カテゴリー別アーカイブ: 業界裏事情

福原ソープ業界裏事情 VOL.3(コンパニオンの本音編)

ソープランドに通う男性なら一度はソープ嬢の素性やプライベートを知りたいと思ったことはあるでしょう。ソープ嬢は極めて特殊な職業であり、またあまり「本音」を聞き出せない人達でもあります。

ソープランドに勤務する動悸で一番多いのはもちろん「お金」です。それぞれの事情によりお金に困って風俗嬢になることを決意するのです。ソープ嬢の中にはお客とのプレイ中に本当に感じてイッテしまったり、本気でセックスを楽しんでしまう人もいますが、それでも最初の動悸はお金に困ったことが入店理由です。

【指名とフリー】
ソープランドシステムには指名とフリーがありますが、ソープ嬢にとっては是非とも指名をとりたいのが本音です。お客が支払う指名料の数千円は嬢にそのまま支払われるので、同じ時間サービスをしても稼ぎが変わるからです。

もう一つは指名客は自分を気に入ってくれ、またお客の満足するポイントをより深く知ることができ、性格なども把握できて気心が知れることで仕事自体がずいぶんと楽になる・・ということも理由の一つです。フリー客10人につくのと、自分の指名客10人がつくのとでは疲れ方が倍以上も違うそうです。

また指名を多くとる=店に貢献している=店の評価を上げる、というように経営者は見なしますので、人気嬢と不人気嬢とでは経営者の態度も違ってくるのも事実です。

これはどんな仕事でも同じことだと思います。

【太い客・ほそい客】
ソープ嬢は「太い客・ほそい客」という表現をよくします。言いかえると良くお金を落としてくれるお客とそうでないお客のことです。お金に余裕があるお客は3時間以上も嬢を指名してくれます。3時間ずっとプレイするわけではないので嬢からするとかなり楽のできるコスパのいいお客、ということになります。

ソープ嬢がお客に自腹を切ってプレゼントを用意したり、誕生日を祝ってくれたりするのは少しでも長く自分を好きでいてもらうための心尽くしのサービスなのです。しかしキャバクラのように「アフター」などは存在しません。高級焼肉やすし店に連れて行くこともありませんので、実際に男性が使うお金は、他の水商売で使うものと比べると少く、別段「お金持ち」でなくとも「太い客」になることは可能です。

店側では常連として認知してくれ、若干サービスも良くなりますが、嬢から受ける他の客との差別は大きく、風俗遊びから昇華した「恋愛気分」を感じることができ、それはソープ遊びの醍醐味の一つと言えます。

【嬢の認識・お客の認識】
良くソープ店のオフィシャルサイトや受付で「指名ランカー」や「人気嬢」などとオススメされているコンパニオンがいます。お客は「レベルの高いコンパニオン」として期待を膨らませますが、実際についてサービスを受けると「それほど良くなかった」「サービスが悪かった」という印象を受けることがあります。

これは嬢の認識とお客の認識に誤差があるからです。指名を多くとるコンパニオンでも最初は「様子見」をすることもあり、前記した「太い客かそうでない客か」を選別していることがあります。すべてのフリー客に全力を使っていると身体が持ちませんので、力を注ぐポイントを模索するのです。中にはそうでないコンパニオンもいて、すべてのお客に全力投球する頑張り屋さんもいますが、それは一部でしょう。

ですから一度指名客として来店すると態度は大きく違ってきますし「サービスは手抜きだったけど、あの巨乳が忘れられない」などの理由でやむなく指名すると、態度が一変して手抜きどころか至れりつくせりのサービスに変化することもよくあることです。

お客の心得としては、どんな嬢に当っても「褒めること」を忘れず、あまりみすぼらしい格好で行かないことです。これだけでも「地雷」は大きく減少します。

福原ソープ業界裏事情 VOL.2(ソープ業界と地域・法律編)

昨日は、福原ソープ業界裏事情 VOL.1をアップしましたが、本日はVOL.2になります。

***

ソープランドを含む風俗業を一般世間では「良くない業種」として認識しています。さまざまな市民活動により撤廃する動きもありますが、風俗全体を見るとむしろ増えているのが現状です。性風俗を取り締まることによりその反動で起きる性犯罪の増加や風俗店の地下組織化は現実に起きることであり、実際に歌舞伎町や西川口など、強行的な取り締まりをした場所では現実化しています。

風俗店と警察は敵対関係にあると思わがちですが、それも違います。警察は「法を守る」組織であり、警察そのものが一斉検挙などを企画するのではなく、政治家や自治体が命令を下すのです。実際に警察でも取り締まりを強行した後の状態がどうなるかは理解しており、本音のところでは「断固廃絶したほうがいい!」とは思っていません。ソープ業界のように届けを出させて監視を楽にし、犯罪行為を抑止するほうが効率が良いからです。

地下組織化して実態をつかむことができなくなると、そこで何が行われているかなどは分からなくなり実態を把握できないのです。仮に犯罪行為があったとしても”闇の中の出来事”になってしまいます。これはそこで働くコンパニオンやお客側からしても、決していい状況だとは言えません。

店舗だけでなく、近年問題になっている「出会い系サイト」なども警察の実態把握が及ばないところに脆弱性がありもはや手の付けられない状況です。日本中の風俗を徹底的に取り締まれば、日本は間違いなく「出会い系天国」になるでしょうし、そうなると警察は手も足も出せなくなることも承知しているのです。

***

【風俗店最大のご法度】
風俗店が一番やってはいけないことはコンパニオンの「雇用年齢制限を破る」ことです。自治体が定めた「何歳以上でないと勤務することを禁じる」という決まりを破ると店は一発閉店に追い込まれます。年齢は各自治体により違いますが、福原や札幌などは18歳から、と比較的低い設定です。「青少年育成条例」これに抵触すると刑事事件に匹敵する犯罪行為とみなされるのです。

ガールズバーやキャバクラなどはよくこの条例で摘発されていますが、ソープランドではまず皆無です。ここにソープランドの健全性と業界、組織としての熟成度があるのです。お客側からしても厄介なことになるのは避けたいものなので、安全性といった面から考えるとソープランドを選ぶのは賢明です。

【組合・団体をつくる理由】
福原には「SB協会」と「神戸特殊浴場協会」の2団体が存在しており、全国的に見ても大きなソープ街には必ずと言ってよいほど、ソープランドの組合があります。
これは警察に対して「自分たちの手で健全化する努力をします」という意思表示でもあり、また一般客に対してのグレーなイメージを払拭するためのクリーンナップ作戦の意味もあります。近年ではパチンコ業界などもそれに成功して飛躍的に成功しています。

こういった団体と警察当局のつながりは想像以上に密であり「癒着」などというものではなく、もっと健全な間柄です。「性病の蔓延」や「青少年の非行問題」などについて指導がなされます。団体は加盟店にそれを伝えたり、加盟店内での基準や決まり事を警察の通達に沿ったものに業界の方針を構築したりするのです。

福原はこの団体の活動により成功した歓楽街の一つです。あの「阪神・淡路大震災」の時に神戸地元住民の被災者の方たちに店舗の風呂場を無料で提供したのは有名な話ですが、こういった努力によって、福原は地元住民との摩擦が極めて少ないソープ街だと言えます。

福原ソープランド業界裏事情 VOL.1

【風俗の本質とソープランド】
ソープランドに限らず、風俗業界というのは一般の人から見ると摩訶不思議な印象を持たれます。
他の商売よりも裏側を見せない体質があり、内側がほとんど知られていないことで逆に魅力が増しているのかも知れません。

女性が身体を使ってお金を稼ぐ行為は石器時代からあると言われていて、人類最初の商売なんだそうで、なんとチンパンジーでも似たようなことをするそうです。

ですから世界中にこういった商売は存在し、特別強い宗教のある国家以外は政府も寛容です。
そして日本の風俗に関して言えば、組織化されて伝統もあり、特異な習慣やモラル、タブー、ノウハウがあり、お客は「危ない橋」をわたらずとも安全に女性と楽しめるシステムが確立されています。

お客がソープランドに対して不安を抱くものの一つに黒社会との繋がりがあるんではないでしょうか?

しかしその心配はまったくありません。
そんな風に見える男性スタッフがいたとしても、ファッションセンスの問題とこちらの思い込みからそう見えるだけです。
仮にもしそんな人が店で働いていたら、大変なことになります。
ソープランドは届け出制であり、経営者、スタッフ、コンパニオンに至るまですべての従業員の素性を警察に届け出なくてはいけないからです。

単に「風俗」というだけで、ソープランドも普通の企業や商店と変わらず、税金もきちんと収め、タイムカードもあります。

【女の子はどこからくる?】
ソープランドのコンパニオンは紹介、求人広告、スカウトなどで店にやってきます。
ヘルスやピンサロ、デリヘルなどは男性スタッフが血眼になって街で声をかけたりなどさまざまな手段でコンパニオンを獲得しようとしますが、ソープランドにおいては求人広告がほとんどです。
現在ではアダルト系のサイトなどにも多く広告が出ていますし、グーグルで「ソープランド」と検索すればインデックスページに既に『ソープランド求人』の文字がいくつも見られます。

”ソープランドは風俗の王様”とよく言いますが、これは女性側からみても同様であり、風俗の中でソープランドが最も知名度が高く、借金などでどうしようもなくなった時にまず頭に浮かぶのが「ソープ」だそうです。
逆にそれ以外のソフトサービスをするピンサロ、ヘルス、デリヘルなどは、認知度が低いために、風俗店側からのアプローチがないと存在すら知り得ない場合がほとんどです。

ここにソープランド嬢のサービスの良さの原因の一つがあります。
半ば誤魔化されたり、言いくるめられたりして入店する他業態の風俗と違ってソープランドのコンパニオンは「自らの意思と動機」で面接に訪れるわけですから、違いが出るのは当然です。

「コンパニオンの指導」に関してもその影響は出てきます。
ソープ以外の風俗はスタッフやスカウトマンが女性を説得して入店させるためにタレントを持ち上げるような接し方をしますが、ソープランドのスタッフは「強気」です。決して甘い態度はとってくれないので、女の子からすると辛い話ですが、その分安定した破格のギャランティを手にすることができるのです。

福原などはソープの激戦地区であり「サービスの悪いコンパニオンがいる」という噂が広まってしまうと集客に影響がでますので、店側は神経質にコンパニオンを管理するのです。
よくお客が退店する時に行われるアンケートやサービスの感想を聞くようなスタッフの行為は、見えない個室でのサービスをちゃんとしていたかどうか……の調査です。
これがあまりに悪いと最悪は除籍処分となるためにコンパニオンは手を抜けない状態です。

こういった事情からソープランドのコンパニオンの「最低基準」は自然と向上しているのです。