作者別: fukuharaso-puに関する福原ソープコラム一覧

ポツンと一軒あるマイナーソープで遊ぶメリットと注意点

ソープランドは有名な大型ソープ街だけではありません。
ポツンと一軒だけしかないような、マイナーソープもかなりの数が存在するのです。
こういったマイナーソープもそれなりに魅力があり、お金と時間に余裕がある男性ならチャレンジしてみるのも面白いでしょう。
ポツンと一軒あるようなマイナーソープで遊ぶメリットと注意点をまとめてみました。

意外に多い美人の存在

マイナーソープは太って年増のおばさんしかいないイメージがありますが、実はそうではありません。
地方ソープには意外に美人が多いのです。
しかも、地方にいる美人ソープ嬢は、有名ソープ街で活躍する人気ソープ嬢とは違い「天然型」が多いといいます。
ソープ激戦区の女の子たちは、最新のメイク方法や美容整形などで武装していますが、地方ではそういったことも少なく生まれたときからの天然美人の宝庫なのです。
彼女たちは情報収集力に優れていないために、美人であっても自分の女性としての価値を知りません。
あまり稼げない地方で埋もれている状態はじつにもったいないことだといえます。

店外デートの可能性が高い

地方のソープ嬢は遊びに飢えていると言われていますし、都会のソープ嬢よりもあガードが低いようです。
なので、店内で口説き落として店外デートに持ち込める可能性も、大型ソープ街よりも高いのです。
そのソープランドがかなりの田舎にあるようならば、都会から旅行や出張で訪れた男性ならばかなりモテるはずです。
地方マイナーソープのコンパニオンたちは、都会への憧れも強いために、地元の男性よりもはるかにモテるからです。

NS/NNの可能性が高い

地方のマイナーソープのコンパニオンたちは、非常にノリがよく、気が合えばNS(ノースキン)、NN(生中だし)を許してくれることが多いと言います。
大規模な有名ソープ街でも、探せばNS、NNがOKなソープ嬢もいるにはいますが、人気が高く予約が取れにくかったりもしますし、高級店が多かったりもします。
地方のマイナーソープのコンパニオンは、比較的店の規律も弱いことや、気に入った男性客になんとか指名してもらうため、あるいは自分が楽しむためにNS/NNを許してくれることが多いのです。

在籍嬢が少ないことが多い

ここまで、地方のマイナーソープのメリットの部分を紹介してきましたが、もちろんマイナス面もあります。
もっとも多いケースは、在籍嬢が少ない場合があることです。
地方ではソープランドも客入りが悪いこともあり、ソープ嬢の確保も難しいのです。

田舎だからといって安いわけではない

また、メジャーなソープ街でないからといって、決して田舎のソープランドが安いというわけでもありません。
ビジネスの原理からいうと、客入りが少なければ1人あたりの単価を上げなくてはいけないのは当然のことで、大規模ソープ街のように割引キャンペーンなどもしていないことが多いようです。

設備の経年劣化が気になる

地方のマイナーソープは、激戦地区のソープ店のように、頻繁にリニューアルをするわけではないので、設備が経年劣化をしているところもよく見かけます。
決して不潔にしているわけではないのですが、キラキラの新築ソープを多く経験している男性なら見劣りすることは否めません。

まとめ

メリットとデメリットの両方がある地方ソープですが、専門に攻めるマニアも多くいます。
勢いはないものの、落ち着いてソープランドのサービスを受けられるという、大規模ソープ街にはない独特の魅力があるのです。

ソープランド初体験で驚くこと7選

ネットの普及によって、これまで秘密のベールに包まれていたソープランド内部のことが広く知られるようになりました。
しかし、全く初めての男性がソープランドにデビューをすると、驚くことがたくさんあるようです。
また、世間に広まっているソープランドの情報すべてが正しいわけではなく、中には都市伝説めいた知ったかぶり情報もあり、さらに初体験者を驚かせる要因が増えます。

ここではネットの口コミなどで見られる、初体験の男性がソープランドではじめに驚くことを7選ピックアップしてみました。

1.土下座接客

今では随分と減ってしまいましたが、昔はどこのソープランドでも「土下座接客」というものがありました。
土下座接客とは、男性従業員が入店時や案内されるお客に対し、”土下座”をして接客するというものです。
今でも地方のソープなどに行くとまだその慣習が残る店があるそうですが、立派な紳士風の中年スタッフが土下座をするのですから、度肝を抜かれます。

2.スタッフの接客の丁寧さ

これも以前よりはかなり抑えられていますが、ソープランドの男性スタッフの接客は現実離れするほど丁寧です。
言葉遣いだけではなく、深々としたお辞儀、膝つき接客など、今まで経験したことがないような接客を受けます。
通い続けることで次第に慣れてはきますが、最初はかなり驚くことでしょう。

3.店内の豪華さ

そもそもソープランドという業種自体が「非日常」を演出しているところであることから、店内の装飾は驚くほどに豪華です。
店舗の外観はおとなしい和風のものであっても、店内に足を踏み入れると、Vシネマで観る高級クラブような豪華絢爛な内装をしていることが多いです。
ふかふかの絨毯に革製のソファー、シャンデリアなど、高級な調度品は、慣れない人なら逆に居心地が悪く感じるレベルです。

4.ソープ嬢の美しさ

ソープランドを語る上でよく出てくるワードに「パネマジ」というものがあります。
写真よりも数段レベルが低いソープ嬢が出てくるという意味です。
しかし、総体的にソープ嬢は非常に美しいです。
顔の好みなどはもちろんありますが、それでも彼女たちは見られることのプロですから、一般女性と比較すると比べものにならないほどのオーラをまとっているのです。
はじめてソープを経験した男性は、初対面したソープ嬢のことをいつまでも覚えていると言いますが、それくらいの衝撃を受けるほどソープ嬢というものは美しいのです。

5.ソープ嬢の多さ

これはここ数年のことになりますが、現在のソープランドは驚くほどに在籍上の数が多いのです。
仮に飛び込みで入店し、姫パネルを見せられれば、その膨大な写真の量に唖然とします。
ソープ嬢はみなお金に困っているということは一般の男性でも知っているでしょうから、在籍嬢の多さに日本社会の闇を感じてしまうほどです。

6.ソープ嬢のテクニックの凄さ

これは当然のことですが、ソープ嬢の性的サービスのレベルの高さは尋常ではありません。
一般の女性はもちろん、ピンサロやヘルスを経験した男性であっても、そのレベルの高さに驚くことは確実です。
ソープの代名詞でもあるマットプレイはもちろんのこと、フェラや騎乗位でのプレイなども、普通のセックスしか知らない男性にとっては異次元の世界です。
プレイを受ける前には数万円というサービス料が高いと感じていても、実際にサービスを受けるとその考えが一変します。
何万円使っても一般の女性にあれほどの性的プレイは望めませんから当然のことかもしれません。

7.料金システムの明瞭さ

最後に、すべてのサービスを終えるまで、初体験の男性は料金について不安を抱いているものです。
後から追加の料金を請求されないか?ボッタクられるのではないか?といったような不安です。
しかし、ソープランドの料金システムは健全過ぎるほど健全で、すべて終わって退店するときに店舗の良心を感じることになります。
ソープランドが”グレイなサービス業”だと勘違いをしている男性は、逆の意味での衝撃を受けることになるでしょう。

まとめ

日本のソープランドというサービス業は、世界的にも洗練・成熟度において最高峰です。
初めて体験する男性は、その衝撃の強さにみな驚いて病みつきになるのです。

「実は情報満載」ソープ嬢紹介ページの深読みのしかた

ソープランドで遊ぶ際、まずはソープ店のホームページを開く人が多いはずです。
一般的にソープ店のホームページでは、料金やソープ嬢の顔写真など基本的な情報のみが書かれていると言われていますが、読み方によっては役立つ情報を知りえることができる優秀なツールなのです。
とくにチェックすべき場所は「ソープ嬢の紹介ページ」です。
この部分の隠れた情報を収集する方法を解説します。

ソープ嬢紹介ページとは?

ソープ店のホームページ内にある「ソープ嬢紹介ページ」とは、女の子の写真をクリックすると、その中に出てくる詳細ページのことです。
そこに書かれている紹介文は、たいていソープ店の店長が書いています。
一般的には当たり障りのない紹介文だと思われがちですが、実はそうではないのです・・・。
ソープ嬢紹介ページには、”店長からの隠れたメッセージ”が隠させていると言われていて、それを深読みすることで、実際におすすめのソープ嬢かどうかを推し量ることができるのです。

店長の本音

ソープ店では多くのソープ嬢が在籍していて、それぞれレベルが違います。
店長としては、お客の反応の良いソープ嬢というのは把握していて、店の信用のためにも、できるだけレベルの高いソープ嬢にたくさんのお客をつけたいのです。
しかし現在ではネットで姫写真を公開していますので、お客は店の意見よりも自分の見た目の好みでソープ嬢を選びます。
ただし、どれだけ見た目が良くても、サービスの質が低いソープ嬢というのはいますので、そういった女の子を引き当てた客はそのソープ嬢と共に、店の評価も低くつけてしまうのです。
なので、店長は「ソープ嬢紹介ページ」でできる限り本当の実力を持ったソープ嬢をお客が選ぶように工夫をするのです。
”できるだけ”という理由は、あからさまに特定のソープ嬢推薦してしまうと、プッシュされないソープ嬢がへそを曲げてしまいます。
それでは店での人間関係がおかしくなってしまうので、店長はソープ嬢たちに気づかれないように、お客に隠れたメッセージを送るのです。
ソープ店の店長は、お客とソープ嬢の間で板挟みになった苦しい立場だというわけです。

こんな文章で店長はソープ嬢をプッシュしている

では、実際に店長がお客に対して送る、本音でプッシュしたいソープ嬢に書く紹介文を見てみましょう。

・紹介文が長い
・「人気」「ランキング」「イチオシ」といった紹介文が入っている
・姫写真の順番が前の方にある

一方、お客になるべく選んでほしくない紹介文は以下です。

・紹介文が短い
・「天然」「不思議っ子」「努力家」といった紹介文が入っている
・姫写真が後ろの方の順番

天然・不思議っ子・努力家といった雰囲気の文言は、いわばクレーム対策であり、性格に難があったり、写真写りが良すぎる子やいテクニック不足のソープ嬢が多い傾向にあります。

こういった、店長からの隠れたメッセージを探知することで、ソープ嬢の本質を知ることができるのです。

まとめ

ソープ店のホームページは、たいてい店長や経営者の意向が強く反映されています。
より満足できるソープ嬢を引き当てるためには、裏の裏を考えることが大切なのです。

ソープランドもサブカルの時代~オタク界隈のソープカルチャー

昔はソープランドといえば、夜遊び好きな男性の遊び場でした。
夜の街を熟知し、また女性との恋愛を謳歌しているような遊び人たちで、ソープランドの待合室は埋められていたのです。
しかし最近では、アニメやゲームに興じる、いわゆる「オタク男性」をソープランドで見かけることが多くなりました。
これには社会背景など様々な原因があるようです。
サブカル化し始めているソープランドの一面を考察してみました。

景気の低迷・経済の変貌

日本の景気は「失われた20年」という言葉があるように、長年の不景気が続いています。
昔繁華街を闊歩していた羽振りのいい男性たちは、見事にその姿を見せなくなってしまったのです。
もちろん繁華街に人が減ったことで、ソープランドへの客入りも少なくなります。
そしてそれに変わって「オタクっぽい男性」がソープランドへやって来ることになったのです。
実はオタク男性は平均収入が高い傾向にあることはあまり知られていません。
その理由は「IT能力の高さ」です。
現代のIT全盛の時代には、昔はマニアックな存在だったコンピューターを操る技術が、職業スキルとして最も有力なものになっています。
オタク男性にはプログラマーやネットビジネスに長けたもの、あるいは副業で大金を稼いでいる男性が多く収入が多いのです。
アニメやグループアイドルに多額の金銭を使えるのも、そういった背景があるのです。

インターネットの普及

昔のソープランドというと、遊びなれた男性が後輩などにソープランド情報を口伝えで教えることで情報が広がっていました。
それだけソープランドはグレーな雰囲気のある閉鎖的なサービスだったのです。
これでは女遊びが苦手なオタク男性たちは怖くてなかなかソープデビューをすることができません。
オタク男性は繁華街で遊んでいるような知り合いは少ないので、情報がまったく入ってこないのです。
しかし最近のネットの普及によって、未経験者でも正しいソープランドの情報を知ることができるようになりました。
情報強者のオタクたちは、ネットを駆使してソープランドの情報をたくみに収集し、SNSなどでコミュニティを構築してそこでリアルな情報を交換しているのです。
情報が十分に揃えば、もうソープランドは”未知の世界”ではありません。
それによってオタク男性たちがこぞってソープランドに押しかける現状ができているのです。

ソープ店のコンセプトがサブカル化している

ソープランドは商売ですから、できるだけ多くの人数がいる層をターゲットにします。
すでにソープ業界は、世間でオタクカルチャーが流行っていることを察知し、店のコンセプトをそれ向けに作り変えているのです。
オタク男性が好きそうな清楚系の若い素人っぽいソープ嬢で揃えたり、アニメ系コスプレやアイドル系のコンセプトを打ち出し、オタク男性を誘っています。
実際に昔多かった水商売系のソープ嬢は激減しているのです。
こうしてビジネス的にターゲットの変換をすることで、現在のソープランドは”サブカル系”と呼ばれるほどオタク向けな雰囲気に変貌しています。

まとめ

一般的にオタク男性は女性との付き合い方が下手で、恋愛に飢えていることが多いようです。
そこに自分の好みにピッタリとソープランドがハマったことで、多くのオタク男性がソープデビューを果たしているのです。
これはソープランドだけではなく、ヘルスやピンサロ、デリヘルにも共通することです。
現在ではオタク男性の性の拠り所として、ソープランドを始めとする風俗業界が盛り上がっているのです。

ナンパ師注目!福原のソープ嬢を落とすための言動と演技

神戸福原のソープランドには、一般男性が見ると「付き合いたい!」と思わせるような魅力たっぷりの若いソープ嬢がたくさん在籍しています。
中にはサービス中に気が合って、店の外でこっそりとデートができる可能性もあります。
ソープランドの店舗側では、お客とコンパニオンとの店外デートは禁止されていますが、男女の間では何が起こるか予想できないのが世の常なのです。
今回は、福原ソープ街でソープ嬢を落とすために、お客が取るべき言動と演技の仕方を解説しました。

福原は”関西”であることを忘れてはいけない

福原は兵庫県の神戸市にあります。
ここの文化は大阪をはじめとする関西文化であり、女性もまた関東の人から見ると「ラテン系」なのです。
なので、クールな男性を演じるよりもノリがよく明るく楽しい男性がモテる傾向にあり、そこをまず忘れてはいけません。
演技をするなら「楽しい男」を演じることにしましょう。

お金持ちアピールはそれほど重要ではない

女性を落とす定番の方法は、今も昔も変わらず「お金持ちアピール」です。
これは福原でもある程度通用しますが、あまり大ぼらを吹いて後で苦労しないように注意しなくてはなりません。
また、関西の女性は関東の女性よりも自立心が強く、男性の経済力にあまり期待しない子も多いことも知っておきましょう。
関東では自分のパートナーに求める理想の収入が30万円以上であるのに対し、関西では16万円ほどと、かなり低いのです。
福原では、無理をして金持ちアピールをして後で嘘がバレるよりも、中身で勝負をした方が勝率が高いかも知れません。

遊びの情報をたくさん用意していくこと

福原のソープ嬢は平均年齢が低く、みな遊び盛りです。
メディアで紹介されている流行のグルメやアクティビティ、ショッピングスポット・デートスポットにも敏感です。
福原のソープ嬢と店外で合うためには、プレイ中に恋愛関係になろうとするのではなく、「まず外に連れ出すこと」に全神経を集中させましょう。
その際に役に立つのが、「遊びの情報」です。
福原のソープ嬢は、みな一様に流行モノが好きなので、最先端の流行りを押さえて会話の中に取り入れてみましょう。
女の子が興味を持てば、一歩前進です。

風俗の知識はない方がベスト

最後に福原でソープ嬢を落とす際に気をつけたいNGな言動を紹介しておきます。
それは「風俗業界のいことについて知ったかぶりをしないこと」です。
よく風俗嬢を落とすのに、ネット情報で知った浅はかな知識を披露して嫌われる男性を見ます。
彼女たちは、まさに風俗業界の住人であり、それを部外者の男性が浅い知識を持ってマウンティングすることは不可能です。
そんなことをしたら、一瞬で見抜かれて軽蔑されるだけなので、注意しましょう。
むしろ、「風俗なんてほとんど行ったことがない」という嘘の方が効果的です。
彼女たちも女性ですので、風俗にハマっている男性よりも、あまり興味のない男性を好むのです。

まとめ

ソープ嬢は男性が思う以上に落ちにくいものです。
体を使ってビジネスをしているぶん、一般女性よりも貞操観念がしっかりしているともいえるのです。
とくに福原のような首都東京から遠く離れた場所にあるソープ街では、その地域の文化性、県民性を十分に理解しておかないと、いくらイケメンであってもナンパすることは難しいでしょう。

昭和から人気が続くソープランドが持つ魅力

減少傾向にあるとはいえ、北は札幌、南は沖縄まで未だ日本全国で楽しむことが出来る風俗であるソープランド。
デリヘルが主流になっている昨今でも、そのサービスの良さは根強いファンを掴んだままですし、人気は高いままです。
昭和の時代から続くソープランドという業種には、一体どんな魅力があるのでしょうか。

サービスの内容が他とは違う

ソープランドで行われるサービス内容は、デリヘルやホテヘルといったいわゆるヘルス系、さらにはオナクラなどの手コキ系とも違います。
他には無いサービスがあるのが、やはり一番の理由ではないでしょうか。

ソープで行われるサービスですが、大きく分けて3つの種類があります。
・洗い
・マット
・ベッド
これらを一度に楽しめるのが、ソープランドならではと言えるでしょう。

消えゆくマットプレイ

最近ではマットプレイに関しては省略されることも少なくありません。
40~50分で総額15,000円前後の低価格ソープが主流となったことで、プレイ時間の配分上仕方無く削られているプレイとなっています。
そのため、それらの店に在籍する嬢はマットの技術が身につかず、また男性客も上手なマットの経験が少ないため魅力を知らないままという状況になっています。
その影響からか、昨今ではマットプレイは中級店や高級店に行かないとまともに楽しめないプレイとなっているのです。

しかしながら、ちゃんとした経験を積んだ嬢のマットプレイは、他のプレイとは全く違う快感を与えてくれる素晴らしいものです。
マットヘルスなんていうマットプレイが楽しめる業種もありますが、その数はごく僅かで、やはりマットの代名詞はソープランドというのは覆りません。
これが楽しめるだけでも、ソープランドの大きなメリットと言えるでしょう。

自由恋愛だからこその……

ソープランドは、建前上個室の中で起きる全てのことは自由恋愛の結果ということになっています。
ソープランドのホームページに行われるプレイについての記載が無いのもそのためで、そういった理由からソープランドでは他の風俗では出来ないプレイというのが行われています。
また、ある程度定型のプレイはありますが、嬢と仲良くなればサービスしてくれることも多いので、その辺りの駆け引きを楽しめるというのもソープランドの魅力と言えるでしょう。

こうして見ると、やはりソープランドの魅力はそのプレイにあるのは間違い無いでしょう。
風俗の王様と呼ばれるその魅力をたっぷり味わってみるというのも一つの遊び方ですから、普段デリヘルやホテヘルを利用している方も一度はソープランドで遊んでみてはいかがでしょうか。

ソープランドの予約キャンセルは罰則が厳しい

ソープランドで遊ぶ際、事前の予約をして行く場合もあれば、予約をせずにふらりとお店に行き、そのまま遊ぶフリー遊び方の2つがあります。
フリーで遊ぶ際にはその場ですぐ案内出来るソープ嬢を提示され、その中から選ぶ形になりますが、予約をすると指名したソープ嬢と確実に遊べるので毎回予約していく方が大半ではないでしょうか。
基本的に誰でも可能な予約ですが、もしそれを破ってしまったらどうなるかご存じでしょうか?

基本は出入り禁止になる

まず、飲食店の予約などでも問題になっているドタキャン。
ソープランドに予約してドタキャンをしてしまった場合ですが、ほぼ例外無く一発で出入り禁止となります。
系列店があればそこも連鎖的に出入り禁止とされ、大きなグループですとその影響は少なくないでしょう。

次に、事前の確認電話などで都合が悪くなってキャンセルの連絡を伝えた場合ですが、この場合は一発で出入り禁止といったことはありませんが、何回もやれば出入り禁止になります。
お店によってはどんな理由であってもドタキャンは許さないというお店もあって、そこでは即出入り禁止です。

また、罰金の支払いが発生することもあります。
これはお店によって定められているルールが違いますが、概ね通常のプレイ料金を支払うのが定番のようです。

何故ここまで厳しくなっているのか

ソープランドが予約のキャンセルにここまで厳しくなっている理由ですが、これには様々な理由が考えられます。
出禁にするのは「働くソープ嬢を守るため」というのも理由の一つですし、キャンセル料金を取るのは「予定通りの収益を得るため」です。

例えば、キャンセルに罰則が無い場合、悪意を持った誰かが特定のソープ嬢の出勤枠全部に予約を入れてドタキャンすると、その嬢はその日予約を取れなくなります。
そうなれば収入は激減してしまいますし、稼げなければソープ嬢のモチベーションも下がってしまうでしょう。
お店としても入浴料というお店側の取り分が減ってしまうわけですから、そういったことをさせないためにも一発出禁という手段になっているのです。

また、キャンセル料についても同様で、本来入るはずだった分の補填のためです。
予約のために時間を空けたソープ嬢に渡す分の給料を確保しなくてはいけませんから、それをキャンセルした本人に負担させるのは当然といえば当然でしょう。

予約を入れてキャンセルというのは、ソープランドに限らず商売をしている所には大迷惑な行為です。
友人との約束をすっぽかすのとは大違いですので、決してキャンセルはしないようにしましょう。
少しでも予約と予定がかぶりそうな場合は、ソープ遊びは諦めて時間に余裕がある時に遊ぶようにしましょう。

気になるソープ嬢を見つけたら迷わず行くのが得策

ソープ遊びをしようと考えていて、色々なお店のホームページを見ながら「ちょっと気になるキャストを見つけたけど、とりあえずキープで後回し」などと考えている方は多いのではないでしょうか。
しかし、その考え方はちょっと危険で、いざ気に入った女性と遊ぼうと考えた時にはもう遊べないかもしれません。
「気になったキャストとはすぐに遊ぶ」というのは、ソープ遊びにおいて鉄則と言えるルールです。

ソープランドはいつ閉店するかわからない

ソープランドに在籍しているキャストと遊ぶには、お店に行かないといけません。
そして、お店が閉店してしまったりすれば、基本的に二度とそのキャストと遊ぶことは出来なくなります。
ここで注意したいのは、ソープランドは前日普通に営業していたとしても次の日にも営業しているとは限らないということです。

ソープランドは、風営法で認められた真っ当な風俗業種ではありますが、そこにはグレーな部分がたくさんあります。
例えば、ソープの醍醐味であるプレイなどについても「自由恋愛による行為」という建前の元で行われていますが、当然これは絶対にセーフというわけではありません。
事実、長年営業を続けていた高級ソープなどであっても、いつ売春防止法などに引っ掛かって摘発されて営業停止になるかはわからないのです。

キャストの定着率はどこのお店も低い

お店が閉店しなくても、キャスト自体がお店からいなくなってしまうことはよくあります。
ソープランドで働く女性には様々な方がいて、元々短期の予定で働いている人もいれば、目標金額が貯まるまで無期限で続ける方、生活の糧を得るための仕事として働く方などがいます。
割合的には前者2つの方が多いのですが、そういった方は長く在籍するわけではなくあくまでも一時的な腰掛けといった形になります。
そのため、早ければお店に出てきてから1ヶ月~数ヶ月でいなくなってしまいますので、いざ遊ぼうと思った時にはいないわけです。

また、ソープ嬢全体の傾向として、一つのお店にこだわる方は少数派です。
より良い条件で働けそうな所があれば身軽にお店を移る方も多いので、基本的な定着率というのはどこのお店でも低くなっています。

このような理由から、ソープランドのホームページなどで気になった女性を見つけたら、何はともあれすぐに遊びに行くことをおすすめします。
ソープでの出会いは一期一会などとも言われるものですから、後悔しないように積極的に動いてみてはいかがでしょうか。

ソープランドで地雷嬢を避ける3つのポイント

ソープランドで働く女性は様々で、中には写真と外見が全く違うとか酷い接客をする、地雷嬢と呼ばれる女性も多数存在します。
こうした地雷嬢はどこに潜んでいるかはわからず、評判の良い店でも3~4人は居たりするものです。
こうした地雷嬢を避けることがソープ遊びの失敗を無くす一番の手段なのですが、ではどうやって地雷嬢を避ければ良いのでしょうか。

パネマジを避けるなら写メ日記もチェック

本人とホームページの写真が全く違ういわゆるパネマジというものは、ほぼ全てのお店で行われてる一方、避け方もある程度広まっています。
その方法とは、プロフィール写真のポーズや構図などに気を付けることです。
体のラインがわからないポーズや構図なら、太っていると見て間違いありません。

また、在籍女性のプロフィールではなく写メ日記を参考にしてみることもおすすめです。
プロフィールは、基本入店した時の情報が掲載されていますが、写メ日記はリアルタイムの情報です。
しかし、最近ではスマホで簡単に画像加工が出来るようになったため、昔ほど信頼性の高い方法とは言えません。

サービス地雷を避けるなら高級店へ

次に、やる気の無い接客をするサービス地雷嬢を避ける方法ですが、これはお店のグレードを上げるのが手っ取り早いです。
格安店などに在籍する嬢は、基本的に格安店にしか在籍出来ないレベルの嬢と言い換えることが可能で、真面目に仕事に取り組む精神を持った女性の方が少ないかもしれません。
しかし、高級店では仕事に真面目に取り組むプロ意識の高い方も多いので、サービス地雷というのはほとんどいません。

他にもネットのレビューや口コミ、体験談を調べてみる方法もあります。
地雷接客は客側が地雷だった場合に意図的に行われることもありますが、それでもそういった接客をする可能性があるかどうかはわかります。
あまりにも悪評が立つ嬢は避けるのが無難です。

男性スタッフに単発客だと思わせない

フリーで遊ぶ際などに、男性スタッフにおすすめの嬢を聞いて選ぶ方もいるでしょう。
しかし、男性スタッフのおすすめを真に受けると地雷嬢を勧められることが多いです。
特に、初めてのお店だったり出張先だったりした場合は、その可能性が高くなります。

お店としてもリピーターになる可能性が低い客に良い嬢をあてがうよりも、地雷嬢でお茶を濁す方が都合が良いわけです。
その方が地雷嬢にも給料が出せますし、良い嬢は他に回せるということで、お店にはメリットしかありません。
お店側にリピートの可能性があるように思わせる対応をするようにしましょう。

上記以外にも地雷嬢の避け方はありますし、これが完璧というわけではありません。
ぜひ色々と研究して、少しでも地雷嬢の被害を減らすように努力するのも、ソープ遊びの醍醐味と言えるのではないでしょうか。

ソープデビューにふさわしいソープランドとは

風俗というのは男性の趣味に合わせて多様化しており、それはソープランドも例外ではありません。
一口にソープランドと言ってもお店ごとに色々な特徴がありますし、そういった多様性があるからこそ多くの男性を満足させられるわけです。
そこで、今回はソープデビューを迎える男性が行くべきおすすめのソープランドはどういったお店が良いのかを取り上げます。

初心者にはやっぱりスタンダードがおすすめ

初心者が最初に行くべきソープランドですが、おすすめなのはスタンダードなプレイをしてくれるいわゆる王道ソープと言われるジャンルです。
これはどこの地域でも必ず複数店舗存在していて、今でも一番多いジャンルとなっています。
そのため、価格帯も多岐に渡っていますし、良質なお店というのも多く、ソープランドの良さをしっかり味わえるジャンルとなっています。

ソープランドで行われるサービスは、ヘルス系とは大きく違います。
ソープランドだけのオリジナルプレイというのが多いため、初心者の方はまずそれらを楽しめるお店が向いているのです。
スタンダード系ソープではそれらのプレイをしてくれる所ですので、最適と言えるでしょう。

最初だからこそケチってはいけない

初心者で多いのは「初めてだからまずは安いお店で様子見をしよう」としてしまうこと。
それで失敗した結果、ソープから足が遠のいてしまうという方もいるのです。

ソープランドの質というのは、基本的には値段に比例しています。
15,000円の格安ソープよりも50,000円の高級ソープの方が良いのは当然ですし、これが25,000円程度のお店であってもその差は感じられるでしょう。
安くても質が良いというのはごく少数というのが現実で、皆無というわけではないですが初心者がいきなりそういった遊び方が出来ることはまずありません。
初めてだからこそ高級ソープないしはそれに準じたレベルのお店でデビューするというのは、悪い選択ではないのです。

ソープデビューな事をちゃんと伝えよう

初心者の方には、ソープ嬢に初めてのソープであることを伝えるのが恥ずかしいという方も多いです。
なまじ見栄を張って玄人ぶるよりも、初めてである事を素直に伝える方が良かったりします。
地雷嬢ではない普通のソープ嬢であればしっかりとリードしてくれますから、受け身でも十分楽しませてくれるでしょう。
ソープ嬢に対してやってはいけないプレイとか嫌がられるプレイ等もありますので、そういった事をしないためにも主導権を任せるのは正しい選択です。

最初に楽しい思いが出来れば、その後もソープ遊びを素直に楽しむことが出来ますから、最初の遊びはとても大事です。
変に奇をてらわず、まずは上質のサービスを提供してくれる王道ソープからデビューして、慣れたら色々なコンセプトに挑戦してみるといくのがおすすめです。
可能な限りの予算を用意して、最高のソープデビューをしてみましょう。