カテゴリー別アーカイブ: すすきのソープランド

現代ソープランドにロリっ子が急増な理由

ここ数年でソープ嬢の平均年齢が下がり、”異常”ともいえる事態になっています。

最初は吉原や福原、ススキノなどでその傾向が強まりつつありましたが、最近では地方のマイナーソープでも、18歳や20歳といったコンパニオンがゴロゴロといる状態です。

もともとソープランドはピンサロやヘルス、エステといった「本番のない性風俗」のコンパニオンよりも年齢層が高いのがふつうでしたが、今ではほとんど差がない状態になりつつあります。

いわゆる「ロリっ子」と言われるソープ嬢たちが、なぜこんなに増えてしまったのかを調べてみました。

●貧困家庭の増加
一般家庭の格差が年々広がり、現在では「貧困家庭」が社会問題となりつつあります。

1日に3回食事を摂れない子どもが増え、地域ではボランティアで夕食を提供するような状態なのです。

こういった家庭に育ってしまうと、教育も不十分になりがちですから、就職にも悪影響がでます。

将来を考えたときに、貧困家庭出身の女の子たちは、破格の収入が得られる性風俗への就職を果たすことが多いようです。

そして、性風俗の中でももっとも収入が高いと言われているソープランドは人気が高く、以前のように「デリヘル→ピンサロ→ファッションヘルス→ソープランド」と順を追うことなく、いきなりソープ嬢を目指す子が増えているため低年齢化が進むのです。

●男性客からの需要
「空前のアイドルブーム」といわれて久しくなりますが、最近の男性の好みは「ロリ傾向」にあるといえるでしょう。

ソープランドなどの性風俗は、男性の好みに対応するのがビジネスのセオリーですから、たくさん面接に訪れる女の子の中から、どうしても「若く見える子」を優先して入店させる傾向があるといいます。

もちろん、自治体の条例はしっかりと守りますから、最低年齢でも「18歳」が限度です。

●女の子のファッションの流行
20年ほど前までは、思春期の女の子たちは大人の女性に憧れ、背伸びをしたファッションを好みました。

しかし最近では「清楚系」が主流となり、またアニメ・コスプレブームに女の子が影響されたことで、どんどん”幼児化”する風潮があるのです。

20年前の18歳と今の18歳では、同じ年代と思えないほど今の女の子は子供っぽく見えるため、ロリっ子が急増しているように感じるという側面もあります。

●キャバクラの低迷
道路交通法の大幅改正によって、キャバクラなどのアルコールと提供する水商売の低迷が止まりません。

”夜の街デビュー”の登竜門であるキャバクラが、あまり女の子を募集しなくなったこと、また入店しても昔ほど稼げなくなったことなども、ソープランドに若い層の女の子が仕事を求める原因にもなっているようです。

●女性経営者が増えたこと
ソープランドに女性経営者や責任者が増えたことも、若い女の子たちが安心して入店できる理由として挙げられるでしょう。

また、こういった女性経営者は、店の外観・内装・衣装などを女性目線でデザインするので、可愛くファッショナブルで受け入れられやすいのです。

実際に可愛いソープ嬢が大量に在籍しているソープ店は、昔のように重厚な雰囲気はなく、ポップで爽やかな店舗が多いのも事実なのです。

まだ幼さの残るソープコンパニオンには独特の魅力があり、ハマってしまうお客も多いようです。

日本の景気が回復すると、また状況も変わってしまうかもしれません・・・。

ロリっ子好きな男性ならば、今のうちに味わっておくほうがいいかもしれませんね。

激下がりのソープ相場、地方では1万円切りも珍しくない

日本には数ある性風俗の業種がありますが、その頂点たる業種となっているのがソープランド。
昨今では店舗数も勢いもデリヘルに完全に抜かされていますが、まだまだそのサービスについては譲ることはなく、今でも多くの男性が全国のソープランドを訪れています。
ソープランドと聞くと、多くの方が第一に想像することと言えば「高い遊び」ということではないでしょうか。
ソープランドで遊ぶには最低でも数万円かかり、場合によってはボッタクリなどの悪質な店に引っ掛かって何十万円も取られてしまうとか、とにかくソープランドにあまり興味が無い人にとってのイメージといえばそういったものばかりです。

確かに、一般的なソープランドの相場というのは、20,000~40,000円の間といったところであり、このぐらいの金額を出せばしっかりとしたソープ遊びを堪能することが出来ます。
しかし、こういった金額が当たり前だった時代はとうの昔、昭和のバブル期から平成一桁年ぐらいまでの間ですし、それ以降の特に21世紀に入った頃にはソープ業界にも価格競争などで低価格化が進んで、現在では2万円以下の格安ソープというのが主流となっています。

かつては高級ソープ街と呼ばれ、日本で一番多くのソープランドが集まっている吉原でもこの流れには逆らえず、現在の吉原も他の地域と同じように格安ソープが大半を占め、一般的なイメージのレベルになりますと全体の3分の1も無いような状態です。
ソープの聖地と呼ばれる場所でもこのような状況、関西の有名ソープ街である福原や雄琴、中州といった場所でも同様に格安店がメインとなっていて、20,000~40,000円の店は、値段やサービスが中途半端過ぎて経営が成り立たなくなるという現状です。

さらに、北海道や沖縄といったいわゆる地方都市と呼ばれるところでは、さらに低価格化が進んでおり、20,000円台のお店でもその土地の最高級ランクとなっていますし、最低価格などは10,000円でお釣りがくるレベルとなっています。
ソープランドの相場自体地域格差が出やすいものではあるのですが、それでもこの低価格で経営が成り立つというのも凄いものです。

このように、現在のソープランド事情は、必ずしも数万円必要な高級な遊びというわけではなくなっています。
格安店では時間設定が短い関係上、一度でソープランドの全ての楽しみを味わえるというわけではありませんが、その分だけ回数で補えるというメリットがあります。
何度も通うことで女性と仲良くなることも可能ですし、工夫次第で安い店でもそれなりの遊び方というのが出来ますので、安い=悪いということでもないのです。

すすきのソープランドのジャンルと料金と年齢比較

すすきののソープランドは40店舗ほど営業しておりますが、気になるのが料金やコンセプト、サービスや演出、そしてキャストの年齢です。各店の最短コース(早朝は除く)と料金、コンセプトと大まかなキャストの年齢層などをまとめました。

※料金表示は1000円を「1K」とし、50分コース1万5千円なら「15K」とします。

■アイドル・学園系 
・花火       55分14.5K 10代~20代前半

・GIOVANNI    40分11K  10代~20代前半(20代前半が主流)

・ナース学園    50分13.5K 20代前半

■熟女系

・蜜        50分14.5K 20代半ば~40代

・重役室      70分22K  20代半ば~40代(30代後半~主流)

■ランジェリー・セクシー系

・プレイボーイ   50分12.5K 10代~20代後半(全体的に若い)

・ナイトラバー   50分14.5K 20代前半~20代後半

■コスプレ・着衣プレー系

・ラ・メイド    40分11.5K 20代前半 (メイド・コスプレ)

・ギラギラナイト  50分14.5K 10代~20代前半(着衣プレー)

・バニラカフェ   40分11K  10代~20代半ば(コスプレ指定)

・エクシード    40分9.9K 10代~30代後半(着衣プレー)

■ナース系

・ナース天国    50分12.5K 20代前半~20代後半

・病院       50分12.5K 10代~30代前半

■オフィス系

・シークレット    
 オフィス     50分14.5K 20代~20代後半

・痛快OL通り    40分10.5K 20代前半~20代後半

■和風ソープ

・さくら      50分16K 20代前半~20代後半

■高級店

・タッチVIP    70分23K  20代~30代前半(口コミによる推定)

・ロイヤルヴィトン 50分14K  20代前半~30代前半

・ルイ・ピアジュ  70分21K  20代前半~30代前半

・elle Cal     70分23K   20代前半~20代後半

・ABC       70分27K  20代前半~20代後半

■オーソドックススタイル店(特に際立ったコンセプトやサービスの特色がない店舗)

・ミカド      50分14.5K 20代前半~20代後半

・夕月       50分14.5K 20代半ば~30代 ※大型割引があり実質的に格安店

・さっぽろ倶楽部  50分16.5K 20代前半~30代

・クリスタル    50分13K  10代~20代後半

・ヤングレディ   60分11.5K 20代半ば~30代前半

・札幌秘密倶楽部  50分15K  10代~20代後半

・タッチLabel   40分12K   10代~20代半ば

・タッチPlus 40分12K  10代~20代後半

・気まぐれ天使   40分15K  20代~20代半ば

・ラブ
ファクトリー    50分13.5K  10代~20代後半

・11PM      50分12.5K  20代前半~30代前半

店舗名は重複しますが「2輪車(3Pプレイ)」がシステムにはっきりと組み込まれている店舗は以下になります。

・ヤングレディ
・病院
・ロイヤルヴィトン
・ルイピアジュ
・elle Cal
 
上記以外の店舗でも「相談可」という店舗もあります。
上記店舗はいずれもホームページを配信しており、そこで詳細を確認することができます。

「高級店」の分類としては店舗側で”高級店”というコンセプトを掲げていて、サービス内容もそれを意識したものである・・ということで、実際の料金的には吉原などの「大衆店」クラスです。

すすきのソープ街と繁華街の現在

すすきの繁華街は昔の繁栄ぶりから見ると30年以上の不況がたたり、飲食店などの撤退により衰退気味です。全体の1割ほどの商業施設が姿を消したわけですから、肌で感じるほどだと言われています。

しかし風俗業界に絞って調査をしてみると、千歳や白石などの近隣地域で、ピンサロ店などの風俗店が一斉検挙されたためにすすきのに流入し、現在すすきのは「風俗店飽和状態」となっているのが現状です。

風俗店の移転にともなってお客も流れてきますので、以前のすすきのの一般客と風俗目的の客との比率も変わってきていると言われています。古くからあるすすきののソープ店にとっては脅威かも知れませんが「不況」が背景にあるために、レベルの高いキャストが集まりやすくなり、店自体はかなりレベルアップしている現状です。

すすきののソープ店のライバルは店舗型ヘルスであり、これも全国的に見てもかなりのハイレベルを誇っています。こちらはすすきのソープの特徴とは逆に「高級ヘルス」が多く、よってソープとヘルスの料金の差が少ないのが特徴です。お互いが意識し合いながらサービスの質が上がってくれるのは、お客として行く場合にはメリットも多くなり歓迎すべきことです。

ただ厄介なのが「客引き」が急増したことでしょう。南4条から南7条にかけての風俗密集地域にはかなりの客引きがおり、中にはたちの悪い輩もいるとの情報がありますので、予約を入れたソープ店に着くまでは、断固として無視をきめこむのが得策です。これらは「違法風俗店」がほとんどで、古くからすすきので営業するソープ店や店舗型ヘルスでは客引きは行われていません。

全国的にソープ嬢の低年齢化が進んでいますが、すすきのでも同様で、東京都比べると、他府県から入ってくる人よりも、出て行く人の方が圧倒的に多い土地柄であることを考慮にいれると、驚くべき数の低年齢のソープ嬢が従事しています。

今では当たり前になったソープランドの「格安店」、実はすすきのが最初だと言われています。地元では「コンビニソープ」と言われ、1万円代前半の金額で遊ぶことができるソープ店です。この低価格ながら外見の良い若いソープ嬢が多くいたことからすすきのソープの知名度が広まったのです。

高級店の割合が多い福岡博多の「中洲」とは真逆の性質を持っているのがすすきのソープ街の特徴と言えます。

不況とは言え、他府県から観光として訪れるのには非常に楽しい街であることは確かであり、高いレベルの寿司が安く食べられることや、ジンギスカンやラーメン、海鮮料理など「食」に関して魅力が多いことは今も変わらず、また街の再開発も行われ、大型の商業施設なども充実してきており、ソープランドも含めて楽しめる街であることは確実です。

「シティヘブン」や「マンゾク」などでもすすきのは「主要ソープ街」として確固たる地位を得ていますので、これらのポータルサイトをブックマークしたスマホと、グルメ雑誌の両方を持ってすすきのに行けば、存分に楽しめることができる観光、娯楽スポットです。

すすきのQ&A(オススメソープ店)

すすきののソープ店は全国的に評価が高く、出張や旅行などで訪れる男性に親しまれています。しかし40店舗以上が軒を連ねていますので、お店選びも大変です。価格帯はどれも似たり寄ったりですが、やはり満足度の違いはあり、口コミサイトなどにも多く投稿され、かなりの人気店も存在しているようです。

出張者、旅行者、他府県からすすきのソープに出向いた方向けに、すすきので最近特に人気のあるソープ店を5つ紹介します。

【1.花火】
”アイドル”や”ロリ”などというワードがピッタリとはまる、ススキノらしい人気店です。某アイドルグループ(A◯B48)を意識した衣装に身を包んだ低年齢のキャスト写真をホームページで見れば奮い立つ男性客も多いはずです。

キャストは18歳~20代前半とすすきのならではの低年齢。50人以上の在籍を抱える大所帯です。ネットでの口コミ評価の良さ・・というよりその多さが目立つことから、地域での注目度がうかがえます。

すすきのの中ではコンセプトをしっかりと維持している店舗で、若い子以外はいませんので、それ好みの人限定です。

【2.痛快OL通り】
前述の花火と比べると「OL」という括りはありますが、吉原や福原のようにコンセプトの徹底はありません。至って普通のソーププレイをしてくれるので、安心して遊べる店舗として地元民の評価も高いようです。在籍は30人ほど。

残念ながらネット写真では顔の確認は難しいですが、ルックス地雷は少ないとの口コミです。早番、遅番とキャストが分かれているので出勤確認は必須。少し大人のプレイを楽しみたい人向け。

【3.蜜】
全国的に見ても決して少なくない熟女ファンでもススキノは対応してくれます。総勢40人以上の熟女が在籍し、20代後半から40歳オーバーまでと多彩です。

他の地域のように熟女=安いという図式は当てはまらず、平均的な価格帯です。熟女店ならではの至極のソーププレイが人気で、本格的なソーププレイを楽しみたい方は熟女マニアでなくとも経験してみる価値はありそうです。

【4.さっぽろ倶楽部】
店名の通りススキノの平均的なソープ店と言えるでしょう。20代前半から30代と幅広く在籍し、40名以上のキャストがいます。キャミソールに網タイツなどセクシー路線が特徴的。

吉原や雄琴などを経験している人で、男性スタッフの手厚い接客を好む人なら、この店と相性が良いかもしれません。すすきのの中では比較的店舗のサービスレベルが高めのソープ店です。

【5.ラ・メイド】
メイドコスプレ店ですが、キャストの技術レベルやスタッフの接客、サービスもよいバランスのとれた人気店です。とくにコスプレに興味がなくても楽しめる内容で、アキバのメイドカフェなどを連想する必要はありません。(あの空気に耐えられない人も多いはず・・)

全体的に巨乳嬢が多いススキノの中でも、特にラメイドには集中している印象です。Gカップ以上のキャストも5~6人在籍し、人気の秘密は意外とそこにあるのかも知れません。

すすきのは繁華街としても非常ににぎわいを見せる街で、ソープを含む風俗店目当てのお客が後を絶たない状態です。紹介した以外の店舗でも人気店はまだまだあります。

他の地域のソープ街と比べるとハズレの店舗を引き当てる可能性が極めて少く、安心して遊べことができるソープランド街です。