カテゴリー別アーカイブ: 初心者向けソープランドの遊び方

ソープランドは長く通って常連になるほどメリットが多いってホント?

一時期低迷していたソープランド界隈も、今は不死鳥のごとく復活し店舗の活性化が促進されています。
どの有名ソープ街もリニューアルされたソープ店がきらびやかに営業しているので、男性客たちはよりどりみどりの状態・・・。
中には”ソープ街全店制覇!”と意気込み、登楼するたびに違う店を狙う男性客もいるようです。
しかし、ソープランドで他の客よりもいい思いをしたいのであれば、一店舗に絞って「常連」になるほうが賢い選択だと言えます。
長く同じ店舗に通って常連になることで得られるメリットを見てみましょう。

●フリーでもいい子をつけてもらえる

ほとんどのソープ店が写真指名よりも、店任せの「フリー」の方が低料金になります。
常連になると、店舗との信頼関係ができあがるので、フリーであっても失敗のないコンパニオンをつけてくれるようになります。
それほどソープ店は自分の店だけに定期的に来てくれるお客を大事にする傾向にあるのです。

●不定期に割引券などをくれることもある

ソープ店のフロントには、臨時発行の割引券などが常備されていて、なんらかのトラブルを収めるために、不定期に手渡してくれることがあります。
どんな店でもレベルが低いコンパニオンはいます。退店時のアンケートなどでそれを伝えたりすると、「お詫びの印として」次回の割引などをしてくれることもあります。

●新人紹介を優先してくれる

ソープ店に入店したばかりの新人は、難しいお客についてしまうと潰れてしまうことも少なくありません。
慣れない仕事でプレッシャーを感じている上に、めちゃめちゃなことを要望してくれる客についてしまうと、ソープ嬢という仕事そのものが嫌になって辞めてしまうのです。
なので、店側は新人につけるお客には神経質になります。常連で上客ならば、店は安心して新人を預けられるので、優先して紹介してくれることが多いのです。

●ソープ嬢にも気合が入る

店にとって大切な常連は、コンパニオンにも伝えられますから、サービスも丁寧になる可能性があります。
また、それほど店に安定して来店してくれる常連なら「自分の本指名客に・・・」と野望をいだいてスペシャルなサービスをしてくれることも少なくありません。

●本指名するかどうかはあまり関係がない

よく店の常連になるとき「本指名」が必要だと思っているお客がいますが、フリーや写真指名のみの常連でも店側はありがたく思います。
要は”店でお金を落としてくれる客”が大切なのであり、本指名するかどうかはあまり関係がありません。

●一店舗でも十分に女の子のバリエーションは楽しめる

ソープランドは安くない遊びですから、遊びにかけられるお金が多い人でも月に4~5回くらいが限界でしょう。
最近では1つの店舗で80人から100人以上の在籍を抱えるところは少なくありません。
週に1回来店しても1年で50回くらいですから、1年ですべての在籍上を巡回することは不可能です。
またソープ嬢は出入りが激しく、1年経てば新しい子も入ってくるので、一店舗だけでも十分にバリエーションを楽しむことができるのです。

●まとめ

最近ではインターネットでソープランド情報が無料で配信されていますので、ついつい意識が散漫してしまいます。
しかし、「常連」のメリットは想像以上に大きなものなので、これを受けないのはもったいない話です。
ある程度相性の良い店舗を見つけることができればピンポイントで通い、店側に存在をアピールしましょう。

ソープデビューに多い4つの失敗とその対策

風俗は、性に興味がある男性ならば必ず一度は興味を持つもので、その風俗の代表格となるソープランドを風俗デビューに選ぶ男性は少なくありません。
しかし、そうした男性の中には初めてのソープで失敗してしまい、それがショックでソープ遊びをそれっきりにしてしまう男性もいるのです。
デビュー戦で失敗してしまう原因、それは一体どんなものがあるのでしょうか。

◆ デビュー戦に多い失敗の内容

初めてのソープランドの失敗の内容としては、次のようなものがあります。

1.勃起しない・中折れ
2.早漏・遅漏
3.写真と実物が全くの別物・サービスが悪い(パネマジ・地雷)
4.コースや店選びを間違えて期待していたプレイが無かった

他にも色々とありますが、大体はこの辺りに集約されると思います。
どれもありがちな失敗なのですが、実はちゃんと原因を知って対処すればある程度回避出来るものなのです。

◆ それぞれの失敗の原因と対処

1.勃起しない・中折れ

これらの原因は、どれも緊張によるところが大きいものです。
緊張というのは言い換えればストレスですから、緊張しすぎるということは大きいストレスがかかっている状態です。
この緊張をほぐすことが重要で、一番の緊張の原因になるのはお店の雰囲気です。
独特な雰囲気があるのがソープランドの店舗ですから、事前にネットで店内の写真を見ておくとかすれば、ある程度慣れるのは早くなるでしょう。

2.早漏・遅漏

これらも精神的な部分が大きいのですが、どちらかというと緊張というより興奮しているかどうかが影響していると言えます。
簡単に言えば「初めてソープに行くから2週間オナ禁!」とかやってしまうと、早漏になります。
遅漏は逆で、前日に自慰をしてたりするとなります。
男性のオナ禁は3日が最適と言われていますので、そのぐらいでコントロールして程々の興奮で望むと良いでしょう。

3.写真と実物が全くの別物・サービスが悪い(パネマジ・地雷)

これはソープ慣れした人でもわりと引っ掛かるもので、定番の失敗です。
こうした失敗は、事前の情報収集である程度回避可能です。
パネマジの見分け方はネット上に沢山ありますし、地雷嬢の情報も探せば見つかります。
それらを参考にすれば、100%は無理ですが回避は可能です。

4.コースや店選びを間違えて期待していたプレイが無かった

ソープランドでは、お店によって若干サービス内容が異なります。
ヘルスと違ってどんなプレイをしてくれるのかを明示していないため、場合によっては期待していたプレイをしていないなんていうことも。
代表的なのはマットプレイですが、これは短時間コースとなっている格安店ではほぼ省略されています。
最低でも90分以上の中級店以上か、マットコースが売りとなっている所でしかやっていません。
他のプレイも、ちゃんと下調べをしておけばまず失敗することはありません。

失敗するのもソープ遊びの醍醐味ではありますが、せめて最初くらいは失敗しないようにしたいもの。
これからソープデビューを考えている男性は、ぜひ参考にしてみていただきたいと思います。

ソープ嬢との会話で困る方必見!困る理由とその対処法

ソープ遊びで困ることを聞くと、多くの男性が困っているのが「ソープ嬢との会話」というもので、何を喋っていいのかわからないと思う男性は多いと言われています。
確かに、ソープ嬢というのは男性からすれば未知の職業の女性ですから、会話に困るというのも頷ける話です。
今回はソープ嬢との会話で使えるテクニックについて、取り上げてみましょう。

◆ 会話のネタに困ってしまう理由

会話に困ってしまう原因は、「ソープ嬢を一人の女性と捉えていない」からでしょう。
人は、初対面の他人と会話をする際、共通点を探して会話をしますが、その共通点がわからないと会話をするネタに困ってしまうわけです。
ソープ嬢というのは男性にとってよくわからない仕事ですから、どういった会話が好みなのかというのは想像しづらいもの。
だから、会話に困ってしまうことになります。

◆ 一人の女性と会話をするということ

こうしたことを避けるには、相手がソープ嬢ではなく一人の女性であるとして認識することです。
ソープ嬢という未知の職業の女性ではなく、普通の女性であると考えれば心情的にもかなり楽になるでしょう。

しかも、相手の女性が好みそうな会話というのは、お店のウェブサイトにヒントがあります。
在籍嬢紹介のプロフィールページや写メ日記、ブログなんかがあれば、そこに色々と書いてあるのでしょう。
そうした部分を参考に、相手がどのようなことに興味を持っているかとか、どういう趣味があるのかを知れば、かなり会話がしやすくなります。

◆ 意外と使える定番の会話

ソープランドへ行くと、どのソープ嬢に入っても必ず聞かれるのが「今日はお仕事はお休みですか?」というフレーズ。
どこに行っても聞かれるものだから「またかよ!」なんて突っ込みたくなるかもしれませんが、実は定番というだけあってこの会話の返答から色々な話題に持って行ける万能なフレーズなのです。

また、ここでの会話でプレイの方向が決まることもあります。
例えば「仕事上がりなんだよね。疲れたから癒して欲しいかな~」なんて答えれば、会話をしやすいお客さんという印象を与えると同時に、積極的にプレイをしてくれるようになるでしょう。
逆に、「はい」とか「いえ、休みです」みたいな一言で返してしまうのは最悪の返答で、これでは会話が続かないうえに嬢もどういうプレイをしていいのかわかりません。
会話が苦手な方であっても、絶対にこれだけは避けましょう。

ソープ嬢と一言に言っても、そこには様々な女性がいます。
イメージ通りにホストとかブランド品が好きな人もいれば、アニメやゲームなどのサブカル系が好きな人もいますし、外出や旅行が好きなアウトドア派もいます。
大抵のソープ嬢はとにかく男性の話に合わせてくれる努力をしますし、タブーとされる話題を振らなければノッてきてくれます。
ソープ嬢の会話と身構えず、普通に会話を楽しむことを心掛けるようにすれば、プレイ時間内の会話で困ることはほぼあり得ないのです。

既婚者・彼女持ちに提案!福原ソープに行くときのアリバイ&言い訳特集!

魅惑の楽園、神戸の福原ソープ街は、既婚者や彼女持ちでも行ってみたいはずです。
しかし、ソープランドとは言え、それが奥さんや彼女にバレてしまうと「浮気」と捉えられ、一悶着あることは避けれられないでしょう。
ですがここで諦められないのが男の性です。
要は”バレずに福原を楽しむ”ことができればいいわけです。
ここでは、既婚者・彼女持ちの男性が福原ソープで遊ぶ際に有効なアリバイ作りや言い訳を特集してみました。

●思い切って会社を休んでみる

休みの日に福原に出かけることは、それだけで不信感を生むものです。
福原で思う存分羽を伸ばしたいのなら、可能であれば「会社を休む」くらいの覚悟がちょうどいいのです。
男が会社に行ってる間、女はノーマーク状態になります。
いつもと同じ時間に出勤し、福原で遊んでからどこかで時間を潰し、いつもと同じ時間に帰宅しましょう。
休みの日に「今日は○○と昼間から酒でも飲もうかな・・・」なんて白々しいアリバイは、勘の鋭い女性には通用しません。
帰宅後、あなたの全身と挙動に対し、人間ドックなみのチェックをされるのが落ちです。

●パソコンは使うな!

福原のソープランドはほぼ全店ホームページを配信しているので、店選びや女の子選びにネットを使うはずです。
しかし、画面が大きく見やすいからといって「パソコン」を使うのは危険です。
自分では跡形もなく消去した履歴でも、後から掘り起こすことが可能な場合もあります。
最近ではどのOSでも過去にさかのぼって履歴を掘り起こせるような機能がついているので要注意です。
パソコンにめちゃくちゃ詳しい人なら大丈夫ですが、そうでないなら危険いっぱいなのです。
ちなみに、パソコンで操作した場合の完全消去の方法を挙げておきます。

◎ブラウザの履歴消去
◎グーグルアクティビティの消去
◎コントロールパネルから「システムの保護」を消去

これで一通りの履歴は消去することができますが、ソープ店探しにパソコン自体を使わない方が無難です。
またパソコンとスマホの「ブラウザ」をシンクロさせている場合、スマホで閲覧したものがパソコン側にも履歴を残すことになります。
スマホのブラウザも「ソープランド検索用」に違うものをインストールしておきましょう。

●「ニオイ」の対策

ソープランドは風呂に入るので、日常とは違うフレグランスを家に持ち帰ることになります。
女性というのは、麻薬犬なみの嗅覚を持っているものですから、ナメてはいけません。
ソープランド側でもある程度配慮してくれ、ニオイの少ないシャンプーやボディーソープを使っていますし、ソープ嬢たちは香水を使わないことが慣習ですが、油断は命取りになります。
もっともニオイがこびりつくのは「髪」です。
ソープ嬢に「うちの嫁さんするどくて・・・」と相談すれば、洗髪はせず残りが対策もしてくれます。
退店後にはどこかでスクワットをしたり、ひとっ走りして軽く汗を流すのもいいでしょう。

●GPS追跡をされている場合

浮気の前科などがあったり、嫉妬深く束縛気味のパートナーならば、最近流行りの「GPS追跡」をされているかもしれません。
スマホのGPS機能で今いる場所が克明に奥さんや彼女のスマホで確認できる強者です。
とくに小さな子供にスマホをもたせている家庭ならば、防犯用のアプリを使うことは常識となっていますから「ついでに旦那のにも」と設定されているかもしれません。
はっきり言ってこの状態で福原で遊ぶのはかなりのハイリスクですが、方法がないわけではありません。
まず、出勤するふりをして会社の近くまで実際に行きます。
そして会社の近くで、植え込みの茂みの中やゴミ箱の下などに、こっそりスマホを隠す場所を探し隠します。
そこから福原に行き、帰りにまた会社近くに取りに行くという作戦です。
会社から100メートルくらい近い場所ならば「GPSの誤差」としてズレることはよくあることです。
ただし、そのままスマホを誰かに奪われたり、会社の人間に遭遇したりするという別のリスクも発生することも忘れずに。
間違っても「GPSを切る」といった暴挙に出てはいけません。
その時点で「私は怪しいことをしています」と自白しているようなものですから・・・。

●まとめ

福原ソープ街の従業員やコンパニオンは、既婚者・彼女持ちの男性客に対してのフォローは手厚く、会員証などもフロント預かりにしてくれたり、カードの明細も他社名義で発行してくれたりします。
お客のパートナーにバレてしまえば、それで一人のお客を失うわけですから、向こうも工夫をしてくれているのです。
後は男性側が適切なアリバイ工作をすることで、パートナーがいても福原ソープランドを満喫することが可能になります。

人の減る閑散期こそ良いソープ嬢と遊ぶチャンス

商売にはどんな業種であっても忙しい時期と暇な時期があります。
ソープランドでもそれは同様で、一般的に2月や6月、10月頃というのがソープランドの暇な時期と言われています。
逆に忙しい時期と言われるのが12月下旬~1月上旬、3月下旬~4月上旬、7月末から8月中で、ボーナスや年度の節目などで財布の紐が緩む時期です。
さて、ここで気になるのは忙しい時期と暇な時期、はたしてどちらが遊びやすいのかということです。

◆ 質より量になるのが繁忙期

ソープ業界では、繁忙期の前あたりになると一気に在籍嬢の数が増えてきます。
繁忙期を見越して採用基準を緩めたり、出稼ぎ嬢の受け入れなどをしてとにかく数を揃えておくという店が増えるためですが、そうなると当然質の低いいわゆる地雷嬢というのも増えてくるものです。
特に低価格帯で在籍嬢の数などを売りにしているお店ですと、面接を受ければとりあえず採用というレベルまで下げたりしているので、地雷嬢に合う確率は極端に高くなります。

◆ 人気嬢と遊びたいなら閑散期狙い

繁忙期の人気嬢というのは、予約で出勤枠が全コマ埋まってしまうことが珍しくありません。
不況でソープ利用者が少なくなっているとはいえ、指名をしっかり獲れる人気嬢にはあまり関係ありませんから、忙しい時期の人気嬢は朝イチの予約合戦が必須となります。

しかし、暇な時期であればその限りではなく、人気嬢でもふと枠が空いていたりするものです。
運も絡みますが、そうした空いた時間にうまく潜り込める可能性があるので、人気嬢と遊びたいのであれば閑散期を狙うと良いでしょう。

◆ おすすめは閑散期

では、繁忙期と閑散期のどちらが良いのかというと、おすすめなのはやはり閑散期でしょう。
暇な時期に来てくれるお客さんというのは女性からしてもありがたいものですから、比較的接客も丁寧になることが多いようです。
そういった時期に接客したお客さんのことは意外と覚えているもので、裏を返したりする場合は、なおのこと繁忙期より閑散期を狙うべきです。

また、閑散期になると稼げない嬢はお店を辞めてしまうことも多く、結果的に在籍嬢の質が高くなることがあります。
地雷を踏んで後悔するという可能性も減りますから、そういった意味でも閑散期に遊びに行くのが良いでしょう。

ソープランドは高い料金設定となっていることも多く、それなりのお店であれば数万円かかるのが当たり前です。
そんな中で「忙しいから」なんていう理由で雑なプレイをされたのではたまったものではありません。
他の人が避ける閑散期こそ遊ぶのには最適ですから、取り立てて急ぐ理由が無ければ、閑散期を待って動いてみるのが良いでしょう。