ソープランド求人を選ぶ時には性病のリスクも考えて

ソープランドの求人は、高給に惹かれて業界に入ってくる女性は多いのですが、給料だけしか見ないで求人選びをしてしまうと、店選びに失敗することは多々あります。
ソープランドと一口に言ってもお店は色々ありますし、お店によって給料システムやサービス内容なんかも違いますし、お店の設備だって違いますが、何より違うのがお店の安全性なのです。

ソープランド自体は風俗の中でも安全性が高いお店なのですが、それでも色々な危険というのはあります。
ソープランドは、デリヘルと違って実店舗であり男性スタッフがすぐ近くにいるということもあってお店でお客さんと直接トラブルになるようなことは少ないのですが、性病なんかに関するリスクは目に見えないものですから、お店の取り組み次第で大きく変わってくるのです。

もし、ソープランドで働いていて性病に罹ってしまった場合、女性にはかなりの負担が掛かります。出勤停止は当たり前ですからその間は収入が途絶えますし、性病の治療費は実費になります。さらに、もし気付かないうちに男性客に移してしまったとしたら、ネットなどで噂になって指名が入らなくなる可能性もあります。
お店によっては、性病予防のために毎月定期的に性病検査をすることを義務化しているところもありますが、性病の症状が出ない時の検査というのは健康保険適用外のため結構な金額になります。
しっかりと性病リスクを認識しているお店であれば、その費用をある程度負担してくれる所もあるようです。

性病リスクの管理は、傾向としては高級店の方がしっかりしているようです。激安店や格安店というのは、表向きは性病への対策として定期的な検査などを謳ってはいるものの、実情は女性の自主性に任せていたり、その女性も費用の問題であったり手間の問題で、実は検査を受けていないということも多々あります。
高級店であれば、診断書を提出しないと出勤させないという店も多いですから、安全性を求めるというのであれば、高級ソープの求人が良いでしょう。

また、地域ぐるみで性病リスクへの対策をしている所もあって、関西の雄琴は性病対策をしっかり行っている地域として有名です。
雄琴では、お店ごとに適宜検査に行ってもらい、その診断結果を組合側に提出して、全てが陰性である女性にだけ出勤を認めるシステムとなっています。
これで100%防げるというわけではありませんが、それでもこうした対策をとっていない地域に比べて安全性は高まっているようです。

性病は、仕事だけでなく自身の体にも大きな負担をかけるものですから、風俗で働くなら絶対に避けたいもの。ソープランドの求人を選ぶならば、こうした部分にも気を配って選びたいものです。