カテゴリー別アーカイブ: ソープランド・風俗

憧れの男性ソープスタッフ~男性従業員求人欄の見分け方

ソープランドで遊んだことがある男性の中には、「自分も働いてみたい!」と考える人も多いようです。
毎日キレイなコンパニオンに囲まれながら仕事ができるのですから、”男の憧れの職業”といえるでしょう。
また、やる気があれば普通の会社で働くよりも、はるかに早く出世できる可能性もありますし、また学歴なども必要としないために「誰にでもチャンスがある」職場でもあります。
ただし、職場の環境は店によってかなり違うため、自分の望む形で就職したいのならば「店選び」は慎重にしなくてはなりません。
自分の希望に合った店を選ぶために、男性従業員の求人広告の見かたを解説します。

●人気店を選ぶか、不人気店を選ぶか・・・

ソープランドには集客に成功している人気店とそうでない、不人気店があります。
もちろん人気店ほど業務は忙しくなり、不人気店ではゆっくりとしています。
怠け者の男性ならば、迷わず不人気店を選びそうですが、そう簡単に決めてはいけません。
人気店はコンパニオンも多く、男性従業員も十分にいますので、毎日やることは雑務的な単純作業が多くなりますので、精神的な疲れは感じません。
これに対して不人気店では女の子の手配や、お客を呼び込むための努力をしなくてはなりませんから、逆に忙しくなる可能性もあるのです。

●短すぎる求人広告には注意

ソープランドの主役は何と言っても女性コンパニオンですから、男性従業員は”ついでに募集”といった店舗も多いようです。
「給料と年齢制限」くらいしか書いていないような求人でも、入店すると待遇が良い場合もありますが、やはり社会的な常識として最低限のことが書かれていない求人には手を出さないほうがよいかも知れません。

●グループ店か?個人店か?

最近のソープ業界はいくつかの店舗がグループ化したものや、姉妹店を次々に展開している店、また起業化している店舗もたくさんあります。
また、これに対して個人で営業するソープ店もたくさんあり、このどちらを狙うかも考えなければなりません。
将来に向けての早い出世を求めているのならば、縦割り経営でオーナーが身近な存在である個人店を選ぶほうがいいでしょう。
うまく行けば店長になれる可能性もありますし、さらにのれん分けして自分が経営者になれることも十分に考えられます。
反対にそういった野望がなく、安定して働きたいのであれば、グループ店や企業化したソープランドを選ぶと良いでしょう。

●経営者がメディアに出ていることもあるのでチェック

どんな場合でも職場探しで大切なのが「経営者がどんな人物か?」ということです。
自分が尊敬できるような経営者ならば仕事も楽しくできますし、モチベーションも高まります。
最近ではインターネット上でソープランドの経営者がインタビューに答えていたり、自ら配信するホームページで挨拶をしていることをよく見かけますので、興味のある男性はチェックしてみるとよいでしょう。

「風俗店勤務」という色眼鏡も最近ではずいぶん薄れ、手早い出世に惹かれて有名大学を卒業したような男性がソープランドの門を叩くことも珍しくなくなってきています。
まずはご紹介した方法で求人広告をしっかりと見定め、ソープ従業員への道を検討してみましょう。

福原ソープ街にはなぜAV女優在籍店が多いのか?

ここ数年で目にすることが増えた「元、現AV女優在籍店」という広告・・・
「AV女優とお手合わせができる」という、夢のようなことがソープ業界で起きているのです。
関西のソープ街では、神戸の「福原」にAV女優の在籍店がみられ、続々と在籍嬢が増えているといいます。
なぜ、AV女優がソープ店に在籍する動きがあるのか、また、なぜ福原に集まるのか、などを探ってみました。

●AV女優がソープ嬢に転身する理由

一時期旺盛を極めたAV業界も、いまや業績が低迷から抜け出せません。
その大きな理由が「ネット動画」だそうです。
有料のサイトもありますが、現在では少し工夫をすれば無料でいくらでも閲覧することができます。
「アダルトビデオ」というのは、男性が性欲に猛り狂って、死にものぐるいで入手し、そして抜き終わったら価値が半減する・・・というものですから、手近なスマホで処理をされたらDVDは売れなくなるのも当然。
AVメーカーの売上が落ちれば、AV女優に支払われる報酬も減るのは当然であり、一昔前の女優と比べると、今の女優は収入もかんばしくないのだそうです。
そして同じセックス産業であるソープランドへ転身する元女優が増えているのです。

●確実に売れっ子になるAVからの転身組

私個人としてはそうは思わないのですが、「AV女優は雲の上の存在」であり「ソープ嬢は手の届く存在」という概念があるそうです。
ですから、AV女優が鳴り物入りでソープ店に入店すると、かなり大きなトピックとなります。
お客が殺到して予約が取れない、といった状況になることも珍しくなく、ソープ店側も女優側もかなり美味しい状態です。
こういったことが通例ですから、ソープ店はAV女優に高額な契約金を支払うケースもあるそうで、売れないDVDを作るよりもソープランドで確実な収入を得る方を選びたくなるのも当然ですね。
福原のソープ街は、こういった動きに敏感に対応し、多くのAV女優を広告等として在籍させる店舗が増えつつあるのです。

●過激化するAVの世界

”性欲”というのは過激な方向へエスカレートする性質があるのは誰しも知るところです。
20年前まではあまりなかった「中出し」なども今では珍しくありません。
何十人もの男優を同時に相手にしたり、デリケートな女性の体を壊しかねないようなハードなプレイもこなさなくてはならないのです。
実際に体を壊して引退する女優も多いとかで、こんな業界にいるよりは、ふつうのセックスをするソープランドに転身しようという女優が増えるのも当然ですね。
福原はソープ嬢に対しての待遇が良いことで有名ですので、AVメーカーなどに比べると、はるかに”人間らしい”扱いを受けるのでしょう。

●意外に多い関西のAVメーカーの存在

AVメーカーの多くは関東に集中しているといいますが、意外に関西にもたくさん存在しているそうです。
関西在住のAV女優が、転身を考えたときに思いつくのが「福原」なのでしょう。
西日本では最大級のソープ街ですから、当然の発想だといえます。
店舗数も多く、AV女優の受け入れ体制が整っている福原だからこその現状だったのです。

調べてみると、ネガティブな背景が隠されていたAV女優のソープ嬢転身の裏側でした。
しかし、お客側としてまたしてもないチャンスですね?
ファンだったAV女優と実際にプレーできるのですから、夢のような話です。
福原のAV女優在籍情報は、ネット上にあふれていますから、「福原ソープ AV女優在籍」などと検索すれば、いくつものサイトがヒットするはずです。

実体験者が語る『福原ソープ街』の裏情報

昔は闇の向こう側にあったソープ店の情報も、ネットの普及によって随分と簡単に入手することができるようになりました。
料金などは明瞭で、追加の予備金を用意する必要もないくらいに安全に遊べ、そしてソープ嬢の写真も「ネットで見放題」というのが現在のソープランドの常識です。
しかし、やはり”情報”にはレベルというものがあります。
店側が発表するシステムの説明だけでは語ることのできない「裏情報」というものが、風俗遊びには必要です。
そこでソープ歴15年を自負する私が、福原ソープ街を実際に体験した裏情報などをまとめてみました。

●法定ギリギリのソープ嬢がかなり存在する

ソープ嬢として店で従事できる、女性の最低年齢は自治体によって違い、18歳~20歳と差があります。
自治体の取り決めと、その地域のソープランド協会の取り決めによって18歳からOKか、20歳からOKが決まってくるのです。
福原では多くのソープ店が18歳から~を導入しているので、まだ未成年のソープ嬢と出会える可能性が高いのです。
福原のある神戸自体が若い女性の憧れの街でもあることから、福原に在籍を希望する子が多いことも、低年齢ソープ嬢を生み出す理由としてあるようです。
つい数ヶ月前まで学生服を着ていた女の子が接客してくれるのですから、男性ならば興奮を抑えきれないはずです。
まさに「法定ギリギリのソープ嬢」と交えることができるのが福原のメリットです。

●NN・NS率が高い

ソープランドはもちろん「本番」ができます。
しかし、さらに突っ込んで「ゴム付きかどうか?」ということも、満足度に大きく関係してきます。
多くのソープランドが基本的にゴム着用を義務付けていますし、NN(生中出し)NS(ノースキン)の場合でも、それを広く宣伝することもありませんから、この辺は裏情報を頼りにするしかないのです。
また、ソープ街によって、NNやNSがほとんど許されない地域、あるいはその反対に寛容な地域があり、福原は完全に後者だといえます。
NN、NSがOKなソープ店は「高級店」に多いと言われていますが、福原では大衆店、格安店でもコンパニオンの判断やその日の気分によってはOKされることもあります。
こちらかリクエストはできませんが、何度か指名をして常連になればヒット率は高まるといいます。

●店外デートができる可能性も高い?

店の外でソープ嬢とデートがしたいと願う男性はきっと多いはずです。
私も何度かチャレンジしてみて、何人かのソープ嬢と外で逢ったことがあります。
店でお金を支払ってサービスを受けるのとはまた違った満足感が得られ、男の狩猟本能も満たされるのです。
しかし、ソープ店側から見ると、これは完全なルール違反ですから、成功率はかなり低いといえるでしょう。
ところが福原では意外にこれがうまくいくのです。
関西の女の子のラテン系のノリが原因なのでしょうか・・・
とにかく店外デート率の高さは私が実体験で得た印象です。

西日本を見回しても、高松や雄琴、広島、岡山、九州と、いくつものソープ街は存在しますが、福原は規模の大きさもあってか、料金以上の特典が多いように感じます。
自分のホームグラウンドでマンネリを感じた人なら、一度福原で新規開拓してみる価値はあるでしょう。

大人の街「神戸」周辺の風俗情報とソープランド

大人の街として知られる関西の「神戸」は、ハイセンスでレベルの高い商業施設や観光スポットが多く存在します。
歴史的に貿易港として栄えたこともあり、異国情緒あふれる街の雰囲気や重厚感は、関西最大の街である大阪にもひけをとりません。
そして、栄えた街に必ず存在するのが「風俗店」です。
神戸にも数え切れないほどの風俗店が営業しており、全国のそれと比較してみても突き抜けたレベルです。
神戸が「大人の街」として認知されている理由には、充実した成人男性の遊び場があるからなのでしょう。

●神戸周辺の風俗店にはどんなものがある?

神戸周辺は、他府県からの人の流入も多く、また街の住民も垢抜けていますので、風俗店も全国の流行の最先端に近いものです。
デリヘル・エステなどはもちろん、一世代前に流行したファッションヘルスやピンサロも健在です。
そして全国規模でその名を轟かせている、「福原」のソープ街も、一時期陥った低迷から復活し、現在では「風俗界の王様」の地位を取り戻している状況なのです。
神戸の風俗は関西地区の男性からの支持が多く、これは昔から現在まで変わらない状況です。
西日本に住む男性で風俗に目覚めたのなら、間違いなく「神戸」を目指すのが正解だといえるでしょう。

●神戸にはどのくらいの風俗店がある?

風俗の業態としては前項で書いたとおりです。
神戸には、現在の日本で流行している風俗業態のほとんどが存在しています。
神戸のある兵庫県の全風俗を数えると、その数は700店舗にも及ぶと言われ、しかもすべての店舗がきちんと警察当局に届けを提出している「表の風俗店」です。
兵庫県の主要歓楽街だけでも以下の店舗数があります。

・尼崎(90店舗)
・三宮(230店舗)
・新開地(125店舗)
・元町(150店舗)
・福原(180店舗)

福原の数字は、ソープランド50店舗あまりを合わせた数です。
主要歓楽街だけでもこれだけの風俗店がひしめいているのですから、レベルも高くなるのも当然のことだといえるでしょう。

●まずは「福原ソープ街」あたりから攻めるのがオススメ!

これだけ風俗店があるのですから、いざ出陣しようとしても、いったいどこから攻めればいいか迷ってしまうことでしょう。
そこでおすすめなのが「福原ソープ街」からスタートする方法です。
「ソープランドは敷居が高い」と言われたのは過去の話。
その客対応の良さと、サービスの手厚さ、またコンパニオンの質の高さなどから、むしろ初心者向きなのです。
また、ソープ業界自体に低価格化が進んでいるめに、福原でも格安店が急増しています。
もちろん福原は「ソープランド店」ですので、どれだけ料金が下がっても「本番」は必ずできますから、他の業態の風俗と比べるとコスとパフォーマンスも高いのです。

神戸の街はデートスポット、観光スポットでもありますが、大人の男性が心から楽しめる娯楽が満載なエリアです。
「飲む・打つ・買う」のすべてを満喫したい男性ならば一度足を運んで見る価値がありそうですね。

福原の高級ソープでもノースキンでの遊びは避けよう

ソープランドでのサービスには、基本的にスキン着用というのが全国共通となっていて、ソープ遊びを嗜む方の間ではマナーとなっています。スキンを使うことの最大の目的は何と言っても性病予防です。性病はソープ遊びでは絶対に避けることが出来ないリスクですから、そのリスクを少しでも下げられるのであれば積極的に利用するのが賢い選択と言えます。

しかし、スキンを着けることで感触が変わってしまったり、女性側もゴムとの摩擦で体に傷がつきやすくなるということもあって、スキン着用を嫌がる方もいるというのが現実の所です。高級店などではスキンを使わないサービスが安全性が高いことを示すPRとなっているということ、どんなに徹底していても需要があって供給があるわけですから、無くなることはありません。

福原のソープ街でも、ノースキンでのサービスを行っている所があります。店がコースとしてノースキンのコースを用意している場合と、店は禁止しているもののコンパニオンの女性が独自に行っている場合の2つがあるわけですが、後者はどこの店でも大抵2~3人はいて、ネットで情報を集めれば出ています。また、お店がコースを用意している場合ですが、この場合は直接明記していることはありませんが、直接電話で尋ねるなどすれば教えてくれることが多いです。

福原のソープランドは、どちらかといえばノースキンでのサービスをしている所が多く、福原の高級店ではほぼノースキンでのサービスが受けられます。やはり直接明記しているわけではありませんが、お店のウェブサイトなどで料金が高くなっているコースであったり、指名料などが高くなっているコンパニオンなどなど、他とは若干違う扱いになっている場合は、大抵ノースキンでのサービスが絡んでいると見て良いでしょう。

例を挙げると『銀馬車QUEENS』のKINGコースとか『モンテ』のVIPコース、『103PARCO』のExcellentコースなどがあるでしょうか。これらのコースはどれも通常のコースより割高となっていて、事情を知っている人にはわかるようになっているのです。

高級店では、接客数が格安店や大衆店とは格段に少ないので、それだけコンパニオン女性の性病感染率は低くなります。高級店がノースキンでも大丈夫というのはその辺りが根拠となっているのですが、それは決してあてになるものではありません。潜伏期間の客を相手にして感染、定期検査までの間に知らずに感染拡大させてしまうこともあるのですから、高級店でも油断せずにスキン着用で遊ぶことを心掛けるようにしましょう。