アラサー・アラフォー男性の「ソープランドデビュー」が増えているわけ

日本の男性にアンケートをとると、「風俗経験したことがない人」がある人を大幅に上回ります。今や射精産業は、ソープランドを始めとする風俗業ではなく、自慰行為のためのAVやオナニーグッズなどが多くを占めているのです。
また、風俗デビューはなかなか一人ではできにくいものです。昔は現在よりも情報が希薄だったため、風俗にはさまざまな噂や都市伝説がつきまとい「怖いところ」という印象が強く、友人や職場の先輩に教えてもらって初体験するというのが、最も多いデビューの道筋だったのです。人間関係が濃密ではなくなった現代の日本では、こういった事情が重なることで風俗未体験の男性が増えたのでしょう。

●アラサー・アラフォーの風俗デビューが増えている

生涯未婚率が危機的なレベルにまで達していること、セックスレス夫婦が増えていることなどが原因で、最近ではアラサー・アラフォーの男性の中に、性欲のはけ口をソープランドなどの風俗店に求める人が増えつつあるようです。
そして、現在ではインターネット端末は誰でも持っていますから、興味本位でネット検索し、そこに繰り広げられている艶めかしい世界を目の当たりにするのです。実際にその中の何割かが、見事風俗デビューを果たし、その数は年々増えつつあります。性欲そのものは思春期などの若い男性の方が高いのは当然ですが、年を取ってからの覚醒は一種独特の激しさがあり、深くはまり込むほど夢中になるのです。

●「衝撃」と「後悔」が共通した感想

アラサー・アラフォー男性がソープランドデビューをしたとき、口を揃えて出て来る言葉が「衝撃」と「後悔」です。”衝撃”は当然のことですが、”後悔”というのは「もっと早く知っていれば良かった、人生を損した気分だ」ということです。童貞であっても既婚者であっても、ソープランドで繰り広げられる性的サービスの数々は、まさに別世界の代物であり、怒髪天の衝撃を受けることは間違いのないようです。

●豊富な資金力が後押し

童貞であったり、これまで風俗を経験したことがない男性は、たいてい仕事がまじめで、それなりのステイタスを築いているものです。自由に使える金額は世間の男性の平均よりもはるかに高く、それは同種の男性がハマりやすい「アイドルの追っかけ」「アニメ」「ゲーム」につぎ込む金額の多さからも、容易に推測できます。
中には、ソープランドの方に資金を投入したいために、その他のお金のかかる趣味を止めてしまう男性もいます。それだけソープランドには魅力が多いということになるのでしょう。

●ソープ嬢の変化も拍車をかける

アラサー・アラフォーで風俗経験のないような男性は、女性の好みも独特です。たいていが「清純派」好みであり、妖艶な魅力のある女性にあまり興味をそそられないのです。
以前ならばソープランドは、その”妖艶な女性”の宝庫でしたが、最近ではまったく毛色が違っています。まるでアイドルと見間違えるほどの可愛いルックスと、低年齢、そして風俗嬢と思えないほど清純さただよう雰囲気など、アラサー・アラフォー男性のストライクゾーンにぴったりとハマるような子が急増しているのです。こういった、ソープ嬢の全体的な変化もまた、アラサー・アラフォー男性をソープランドに惹きつける要因として考えられます。

●おわりに

男性はセックスの経験によって、”オス”としてのターニングポイントを通過します。「セックス以前」と「セックス以降」では、人格や価値観するらガラリと変わってしまうこともめずらしくないのです。
またこれは「風俗の経験」にも当てはまります。これまで真面目な恋愛しかしたことがない人が、セックスのプロフェッショナルであるソープ嬢のサービスを受けることで、脳の中で何かが弾け、そして覚醒するのです。アラサー・アラフォーの男性の中で、人生に行き詰まりを感じたのなら、迷うことなくソープランドの門を叩いてみましょう。そこで「第二の人生の扉」を開くことができるかもしれないのです。

【要注意】ソープ嬢にしてはいけない『4つの質問』とは?

ソープランドで料金を支払うことで可能になる行為のほとんどは、一般生活の中で相手構わずしてしまうと犯罪行為になってしまいます・・・。要は、ソープ嬢は「女性が守り続ける部分」を売るビジネスだということです。普段包み隠しているところをさらけ出し、そして相手(男性)を厳選して許す行為を、恋愛感情もない男性に対して承諾することに、ソープ嬢としての対価が生まれるのです。
もし仮に、日本人女性のすべてがフリーセックス化し、挨拶代わりにセックスができるような状態になれば、そのとき日本の風俗は存続できなくなるでしょう。しかし、そんなソープ嬢がなんでもかんでもOKなわけでもありません。ソープ嬢という職業を続ける女性には、一般女性にはない「心の状態」があり、そこに土足で踏み入れるような行為をしてしまうことは避けなければならないのです。
一般女性に対してならば問題のない質問であっても、それがソープ嬢である場合には「負の琴線」に触れてしまうこともあります。ここでは、ソープ嬢にしてはいけない「4つの質問」を解説いたします。

1)「なぜソープ嬢になったの?」

これはソープランドに通う男性客が最も気になることである反面、もっともしてはいけない質問です。この質問に対して、あっさりと答えてくれるソープ嬢も少なくありませんが、多くは不快な気持ちになってしまうのです。
ソープ嬢の多くは、金銭が絡んだ暗い過去をもっています。そして、一念発起して心を入れ替えてソープデビューをします。いわば、ソープ嬢である間は「人生のリカバリー中」であり、過去を忘れてやり直そうとしている最中ですから、それを興味本位で聞いてしまうのは野暮というものです。

2)「彼氏はいるの?」

最近では「彼氏はいるの?」という質問を職場ですると”セクハラ”とされることがあります。男女ともに、目の前にいる異性にパートナーがいるかどうかということは気になるものですが、それもソープランドでは禁句の一つかもしれません。
ただし、一般女性が嫌悪する理由と、ソープ嬢にこの質問をしてはいけない理由は少し違います。ソープ嬢に対しての「彼氏はいるの?」の質問は、テレビに出ている女性タレントやアイドルなどにするのと状況が似ています。ソープ嬢も芸能人と同じような”人気商売”の要素があり、「異性としての可能性」にふくみを持たせておきたいものなのです。現実的にはどうであっても、この質問に正直に答えるソープ嬢はまずいないでしょう。

3)「親はこの仕事をしていることを知っているの?」

この質問がもっともソープ嬢を傷つける可能性があります。ソープ嬢はたいてい「仕方なく」するものであり、仕事に対してプライドは持っていても、どこかに引け目を感じるのは当然です。
どんな人でも自分の家族や親は、大切なものであり、当然多くのソープ嬢はこの質問を「侮辱」と受け止めるでしょう。「マザーファッカー」「お前の母ちゃんでべそ」と、親に関係した侮蔑の言葉が多いように、個人を攻撃するときの最悪の部類になるということを自覚しましょう。また、最近ではシングルマザーのソープ嬢も多いですので、「子供いるの?」なんて質問もしないほうが無難ですね。

4)「技能講習ってあるの?」

ソープランド自体が一般人から見ると秘めた部分の多い商売ですから、その内側を知りたくなる気もちはわかります。もっとも一般男性が気になるのが「技能講習」のことのようです。
ある意味、この技能講習こそが、ソープランドの裏側の象徴のようなもので、なぜか多くの男性がその内容を知りたがります。しかし、商売をされている男性なら理解できるでしょうが、商売の裏側を詮索されるのは気分の良いものではありません。
たとえば飲食店で、素材の産地くらいを質問するのは構いませんが、根掘り葉掘り仕入れのことを聞いてきたり、原価率や人件費など、どうでもよいことを聞いてくる客は敬遠されるものです。

●まとめ

ご紹介した「ソープ嬢にしてはいけない4つの質問」は、どれも男性ならば興味のあることです。しかし、これらの質問を口にするとき、サービスの良いコンパニオンを”地雷嬢”に豹変させてしまう危険性があることを認知しなければなりません。ソープランドは秘めたる男の楽園ですから、好奇心はつきませんが、グッと堪えるほうがメリットが多いのです。

ソープランドでのハプニング対策マニュアル

ソープランドで遊んでいると、さまざまな”ハプニング”に遭遇することがあります。長年ソープランドに通い詰める「ソープ通」であれば、なんなく対処できるようなことでも、初心者の男性ならば対応できずにあたふたしてしまうことも少なくありません。ソープランドには、一種独特の緊張感があり、まだ遊び慣れなうちにハプニングに遭ってしまうと、かなりの精神的ダメージをこうむることになります。事前に対処法や心の持ち方などを知っておくことが大切です。

●予約した姫のドタキャン

ネット写真を見て気に入ったり、一度接客してもらった姫を本指名予約した際、当日になって「ドタキャン」されることがあります。その理由はフロントで説明されますが、多くは姫の「体調不良」によるものです。ソープランドで心をかき乱されず、平和的に遊び続けていきたいのであれば、予約のドタキャンくらいで腹を立てていてはいけません。実際にソープ嬢は、その仕事の過酷さから体調を壊しやすく、これはある意味”不可抗力”の一つです。ソープ店側もドタキャンがあった際には、そのフォローとして人気の高い姫を補填してつけてくれるので、ドタキャンの際には、甘んじてそれを受け入れましょう。

●パネマジ

「パネマジ(パネルマジック)」は、姫写真と実物が大きくかけ離れた印象を受けるという、風俗店ならではなのハプニングの一つです。パネマジのハプニングに遭遇したときにも、心の持ち方でその日の勝敗が決まります。昔は、明らかに「騙し」と思われるパネマジが多かったのですが、ソープ嬢の外見レベルが飛躍的に向上した現在では”故意”に写真をいじっているようなことはありません。
しかし、写真には難しい面があり、現物と全く同じ印象で撮影することの方が難しいのです。ネットで知り合った女性などは、ソープランド以上に「パネマジ」を感じるものです。ですから、「写真なんてそんなものだ」と割り切る寛容さが必要です。最近では、姫写真をネットで無料で見られるので、”見抜く目”を鍛えていれば、徐々にパネマジもなくなっていくでしょう。

●地雷姫に遭遇

ソープランドで、サービスが極端に下手だったり、接客態度が悪い姫のことを「地雷」と呼びます。ここ数年、地雷姫はかなり数を減らしているといいますが、それでもたまには出会ってしまうこともあります。テクニックがなかったり、サービスの進め方がたどたどしかったりする場合には、ある程度我慢も必要です。
しかし「接客態度が悪い」姫ならば、サービス終了のときに男性スタッフに、一言苦言を伝えるようにしましょう。ソープ店側も地雷姫については注意をしています。経営者の目の届かぬところで適当な仕事をされてしまうと、店の信用がガタ落ちになり、瞬く間に経営不振に陥ってしまうのは目に見えているからです。接客地雷姫のクレームをつけることは、経営陣にとってはありがたいアドバイスですので、割引チケットをくれたりすることもありますから、感情的にならずに伝えましょう。最近ではオフィシャルページに、目安箱的な投書スペースを設けているソープ店もあります。

●射精できない

ソープランドで射精できない状態を「不発」といいますが、これは最も多いハプニングだといえるでしょう。これはソープ嬢のテクニックなどに問題があるわけではなく、男性客本人の体調やメンタルに原因があることがほとんどです。
その日不発ならば、もう取り返しはつきません。きちんと射精したいのであれば、事前に以下のことを注意しておきましょう。

◎入店前に飲酒はしない
◎入店前にはタバコの量を抑える
◎あまり気合を入れすぎない
◎個室で会話にばかり気を取られない
◎ソープランドに行く前日にはしっかりと睡眠をとっておく
◎普段から暴飲暴食を避け体調管理をしておく
◎当日栄養ドリンクは飲まない

「体調と射精のしやすさ」は、男性ならば誰でも理解しているでしょう。普段からの体調管理が、ソープ店での射精のしやすさに大きく関係しているのです。逆に不発続きならば、どこか健康を害している可能性があるとも考えられます。

●おわりに

長くソープランドに通い、いつまでも楽しく遊びたいのであれば、ハプニングに対しての心構えが洗練されている必要があります。「失敗は成功の母」だと頭の片隅にいれておけば、ちょっとくらいのハプニングに心をかき乱されることはないでしょう。

「ソープ嬢は客のここを見ている」一瞬でモテるソープランドでの所作

ソープランド戦士たるもの、ソープから好意を持たれたいと願うはずです。体臭対策をしたり、話のネタを考えていったり、また来店時の服装に工夫をするなど、涙ぐましい努力をしている人も多いでしょう。
憧れのソープ嬢から好意を持たれるためには、ソープ嬢たちが「お客のどこを見ているか」を知ることが大切です。ソープ嬢の中にも、お客でいい男がいれば、「店を上がって付き合ってもいい」くらいに考えている子も少なくありません。
そのチャンスを活かすには、ソープ嬢の目線を知ることが大切なのです。

●ソープ嬢は「本指名するかどうか」を見ている

ソープ嬢の第一の目線は、目の前のお客が自分を「本指名しそうかどうか?」ということを確認しようとします。ですから、最初からナンパ目的を悟られないようにすることが大切なのです。
また、多くの店に出入りしていることを知られてはいけません。フリーでのみ遊ぶ、という男性も多く、そういったスタイルであると知られてはいけないのです。ソープランドの業界用語を多様したり、他店のことを口にするより、「あまり経験がない」という素振りを見せる方が好印象を持たれます。

●「服装」にも工夫が必要

ソープランドにドハマリする男性は、意外にも「普通のサラリーマン」が多いのです。これはソープ嬢の方でも認知していますから、ブランド物ギラギラの男性より、大人しそうな男性客を大切にする傾向があります。いかにも遊び人といった服装をするよりも、清潔で品の良い服装に、ワンポイントでブランド物アクセサリーなどを取り入れた方が無難です。
そして、実際の年収が300万円だとしたら、少し努力をして400~500万円くらいの年収がある人の服装を目指しましょう。靴とアクセサリー、上着のブランドタグなどは、意外に注意深く見られているので、そのことも頭に入れておく必要があります。
忘れがちなのが「下着」です。外側だけにお金をかけても、下着が安物ではメッキが剥がれてしまいます。下着はブランド物でも手に入りやすい値段ですので、むしろそこにお金をかけるのも一つの方法です。
また、最近ではスマホを持つことが常識です。ボロボロのガラケーよりは、最新のアイフォンなどを見ると、ソープ嬢は目を輝かすことも多く、話のネタにもなるので、機種変してみるのもいいでしょう。

●ソープ嬢の未来設計図を逆探知する

ソープ嬢は「一生ソープ嬢を続ける」とは思っていません。常にチャンスがあれば「引退して普通の生活をしたい」と考えているのです。男性客はこれを勘違いして「遊びのうまい男がモテる」と思ってしまうのですが、店外デートから交際にまで行き着きやすいのは「誠実そうな男性」の方なのです。
夜遊びや風俗通いをしていることを悟られず、仕事を愛して将来が有望な男性を演じきりましょう。そういった男性客の態度に対し、交際相手を探しているようなソープ嬢は、最初は何も反応を示しませんが、心の中ではポイントが加算されているものなのです。

●プレゼントは「段階的」に

ソープ嬢に気に入られるために「プレゼント」は効果的です。しかし、いきなり高額なプレゼントをしてしまうのも賢明だとはいえません。プレゼントのセンスは意外に奥が深く、たんに高額なものをドンドン持っていけば良いというものでもないのです。
そういった行動は「たんなるバカ」か「他でも同じことをしているやつ」としか受け止められません。最初はスイーツなどの安いものから始め、本指名で登楼していくうちに”段階的”に値段を上げていくことが、自然体の良質なセンスを感じさせるのです。

●おわりに

仮に今まで一般女性を何人も口説き落とした男性であっても、そのノウハウがソープ嬢に対して通用しないこともあります。ソープ嬢は非常に独特な世界観・恋愛観を持った女性なので、それに見合った計画を立てることが大切です。

むしろ既婚者ほどソープランドがオススメできる理由

ソープランドに通う男性はみな彼女や奥さんがいなくて、射精する場所に困った男性だと思われがちですが、これは誤解です。既婚者と未婚者の比率は、ほぼ互角といったところなのです。
結婚をしているにもかかわらず、ソープランドに通う男性を、世間の女性は敵視し糾弾しますが、実は「既婚者ほどソープランドに行くべき」なのです・・・。その理由などを解説します。

●セックスレス防止のために

現在、既婚者の2組に2組が「セックスレス」だという驚きのデータがあります。セックスレスは夫婦間に亀裂をもたらす大きな原因になりますから、非常に危険な状態だといえるのです。
セックスレスになる大きな原因は、”男性側”にあるといいますが、これは「雄の本能」としては仕方のないことなのかもしれません。男性は数回セックスをした女性に対して、初めの頃のような魅力を感じなくなります。
現在セックスレスではない男性でも、その多くは「奉仕セックス」をしてるはずです。そして男性は、セックスをしなければしないほど、セックス自体に興味が失くなっていきます。自慰行為で射精だけ済ませれば、リアルな女性を抱きたいという願望も大きく減退していくものなのです。
そこで有効なのが「ソープランド」の利用です。ソープランドは、毎回相手を変えることはできますから、常に新鮮にセックスを楽しめます。また一般女性ではあり得ないような快感を与えてもくれるのです。月に1~2回ソープが良いをしていれば、セックスに対しての興味は持続し、一番近くにいる妻を抱きたくなる可能性も増えるでしょう。

●不倫防止のために

男性の多くに不倫願望があります。これもまた男性の本能でもあり、回避するのは難しいのです。しかし、これが近所の主婦であったり、同級生、知人が相手では「家庭崩壊」の可能性が高くなります。
そこに恋愛感情が生まれることは必至であり、後で後悔することはあっても、その時点では燃え上がった感情をコントロールすることは難しいのです。ソープランドでしょっちゅうガス抜きをしてれば、不倫願望も限界を超えることはないでしょう。

●充実したセックスライフのために

男性は、自分の妻や彼女に対しては、性欲のすべてをぶつけようとは思わないものです。妻や彼女に対しては、どうしても気を使いがちになり、「楽しむためのプレイ」を控えてしまうものです。この状態で何年も妻だけと暮らしていると、セックスが単調になったり、新しい性の開拓をしなくなるためマンネリ化して魅力を感じなくなります。これは妻の方でも同様に感じていることでしょう。
ソープランドは、ハイレベルで性の欲望を追求するところなので、男性が通うとさまざまなプレイスタイルをマスターすることができます。そして、ソープに通う既婚者男性の多くが、ソープランドでマスターしてきたセックスプレイを妻とも楽しもうとします。これは女性側にとっても嬉しいことであり、旦那とのセックスが充実し、精神的にも満たされると、普段の生活の中でも「女性の良い部分」が現れるようになり夫婦仲もよくなるのです。

●おわりに

ソープランドは「射精産業」の一つですが、「性生活アドバイザー」の一面も持っています。パートナーのいない独身男性はもちろん救われますが、結婚して妻との性生活がうまくいっていない既婚男性のほうが、むしろおすすめできる要素がたくさんあるのです。