月別アーカイブ: 2017年7月

ソープ業界における語学の重要性

近年の日本は学歴社会が進み、大卒であることが当たり前になりました。どの職業でも基本が大卒の方が普通で、ソープ嬢にも大卒の方というのも少なくありません。
ソープ嬢であっても学が必要になりつつあるというもので、昔は高級ソープ嬢にはそれなりに豊富な知識や教養が求められていましたが、それが下の方まで浸透してきているのです。
特に、近年求められているのが、語学力。日本語だけ話せれば良かった時代は終わり、ソープ嬢・男性スタッフともに英語を喋れる方の需要は急激に高まっています。

近年のソープランドでは、外国人観光客をターゲットにしたお店も増えてきています。そういったお店は男性スタッフに英語が喋れる方を採用したり、ソープ嬢でも英語が喋れる方を優先的に採用したりしています。
2020年の東京オリンピックが近づいてきていますが、開催地となる東京にある吉原ソープ街における英語の需要は他の地域の比ではなく、英語が出来るということだけでも多少の容姿や年齢の差など簡単に覆せるような状況です。

そもそもソープランドで外国人の利用を断っていた最大の理由は、『接客時のトラブル回避のため』というものです。言葉が違うのでコミュニケーションが取れず、ちゃんと遊ぶ際のルールを伝えられないことが問題だったのですが、最低限英語が出来るスタッフが居れば今まで断っていた層を取り込むことが出来ます。

吉原で正式に外国人観光客を受け入れているソープランドは、現在では両手で足りる程度。しかし、正式には表明していないながらも外国人の利用を黙認している店というのもいくつもあるので、実際には結構な数のお店が外国人利用が可能となっています。
今後、この傾向はさらに強くなり、吉原以外でも同じ関東圏のソープ街である千葉県栄町、神奈川県堀之内、埼玉県西川口といったソープランドでも、英語が話せるソープ嬢の需要は高まると考えられます。

また、東京オリンピックとは直接的な関係の無い福原や雄琴、中州、北海道などの外国人観光客が多い観光地にあるソープ街でも同様のことが言えるでしょう。ソープランドで働くからといって日本人男性客だけを想定しているだけではやっていけない時代となっているのです。

これからソープランドで働きたいという方は、美容などに気を配るのと同時に、語学についてもしっかり学んでおくと良いでしょう。
昔に比べて英語教育が進んだ日本ではありますが、それでも外国人とコミュニケーションがとれるぐらい喋れるという人は少ないですから、喋れるだけでも十分な強みになるのです。

レア出勤と鬼出勤のメリットとデメリット

ソープランドで働く女性の中には、兼業として働いている方も数多くいます。普段は別の一般の仕事をしているが、夜や休みの日などたまに出勤しては一稼ぎしていくというタイプで、出勤自由な風俗だからこそ可能な働き方です。
こういう働き方を「レア出勤」と言いますが、それと対照的なのが連日オープンラストというような形で働き続ける「鬼出勤」と呼ばれる働き方。ソープランドでしっかりと稼ぐためには、どちらの働き方が良いのでしょうか。

■ レア出勤のメリットとデメリット
レア出勤の最大のメリットは「特別感・高級感を煽れる」ということです。誰でも一度は経験があるでしょうが、数量限定とか初回限定といったものに心を動かされることは少なくありません。それと同じ効果を狙うことが出来ます。
それはつまり、お店のアピールの仕方もありますが、指名の入り方が大きく変わってくるということです。指名料というボーナスが狙いやすいというわけです。
また、出勤日数に間が空くため疲労が溜まることがなく、いつでも最高の接客が可能という部分もメリットの一つです。レア出勤の方は明るい接客をする方も多く、それが人気の要因となっているのです。

次にデメリットですが、「前からのリピーターを失う可能性がある」ということです。レア出勤は、接客出来る数に限りがありますから、場合によっては以前からリピーターしてくれた方がいつまでも来られないということも出てきます。
そうなればいつまで遊べない男性は、他に贔屓の女性を作ってしまうことも十分考えられます。そのまま忘れられてしまうこともあるでしょうし、その辺りの対策が必要です。

■ 鬼出勤のメリットとデメリット
対して鬼出勤ですが、こちらは何と言っても「接客機会に恵まれる」というものです。常にお店にいるわけですから、予約が無ければ急に来るフリー客にも対応することが出来ます。
接客することで初めて給料が出るソープランド業界ですから、多少単価は安くなりますがその分だけ稼げる機会が多いというわけです。ちゃんとした接客が出来れば、そこからリピーターを獲得出来るかもしれません。

デメリットとしては、「体力的にかなりキツイ」ということです。ソープランドの仕事はかなりハードです。肉体的にも精神的にも疲れるものですから、無理が祟れば体を壊しかねません。
また、いつでも出勤しているので「予約しなくても遊べる」と思われてしまい、指名が減少することもあります。

出勤の仕方一つでも稼ぎに影響してくるのがソープランドのお仕事というもの。どちらにも稼いでいる人がいるので、どちらが良いと一概には言えないものですが、自分に合った働き方を選ぶようにしましょう。

ソープ街のソープランドは稼ぎやすい

昔からソープランドでの仕事というのは、手っ取り早く稼ぐためには最適であると言われてきました。風俗の仕事の中でも単価が高く、1回の接客でもそれなりに稼げるのは確かで、他の仕事に比べて稼ぎやすい印象があります。
しかし、同じソープランドでも、店や地域によって稼ぎやすい・稼ぎにくいの違いは当然出てきます。ソープランドで稼ぎたいというのであれば、こうした店舗差や地域差というのは考慮しないわけにはいかないでしょう。

では、一体どこのソープランドが稼げるのかでしょうか。まず、稼げる店を探すうえで覚えておきたいのは、『ソープ街にあるソープランドは稼ぎやすい』ということです。
現在、ソープランドというのは徐々にその数を減らしつつある業種で、現存するお店はほとんどがソープ街にあります。そのため、ソープランドを利用する男性は、ほぼソープ街まで足を運んでじっくりと店選びをします。
ソープ街に拠らない駅前ソープなんていうのも多少残ってはいるのですが、利用客の数は推して知るべしといった所です。

そういった事を考えれば、東京であれば吉原や堀之内といったネームバリューのある有名ソープ街は、そもそもの集客力があるのでお茶を挽く可能性は低いです。
関西であれば、福原や雄琴、九州は中州とか熊本などが人気となっていますし、そういった場所に出稼ぎに行くというのも稼ぐ手段の一つです。

また、そうした地域の中でさらに集客力があるお店を選ぶことも重要です。同じ地域でも人気店とそうでない店では、客の入りは天と地ほどの差があります。
接客しないと給料が発生しないソープランドの仕事では、これは収入に直結する重要事項。妥協しないように選びましょう。

しかし、人気店かどうかというのは、求人情報を見るだけではわかりません。ネットで口コミや体験談を探してみたり、掲示板などを覗いてみるのも良いでしょう。
人気店というのは良くも悪くも話題になることは多いですし、人気だけでなく客層なんかも推測することが出来ますから、一石二鳥です。
体験入店というシステムがあるところなら、それを利用するのも手です。体験入店は店側も稼げる店アピールをするために、優先的にお客を回してくれます。しかし、それでも暇があるようならば、根本的に流行ってない店と言えるでしょう。

最終的にはどこのお店を選んでも自身の仕事への取り組み方で収入に差が出るのは同じですが、その途中経過が楽なものになるかどうかは店選びによります。
ソープランドで稼ぎたいのであれば、手間を惜しまず情報を集めて、稼ぎやすい店で働きましょう。昔からソープランドでの仕事というのは、手っ取り早く稼ぐためには最適であると言われてきました。風俗の仕事の中でも単価が高く、1回の接客でもそれなりに稼げるのは確かで、他の仕事に比べて稼ぎやすい印象があります。
しかし、同じソープランドでも、店や地域によって稼ぎやすい・稼ぎにくいの違いは当然出てきます。ソープランドで稼ぎたいというのであれば、こうした店舗差や地域差というのは考慮しないわけにはいかないでしょう。

では、一体どこのソープランドが稼げるのかでしょうか。まず、稼げる店を探すうえで覚えておきたいのは、『ソープ街にあるソープランドは稼ぎやすい』ということです。
現在、ソープランドというのは徐々にその数を減らしつつある業種で、現存するお店はほとんどがソープ街にあります。そのため、ソープランドを利用する男性は、ほぼソープ街まで足を運んでじっくりと店選びをします。
ソープ街に拠らない駅前ソープなんていうのも多少残ってはいるのですが、利用客の数は推して知るべしといった所です。

そういった事を考えれば、東京であれば吉原や堀之内といったネームバリューのある有名ソープ街は、そもそもの集客力があるのでお茶を挽く可能性は低いです。
関西であれば、福原や雄琴、九州は中州とか熊本などが人気となっていますし、そういった場所に出稼ぎに行くというのも稼ぐ手段の一つです。

また、そうした地域の中でさらに集客力があるお店を選ぶことも重要です。同じ地域でも人気店とそうでない店では、客の入りは天と地ほどの差があります。
接客しないと給料が発生しないソープランドの仕事では、これは収入に直結する重要事項。妥協しないように選びましょう。

しかし、人気店かどうかというのは、求人情報を見るだけではわかりません。ネットで口コミや体験談を探してみたり、掲示板などを覗いてみるのも良いでしょう。
人気店というのは良くも悪くも話題になることは多いですし、人気だけでなく客層なんかも推測することが出来ますから、一石二鳥です。
体験入店というシステムがあるところなら、それを利用するのも手です。体験入店は店側も稼げる店アピールをするために、優先的にお客を回してくれます。しかし、それでも暇があるようならば、根本的に流行ってない店と言えるでしょう。

最終的にはどこのお店を選んでも自身の仕事への取り組み方で収入に差が出るのは同じですが、その途中経過が楽なものになるかどうかは店選びによります。
ソープランドで稼ぎたいのであれば、手間を惜しまず情報を集めて、稼ぎやすい店で働きましょう。

福原のソープ嬢を落としたい男性の基礎知識

福原ソープ街のソープ嬢はみな魅力的で、数回遊んだ男性ならばお気に入りの一人や二人確実できてしまうでしょう。
そして多くの男性が「こんな女の子を彼女にすることができたなら・・・」という良からぬ願望を抱くはずです。
しかし、毎日多くの男性に性的サービスを提供する福原のソープ嬢は、いわば「男とセックスのプロ」です。
生半可なナンパテクで落ちるようなものではありません。
ソープ嬢に適した”落とし方”を知っておく必要があるのです。

●「上から目線口調」は厳禁!
多少モテる男性に多い傾向ですが、女性に対して「上から目線口調」で喋ることが多いハズです。
たしかに、「美人は周囲にチヤホヤされてきたから、突然エラそうな口調で喋られるとドギマギしてしまう」というのは、一般女性にならば通用する方法かもしれません。
しかし、ソープ嬢のこの方法を使うのは厳禁です。
ソープ嬢は、職業上の性質から一般人から見下されているのではないか?という懐疑心や劣等感を持つ子が少なくありません。
またその反動で自立心が非常に強くなり、社会的な常識をわきまえた男性を好むでのす。

●プライベートの質問の出し方にはセンスが必要!
好きな女性のプライベートを聞きたがるのは男性の性質です。
また、女性が話すプライベートの情報量こそが、恋愛の進捗具合のバロメーターだといえるでしょう。
しかし、相手がソープ嬢の場合には、かなりの”センス”が必要となります。
基本的にソープ嬢に対し、込み入った質問は厳禁ですが、だからといって何も聞かないのも話が先に進みません。
相手の様子を見ながら、最初の本指名4~5回くらいまでは、こちらのプライベートをどんどんと話して誘導するのが良いでしょう。
こちらからダイレクトに質問してしまうと誤解を招く原因となります。

●プレゼント攻勢よりも本指名で信頼を勝ち取る!
お気に入りの女性にはプレゼントを贈りたくなるのが男性の性質です。
喜んでくれる女性の顔を見るだけで幸せになる気持ちは痛いほどわかります。
しかし、相手は「ソープ嬢」です。
しかも福原のソープ嬢はみんな”高額所得者”であることを忘れてはいけません。
欲しいと思ったものはすでに手に入れているのです。
ソープ客として、ソープ嬢に遅れる最上級の贈り物は「本指名をすること」だと知っておきましょう。
収入にダイレクトに影響しますし、店側に対してもいい顔ができる、という彼女たちにとってこの上ない贈り物が「本指名」なのです。
このように、福原のソープ嬢を落とすには時間と工夫が必要です。
また、最初に手応えがなくても諦めずに通い続けることです。
女性にはバイオリズムがあり、イケイケなときもあれば、落ち込んで誰かにかまってもらいたくなるときもあるようです。
そのチャンスを逃さないためにも、間をあけずに通い続けることが突破口となるのです。

ソープランドで出される主な手当

ソープランドの仕事は、風俗の中でも稼げると評判の仕事で、一にも二にも稼ぎたいという方は、風俗の仕事の中でもソープランドを選ぶことが多いと言われています。
ソープランドは、確かに1回の接客で得られる報酬というのも多いのですが、その他色々な手当がついて金額が増えたり、逆に様々な名目で引かれていくこともあります。どれも1回で数千円単位で加減されていくので、ちゃんと考え無いと予想と大きく差異が出ることも。
では、ソープランドで計上される手当や経費などにはどんなものがあるのでしょうか。今回は、プラスになる手当について説明してみましょう。

【 指名料 】
ソープランドの手当の代表たるものがこれです。ネットで指名を受けると、指名料が発生するわけですが、それが女性の報酬に加算されます。指名料は1,000円~3,000円が相場、店やキャストによっては5,000円くらいまであるでしょうか。
1本の額は小さくとも塵も積もればといったもので、指名が頻繁に来るキャストとそうでないキャストでは、同じ本数でも最終的に万単位で金額が変わることもあります。

【 マスコミ手当 】
風俗情報サイトや雑誌などに、ソープ嬢のインタビューなどが載っていることがありますが、こうしたものに顔を出すことで発生する手当です。
顔バレ・身バレの可能性が高くなりますし、店側としても宣伝になって集客に繋げたいということもあるので、誰でも得られる手当というわけではありません。
リスクはあるものの、指名が増えるので指名料で稼ぎやすくなるというメリットがあります。
手当の額としては、お店によりますが数千円程度で景気の良い高級店でも10,000円程度。これ自体の報酬は決して高くないので即効性の手当ではありません。

【 早朝手当 】
早朝ソープをやっているお店などにある手当で、午前6時とか7時開店の店などはオープンから出勤すると貰える手当です。
最近では費用対効果を考えて早朝ソープをやらない店も増えているので、あまり見かけない手当になりつつあります。

【 皆勤手当 】
お店によって出勤日を決める方法は違いますが、お店側が規定した日数以上出勤した場合などに出る手当です。
どちらかといえば出稼ぎで働く女性などに縁がある手当かもしれません。

一般的な手当というとこれぐらいでしょうか。お店によっては独自のシステムで手当を出している所もありますから、入店の際にしっかり確認しておきましょう。
手当の有無で収入に大きな差が出ますから、稼ぐつもりならば疎かにしないようにしましょう。