カテゴリー別アーカイブ: 雄琴ソープランド

雄琴ソープ嬢に聞いた「風俗嬢とお金の計算」について

風俗嬢という仕事は独特な金銭事情があります。
ある意味「個人経営」の色合いが濃い職業ですので、一般のサラリーマンなどとはお金の感覚も計算も違うのです。
今回は滋賀県雄琴のソープ嬢に「風俗嬢とお金の計算」についてインタビューしてみました。

Q.普段の仕事上での経費は?
A.「店によって違いますけど、シャンプー・ソープ類・マウスウォッシュなんかはキャスト持ちですね。あと、店舗によってはタオル・シーツ類のクリーニング代を取られるところもあります。個室のサービスドリンクやタバコ、酒類はキャストが個人で買うものです」
ソープランドは「個室をキャストにレンタルしてるだけ」というシステムも体裁だけではなく、ほんとうに”個人経営”として運営している部分もあるようです。

Q.よく言われている「性病検査」も自分もちですか?
A.「店は行くように勧めるだけで、診察費はキャストもちですよ。大した金額じゃないけど。みんな自分の体が心配だから、自発的に病院には行きますね。そのへんは”性病”だけじゃなくて、少しでも体調悪いとアスリート並みに用心しますね、体が資本ですから」
性病対策に対してこういった解答を聞くと、お客としていく方は安心できますね。
体調管理が”アスリート並み”とまでは思いませんでしたが・・。

Q.ソープ嬢として一番お金を使うところはどこですか?
A.「女の子によって違うけど、私の場合は『自分にかけるお金』が大きいですね。体が商品の商売なんで、美容室やメイク、エステなんかでかなりの金額が出ます。長く働いている子はコスチュームも自分で買う子が多いし、結構かかるもんですよ」
このへんはキャバクラやクラブなどの女の子と共通しているようです。

Q.給与計算を簡単に教えてください
A.「昔ヘルスにいた頃は、お客が支払う金額の50%。ソープはたいてい60%以上はもらえますよ。あと、指名料はもちろん全額キャストに入ります。ギャランティは所得税引かれて当日に支払われますね」
給与の計算はヘルスよりもソープの方が取り分が多いようです。
ちゃんと税金も支払われているんですね。

Q.お客さんから臨時収入やプレゼントなどはもらいますか?
A.「お金を渡そうとするお客もいるけど、あとが怖いから断りますよ。高額なジュエリーなんかも嫌ですね・・。最近ストーカーも増えているから自己防衛ですよ」
女の子のする仕事でプレゼントで潤うのは定番だと思っていましたが、意外にソープ嬢はこれをよく思わないようです。

Q.「ソープ嬢の貯金事情」って現実的にはどうなんでしょう?
A.「女の子によってまちまちだと思いますよ。私はそれなりに貯めてるけど・・。中にはホストとか遊びで先にカードで払って、後から店で稼いで支払う子もいますけどね。かなりの借金してる子もいるみたいですよ」
ソープ嬢はみんなお金持ちと思っていたら、そうでもないようです。
この辺も一概にはいえないようですね。

Q.「ソープ嬢」は割のいい仕事だと思いますか?
A.「景気がよくて簡単にお金が稼げる時代なら、私もソープ嬢してないかもしれないけど、今は風俗嬢以下の生活してる人たくさんいるでしょ?それに比べれば良い環境なんじゃないですか。普通の仕事しててカード潰してる女の子なんて、一生取り戻せないでしょ?ソープは日払いだし、バカみたいな使い方しなかったら自然に貯金は貯まりますからね」
現在の景気の悪い日本では、ソープランドは低所得者の「最後の受け皿」として機能しているようです。

雄琴は全国的にも集客が好調なソープ街ですので、回答してくださったソープ嬢もかなり余裕が感じられました。
どんなに不景気でも稼げている職種はある、といいますが、ソープランドがまさにそういった職業の一つだということなのでしょう。

風俗ライターから見た雄琴ソープ街とは

全国を飛び回る風俗ライターは、風俗業界の「真の姿」を垣間見られる数少ない人種かも知れません。
ソープランドでは実際にプレーを受けて取材する場合もありますから、お客目線でその店舗を実体験できるのです。
場数の多さで目も舌も肥え、まさに「女体の美食家」である彼らたちの意見は、これからソープランドを楽しみたいという方に参考になるでしょう。
彼らが感じた「雄琴ソープ街」を語っていただきましょう。

●店舗の豪華さではトップクラス
「とにかく雄琴は広くて豪華ですよ!」
興奮気味に語るある風俗ライターが言うには、雄琴の設備の豪華さは全国でもトップクラスだそうです。
岐阜の金津園や博多の中洲などもゴージャスな店舗設備で有名ですが、雄琴では少し事情が違うようなのです。
「大衆店でも凄いんですよ!90分で2万円クラスでも、他の地域の高級店並みですね」
低価格な店が安い、というのはお客からすれば嬉しいことです。
世の中のほとんどは「低所得者」なのですから。

●肝心のコンパニオンの質は?
「雄琴は店のジャンルだけ選べば地雷は踏みにくいんじゃないですか。容姿もサービスもバランスとれてますよ」
可愛い子が多いとかいうのは”個人の主観”によるものですから、口コミなどを見てもあまり当てにはなりません。
でも、「地雷嬢」が多い地域という噂の地域を実体験してみると、ほんとうに良くないのです。
3人連続で地雷に出くわしたら、そのソープ街ごと嫌いになることもありますから、地雷嬢の少なさは高ポイントです。
「周囲にピンサロもヘルスもないから、落ち着いているんですよね。”かけもち嬢”もいないから」
繁華街型のソープ街では、ヘルスとソープをかけ持ち在籍している子をよく見ますが、あまり良いサービスをする子はいないと言います。
これとは逆に、同じ店に長く在籍して技と接客を磨く子は、自然とサービス全体のレベルも上がるようです。

●店のバリエーションなどは?
「吉原なんかに比べるとバリエーションでは負けてますね。でも金津園や中洲よりはいろんなコンセプトの店がありますよ。流行りモノの店舗でもクオリティーを保っているのはさすがだと思いますね」
やはり、業界の流行の先をいく吉原にはバリエーションでは遅れをとっているようです。
「流行りモノ」とは、現在でいうアイドル系やコスプレ系のことです。
こういった種類の店舗は洗練さよりも真新しさを追い求めますから、どうしても”質”が落ちる傾向にあります。
それが、雄琴ではそれなりの基準をクリアしているようなので、お客からしても思い切った冒険ができます。

●その他気づくところはありますか?
「全国的に言えることですが、コンパニオンの多さには驚かされます。取材にいった人気店では在籍が60人超えるところばかりで、10年前とは状況は違いますよ」
全国的にソープ嬢の数が増えているとう噂は耳にしますが、雄琴でも同じ状況のようです。
「近くに大阪や京都みたいなデカイ都市があるから、あんな田舎のソープ街でも女の子はみんな都会的な雰囲気なんですよ」
”田舎のソープ街”と勘違いされやすい雄琴ですが、その中身は都市型ソープとなんら変わらないようです。

シビアな目線をもつ風俗ライターから見ても雄琴ソープ街の評価は上々なようです。
関西圏に住まれている男性でも雄琴は度外視している方も多いと聞きます。
ソープ好きとしては、このハイ・クオリティーを体験しないのはもったいないことですね。

雄琴ソープ街・スマホ一台で店舗を見極める裏ワザ

ソープランド業界は全国的にインターネット広告に力を入れていて、それは雄琴ソープ街でも同様です。
雄琴はほぼすべての店舗がホームページを開設していて、そして良くも悪くも「完成度が高い」のです。
システム説明などの見やすさや、リアルタイムな待ち時間確認、キャストのグラビアページなどの便利機能が満載で、そのへんの一般企業の自社ホームページよりもはるかに洗練されています。

しかし、この完成度の高さが、逆に店舗選びの際の”判断基準”を難しくさせる原因にもなっているのも事実です。
簡単にいうと「優良店もそうでない店もホームページが素晴らしい!」ということなのです。
ですから、インターネットで優良店・人気店・人気嬢を見つけるには少しの工夫とテクニックが必要になります。
ここでは、スマホ一台でインターネットにアクセスし、自分に合った店舗を見つけるための裏ワザをご紹介します。

●「求人」ページを見てみる
たいていのホームページにはキャストの「求人ページ」が設けられています。
そのページの中に入ると、店舗から女の子に向けた「求人内容」が書かれているのです。
これは本来お客が見るべきところではありませんが、なぜか現在のソープのホームページでは自由に閲覧ができるようになっています。

ここではいわゆる「裏情報」に近いことが垣間見ることができ、募集年齢の制限(18~24歳までなど)を見ると、だいたいその店舗の年齢層を知ることができますし、給料が高く、待遇が手厚い店舗ならば間違いなく人気店とみてよいでしょう。
逆にそっけない文面で、待遇も良くない店舗はキャストと経営者との関係も上手くいっていないことが多く、「地雷」に当たる可能性が高いともいえます。

●メルマガページで「優待度」を知る
安定した顧客を得るために、ソープでは「会員」「メンバー」を募っています。
一度来店すると自動的にメンバーになるところもありますが、インターネットから「メルマガ会員」などを募集して特別な情報の提供や割り引きをしてくれるサービスもあります。
雄琴はとくにメール会員に対してのサービスが手厚く、ほとんど無料ですので、いくつかの店舗の会員になっておくと比較しやすいでしょう。

●メール、チャット、ブログ機能の有無
店舗の店長やキャストが配信するブログなどを配信している店舗もあり、中には企業並みに「コールセンター」を設けていることもあります。
これは秘密主義であったソープランドの慣習を打ち破るものであり、こういったシステムを持っている店舗は、まず間違いなく優良店です。

●情報量の多さでその店の「得意分野」を知る
雄琴ソープのホームページは、どの店舗も定番的な「形式」があります。
トップページ、料金、キャスト写真、アクセス、割り引き・・など、同じような分類の仕方で情報を配信しています。
そして、各ページの「情報量の多さ」がその店舗の「得意分野」の表れでもあるのです。

たとえば、キャストの写真をクリックすると、複数のグラビア写真や動画、プロフ、出勤予定などがでてきますが、そのページ内の情報が多ければ「キャストに自信がある店舗」ということになります。
また店舗内の紹介写真を大量に配信している店舗は設備に自信があり、イベントページのボリュームが多ければ、割り引きサービスに力を入れている、ということになります。

店舗の良し悪しはホームページだけで語られるものではありません。
しかし、現在のソープ業界ではネット戦略の成否が集客に大きな影響を与えることが知られているので、より多くの情報を配信している店舗は「本気で店を流行らそうとしている」と考えることもできるでしょう。
全国のソープ街と比較しても、雄琴はどの店舗も平均以上のクオリティーを保っていますが、その中がさらに良い店を見つける裏ワザとして利用して参考にすると良いでしょう。

雄琴ソープ街「事情通」に聞いた裏話

日本のおヘソ滋賀県琵琶湖のほとりに位置する「雄琴ソープ街」。
その成り立ちや環境からも、全国のソープ街と比較すると異端な存在感を放ちます。
この地の歴史と現状に聞いた裏話をいくつか紹介します。

■「裏切られた?」ソープ業界
雄琴にトルコ風呂第一号店「花影」が営業を始めたのが1971年のこと。
トルコ風呂を建築したのは石川県のトルコ風呂経営者「田守世四郎」氏で、当時の風営法の法の目をかいくぐる発想でこの地に目をつけたのでした。

田んぼの真中に突如現れたトルコ風呂に京都、大阪、愛知の人たちは度肝を抜かれ、日夜花影目指して通い始めたのでした。
その盛況ぶりは凄まじく、客足が途切れることはなかったといいます。
それから数年であっという間に後続店が出現して現在の雄琴ソープ街が形成されたのでした。

雄琴ソープ街のそばには一般の温泉街「雄琴温泉」があり、長い歴史はありましたが完全に寂れてしまい、観光地としての知名度も低く経営難に陥っていたそうです。

ソープランドと一般温泉・・この両者は手を組み、「琵琶湖に多くの客を取り込む」という趣旨のもと、他の地域では考えられないような経営方法で雄琴を一大観光地に押し上げた歴史があるのです。
実際に雄琴の街を歩くと、ソープランドと一般温泉の道標となる看板などが共有され、ひとつの看板にソープランドと普通の温泉旅館の名が並べて書かれているものも存在します。

しかし時が経ち、バブルの崩壊後に客足が減ったことを機に、一般温泉の経営者たちが取った行動は「ソープ業界」への裏切りでした。

「雄琴青経塾」なるものを立ち上げて雄琴のクリーンナップ、風俗業界との差別化を計るために最寄り駅の駅名まで「雄琴温泉駅」から「おごと温泉駅」に改名、一般温泉関係の建物にはすべてひらがなの「おごと」に変更しました。

ソープ業界はこれによって打撃を受けたわけではありませんが、完全に「悪者扱い」のような待遇を、元の戦友から受けるハメになったのです。

■正真正銘の真っ当な商いをする雄琴のソープランド
事情通によると、雄琴のソープランド業界は真っ当な商いをし、非常にクリーンな業界であるとのことです。
多くの都市型の風俗業界のように、反社会勢力(暴力団関係)や地元有力組織などとの癒着がなく、滋賀県特殊浴場協会単独での活動をしているのだそうです。

一号店の「花影」がそうであったように、個人の経営者による店舗、または系列グループ店が主で、いわゆる「ややこしい関係」を有しない健全なソープ街のようです。
「クリーン・クリーン」とあえて強調せずとも、40年近くこの姿勢を貫いてきた姿勢には頭が下がります。

こういった業界の努力は各店舗の経営姿勢にも表れ、雄琴ソープ街は全国でも名が知られる優良ソープ街として君臨することになったのです。
雄琴ソープ街よりも規模もマーケットも大きいソープ街は全国に数多くありますが、ソープ談義をするときに必ず”雄琴”が列挙されるのにも理由があったのです。

バブルの崩壊や他業態風俗の台頭、エイズ問題、地元温泉街との確執など受難の多い雄琴ソープ街ですが、現在は下火になりつつあったソープ業界の盛り返しに雄琴も呼応し、減りつつあった店舗も代替、リニューアルなどで復興しつつある・・というのはソープファンにとっては嬉しい情報でもあります。