カテゴリー別アーカイブ: 高級ソープランド

高級ソープの裏事情 VOL.1

ソープランドは格安店、大衆店、高級店という3つに大きく分類されます。その中でも高級店はそれ以下の店舗と比べると内部事情が大きく違います。

何が一番違うか?ということになりますが、それは経営陣の「意識」です。高級店に行かれたことがある方なら分かりますが、店舗の外装、内装、調度品にいたるまで、かなりの金額を投資しているのです。経営者はその投資分を回収するために、安い金額のソープ店との差別化をはかり、付加価値をつけてイメージアップと信頼獲得のために努力します。

それは風俗業の要であるソープ嬢の選別にも注意が払われ、厳しい基準を設けて面接を行います。ピンサロやデリヘルなどソフトサービスなら「脱いでくれるならOK」的な低い基準であり、面接すれば誰でも入店できるというもので、たいていの風俗とはそんなものですから、高級ソープだけは異質と言えます。

お客の信用を勝ち取るにはお客が「失敗」と感じる要素を排除することです。

・容姿が悪い(顔、体型など)
・肌の手入れが行き届いていない
・年齢が高過ぎる(熟女店は例外)
・言葉遣いが悪い
・手抜きをする
・技術不足

こういった要素があるコンパニオンについたお客は「失敗」「地雷」と感じてしまいます。コンパニオンが失敗だと店の評価も下がってしまうのです。経営者側はこれらを面接段階で防ごうとするので、深い洞察力で女の子を品定めします。技術不足に関してはテクニック指導もしますが、そこで覚えが悪いとその段階で不採用となる場合もあります。

大衆店以下のお店ではものすごく美形であったり、魅力的なスタイル(巨乳など)の女性が面接に来ると、大歓迎し、肝心の接客指導を怠り、往々にして「地雷嬢」を作ってしまうこともありますが、高級店では容姿レベルが高いくらいでは眉一つ動かさない・・という厳しさがあり、トータルでのクオリティーを求めます。

一般的には高級店になるほど絶世の美女がいる、というふうに思われがちですが、実際は「最もハズレがない」のが高級店であり、そこに信用獲得の基本方針を置いているのです。

ある有名な高級ソープグループの会長のところには、経営不振に陥ったソープ店の経営者が頻繁に相談を持ちかけに来るそうです。その際に会長が必ず言う言葉に「どんな娘を雇うかではなく、どの娘を辞めさせるかだ」というものがあります。繁盛店を持続させるためには、お客に対していかに失敗を感じさせないか、ということが大切なようです。

金額にして大衆店の2~5倍、格安店から見ると5倍~10倍もの金額をお客は支払うわけですから、店側もそれに見合った演出とサービスの努力を心がけます。そしてどの高級店も「老舗」「有名店」を目指しており、実際にそうなった高級店というのは「何もしなくてもお客が来る」状態にまで成熟するのです。そこを訪れたお客は歓喜の声で知人に宣伝をしてくれ、その評価の拡散スピードは尋常ではありませんし、その逆も然りです。

不景気と言ってもまだまだ日本人は裕福ですので、120分で6万円以上もするような店舗であっても、待合室が人で溢れている・・という光景はよく目にするものです。

高級ソープ嬢は面接を通過してもまだ安心はできません。今度は「指名競争」を迫られることになります。先輩嬢からアドバイスをもらうこともありますが、やはりそこは”ライバル”になりますので、基本的には自分の努力と工夫で指名客を獲得せねばならず、指名があまりにも少なかったり、事後アンケートの評価が低い、などのマイナス面が目立つと、店側から良い印象は受けず、最悪除籍もありうるのです。

店側からの評価が低いと、初来店のお客や写真指名、フリーのお客で、店側から「上客になりそうな」雰囲気のあるお客をつけてもらいにくくなり、さらにチャンスを減らしてしまうことになり、事態は悪化します。

こういった高級店の厳しい基準をクリアした嬢だけが生き残り、店のクオリティーのバックボーンとなるのが、高級ソープランドの裏事情なのです。

現在の高級ソープの傾向

ソープランドも雰囲気が昔とずいぶんと変わりました。吉原や神奈川県など関東のソープランドでは古くからの伝統や習慣の残る店舗はほんの一握りではないでしょうか。昔のソープといえば豪華な店作りと少し年齢のいった技術力の高いソープ嬢が、普段の性行為では味わえないような特殊な快感を提供する・・といった感じで、そこには「恋愛感情」のようなものが入り込む余地はなく、ある意味純粋で混じりけのない「性欲そのものを満たす場所」といった雰囲気でした。

男性スタッフは客をまるで殿様のように扱いもてなします。非現実的な世界観がそこにありましたが、ここ最近、新しく出店するソープランドではそういった慣習はあまり見られず、ごく自然な接し方をします。高級店であっても、折り目の正しい接客はしますが、昔のような土下座をして客を送り出すような店舗は減少しています。

ソープ嬢は高級クラブでトップ争いをしているような「極上の女」もしくは「凄テクを駆使するテクニシャン」の2択でしたが、現在の人気店のコンパニオンは至って普通の女の子たちなのです。高級店ではソープ嬢をビジュアルのレベルでふるいにかけますので美形を揃えますが、とくに強い色香を感じるような嬢はあまり見かけなくなりました。

しかし以前までのソープ文化に違和感を感じていいた人も多くいるのも確かです。ソープランド業界は、ある時期世間の風潮と流行についていけず、風俗の王座をヘルスやピンサロなどに譲っていた空白の期間もありました。

それが最近ソープ店の待合室をのぞくと客層にも変化を感じます。いかにも遊び人風の人は姿を消し、イマドキ風の若者や、年齢よりもかなり若い目のファッションでキメた中年男性ばかりで、知的なお仕事をされている方も多いようです。

キャストの技術が落ちた・・と嘆かれる古くからのソープ通の声も聞かれますが、実際のところ「泡踊り」や「スケベイス」などは現在のソープファンにはあまり高い評価は受けないようで、マットそのもを断るお客も多くなりました。要は「需要が変わった」といったところなのです。

地方にはこういったプレイを標準的なプレイとしている場所もありますが、そこにはあまり若い層のお客はおらず、みなヘルスやピンサロ、デリヘルなどに流れてしまっているのが現状です。

吉原、川崎、福原など比較的大都市にあるソープ街では特に高級ソープのサービスの傾向や雰囲気、内容が大きく変化しています。日本最大のソープ街吉原では高級ソープの”高級”の部分でさえ排除し、高額な支払いの対価を過激なプレイに置き換える店舗も増えつつあり、そして非常に人気があるのです。

最新鋭とも言える比較的新しく出店された高級店では外装や内装もシックでオシャレで控えめなデザインが多く、ケバケバしい装飾は排除されています。リゾートホテル風であったり、エステサロン風であったりと、昔のソープランドの面影はありません。

コンパニオンのサービスとしてはアイドル、モデル並のビジュアルをもち、渋谷や代官山を歩いていそうな雰囲気の現代的美女が、まるで恋人に対するような雰囲気をかもしだしてお客を喜ばせます。年齢層も昔よりも10歳ほどは低くなっており「よく出来た女」というより「可愛く甘える女の子」といったところでしょうか。今はこれに骨抜きにされる男性が多いのです。

こういった若いコンパニオンなどは普段の生活で仲良くなれないタイプの娘たちばかりですので、そんな手の届かない娘たちを好きにできる・・というのが、現在のソープランドの楽しみ方なのかもしれません。

高級ソープが風俗の最高峰として存在出来る理由とは

日本にはピンクサロン、ホテルヘルス、デリバリーヘルスなどに代表される様々な風俗がありますが、その中でも最高峰といえばやはりソープランドであることは間違い有りません。
特に、ソープランドでも高級店であればそれは揺らぐことはなく、名実ともに日本の風俗のナンバーワンと言えるでしょう。
ソープランドなどの店舗型風俗店に対する規制強化の風潮がある現在では、派遣型風俗店に主流が移りつつありますが、それでもそのサービスの質などではまだまだソープランドに一日の長があるというものです。

高級ソープ店は、基本的に「質の高さ」というものを売りの一つとしていることが多くなっています。
内装・外装に始まり、男性スタッフの接客態度やコンパニオン女性の容姿であったり、話術に立ち居振る舞い、様々なプレイの技術などなど、それら全てを総合した質というものがポイントになっています。
ソープランドの基本中の基本とも言えるものを高い水準で行うことが出来るというのが、高級店たる所以となっています。
「高級店ですが様々なコスプレが出来ます」といった店がほぼ見当たらないことからも、高級店としてあるためには、基本的なことが大事であるということです。

そんな高級ソープ店は規模の大きいソープ街であれば、どこの地域にも存在しています。
例えば、西日本最大のソープ街として知られる兵庫県神戸市の福原ソープ街などでは、10店舗以上もあり、高級店だけでも店選びには事欠きません。
そんな中で他と差別化を図るために様々な独自のシステムを考案したりしている店もあります。
代表的なのは、『銀馬車グループ』が運営している『銀馬車』や『銀馬車クイーンズ』で用いられている「顔見せシステム」というものです。
通常は写真やパネルなどで女性を選びサービスを受けるのですが、ここでは実際に本物の女性を見ることが出来るのです。
それはつまり、画像加工による誤魔化しなどが一切効かず、実際に容姿が優れている女性でないと人気になるのは難しいということです。
店側が在籍しているコンパニオン女性に確かな自信が無いと行えないシステムと言えます。
同様のシステムを取り入れている店は全国的に見ても殆どなく、どちらかと言えば裏風俗で主流となっているシステムです。

『銀馬車グループ』に限らず、他にも独自のサービスやシステムを用意している高級店というのはたくさんあります。
どこの高級店でもそれらのシステムだけではなくサービスの質という根本がしっかりしていますので、他の風俗などよりも根強い人気があるというわけです。

不況が続いた今だからこそ遊びやすい高級ソープ

日本の性風俗の代名詞ともなっているのがソープランド。
そんなソープランドの中でも、一部の店が高級店として高品質のサービスを売りとして営業を続けています。
有名なソープ街には必ずといって言いほど存在しており、東京の吉原を始め、堀之内や金津園、福原などの大型のソープ街には複数の高級店が存在し、激しい競争が行われています。

現在の日本ではソープランドの経営というのは非常に難しく、特に高級店というのは様々な原因が重なって経営を続けていくのが非常に難しい種類となっています。
その原因というのは、第一に値段です。
高級店と呼ばれるのは一般的に総額50,000~60,000円以上といった所なのですが、日本の成人男性の平均的な収入からするとこの金額を一度で使うには厳しいというのが現実です。
景気が悪い時期が続いて給料が減ったことで、現在のような格安店や大衆店がメインとなっているわけですから、値段というものに関しては非常にシビアになる男性が多いのです。

次に、高級店にふさわしい女性の確保です。
高級店というと、その生命線は高品質のサービスです。
女性にもそれ相応の容姿や教養、ソープランド特有のマットプレイに関する技術といったものも必要です。
しかし、高級店の数が減りつつある現在、そういった女性の数も少なくなり、確保するのが難しいという現状があります。

そして、一番重要な店の信用という部分。
ソープランドに限らず風俗店というのは、基本的に信用されていないというのが現状で、何の後ろ盾もないぽっと出の店が高級店を名乗ってもまず経営出来ません。
そこで重要となるのが、創業○○年というような営業年数。
長期間の経営をアピールすることで、店の信用に繋げているのです。
吉原の『夕月』や福原の『モンテ』などに代表される、どこの地域の高級ソープでも同様の手法が用いられています。
ソープランドではリニューアルオープンなどといった形で店名を新しくすることも珍しくないのですが、同一グループが経営する店などでは店名を変えてほぼ別の店として営業していても、年数を継続して数えていることも多いようです。

現在営業出来ている高級ソープ店の殆どは、こういった問題をクリアしている店であり、そのサービスなどについては十分値段に釣り合った満足出来る物となっています。
ある程度淘汰され洗練された店が残っているのが現在の高級ソープ店の状態ですので、今の時代こそ高級ソープを遊びやすいという時期と言えるでしょう。

高級ソープの楽しみ方ABC

ソープランドに行ったことがあるが、大衆店ばかり、ピンサロやヘルスは経験あるが、ソープは未経験、風俗未経験で高級ソープに行ってみたい・・など、高級ソープは敷居が高くてなかなか一歩踏み出せない人も多いのではないでしょうか?

しかし高級ソープと言えど客商売であり、より多くのお客(金持ち・貧乏に関わらず)に来店してもらうことを目的としていますので、ある程度の知識を備えれば堂々と門を叩けば良いのです。会員制の高級クラブやラウンジのように”お客を選ぶ”ようなことはありません。

■まずオフィシャルページで確認
現在のソープランドのほとんどはオフィシャルページをネット上で配信しています。一度来店した会員専用ページを設置している場合もありますが、基本的な料金システムなどは確認することができます。

気をつけなければいけないのは料金表示が「入浴料」となっているか「総額」となっているかです。ソープランドの料金は入浴料とサービス料を足した金額になり総額表示ならばその通りの金額で、割引はあっても増えることはありませんが、入浴料、となっている場合は電話か問い合わせメールフォームがあればそちらから確認して「総額はいくらですか?」と明確に訪ねましょう。後のトラブル防止のために曖昧な返事はされず、きちんと説明がなされます。

女の子の顔が確認できないのは、仕事の性質上、女の子の身内や周辺に対するアリバイのためであり、決して「だまし」のようなものではありません。来店してからパネルを見せてもらう時にはボカシを外したものが用意されています。

オフィシャルページの女の子の写真ページには「ランキング」「指名ランキング」など、人気のある子には何らかの表示がされていることが多く、それらを目安にするのもひとつの方法です。

■予約~
待ち時間対策のために予約は入れましょう。飛び込みでも来店できますが、選べる女の子が少なかったりすることもあります。ネットの写真で目ぼしい子が見つかれば、その子の名前で予約、決めかねた時はフリーか店内写真で行ってから決めることもできます。

ほとんどの高級店は初来店の場合、予約は前日か3日前、一度来店して会員になっていれば1週間前くらいから予約入れられます。たいていは前日、もしくは当日に「確認電話」を入れるシステムになっています。最低な決まりはきちんと守ってトラブルは未然に防ぎましょう。

■写真で選ぶ場合
高級店ならフリーであっても、かなり丁寧にこちらの女性の好みやプレイ内容の好みなどを聞き入れてくれます。写真を見る場合でも「テクニックのある子は?」とか「人気のある子は?」または巨乳、身長の高低、新人、ベテランなど、気になることはすべて質問してかまいません。店側としては満足してもらってリピートしてもらうことを目標としていますので、気を使ってしまっては誰も得をしない結果となります。

お店側がオススメする子は人気があり指名を多く取る子だとか、何らかの確信があり勧めてきますので、迷った場合は任せてしまってもよいでしょう。

■割引について
各店舗それぞれに割引システムがあります。時間帯によるものや期間限定など様々ですが、大きく割り引くものに「新人割引」があります。高級店はコンパニオンの高度な接客とプレイ内容を武器としていますので、まだその部分が未熟な新人に対して大幅な値引きをする習慣があります。

「自分が育ててやる」と思われるような風俗上級者なら、また違った楽しみ方もありますが、もしそれほどソープの醍醐味を味わったことがない方なら値段は安くとも新人狙いは避けたほうが無難かも知れません。

■いざサービスへ
受付を終えると待合室での待機になりますが、高級店ともなるとドリンクサービスやお茶菓子、また高級洋酒のサービスがあったりと、充実しています。また女の子が個室で独自にお客のタバコを数箱サービスしてくれたり、高級酒を飲ませてくれたりする場合もあります。

プレイ内容としては全国的に「即即」と言われる洗体前に生フェラ、合体が基準となります。これを前提にして高級店で遊ぶ際には、案内前にトイレにて、備え付けてあるウェットティシュなどで性器を洗浄ことは、お客側のマナーとして常識となっています。ゴム無しでの合体が多いですが、一概には言えません。泡姫の方からゴム無しOKのサインが出ても、お客の衛生意識でゴム装着を言うことはマナー違反ではありません。

責め好きの人は責めてもかまいませんし、マグロ状態であっても泡姫は存分にソープの快楽を楽しませてくれます。初心者なら一度泡姫にすべてを任せてみるのも良いでしょう。連発で発射し性的満足を得るのもよし、発射回数を抑えて会話を楽しむのもまた良しです。

■その他のサービス
高級ソープなら無料駐車場や、行き帰りの最寄り駅への送迎などはほとんどの店舗がしてくれます。数回通うことにより多くの割引券の発行も増えると考えていでしょう。「上客」になればなるほど一見との格差をつけてくれますので、お得感は増していきます。

失敗なく大人的な遊び方をするなら高級店は打ってつけなソープランドですし、はじめてソープランドで遊ぶ場合でも特別な知識もいらず、親切丁寧にサービスを進行してくれる面ではそれ以下の大衆店、格安店よりも遊びやすいと言えます。