カテゴリー別アーカイブ: 福原ソープランド

福原のソープは毎年入れ替わりが起きている

福原のソープ街は、とても長い歴史を持つソープ街です。そのため、福原のソープランドの中には数十年の歴史を持つ老舗と呼ばれる店がいくつもあって、多くの根強いファンを楽しませてくれています。
そうとは言うものの全てのソープランドがそういう店ではなく、毎年新しい店舗がいくつか登場していて、新鮮な空気を福原に取り込んでいます。

▼ 福原では毎年5~10店舗前後の店が新しくなる
福原ソープ街は、60軒以上のソープ街が営業をしている大規模ソープ街です。このぐらいの規模になりますと、毎年5~10店舗ほどの店が入れ替わります。
福原のソープランドのほぼ全てが加入している『神戸SB協会』という組合では、過去10年に渡っての店舗の移り代わりが記録されています。
そのデータを参考にしてみますと、2015年~2016年の2年間だけで13軒のお店が開店しています。それより遡っていくと、10店舗以上開店している年もあれば、5店舗に届かない年もあります。
平均すると5~10といった所になるのです。

▼ 開店もしているが閉店している所も多い
新規開店が毎年多く行われているのは先述の通りですが、逆に閉店するということもあります。
閉店理由には色々とあって、単純に営業利益を上げられずに撤退していくケースと、摘発されていくケースが多いでしょうか。
毎年何らかの理由で2~3店舗ずつ消えていきますが、それを超える分だけリニューアルや新規開店していくので、あまり目立ちません。

▼ 福原のソープは行ける時に行っておこう
そんなわけで、福原のソープランドは、行ける余裕が出来たらすぐに行くことをオススメします。そうしないと、ある日突然閉店してしまうということもあるからです。
例えば、2015年に『本家玉家』という、福原でも最古のソープランドと言っても過言ではない老舗が閉店しています。昭和50年にはその名前を福原の地図に見ることが出来ますが、50年近く営業しているという噂もあるのでもっと古いかもしれません。
そんな老舗でも閉店してしまうことがあるわけですから、現在残っている人気店でもいつまで残っているかわからないのです。
摘発されれば突然閉店してしまいますし、普通に営業終了する場合でも1ヶ月程度の通告が一般的ですから、お気に入りのお店があればこまめにウェブサイトなどをチェックしておくと良いでしょう。

風営法による規制強化などなかなか厳しく閉塞感が漂いがちなソープランド業界では、暗い雰囲気を吹き飛ばすのが開店というものです。
老舗の丁寧なサービスなどを楽しむのも良いですが、時代のニーズを取り入れた新規のお店というのも面白い店が多いので、気になるお店を見つけたら是非積極的に遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

福原のソープランドが働く女性に人気なのは何故?

大規模ソープ街の一つとして、ソープランド業界では日本全国的な知名度がある福原ソープ街。
利用客だけではなく働く女性側にも高い人気がある風俗街であり、出稼ぎで福原に来る女性なんかも多く、昨今下火になりつつあると言われるソープランドでも、比較的活気のある場所です。
人気が高いのには当然理由があるわけですが、何故福原のソープランドが働く女性に人気が高いのでしょうか。

■ 神戸の風俗で一番稼げるのがソープランド
神戸は、近畿地方でもかなりの大都市で、そこには様々な風俗があります。ソープランド、デリヘル、ホテヘル、箱ヘル、ピンサロ、性感エステ、オナクラなどなど、ありとあらゆる風俗があります。
福原は、ソープ街として名前が知られていますが、そこにあるのはソープランドだけではありません。他の風俗もあるため、正確にはソープ街というよりも風俗街と言う方が正しいかもしれません。
しかし、数ある風俗の中でも女性が稼げるのは、やはりソープランドなのです。

■ 福原という地域の集客力が抜群
福原と言えばソープランドというぐらい、地名とソープランドは密接な関係にあります。知名度がそれだけ高いということは、それだけ集客力があるということでもあります。
実際、デリヘルやホテヘルを求めて大阪などの他の場所からわざわざ福原へ来る人は少ないですが、ソープランドを求めて福原へ来るという人というのは多いのです。

■ ジャンルが豊富でどんなタイプの女性でも受け入れられる
福原には数多くのソープランドがあり、コンセプトも多種多様です。
若い女性ばかりを集めたオーソドックスな店もあれば、年齢を重ねた女性ばかりを集めた人妻・熟女専門店もあります。OLや学生、和服やナースなどなど、服装に合う女性タイプというのもあるでしょう。
特定のタイプの女性ばかりに需要があるというわけではなく、どんなタイプの女性であってもそれなりに需要があるので、そうしたことも稼ぎやすい・働きやすいという理由です。

■ 働きやすい条件の店が多い
福原のソープランドは、数が多いため人材募集についても取り合いです。そのため、待遇についても様々なものがあって、かなり女性有利な条件が揃っています。
女性にとっては働きやすい店作りが整備されつつあるということもあって、その辺りも福原の女性人気の高さにつながっているようです。
福原ソープの求人を見比べていると、想像以上の好条件で募集が出ていることもありますから、じっくり検討して利用すると良いでしょう。

女性人気が高い福原のソープランドは、必然的にレベルの高い女性が集まります。
稼ぐための競争は激しくなりますが、その競争を勝ち抜くことが出来ればかなり稼げる場所ですから、やる気と自信がある女性なら福原のソープランドで働くのも良いでしょう。

福原のソープランドは早朝からも楽しめる

ソープランドを利用するのは夕方から夜というイメージを持つ方も多いのですが、ソープランド自体は午前中から営業を行っていて、ほぼ1日中遊ぶことが出来るものです。
ソープランドは、風営法によって日の出~午前0時前までと営業時間が制限されているのですが、地域によっては時間をフルに使って午前6時ぐらいから開店してい所もあれば、10時ぐらいになってゆっくりと開店するという所もあります。

■ 福原の早朝ソープは数が多い
関西でも有名なソープ街である福原ソープ街には、60以上のソープランドがありますが、このうち早朝6時~7時からやっている店はおよそ30軒と、早朝からでも半分ぐらいのお店で遊ぶことが出来ます。
地域によっては早朝ソープをほぼやっていない所もありますし、早朝からでも色々なお店で遊べるというのも、福原ソープの魅力ではないでしょうか。

■ 福原の早朝ソープは低価格店だけ
早朝から営業をしているソープランドは、手軽に遊べる格安店~大衆店で、高級店は全て10時頃からの開店となっています。
どうして格安店や大衆店ばかりが早朝に開店しているのかというと、これはお店のシステムやターゲット層の違いなんていうのが関係していると考えられます。

そもそも低価格帯のお店というのは、単価を安くして利用客を増やすといういわゆる薄利多売で利益を出しています。しかし、小売店などと違ってソープランドでは1回の接客時間は定められていますから、回転数というのはある程度限定されてしまいます。
そのため、少しでも営業時間を長くしておかないと利益が確保しづらいということになるわけです。福原ぐらいの人気ソープ街になれば、早朝ソープを利用する客の存在も見込めますし、早朝営業に踏み切る店が多いのです。

■ 早朝ソープは普段と違った楽しみがある
早朝ソープの魅力には色々とありますが、朝の空気の中で遊ぶソープランドというのも意外と乙なものです。
朝というのはお店の中の雰囲気も違いますし、男性スタッフもキャストの女性も普段とは違う一面が見れたりします。
出勤しているキャストについても、早朝に出勤しているキャストというのは割と気合いの入ったキャストが多く、サービスにも熱が入ることもしばしば。
また、料金的にお得という現実的な部分もあります。早朝ソープでは割引が適用されるのが当たり前で、規定の料金から数千円安く遊べるのです。

福原のソープランドであれば、早朝からでもしっかり楽しむことが出来ます。普段は夕方~夜に利用する方が多いという方も、機会があれば是非早朝から福原を楽しんでみてはいかがでしょうか。

関西でも人気の福原ソープ街はどんな所?

福原は、ソープ好きの間でも高い人気を誇るソープ街で、神戸だけではなく大阪を始めとした周辺地域からも利用客が訪れています。
福原をソープデビューの地にする方も多く、給料日後の週末や季節イベントの時などはなかなか活気溢れる町で、福原という地域に興味を持っている方も多いでしょう。
そこで今回は、福原ソープ街について、色々とまとめてみました。

▼ 60軒以上のソープが営業している
福原ソープ街には、2017年10月の時点で神戸特殊浴場協会に登録されているソープランドは65軒あります。
ソープランドには、格安店・大衆店・中級店・高級店といった料金設定に応じた4種類のランクがありますが、それら全てのお店が揃っています。
また、ジャンルなども豊富ですし、働いている女性も数多く様々なタイプがいますから、福原のソープランドを片っ端から探していけば、必ず好みの女性が発見出来るでしょう。

▼ 電車でも車でも行きやすい
福原は、兵庫県神戸市兵庫区福原町という場所にあります。通常、ソープ街というのは繁華街から結構離れた場所に作られるのが普通なのですが、福原はかなり繁華街に近い場所に作られています。
JR神戸駅からおよそ徒歩10分で、最寄り駅となる神戸高速鉄道東西線・南北線の新開地駅、神戸市営地下鉄西神・山手線の湊川公園駅、神戸高速鉄道南北線・神戸電鉄有馬線の湊川駅などからはおよそ徒歩5分です。
同じ関西圏のソープである雄琴と比較しても格別の行きやすさで、送迎なんか全く必要無いほどです。
車で行くにしても国道に面した広い道路を通っていけますし、福原には各所にいくつもコインパークがあるので、車を停める場所に困ることもありません。

▼ 桜筋と柳筋
福原のソープランドは、この桜筋と柳筋の2本の通りの両サイドに密集しています。これら2本がメインストリートとなっていて、桜筋は道路の両側に桜の木が、柳筋は柳の木が植えられた通りとなっていて、活気があるのは桜筋の方でしょう。
春先になると桜が咲いてデートコースにもなるので、地元の一般人も多く訪れてかなり賑わいます。
そのせいなのか、桜筋の方が派手な外装をしているソープランドが多いというのも面白い所です。

▼ 客引きはほぼ無し
風俗街というとよく客引きが道を歩いている人に声かけをしている印象がありますが、風営法で禁止されている今では、福原で歩いている人に声をかけるような客引きはほとんどいません。
お店の前まで行くと敷地内から「いらっしゃいませ、いかがですか?」というぐらいはありますが、過度に引き込むようなことはまずありませんから安心して遊べます。

福原は、ソープランドが初めてという方でも訪れやすいソープ街となっています。お店的にも遊びやすい所は多いので、ソープデビューには福原のソープランドを利用してみましょう。

福原ソープ街に溢れる数々の魅力

福原は、古くからソープ街として高い人気を誇ってきた地域で、現在でも関西圏のソープといえば福原か雄琴かという程の人気となっています。
最寄り駅からの近く、最寄りではないものの神戸の中心であるターミナル駅からも徒歩で行けるという立地の良さは、他のソープ街と比較しても好立地であるため利用者も非常に多いです。
そんな福原ソープ街には数々のソープランドがあり、気分に合わせて様々な遊びを楽しむことが出来るのです。

■ 福原ではカジュアルソープが流行中
福原のソープランドは、高級店も人気が高いのですが、やはり人気の主流は低価格で遊べるカジュアルソープです。時間こそ短いものの10,000円台で遊ぶことが出来るというのは強い魅力です。
もう一つの魅力は、福原ソープ街には同じ関西圏にある雄琴のソープ街よりも若い女性が集まっているということです。昨今のソープランドでは20代前半の女性というのはほとんどが高級店に在籍しているものですが、福原ではカジュアルソープの価格帯でもそのぐらいの年齢の女性が結構居ます。
カジュアルソープは、短時間低価格のためマットプレイが省略される傾向にあるのですが、若い女性の間では「大変な割に褒められない」とか「技術的に難しい」とか、「そもそもマットプレイが面倒」なんていう人も増えていて、マットがあるお店が敬遠されることも少なくありません。
そんな若い女性には、このカジュアルソープがピッタリということで、若い女性も敢えてカジュアルソープで働くことが増えているというわけです。

■ 30代女性が働ける店も増えている
福原で活躍しているのは若い女性ばかりではありません。近年の風俗嬢の高齢化というのもあってか、福原でも30代女性が働ける人妻専門店がいくつもあります。
昔は20代は福原、30代は雄琴なんていう住み分けもあったのですが、それも昔の話となっているようで、30代の質感たっぷりの魅力的な女性と遊びたいという方にも、福原はオススメの場所になっています。
福原の人妻店は、キャストのレベルも高くサービスも濃厚で良いと言われていて、人妻好きならば一度は遊んでおきたいソープランドなのです。

■ 人妻、学生、OL、熟女……ジャンルは色々
福原の50軒近くあるソープランドは、ジャンルがとても豊富です。ちょっとアブノーマル系のお店もあったりするので、どんな趣味の男性でも楽しめるソープ街と言えるでしょう。
ここまでジャンルが豊富なソープ街というのも珍しく、同じくらいのジャンル豊富なソープ街は吉原や川崎、中洲といった有名ソープ街ぐらいなものです。
一つのジャンルではすぐに飽きやすい方でも、長く楽しむことが出来るソープ街です。

長い歴史もあり、地元民からも愛されるソープ街となっている福原のソープ街。近くに寄る機会があれば、是非足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。