カテゴリー別アーカイブ: 初心者向けソープランドの遊び方

人の減る閑散期こそ良いソープ嬢と遊ぶチャンス

商売にはどんな業種であっても忙しい時期と暇な時期があります。
ソープランドでもそれは同様で、一般的に2月や6月、10月頃というのがソープランドの暇な時期と言われています。
逆に忙しい時期と言われるのが12月下旬~1月上旬、3月下旬~4月上旬、7月末から8月中で、ボーナスや年度の節目などで財布の紐が緩む時期です。
さて、ここで気になるのは忙しい時期と暇な時期、はたしてどちらが遊びやすいのかということです。

◆ 質より量になるのが繁忙期

ソープ業界では、繁忙期の前あたりになると一気に在籍嬢の数が増えてきます。
繁忙期を見越して採用基準を緩めたり、出稼ぎ嬢の受け入れなどをしてとにかく数を揃えておくという店が増えるためですが、そうなると当然質の低いいわゆる地雷嬢というのも増えてくるものです。
特に低価格帯で在籍嬢の数などを売りにしているお店ですと、面接を受ければとりあえず採用というレベルまで下げたりしているので、地雷嬢に合う確率は極端に高くなります。

◆ 人気嬢と遊びたいなら閑散期狙い

繁忙期の人気嬢というのは、予約で出勤枠が全コマ埋まってしまうことが珍しくありません。
不況でソープ利用者が少なくなっているとはいえ、指名をしっかり獲れる人気嬢にはあまり関係ありませんから、忙しい時期の人気嬢は朝イチの予約合戦が必須となります。

しかし、暇な時期であればその限りではなく、人気嬢でもふと枠が空いていたりするものです。
運も絡みますが、そうした空いた時間にうまく潜り込める可能性があるので、人気嬢と遊びたいのであれば閑散期を狙うと良いでしょう。

◆ おすすめは閑散期

では、繁忙期と閑散期のどちらが良いのかというと、おすすめなのはやはり閑散期でしょう。
暇な時期に来てくれるお客さんというのは女性からしてもありがたいものですから、比較的接客も丁寧になることが多いようです。
そういった時期に接客したお客さんのことは意外と覚えているもので、裏を返したりする場合は、なおのこと繁忙期より閑散期を狙うべきです。

また、閑散期になると稼げない嬢はお店を辞めてしまうことも多く、結果的に在籍嬢の質が高くなることがあります。
地雷を踏んで後悔するという可能性も減りますから、そういった意味でも閑散期に遊びに行くのが良いでしょう。

ソープランドは高い料金設定となっていることも多く、それなりのお店であれば数万円かかるのが当たり前です。
そんな中で「忙しいから」なんていう理由で雑なプレイをされたのではたまったものではありません。
他の人が避ける閑散期こそ遊ぶのには最適ですから、取り立てて急ぐ理由が無ければ、閑散期を待って動いてみるのが良いでしょう。

ソープランドの店探しから実際に遊ぶまでのフローチャート

これから「ソープランドを体験してみたい」という人なら、その”遊び方”を早く知りたいはずです。
ソープランドの利用には独特のルールと手順があり、風俗遊びをしたこともない男性ならば、行き当たりばったりでは難しい面もあるのです。
ここでは、あくまで「初心者の男性に向けた」ソープランドで店探しから実際に遊ぶまでのフローチャートを解説してみました。

1.店を探すことから始める

ソープランドで遊ぶには、まず「店探し」をすることから始めます。
これにはいくつかの方法がありますが、現在では主流は「インターネット」になっているので、新聞広告やフリーペーパーなどには頼らず、スマホ・パソコン・ガラケーを利用しましょう。

店探しは・・・

◎地域の絞り込み
 ↓↓↓
◎軍資金の決定
 ↓↓↓
◎実際の店舗を選ぶ
 
といった手順で探します。

予定している地域、たとえば東京ならば「東京 ソープランド」といったキーワードを検索エンジンに打ち込めばたくさんの店舗がヒットします。
また「ポータルサイト」と呼ばれる、日本全国のソープ店を一挙に検索できるサイトもあるので、そういった
ものを利用してもいいでしょう。

2.店が決まれば女の子選び

料金価格やサービス内容などで、めぼしい店が決まれば次に「女の子選び」です。
ソープランドのインターネットのホームページには、無料で女の子(コンパニオン)の顔写真が公開されているのです。
ただし、前項の「店選び」と「女の子選び」の順序が逆になってもかまいません。ソープランド遊びに慣れた男性ならば、逆パターンの方が多いかもしれませんね。

3.電話で問い合わせをする

ソープランド業界は、インターネットがかなり普及していますが、最終的には「電話」で予約や問い合わせが必須です。また、料金体系や細かな質問などは、利用する側も話をして確認するほうが安心です。
そして、ソープランドで遊ぶパターンには「予約」と「飛び込み」の2種類があります。この”飛び込み”は一切連絡もなしに店に直接行くのですが、現在ソープ業界は非常に利用者が多く、長時間の待ち時間があることが普通です。
初心者・ヘビーユーザーに限らず、現在のソープランドでは「予約を入れた遊ぶこと」が常識となっているのです。

4.予約当日にすること

ソープランド遊びには、予約を入れても当日に気をつけることがいくつかあります。まずは「予約確認電話」です。
これは当日キャンセルによる営業被害を防ぐためと、予約した女の子が体調不良などで、接客できないといってトラブルに対処するためです。
この「当日電話」を入れないことで、自動的に予約が抹消されることもあるので確実にこなしましょう。
――あとは「エチケット」の問題です。
ソープランドは誰でも知るとおり「風呂完備」なのですが、店舗のサービスによっては「即即」といった入浴前に行われるサプライズ的なものも存在します。
即即サービスを導入している店舗は増えつつあるので、やはり来店前に入浴しておくほうが無難です。

5.料金を支払って楽しみましょう!

ここまでくれば、あとは存分に楽しむだけです!ソープランドは2段階受付が基本で、受付で「入浴料」、サービスルームで「サービス料」を支払います。
ただし、現在多くのソープランドでは「受付一発精算」を採用し始めているので、これも電話受付の際に確認するといいでしょう。
そしてソープランドの料金は「前払い制」ですので、サービスを受けたあとに「料金が足りない」といったトラブルはないので安心してください。

●おわりに

現在のソープランド業界は、顧客層を広げるためによりシンプルな遊び方ができるような工夫がされています。
昔のように「詳しい先輩に教えてもらう」といったことをすることもなく、インターネット一つでこっそりとデビューするということがしやすくなっているのです。

しがないサラリーマンが『高級ソープ』で遊ぶためのノウハウ

ソープランドには価格帯によるジャンル分けがあり、その中の最高峰が「高級ソープ」になります。高級ソープ街が良くないソープランドかというと、そうではありません。
安いソープには安いソープならではのメリットもたくさんあり、高額所得者の中にも低価格のソープランドに好んで通う男性も少なくないのです。
しかし、高級ソープには独特の世界観と価値があり、多くの男性の憧れの的です。ただ、金額は2時間で6万円以上もするような高額になるので、しがないサラリーマンには”夢のまた夢”となるでしょう。
そこで、なんとかして安月給のまま高級ソープで遊ぶ方法はないか、考えてみました。

●地方出張を利用する

現在東京在住の方ならば、高級ソープは「吉原」になると思います。吉原は日本のソープ街の中でもとくに料金が高く、高級店ともなると7万円以上~10万円超えというものめずらしくありません。
そこで、会社勤めをされているサラリーマンのみなさんならば「地方出張」がある人も多いかと思います。その出張で地方に行くチャンスを利用し、金津園や雄琴・福原・中洲などの高級店を狙うのです。
地方のソープ街の高級店は、クオリティは守ったまま料金がかなり安いのが常識です。これはその地方の「土地価格」が影響しているので、サービスや設備の質の差が料金に反映されているのではないので安心してください。

●早朝サービスを利用する

ソープランドには閑散時間帯の早朝に、高額な割引をする「早朝サービス」を実施している店舗が多くあります。大きなソープ街のホームページを探すと、高級店でも早朝サービスを導入しているとこも見つかります。
ただし、この場合サービスの質はかなり下がると覚悟したほうがいいです。
しかし、高級店の日常生活からかけ離れたような豪華絢爛な設備を体感することはできます。高級店の早朝サービスはお客が殺到するので、かなり頑張って店に並ぶ必要もあります。

●低下各店通いを一本にまとめる

現在低価格のソープランドに月に何度も来店している人は、その数を減らして「高級店一本」い絞る方法もあります。低価格店でも1~2万円はかかるはずですから、数回我慢するだけで高級店の料金を準備することができるはずです。
これは実践している男性も多くいます。そういった人の中には「1回の満足度が高いので欲求不満にならない」という感想を述べられています。
これは「食事」と一緒です。カップラーメンや菓子類などはいくら食べても満足度が低く、食べ続けてしまうものですが、しっかりと作り込まれた飲食店の豪華な食事を食べると、雑食にストップをかけることができるのです。

●各種割引を利用する

ソープランドにはたくさんの「割引サービス」があります。インターネットのホームページを閲覧すれば告知をしてあるので、調べまくりましょう。大幅な値下げには次のようなものがあります。

◎新人割引
◎期間(時間)限定割引
◎早朝割引

などです。とくに「新人割引」は半額程度にまで引き下げられていることもあるので、チェックしましょう。新人ですから、まだ技術的にも未熟ですが、容姿は高級店の面接をクリアしているのでかなりハイレベルなはずです。

●おわりに

男性に生まれてソープランドあ好きならば、一生に一度くらいは「高級ソープ」を体験しておきたいものです。一度高級店を体験するのとしないのとでは、大衆店や格安店の楽しみ方も違ってくるのです。
今回ご紹介した小さな裏技を駆使し、なんとか高級ソープデビューを果たしましょう。

『こんな泡姫が出てきたら』タイプ別ソープ嬢マニュアル

ソープランドは「究極の接客業」と言われていますので、そこで働くソープ嬢も他の業態に比べるとかなりハイレベルな仕事をします。ですので、ある程度泡姫たちに任せておけば、それなりに満足して家路につくことができます。
しかし、ソープランドでさらにハイレベルな遊びを実現したいのであれば、お客であるこちら側にも多少の努力も必要です。対面した泡姫に対し、こちらの行動を合わせることでよりソープランドを楽しむことができるのです。

●お仕事系の泡姫が出てきたら・・・

ソープランドで働く泡姫は、自分自身を演出し、キャラを作ったりしてブランディングして価値をつけています。そして、ソープランドの「技術面に特化した泡姫」のことを”お仕事系”と呼びます。
お仕事系の泡姫は、恋愛的な雰囲気を作ったり、女性らしさを売りにするのではなく「ソープテクニック」を重視した仕事をします。
このお仕事系泡姫と遭遇したら、余計なことを考えず「すべてを任せる」態度でいるのがベストです。お仕事系の泡姫は高いテクニックを持っているので、ナンパしようとして余計な駆け引きに時間をかけるよりも「肉体的な快感を追求」するほうが得策です。

●仮想恋愛系の泡姫が出てきたら・・・

お仕事系の泡姫とは対照的に、女性の色気と恋愛駆け引きによって人気を高めている泡姫もかなりいます。こういった「仮想恋愛系泡姫」はある種の警戒心を持っておくことが大切です。ある程度相手のペースに合わせて仮想恋愛を楽しむと、心身ともに男女の営みの醍醐味を味わうことができますが、「完全にハマってしまう」危険性もあるのです。
あくまでお店の中だけの”恋愛ごっこ”ですから、本気になって知らず知らずのうちに「ストーカー」になってしまうことも少なくありません・・・。本気にならずに、限定された時間内の中だけで楽しむことを心がけましょう。会話をはずませることに意識を向けることで息が合って楽しめるはずです。

●低年齢のワガママ系泡姫が出てきたら・・・

ソープランドの泡姫は、他の業種の従業員よりも高い接客指導を受けることが普通です。ですが、最近多い「学園系」「低年齢系」「ロリ系」のソープランドでは、厳しい教育をあえてせずに”ワガママな状態”で仕事をさせているソープ店もあります。
知らずにこういったソープランドに行ってしまった場合、接客の悪さに腹を立てるのは持ったないことです。とくに年齢の高い男性ならば、自分よりも何回りも若い女の子のワガママが可愛く見えるはず。
そういった若い泡姫を包容力のある気持ちで見てあげると、可愛くてたまらなくなるものです。また接客教育の弱い泡姫たちは「店外デートの誘い」にもかんたんに乗ってくることもあり、そうなるとメリットは数え切れません。このタイプの泡姫を「地雷」にしてしまうか、お気に入りになるかもお客次第なのです。

●おわりに

ソープランドでより満足して遊ぶにはお客の心得も重要になってきます。よくソープランドや泡姫の批評ばかりしている人がいますが、悪いところばかりが見る癖がつくと楽しめないものなのです。まずは泡姫のことを受け入れ、こちらが柔軟に合わせていくという姿勢があれば、どんなタイプが出てきても楽しむことができるはずです。

ソープランドで楽しめる3つの基本プレイ

ソープランドは、数ある風俗業種の中でも最も有名で、風俗の王様とも称される日本を代表する風俗です。ソープランドを有名にしたのは、何と言ってもそのプレイ内容でしょう。ソープランドで行われるプレイは、他の業種とは一味も二味も違うもので、それを目当てにソープランドを利用している方は少なくありません。今回は、そのプレイについて取り上げてみましょう。

▼ ソープランドで行われる3つの基本プレイ

ソープランドで行われている基本プレイは3工程で、「洗い」「マット」「ベッド」に分かれています。

1.洗い

ソープランドで最初に行われるプレイで、お風呂で嬢に身体を洗ってもらうプレイです。洗ってもらうといってもただ手やタオルで洗ってもらうだけではなく、そこには様々なテクニックが存在しています。代表的なテクニックは次のようなものです。

・ボディ洗い

女性の身体をスポンジやタオルに見立て、身体にソープを付けて男性の身体を洗うテクニック。

・たわし洗い

女性の陰毛をたわしに見立て、男性の腕や足に性器を擦りつけて洗うテクニック。

・壺洗い

女性の膣を壺に見立て、男性の指を一本ずつ膣で擦りあげて洗うテクニック。

・くぐり洗い

通常のスケベイスよりも高級な椅子であるくぐり椅子というアイテムを使っている高級ソープなど限定のプレイで、椅子の下に身体を入れて睾丸やアナルを舐めあげるテクニック。

これらは実際に綺麗にすることが目的ではなく、あくまでも男性を楽しませるためのテクニックです。

2.マット

昨今では短時間コースの低価格ソープが主流になったため、マットが省略されるお店が増えていますが、高級ソープなどではまだ基本プレイの一つとして行われています。ローションを垂らして滑りを良くしたエアーマットに男性が寝転がり、同じくローションを身体に垂らした女性が肌を重ねるというもので、かつて泡踊りと呼ばれたプレイと同じです。
密着感を楽しむプレイで、ソープといえばマットと呼ばれていた時代もあります。技術的にかなり練習が必要となるプレイで、マットプレイが出来るお店が減ると共にマットプレイが出来る女性も減りつつあります。

3.ベッド

お風呂が終わると行われるのがベッドでのプレイです。ベッドでのプレイは基本的にデリヘルなどの他業種と同じようなサービスが行われますが、ソープならではのプレイというのもあります。

ベッドプレイはデリヘルやホテヘルといった業種でも楽しめますし、マットもマットヘルスという専門店があります。しかしながら、洗いのプレイはソープランド以外ではなかなか味わうことが出来ません。「デリヘルやホテヘルは利用するけれど、まだソープランドのプレイを味わったことがない」という方は、ぜひソープランドの数々のプレイを楽しんでみることをおすすめします。