月別アーカイブ: 2018年2月

ソープ求人で稼いでいる女性の共通点

ソープランドの求人を利用する女性というのは、基本的に「お金を稼ぎたい」と考えて求人を利用されていると思います。
しかし、同じソープランドの求人を利用した方でも、稼げる女性と稼げない女性が出てきてしまいます。せっかくソープランドで働くのですから、少しでも稼げるようにしたいというのは、誰しも思うことでしょう。
実は、ソープランドの求人で稼げる女性には幾つかの共通点があります。その共通点を守っていけば、稼げる可能性は格段に高くなると考えられるというわけで、どんな共通点があるのでしょうか。

■ 愛嬌がある
「ソープランドで人気となるには容姿が大事」と考える方は多いでしょう。確かに、ソープランドで働く女性は美人揃いと思われるかもしれませんが、実際には決して美人とは言い難い女性でもバリバリ稼いでいる方も多いです。
もちろん美人な女性の方が稼ぎやすいというのは確かなのですが、ただ美人であれば良いというわけでもありません。美人でも稼げない人は多いですし、そういった方に共通して欠けているものが「愛嬌」というものです。

男性というのは意外に単純なもので、最初は容姿でガッカリされたとしても、愛嬌がある女性に接客をされていると、コースの時間が終わる頃には好感を抱きます。プレイのテクニックが多少拙かったとしても、それらを全てカバー出来るのが愛嬌なのです。
男性は好感を持った女性に再び会いたいと思うものですから、それが指名に繋がるというわけです。

■ 源氏名
ソープランドで働く女性は、必ず源氏名を使っています。身バレしたりするのを避けるため偽名を使っているわけですが、この名前というのも実は関係しているようです。
人気嬢となる女性というのは、この源氏名もある程度共通していて、その条件とは次のようなものがあります。
『2文字か3文字である』『平仮名か片仮名である』『「あ」や「み」などで始まる名前である』といったもので、他にも幾つか条件はあります。
最近流行りのキラキラネームとか他の女性と間違えやすい名前は人気が無く、お店の雰囲気などにもよりますが、そうした名前は避けて覚えやすく親しみやすい源氏名を選ぶことも重要です。

■ 真面目さ
仕事に対して真面目であるというのも重要なポイントです。真面目に接客するのは当たり前ですが、当日欠勤や遅刻、無断欠勤などなど、予約を入れてくれたお客さんを裏切るような真似をしている方は、すぐに信用を無くしてしまいます。
インターネットによって昔より圧倒的に情報が広まる速度が速い現代ですから、不真面目な女性はすぐに噂になって稼げなくなるのです。

ソープランドの求人で稼いでいる女性は、おしなべてこういった共通事項があります。これらを守れば必ずというわけではありませんが、参考にする価値はあるでしょう。

彼女や奥さんとうまくいかない男性がソープに行ったほうがいい理由

現在の日本は、「3組に1組が離婚をする」という異常事態です。
それぞれの家庭にそれぞれの離婚の理由はあるでしょうが、できれば長く結婚生活を続けるほうがいいに決まっています。
離婚の原因は一概には言えませんが、「性生活」がうまくいっていればほとんど離婚はしないはずです。
多くの夫婦が性生活に満足できず、セックスレスになり、そして離婚の道を歩みます。
一見突飛に感じられるかもしれませんが、夫婦関係を円滑に持続させるには「ソープランドの利用」が効果的です。
以下にその理由などを解説いたします。

●夫婦の危機”セックスレス”のほとんどは男性側に原因がある?
どんな甲斐性なしでも浮気性でも、はたまた性格に難のある夫であっても、毎日セックスをする夫婦に離婚はありえません。
セックスレス夫婦が増えて、それが夫婦仲を悪くする「潜在的な原因」だという精神科医の説もあるほどなのです。
そして、セックスレスの大きな原因は「男性側」にあるといいます。
実際に、セックスレスの増加と女性側の浮気は比例し、それによって夫婦仲に修復のできない溝が作られるのです。
ではなぜ男性は妻とセックスをしたがらないのでしょうか?
これにはいろんな説があり、1つには「ストレス説」が有力です。
本来男性は、1度目標を達成(セックスをした・子供と作った)女性にあまり性的興奮を覚えなくなります。
これは動物としての本能的なものなので、ある意味仕方のないことなのです。
しかし、現在の日本の常識は「一夫一妻」をかたくなに守らなければ、人格すら疑われる状態です。
次第に”夫”である男性は、妻だけではなく、セックスそのものに興味を失せてしまうのでしょう。

●生殖能力は常にしていないと退化する?
よく、何週間も何ヶ月も射精をせず、久しぶりに女性とセックスをすると「溜まっていたからいつもより気持ちが良かった!」といいます。
実際に精液は数日間分は精巣で蓄積され、それは毎日射精するよりも、溜め込んでから一気に吐き出すほうが快感も大きく感じるものです。
しかし、それにも限度というものがあります。
蓄積された精液は、余剰分を尿から排出し、常に新しいものと入れ替えて循環させる機能が男性にはありますが、長期間射精をしないことで、その能力は徐々に低下していくのです。
これは身体の他の部分と同じです。
ですから、セックスをしない期間が長いからといって、爆発的に妻を抱きたくなる衝動にはかられません。
逆にセックスをしない期間が長ければ長いほど、性欲も衰えてしまうのです。
「絶倫」の男性は、常にセックスをするから絶倫でいられるというわけですね。

●ソープランドで精神的にも肉体的にもリフレッシュできる
このように、夫婦仲を悪くする原因であるセックスレスは、性行為の相手を一人と限定して妻に欲情しにくくなることにあります。
そして、そのまま期間を空けてしまうことで”負の連鎖”に陥るのです。
この状態から抜け出すためには、「妻以外の女性を抱くこと」が効果的です。
しかし、知人女性との浮気や出会い系サイトでは、どうしても精神的なつながりでもできてしまい、それはそれで夫婦関係に危機を及ぼします。
そこで役に立つのが「ソープランド」です。
ソープランドは後腐れなく、肉体的な快楽だけをシンプルに味わえる最高のシステムです。
できれば、一人のソープ嬢を本指名して入れ込まず、フリーで多くのソープ嬢を楽しんだほうがいいでしょう。
多くの女性を相手にすることで、一度飽きてしまった妻の肉体にも興味が起きるようになるのです。
アラブ諸国などの一夫多妻制の男性に絶倫が多いのも、常に相手を変えてセックスできる環境が理由です。
日本の社会においてあけっぴろげにそういった行為はできませんが、ソープランドをうまく利用して、”バーチャルな一夫多妻制”を作り上げることでセックスレスは解消できるのです。

●おわりに
既婚男性がソープランドに通うことは、決して家庭と妻を軽視するものではありません。
長いスパンで考えた場合、セックスレスになって蝕まれるように夫婦仲が壊れていくことを防ぐための特効薬こそがソープランドの存在意義なのです。

「クレーマー卒業」ソープ嬢に腹をたてないための考え方

ソープランドという娯楽は、一種独特の「慣習」と「価値観」が存在します。
一般の商業・娯楽施設を利用する場合とは、お客側の方にもある程度の認識が必要とされるのです。
”価値観の相違”がある場合、それは「クレーマー」という形になって現れてしまいます。
ソープランド業界においても、一定数クレーマーと呼ばれる男性がいるのは事実です。
ただし、ソープランドというところは、ビジネス的にはかなり洗練され、サービスは高度に行き届いています。
それなのにクレーマーが出てしまう理由はやはり、「ソープランドの常識を理解していないこと」のようです・・・。

●ソープ嬢は「普通の女性」ではない
一般恋愛において、日本人ならばたいてい男性の方がイニシアチブ(主導権)をとることがふつうです。
しかし、ソープランドにおいては大方この逆になります。
それは、そのサービスのコンセプトが「お客に奉仕する」と決められているからです。
少し違った言い方をすると「痴女プレイ」がソープサービスの本質となります。
ソープ嬢が未経験で入店すると、一連の「ソープランドプレイ」を技能講習によって修得し、それを時間内に割り振ってお客にサービスするように教育されるのです。
これは、そのソープ嬢の本来持っているセックスのスタイルとはまた違った「仕事上のプレイスタイル」であり、ソープランドではある程度のサービスを時間内に”こなす”必要があります。
イニシアチブに強くこだわる征服欲の強い男性客ならば「思ったようなプレイができない」というクレームを持つこともあるようです。
—–ソープ嬢は、セックスにおいて「普通の女性ではない」ということを認識しておかなければなりません。
ただし、これは初回に当たった場合のことであり、ソープ嬢は本指名をしてくれるお客に対してできるだけ好きなプレイをしてもらうよう務めるものです。
フリー客にクレーマーが多いのも、こういったソープランドの慣習のあることを知らないことが原因なのです。

●ソープ嬢は「スロースターター」
ソープランドには、本指名の数を基準に「人気嬢」「指名ランカー」などというランキングをつけるものです。
かんたんいいうと「売れっ子ソープ嬢」というわけですね。
人気嬢はたいてい売れ切れ状態で、予約を入れることが困難です。
そして、何度も電話を入れ続け、やっと予約が取れて来店、そして実際にサービスを受けてみると「アレ?大した事ない」となることも多いのです。
これは、お客の期待に対して人気嬢の実力が低いのではありません。
他の業種(特に飲食店)ではこういったことが度々ありますが、ソープランドにおいて「人気嬢」の冠に嘘偽りがないことは断言できます。
では、なぜそういったことが起きるのでしょうか?
それは、ソープ嬢が実力を発揮できるまでに時間がかかる「スロースターター」だからです。
「セックスの良さの定義」を考えてみましょう。
奇をてらったものや、超ハードなプレイ、珍しい体位などは、数回経験すれば飽きてしまいます。
それよりも、こちらの性感帯や精神的な好み、雰囲気作りが良く、トータルの相性が良ければ、きっとその女性にどっぷりとハマり抜け出せなくなります。
人気ソープ嬢は、完全にこの後者の方の部類なのです。
サプライズ的なサービススタイルで人気を博すソープ嬢もいますが、それは一過性で終わり、持続的な人気を維持できません。
最初は物足りなくても徐々にこちらのツボを記憶していき、それに加えて想像もしなかったような快感を与えてくれるのが、人気ソープ嬢の本質なのです。
このあたりを理解していないと、せっかくの人気嬢との出会いを無駄にし、挙げ句の果てにクレームをフロントに訴えてしまうという、もったいない結果を招いてしまうのです。

●おわりに
ソープランドには実に長い歴史があります。
その中で培われたサービス体系の良さを知るには、お客側にも知識や心構えなどが要求されるものだということを知らなくてはなりません。
楽しいはずのソープランドを、腹を立てて損をした気分にならないように、ソープの性質を少し知っておくことも大切なのです。

【要注意】ソープ嬢にしてはいけない『4つの質問』とは?

ソープランドで料金を支払うことで可能になる行為のほとんどは、一般生活の中で相手構わずしてしまうと犯罪行為になってしまいます・・・。
要は、ソープ嬢は「女性が守り続ける部分」を売るビジネスだということです。
普段包み隠しているところをさらけ出し、そして相手(男性)を厳選して許す行為を、恋愛感情もない男性に対して承諾することに、ソープ嬢としての対価が生まれるのです。
もし仮に、日本人女性のすべてがフリーセックス化し、挨拶代わりにセックスができるような状態になれば、そのとき日本の風俗は存続できなくなるでしょう。
しかし、そんなソープ嬢がなんでもかんでもOKなわけでもありません。
ソープ嬢という職業を続ける女性には、一般女性にはない「心の状態」があり、そこに土足で踏み入れるような行為をしてしまうことは避けなければならないのです。
一般女性に対してならば問題のない質問であっても、それがソープ嬢である場合には「負の琴線」に触れてしまうこともあります。
ここでは、ソープ嬢にしてはいけない「4つの質問」を解説いたします。

1)「なぜソープ嬢になったの?」
これはソープランドに通う男性客が最も気になることである反面、もっともしてはいけない質問です。
この質問に対して、あっさりと答えてくれるソープ嬢も少なくありませんが、多くは不快な気持ちになってしまうのです。
ソープ嬢の多くは、金銭が絡んだ暗い過去をもっています。
そして、一念発起して心を入れ替えてソープデビューをします。
いわば、ソープ嬢である間は「人生のリカバリー中」であり、過去を忘れてやり直そうとしている最中ですから、それを興味本位で聞いてしまうのは野暮というものです。

2)「彼氏はいるの?」
最近では「彼氏はいるの?」という質問を職場ですると”セクハラ”とされることがあります。
男女ともに、目の前にいる異性にパートナーがいるかどうかということは気になるものですが、それもソープランドでは禁句の一つかもしれません。
ただし、一般女性が嫌悪する理由と、ソープ嬢にこの質問をしてはいけない理由は少し違います。
ソープ嬢に対しての「彼氏はいるの?」の質問は、テレビに出ている女性タレントやアイドルなどにするのと状況が似ています。
ソープ嬢も芸能人と同じような”人気商売”の要素があり、「異性としての可能性」にふくみを持たせておきたいものなのです。
現実的にはどうであっても、この質問に正直に答えるソープ嬢はまずいないでしょう。

3)「親はこの仕事をしていることを知っているの?」
この質問がもっともソープ嬢を傷つける可能性があります。
ソープ嬢はたいてい「仕方なく」するものであり、仕事に対してプライドは持っていても、どこかに引け目を感じるのは当然です。
どんな人でも自分の家族や親は、大切なものであり、当然多くのソープ嬢はこの質問を「侮辱」と受け止めるでしょう。
「マザーファッカー」「お前の母ちゃんでべそ」と、親に関係した侮蔑の言葉が多いように、個人を攻撃するときの最悪の部類になるということを自覚しましょう。
また、最近ではシングルマザーのソープ嬢も多いですので、「子供いるの?」なんて質問もしないほうが無難ですね。

4)「技能講習ってあるの?」
ソープランド自体が一般人から見ると秘めた部分の多い商売ですから、その内側を知りたくなる気もちはわかります。
もっとも一般男性が気になるのが「技能講習」のことのようです。
ある意味、この技能講習こそが、ソープランドの裏側の象徴のようなもので、なぜか多くの男性がその内容を知りたがります。
しかし、商売をされている男性なら理解できるでしょうが、商売の裏側を詮索されるのは気分の良いものではありません。
たとえば飲食店で、素材の産地くらいを質問するのは構いませんが、根掘り葉掘り仕入れのことを聞いてきたり、原価率や人件費など、どうでもよいことを聞いてくる客は敬遠されるものです。

●まとめ
ご紹介した「ソープ嬢にしてはいけない4つの質問」は、どれも男性ならば興味のあることです。
しかし、これらの質問を口にするとき、サービスの良いコンパニオンを”地雷嬢”に豹変させてしまう危険性があることを認知しなければなりません。
ソープランドは秘めたる男の楽園ですから、好奇心はつきませんが、グッと堪えるほうがメリットが多いのです。

注文の多い男性でも大丈夫!ソープ嬢選びマニュアル!

男性は、こと女性の好みなると妥協をすることができません。
一般的に美人と言われる人であっても、自分の好みとして見るとき「どこか違うんだよな・・・」となることも多いはずです。
ソープランドでのコンパニオン選びにおいては、料金を支払いますから、さらに注文が多くなります。
ソープランドでの遊びの、成功・失敗の多くは、コンパニオン選びにかかっているので、死活問題となるのです。
ここでは、コンパニオンの外見に対して、注文の多い男性のためのソープ嬢選びマニュアルをご紹介します。

●ネット写真から「素材」を読み解く方法
最近では多くのソープランドがネット上にホームページを配信していて、無料でコンパニオンの写真が閲覧できるようになっています。
プライベート保護の理由で顔出しがNGの子もいますが、この場合には実際に店に行ってみるしかありません。
しかし、多くのソープ店では顔出しOKな写真を配信しているので、多くの男性客はこれを選択の基準とします。
しかし、「写真は写真」であり、あくまでバーチャルなものであることを忘れてはいけません。
写真は”演出”できるものであり、写真を見た人の多くはその「演出」を見てしまうのです。
肝心なのは演出の部分ではなく「素材」です。
衣装や部屋の雰囲気、ポーズ、そして照明などを「差っ引いて」判断する癖をつけましょう。
写真を鵜呑みにし、予約を入れていざ対面したときに「思っていた子と違う」ということがよくありますが、これも”演出”に負けてしまった結果なのです。
これには想像力が必要ですが、意識していくうちに上達できていくはずです。

●画像加工ソフトを見抜くには慣れが必要
IT技術が進化し、最近では一般層の中にも「画像加工ソフト」を使いこなす人が増えています。
達人級に使いこなせる人ならば、まったくの別人にしてしまうこともできるので、これには最大の注意を払わなければなりません。
しかし、実際に画像ソフトを使われると、なかなか素人の目で見抜くことは難しいものです。
それには「慣れ」が必要なのです。
フォトショップなどの画像加工ソフトを使用した写真には、特有の「癖」があります。
グーグルの検索エンジンで、「フォトショップ 加工 女性」や「フォトショップ 女性 ビフォーアフター」などと打ち込んで検索をかけてみましょう。
加工前と加工後の女性の写真がたくさんヒットします。
注意して見るところは・・・
◎独特の目の質感
◎頬・額の光沢
◎肌の質感
です。
フォトショップで加工するメインは、たいてい「目」であり、そして加工後の目には独特の質感があるものです。
現実離れしているというか、立体感がないというか、とにかく”リアルさ”がなくなるのです。
そして画像加工ではなくても、女性の顔の中心に強い光を当てると、美しく映るものです。
写真撮影のときの「レフ板」はそのための道具です。
顔の中心部がやたらと明るい写真には要注意です。
肌の質感を滑らかにする加工もよく行われますから、あまりに透き通った肌には注意しましょう。

●動画や自撮り写真もチェックする
ソープランド業界は競争が激化しているので、ソープ店も他店と差をつけるために、ホームページの情報量が以前よりも格段に増えています。
中には「動画」や「コンパニオンブログ」などのページを作り、より多くの情報をユーザーを獲得する努力をするソープ店もあります。
動画は、前述した「画像加工」はできませんから、見つければラッキーです。
そして、コンパニオンブログに載せられている写真は、ソープ嬢自らが撮影した「自撮り」が基本になるので、これも画像修正の可能性は低いといえるでしょう。

●おわりに
ここまでの解説を読むと、「ソープ店とお客の騙し合い」のように感じるかもしれませんが、実はそうではありません。
ソープ嬢の外見レベルは、ここ数年飛躍的に良くなり、15年前とは比べ物にならないほどの美人が多く在籍しています。
しかし、冒頭でも書いたように「男性の好みはシビア」ですから、自分にピッタリと合うソープ嬢を見つけるためには、多少のマニュアルが必要になるということなのです。