毎年増える梅毒患者!福原のソープは大丈夫?

ここ数年何かと目にするのが、梅毒感染患者数の記録更新のニュース。
2017年に過去最多を更新すると、2018年にはその数に届く勢いで増加して、2019年はさらに増加するのではと見られています。

こうした性病のニュースが出るたび、風俗業界に白い目が向けられているわけですが、当たり前ですがどこの風俗街でも対策を取っています。

▼ 福原ソープも対策をしている

各地で行われている性病対策ですが、福原でも様々な対策が行われています。
代表的な対策としては、性病の定期検査やスキン着用を強く推奨するといったことです。

福原のソープランド各店では、店によって程度の差はありますが、ちゃんと検査を行なっています。
それに引っ掛かれば出勤禁止になりますし、検査結果を提出しなければ働かせないというお店も少なくありません。
こうした性病のニュースが大きく出る前は、低価格店などでは少しでも費用を安くするために検査をしないことも多かったのですが、今では格安店でも検査をする店が増えています。

定期検査をしても潜伏期間などの関係で必ず防げるというわけではありませんが、何もしないよりも格段にマシと言えます。
少なくとも、以前よりはるかに安全になっていると言えます。

▼ NSは絶対に避けよう

昔からソープではコンドームを着けないNSというのが上級のサービスとして扱われていました。
現在でもその風潮は確かにあり、福原でもNSでサービスをしているお店は多数あります。
刺激がダイレクトに味わえるNSですが、性病にもダイレクトで感染してしまいますので、リスクを考えるなら絶対に避けるべきプレイです。

性病には様々な種類がありますが、コンドームを着けることで防げる種類は多いです。
冒頭で紹介した梅毒も防げる性病の一つです。
ただ妊娠を防ぐだけではなく、性病予防のためにもNSは避けましょう。