福原ソープで最高の女性を見つける方法

福原のソープ街と言えば全国的にとても有名で、西日本ではトップを争うことが出来る大規模ソープ街となっています。営業している店の数も数十となっていて、遊びに行くにしてもまずどの店で遊ぶかという、選択をする楽しみというのもあって、とても面白いソープ街となっています。

さて、お店選びの基準というものですが、これは人によって大きくポイントが異なると思われます。「一にも二にも値段」という方もいれば「しっかりとスタッフにも教育が行き届いている店」という人もいますし、「コンパニオン第一主義」という人もいることでしょう。特に最後のコンパニオンについては、ソープ遊びの肝とも言える部分ですから、重視する方も多いのではないでしょうか。良いコンパニオン女性に巡り会えれば、その時はもちろん次回の遊びも楽しみになるというものです。

どのお店にどんな女性がいるのかというのは、お店のウェブサイトにアクセスして在籍女性を調べるというのが一番確実な方法なのですが、福原ソープ街にあるお店の数を考えれば全てのお店の在籍女性を確認していくのはとても面倒です。しかしながら、最近ではこうした福原ソープ街に在籍している女性をランキングしている情報サイトなどもありますから、そこを参考にすると非常に捗ることでしょう。

情報サイトごとにランキング集計基準は違いますが、大抵の場合はアクセスランキングとなっていることが多く、そういった基準でランク入りする女性というのは、兎にも角にも人目を引く何かがあるということです。このランキングだけでその女性が良嬢か地雷嬢なのかというのは判別しかねますが、それでも参考程度にはなります。

また、アクセスランキングだけではなく、バストサイズの大きいランキングや身長の高低ランキングなどなど、実に様々な基準でランキングしていますから、ただウェブサイトの在籍女性をチェックしていくよりもピンポイントで好みの女性を見つけることが出来るでしょう。

こうした女性の探し方は、デジタルのインターネットならではの探し方ではないでしょうか。ただし、こうやって何らかの形でランキングに入ったりしている女性といのは、どのお店でも人気が高く予約を入れるのは非常に難しくなっています。お店によっては一度利用していないと会員になれず、予約が前日からとか当日のみということも珍しくないので、その場合は一度適当にフリーで遊んでおくなどの対策が必要です。

福原ソープ街には様々な女性がいますから、是非こうしたランキングサイトを見比べて自分の贔屓を見つけてみてはいかがでしょうか。

新年最初のソープは福原の高級ソープで

新年を迎え、心機一転新しい気分で2017年を過ごしていこうと考える方も多いと思います。ソープ遊びをしている方などは、新年一発目のソープランドにどこのお店に行くかなんて悩む方も多いのではないでしょうか。福原のソープ街には数多くのソープランドがあり、姫始めに最適なお店というのもまた多くあるものです。

新年最初のソープ遊びというと、やはりそこは妥協せずに後悔しないソープランドを選びたいもの。そうなると高級ソープランドという選択肢が出てくるのは当然と言えます。福原にある高級ソープランドはお店の数も多いですしそのサービスも当然最高級。さらに、年明け早々というのは、キャストの女性だけではなく男性スタッフ、店側全員もしっかり気合いが入っていることが多いので、より楽しむことが出来るでしょう。

福原の高級ソープというと、有名所では『銀馬車』や『アマテラス』、『アジト』、『アロー』などがありますが、これらのお店であれば年始の書き入れ時であっても十分対応出来る人員を揃えていますので、遊べないということもまずありません。最高級の女性、最高級のプレイ、最高級のスタッフ、最高級のサービスを堪能することが出来るでしょう。その分お値段も最高級ではありますが、一度そのサービスを味わってしまえば決して後悔することの無い価格と言えます。

しかし、やはりなかなか上記のような最高級のお店に行くことが出来ないという方も多いでしょうから、少しばかり妥協して高級店でもややお安めとなっているお店で遊ぶという手もあります。そうなると候補に挙がるのが『銀馬車クイーンズ』や『モンテ』、『キング&クイーン』の3店。これらはどれも基本コースが110分前後で50,000円台となっていますから、福原高級ソープ四天王とも言うべき上記の4店よりかは遊びやすいと言えるでしょう。

これらの店は、価格が安いとはいえ高級店ですから、そのサービスについてもキャストのレベルについても低価格帯の店よりも劣るものではありません。年始の姫始めということであれば十分アリというものではないでしょうか。『銀馬車クイーンズ』などは『銀馬車』の姉妹店ですからそのレベルは折り紙付きというもので、特にオススメです。

年明け最初だからこそ、高級ソープではなく贔屓にしているキャストのいるお店に行くというのも良いでしょう。兎にも角にも、新年明けての最初のソープ遊び、決して後悔しないように幸先の良いスタートでやっていきたいものです。

最近の福原ソープでは大衆ソープが良くなっている

福原のソープランドというと、数が多いのは15,000円前後の格安店と呼ばれるジャンルです。高級な遊びと言われるソープランドであってもこの程度の価格で遊べるというのは、利用者側としてはとても嬉しいものではあるのですが、やはりその質というのは上の価格帯に比べると決して良いとは言えません。どんなに良いお店と言われていても、あくまで「格安店としては」というのが常識です。

格安店は、サービスの質もそうですが何よりも設定されている時間が短すぎるというのがネックです。基本コースですと45分程度ですから、脱衣なども含めると実際のプレイ時間は30分そこそこあれば良い方。それではとてもではありませんが、ソープランドの数々のサービスを楽しむには時間が短すぎるというものです。

そこでちょっと奮発してでも利用したいのが、1ランク上の大衆ソープと呼ばれる価格帯です。通常は20,000円から30,000円ぐらいの価格帯を指しますが、福原ソープ街にはもうその1つ上の中級ソープがほぼなくなっていますので、ちょっと奮発するというとこの大衆ソープから選ぶことになります。

大衆ソープは、格安ソープに比べてやや値段が高めではありますが、その分時間も60分以上、長すぎず短すぎずという時間設定ですから、一番満足しやすいかもしれません。そのサービスですが、格安ソープと差別化を図ろうとどちらかというと高級ソープ寄りになっていて、即尺などのサービスを行っている店も少なくありません。それでいて接客態度などは格安ソープよりのフランクな感じが多いので、「高級ソープのかしこまった感じが苦手」という人にはマッチするでしょう。

また、最近では、高級ソープを利用する客数が激減しているため、そこでは稼げなくなったキャストが大衆ソープに移ってきて活躍するということも珍しくないので、以前に比べて福原の大衆ソープのレベルはかなり高くなっています。また、高級ソープ仕込みのテクニックを大衆ソープで味わえるというわけですから、かなりお得と言えるわけです。容姿的にも高級ソープで働けるレベルですから決して悪いというわけではありませんし、年齢的にもガチモノの20代というのも多いです。

福原の大衆ソープはジャンルも幅広く、様々な独自色を打ち出している店が多いので、そう簡単に遊び飽きるということもありません。格安ソープで満足出来ない人、高級ソープには気軽に行けない人、ソープデビューの人から福原ソープを遊び慣れた人まで、万人に向けてオススメ出来るのが、福原大衆ソープなのです。

ジャンルとして確立された熟女ソープというもの

ジャンルの一つとして確固たる地位を築き上げた人妻や熟女といった年増系ジャンルは、業種を問わずその勢力を伸ばし続けています。ソープランドでも専門店はどこの地域にも必ずといっていいほどありますし、昨今のソープ離れがありながらも一定の人気を維持し続けているというジャンルとなっています。

■ 熟女コンパニオンでも稼げる時代に
人妻・熟女系というジャンルが一般的となった現代では、昔に比べて熟女でも稼げる時代になっています。特にソープランドにおいてはその傾向が強くなっていて、ソープ離れが進んで客として訪れる男性はもちろん接客する側である若いコンパニオンもソープランドでの作法を知らない人が増えていて、ちゃんとしたソープ遊びを体験するためには熟女コンパニオンにお願いするしかないということが要因の一つと言えるでしょう。

さらに、数が減りつつあるソープランドであっても熟女ソープの数が目に見えて減っているということはなく、その分だけ需要も増えています。以前から熟女系が強かった雄琴ソープ街などでは、今でも数多くの人妻・熟女店が経営していますしその評判もとても高いですから、熟女コンパニオンの需要も多くなっています。

■ 熟女に+αが望まれるようになっている
昔に比べて稼ぎやすくなっているとはいえ、全ての熟女コンパニオンが稼げるようになったのかというとそうでもありません。数が増えてくるということは競争が激しくなるということ、そして生き残るためには何か+αの魅力が必要になるということです。それが経験に基づくテクニックであったり、相手を癒す魅力であったりというもので、最近では熟女だけれど初々しさを持っている風俗未経験者が人気とかいう風潮もあるようですし、それらをうまく利用しないと生き残ることは出来ないでしょう。

■ 熟女ソープの今後
熟女ソープの今後ですが、熟女ソープという表立ってアピールする店は変わらず、隠れ熟女ソープというような店が増えてくるでしょう。ソープ嬢にも高齢化してきているのは事実ですし、若い女性が大量に入ってくる業界でもないので、プロフィール上では20代でも実際は30代40代も増えてくるというわけです。ソープランドの数自体は減る一方ではありますが、今後も熟女ソープなどは一定の需要を維持し続けていく安定したジャンルであると予想出来ます。

昔と違って今は熟女コンパニオンの全体的なレベルは上がっていますし、高級熟女ソープであればそれは明確な差として実感出来ます。若いコンパニオンで満足出来なかった方などは、熟女ソープに行ってみるのをオススメします。

日本最高額のソープランドは1回で20万円

ソープランドで遊ぶことを趣味とする人達にとって、最高級の贅沢というのは高級ソープで遊ぶことではないでしょうか。美人で品がある最上級の女性からまるで王様になったかのようにもてなされ、最高のサービスを受けることが出来るというのが高級ソープなのですが、弁護士とか医者などのいわゆるVIP層と言われる高額所得者ならまだしも、一般の所得レベルではなかなか遊びに行くことは出来ません。

高級ソープの定義というのは、一般的に「基本コースが50,000円以上」となっています。地域的な相場があるので一概にこれが当て嵌まるというわけではないのですが、ネットが普及して情報がある程度広まりやすい現在では大体がこの基準に従っているのではないでしょうか。その中でもさらに高級な部類は最高級ソープとか超高級ソープなどと呼ばれて、70,000円以上の店がそれに該当します。

さて、そんな最上級ソープの中でも「日本で最も高いソープランドというのはどこなのか」というのは興味が湧く部分ではないでしょうか。日本にある1200軒あまりのソープランドのうち1割あるかないかの高級ソープ、さらにその中でも最高額を争うのが、東京の吉原にある『ラブボート』と神奈川の川崎にある『琥珀』という2店です。

まず、吉原の『ラブボート』で、ハードサービスで有名なお店で、昔ほどの活気が無いと言われる吉原でも高い人気を維持している店です。こちらの最高額はダイヤモンドクラス(VIP)というコースで200分で170,000円となっています。価格だけで言うのであれば、コンパニオンが3人付くプレミアというコースもあるので、そちらも考えるともう少しいくかもしれません。

次に、川崎の『琥珀』ですが、こちらは360分で入浴料が129,000円となっていて、『ラブボート』に近い時間ですと240分で入浴料89,000円です。これは入浴料であって別途サービス料が掛かりますので、総額的には倍の360分260,000円とか240分180,000円か、それよりもちょっと多めぐらいになると予想されます。若干設定時間が違いますので、一概にどちらが上とは言い難いのですが、こちらもコンパニオンが複数付くプレイがあるので、そちらも考慮するともっとかかるでしょう。

どちらも1人のコンパニオンで20万に届こうかというぐらいですから、これが二輪車三輪車ともなれば50万近い金額になってしまいます。あまりにも高額になっていて、ちょっと想像しづらいかもしれませんね。宝くじにでも当たったら、是非遊んでみたいものです。