない!京都人にも愛されるゆったり遊べる雄琴ソープ

雄琴のソープといえば、関西圏では福原と並んで有名な風俗で、なかなかに人気の高い風俗として知られています。
ところが、かつては隣接する温泉との関係もあってかなり賑わった雄琴ソープですが、近年では残念ながらかつての人気は無くなりつつあるというのが現状です。
そこで、雄琴がどんなソープなのかを今一度確認してみましょう。

◆ 京都からは雄琴、大阪からは福原

関西にある2つのソープ街ですが、それぞれの特徴として「京都からは雄琴、大阪からは福原」というのが定番です。

雄琴ソープ街の住所は滋賀県大津市となっていますが、実は立地的には京都の中心である京都市からも電車や車で30分程度の距離にあること、そして京都にはソープが無いことから、意外と京都からのお客さんも多いのが特徴となっています。
京都観光に来た観光客がおごと温泉に宿を取り、夜の遊び場として雄琴ソープを利用するということもありますし、京都からの人の流れは昔から多いのです。

大阪から雄琴ソープへ行くには、電車や車で1時間近くかかってしまいます。
福原へは30分程度ですから、大阪からわざわざ雄琴へ来る方は少なく、大抵は福原の方へ行ってしまうというわけです。

◆ 福原とは違った特色の雄琴ソープ

雄琴ソープには、その立地に由来する他のソープとは違った特色があります。
その特色というのが、店舗のサイズ。
雄琴ソープの店舗はどこもかなり大きく、他のソープ街であれば高級店でも持ち得ないレベルの広さを持ったお店が当たり前にあります。
格安店でも他のエリアの1.5倍ぐらいあるので、部屋の広さもしっかりと確保されています。

福原に限らず吉原や川崎といった古くからの歴史あるソープ街では、どこもお店が密集しすぎていてスペースが無く、中にはマット1枚置くのがギリギリなんていう所も珍しくありません。
そんな狭い所でサービスを受けるのに窮屈さを感じている方は多く、ネット上に散見される口コミや体験談などでは、その辺りに不満となっています。

こうした部屋の広さは、繁華街に無いという雄琴の立地だからこその特色というもので、ゆったりとしたプレイルームで遊びたいという方には雄琴のお店は最適です。
その辺りも雄琴ソープの評価につながっています。

今回紹介しました特色以外にも雄琴の魅力はまだまだありますし、楽しく遊びたいのであれば知っておきたいものというのもあります。
「最近の雄琴は寂れてきている」なんて言われることもありますが、中に入ってみればまだまだ楽しめるソープ街であることは間違いありません。
良質なソープを見つけたいなら、ぜひ雄琴まで足を運んでみると良いかもしれません。

福原だけじゃない!雄琴ソープ街と外国人観光客

最近では、街中で外国人を見かけることが増えました。グローバル化が進む日本では、積極的に外国人観光客を呼び込んでいて、数年前には外国人観光客による爆買いというのも話題になりました。2020年、東京オリンピックに向けて年間で4000万人の外国人観光客を誘致する計画の日本では、今後も外国人を見かけることが増えるでしょう。
そうした外国人観光客を新しい客層として考えているのがソープランド業界で、最近では外国人の利用を受け入れる店も増えてきました。吉原などはその先駆けと言われていますが、密かにその風俗目当ての外国人に目をつけている場所、それが雄琴です。

◆ 温泉とソープランドを両方楽しめる雄琴

「雄琴の魅力は何か?」と尋ねられれば、答えは2つ。「温泉」と「ソープランド」です。この2つ、実はどちらも外国人観光客が日本で楽しみたいと希望するもので、その2つが同時に楽しめる場所というのはかなり限定されてしまいます。
雄琴はその限定された場所の一つであり、日本を代表する観光地である京都からも程近いということで、京都観光の宿として雄琴の温泉街を利用する外国人観光客は多いのです。宿から望む琵琶湖の風景は素晴らしいものがありますし、温泉街から車で10分程度のソープ街も規模が大きく上質な店が多いですし、外国人が楽しめる店もありますので、その辺りも関係しているようです。

◆ 雄琴で外国人でも利用出来る店はどこ?

雄琴で外国人を受け入れている店は、今の所7店舗ほどあるようです。検索サイトで「雄琴 ソープ 外国人OK」といった感じで検索すれば、受け入れしているお店は出てきます。そして、肝心な雄琴ソープの外国人観光客の評判ですが、これがかなり評判が良いようです。
ただ、そもそも外国人にとって日本のソープランドの基本サービスは、風俗としてはかなり良質なサービスになるので、あまり信用しすぎるのも考え物です。しかしながら、日本人からも評判の良いソープランドばかりな雄琴ですから、ソープ慣れしていない外国人からすれば、海外では味わえないと感動するのも頷ける話です。

◆ お店がOKでもキャストがOKとは限らない

外国人向けの風俗サイトでは、外国人でも利用出来る雄琴のソープランドが紹介されています。だからといってそこに掲載されている店の全てのキャストが外国人接客OKというわけではありません。
中には「絶対に外国人の接客はイヤだ」というキャストもいますので、外国人の接客をするキャストを避けたいという方は、その辺りを調べていくべきです。

昨今では雄琴のソープランドも利用者が減少しつつあると言われていて、経営のためにより積極的に外国人観光客を誘致する店が増えるかもしれません。是非はありますが、そんな未来も想像しておく必要があるのではないでしょうか。

福原と並ぶ成熟したソープ街になった雄琴

雄琴というと、年代層によって大きくイメージが変わる地域です。自由に旅行が出来る20代~60代くらいまでを対象にすると、20代30代は温泉街として、40代50代は温泉とソープが楽しめる歓楽街として、60代以降も概ね歓楽街的なイメージまたは鄙びた温泉というのがあるかもしれません。

雄琴の温泉地自体は天台宗の開祖である最澄が開いたとも言われる由緒ある温泉で、昔から温泉があることは知られていました。現在のような温泉街の形を取り始めたのは明治時代から、そして歓楽街のきっかけとなるソープランドが初めて出来たのが昭和も後半の昭和46年です。
そこから10数年間はソープランドが勢いを伸ばし続け、温泉街から客を遠ざける原因になったりもして、平成に入ってから温泉街はソープ街との関係が無いことを強調して様々なイメージアップ作戦を決行、現在では温泉街としての評判を取り戻し、ソープ街と温泉街はそれぞれで独立する形になっています。

雄琴のソープ街の最盛期といえば昭和50年代~平成初頭あたりで、この時期には現在よりもさらに多くのソープランドが営業を行っていました。現在の雄琴で営業を行うソープランドの数はおよそ40軒で、当時はおよそ60軒というのですから、今よりももっと活気があったのは間違いありません。
現在でも雄琴のソープランドが持つ評判というのは概ねこの時代に確立されたものであり、特に「女性の質が良い」なんていうのは、当時からソープランドの本場として全国的に有名であった吉原や堀之内などから優れたテクニックを持つ女性をスカウトしていたということが理由です。

現在の雄琴ソープ街ですが、そういった活気のある時代とは程遠いある程度成熟したソープ街へと変貌しました。かつての活気はなくとも、その分濃密なサービスが受けられるとか安全に遊ぶことが出来るといった方向へシフトしたのです。例を挙げれば、全店にスキン着用でのサービスを推奨しているというもので、通常は高級店であればノースキンでのサービスが売りの一種ですが、雄琴では高級店でも基本的にスキン着用となっています。
また、雄琴も新規出店の規制に掛かるようになってしまったので、昔のような経営方針ではなく、良質なサービスを長く続けるという経営方針を採る店も多く、一般的な悪いイメージの店というのはほとんどありません。一度のサービスでしっかりとリピーターを掴むために、サービス重視にしている店が増えているのです。

結果、現存するソープランドの大半は安心して遊べる店ばかりであり、落ち着いてサービスを楽しめる場所となりました。温泉とソープ、どちらもゆったりと楽しめるというのは、現在の雄琴ならではと言えるのではないでしょうか。

地元民だからこそ利用を避けることもある

面白いもので、人は身近になればなるほどその存在に近づかなくなることが多く、例えば「東京に住んでるけど東京タワーに登ったことがない」という人は結構多いと言われています。観光名所ですらこうなのですから、ことそれが風俗街であればよりその傾向は強くなるようです。

雄琴のソープ街がその顕著な例と言えますが、雄琴ソープ街は繁華街から離れた郊外に形成された大規模ソープ街。ソープ好きの間では当然のこと、地元民ならまず知らない人がいないという場所です。そして、この雄琴ソープ街も「地元民ほど近づかない」という場所の一つなのです。

■地元民だからこその悩み
雄琴のソープ街というのは、いわゆる郊外型のソープランドで周囲には本当に何もありません。特筆すべきような商業施設などもありませんし、住居ですらそんなに多くありません。地元民からすれば、そっちの方へ向かうだけで「あ、ソープランドへ行くつもりだな」なんて思われてしまうわけです。

ソープランドというのは法律的に真っ当な商売ではあるものの、やはり利用していることが周囲にバレるというのは避けたいのが人情というものです。地元民には即バレしかねないという環境が地元民がソープランドを利用する際に、金津園や福原の方へ向かうという選択をさせてしまうことになるのです。

■地元民でもソープデビューは雄琴
そんな雄琴の地元民ですが、ソープデビューをする際に限っては雄琴を利用することが多いようです。特に高校を卒業して大学生になったばかりの若者が、バイトしてお金を貯めて大学の先輩などにソープへ連れていかれるというのが一種の通過儀礼になっているのです。

他にも18歳になって免許を取ってドライブをするにあたって、雄琴ソープは行きやすい場所です。国道ですし交通量も少なめで運転しやすく、初心者のドライブとしてはやりやすい道路ですし、ソープ街のメインストリートを冷やかしに行くだけでも若者には楽しいものですし、そのついでにソープデビューということもあるそうです。

最近では、かつては共存していた温泉街がソープ街と完全に袂を分かち、雄琴という土地のさらなるイメージアップのために排斥運動を行っているという話もあります。そういった運動が起こる中、その運動に参加していない地元民でもちょっと行きづらくなるというのはしょうがないことなのかもしれません。雄琴の地元民には地元民のジレンマというものがあるようですが、そういった雰囲気に負けずに是非とも雄琴のソープランドを利用して頂きたいものです。