月別アーカイブ: 2018年6月

「痛客」「魚雷客」にならないために…

男性は、「女性から好かれること」が生きがいの一つでもあります。女性から好かれていないことを無意識で感じていれば、どこか自分に自信が持てず、フラストレーションがたまり、そしてコンプレックスまでも生まれてしまうものです。
これは、「ソープランド」という”サービス上の付き合い”であっても同様です。男性は、そこに女性が絡んでいる場合、病院であろうが、レンタルビデオ店であろうが、コンビニやガソリンスタンドであろうが「目の前の女性から好かれたい」という本能的願望があるのです。
しかし、一転「サービスする側」の女性からするとまた視点が違います。「痛客(いたきゃく)」「魚雷逆」男性客は、商売上仕方なくサービスはしても、女性の本心として受け入れがたい男性のタイプなのです。できればソープランドにおいても「痛客」「魚雷客」と噂されないような態度と振る舞いを心がけなければなりません。

●痛客・魚雷客とはどんな客?

ソープ嬢たちのスラングとして使われる「痛客」「魚雷客」とは、もちろん歓迎されない男性客のことです。痛客とは「痛い客」のことであり、料金を払っているのだから「お客様は神様です」を信じてしまっている高圧的な客や、ソープ嬢をすぐにでも落とせて店外デートに持ち込めると信じ込んでいる客などです。
また、大企業や高学歴を自慢する客も「痛客」として認定されてしまうこともあるようです。こういった男性客は、一般生活においても女性からあまりモテることはありませんが、ソープランドのように「客が少し上の立場でいられる」という状態では、その特徴に拍車がかかってしまうのです。
「魚雷客」とは、ソープランドファンで用いられる「地雷」をもじって作られた造語なのでしょう。サービスが悪かったり、テクニックが無い、年齢詐称しているようなソープ嬢のことを地雷といいますが、これの男性客バージョンが「魚雷客」だそうです。
魚雷客として認定されてしまう男性は、不潔であったり、店の規定を守らない、プレイが暴力的といった、コンパニオンに苦痛を与えるタイプです。痛客と魚雷客の線引きは曖昧ですが、どちらもコンパニオンに嫌われてしまう客、ということでは共通しています。

●ソープ嬢から好かれることはかんたん!

ソープ嬢たちは、ある程度どんなお客も受け入れる心の用意をしてくれています。高額の報酬を得られる仕事ですから、それは当然といえば当然なのです。反対に、そういった「女性に好かれやすい状況」の中で痛客・魚雷客と思われるというのは、相当性格的に難がある男性だということになるでしょう。
ソープ嬢に好かれるのはかんたんです。個室に入ったら、ソープ嬢の案内を素直に聞き入れ、そして優しくプレイをすることです。特に変態的なものでなかったら、プレイの要求はしても大丈夫です。
少しだけ気をつけなければならないのは、「会話」です。会話の量は多くても少なくてもかまいませんが、あまりソープ嬢の過去やプライベートに突っ込んだ質問をしないことです。「休みの日は何しているの?」くらいは全然大丈夫ですが、「どこのデパートによく行くの?」「どこに住んでいるの?」などというのは、”ストーカー対策”の観点から言ってもNGです。
そして、嫌われる男性客の多くが「自分アピール」が過ぎるようです。短い時間で、なんとか相手に自分を印象付けようとする心理から生まれる行為は、たいていソープ嬢から見ると良く映らないのです。

●おわりに

ソープランドは、普通に利用するだけならば、お客に求められることはほとんどありません。しかし、「ソープ嬢から好かれたい」と考えるならば、時間がかかるという認識を持ちましょう。ソープ嬢に不快感を与えず、本指名を何度か繰り返えせば、当たり前のようにこちらのことを好きになってくれるでしょう。

福原と並ぶ成熟したソープ街になった雄琴

雄琴というと、年代層によって大きくイメージが変わる地域です。自由に旅行が出来る20代~60代くらいまでを対象にすると、20代30代は温泉街として、40代50代は温泉とソープが楽しめる歓楽街として、60代以降も概ね歓楽街的なイメージまたは鄙びた温泉というのがあるかもしれません。

雄琴の温泉地自体は天台宗の開祖である最澄が開いたとも言われる由緒ある温泉で、昔から温泉があることは知られていました。現在のような温泉街の形を取り始めたのは明治時代から、そして歓楽街のきっかけとなるソープランドが初めて出来たのが昭和も後半の昭和46年です。
そこから10数年間はソープランドが勢いを伸ばし続け、温泉街から客を遠ざける原因になったりもして、平成に入ってから温泉街はソープ街との関係が無いことを強調して様々なイメージアップ作戦を決行、現在では温泉街としての評判を取り戻し、ソープ街と温泉街はそれぞれで独立する形になっています。

雄琴のソープ街の最盛期といえば昭和50年代~平成初頭あたりで、この時期には現在よりもさらに多くのソープランドが営業を行っていました。現在の雄琴で営業を行うソープランドの数はおよそ40軒で、当時はおよそ60軒というのですから、今よりももっと活気があったのは間違いありません。
現在でも雄琴のソープランドが持つ評判というのは概ねこの時代に確立されたものであり、特に「女性の質が良い」なんていうのは、当時からソープランドの本場として全国的に有名であった吉原や堀之内などから優れたテクニックを持つ女性をスカウトしていたということが理由です。

現在の雄琴ソープ街ですが、そういった活気のある時代とは程遠いある程度成熟したソープ街へと変貌しました。かつての活気はなくとも、その分濃密なサービスが受けられるとか安全に遊ぶことが出来るといった方向へシフトしたのです。例を挙げれば、全店にスキン着用でのサービスを推奨しているというもので、通常は高級店であればノースキンでのサービスが売りの一種ですが、雄琴では高級店でも基本的にスキン着用となっています。
また、雄琴も新規出店の規制に掛かるようになってしまったので、昔のような経営方針ではなく、良質なサービスを長く続けるという経営方針を採る店も多く、一般的な悪いイメージの店というのはほとんどありません。一度のサービスでしっかりとリピーターを掴むために、サービス重視にしている店が増えているのです。

結果、現存するソープランドの大半は安心して遊べる店ばかりであり、落ち着いてサービスを楽しめる場所となりました。温泉とソープ、どちらもゆったりと楽しめるというのは、現在の雄琴ならではと言えるのではないでしょうか。

『ソープランド選び』SNSの罠にかからない方法

インターネットの普及によって、ソープランドを含む風俗店の情報がかんたんに入手できるようになりました。現在のソープランドの人気も、インターネットの存在がなくてはなしえなかったはずです。過去には、情報が乏しかったために、ソープランドでの失敗は数え切れませんでしたが、現在では風俗初心者であっても、自分の好みにマッチした店と女の子を選び、楽しむことができるのです。
しかしその反面、インターネットの間違った情報によって起きるマイナス面で損をする男性客もいます。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの一般投稿には、気をつけなければならない「罠」があることも知っておきましょう。

●高度な情報収集ができるSNS

一般的にソープランドの情報は、各ソープ店が配信しているオフィシャルページや、風俗情報サイトなどが配信するポータルサイトを利用します。しかし、これらは「ソープ業界側」が配信するものですので、本当の店の良し悪しを判断することは難しいのです。自分の店を悪く宣伝することはありませんから、これはビジネスとして当然のことです。
そこで、実際にソープ店で遊んだことのある男性の「口コミ」によって、宣伝ではないリアルな情報が得られるサービスとしてSNSは役に立つのです。SNSは風俗業界ではなく、飲食店の評価や、家電製品の体験談報告など、多くのジャンルで活用されています。
めぼしいソープランドがあれば、その店をそのままSNSで検索することで、多くの男性客の体験談と生の評価を知ることができるのです。一歩踏み込んだ高度な情報を入手できるのが、SNS最大のメリットだといえるでしょう。

●しかしSNSには「罠」がある

しかし、SNSを始めとしたインターネットの世界は「正善説」で成り立っています。利用者がすべて善人であるならば、これほど有益なアイテムはないのですが、中には悪いことを企む輩も少なくないのです。
それは「嫌がらせ、腹いせの口コミ投稿」です。最近ソープ店でのお客のマナーの悪さが問題になっています。店の約束事を守らなかったり、信頼関係を築く前に店外デートに誘い、断られるなどの「困ったお客」が増えているそうです。
こういったマナー違反の客には、ソープ嬢の方でも厳しく接するのが当たり前なのですが、冷たくあしらわれた男性客がSNSに有る事無い事を書き込んでしまうのです。こういった行為は店側にはかなり迷惑なのですが、対処する方法もありません。
また、そういった嘘の書き込みを信じ込んでしまうお客もまた、得をすることはないのです。こういったSNSの罠にはまり込んで、せっかくの優良店を逃さないためにも、防御策を持っておく必要があります。

●SNSの罠にかからないための防御マニュアル

ソープランドには限りがありますから、せっかくの優良店を、逆恨みした客の書き込みによって選択肢から除外することは損失です。SNSの嘘の書き込みに惑わされないための防御策を覚えておきましょう。

〈嘘の書き込みを見破るコツ〉
1.悪い書き込みの投稿者名を覚え、連続で書き込んでいないか確かめる
2.悪く書き込まれた店・ソープ嬢の名前を再検索して他の書き込みを確かめる
3.悪い書き込みが「感情的」な文章になっていないか確かめる

腹いせで悪い書き込みをする場合、冷静さが失われて感情的になり、また同じスレッドに「連投」しているのが普通です。虫の居所が収まらない人間はとにかく”しつこい”のです。
また、同店舗、ソープ嬢を他の人の書き込みで確かめることも大切です。ツイッターで悪い書き込みを見つけたら、別のSNSであるミクシィや2ちゃんねる、爆サイなどで検証する方法も有効です。

●おわりに

便利さの多いインターネットですが、すべてを信じ込むことは危険です。数え切れない情報の信憑性を疑うことも、インフラ化しているネットを安全に利用するコツだと言えるでしょう。

「ソープランドリテラシー」ホームページから読み解く本当の意味

近年のソープ店の広告とえいば、昔の風俗情報誌や新聞ではなく、インターネットのホームページへと完全に移行されています。スマホやパソコン、ガラケーがあれば、誰でも無料で料金システムやアクセス方法、営業日案内からソープ嬢の顔写真まで閲覧することができるのです。
しかし、これらはあくまでも、ソープ店が側から発信されている”広告”ですので、その中に書かれているすべてをうのみにはできません。「ウソ」の内容はなかったとしても、実際に来店したときの印象が違うということなどがよくあるのです。
ネットの普及によって、一般社会やビジネスの場においても、あふれんばかりの情報から真意を読み解く力「リテラシー」が求められています。ソープ遊びにも情報から真意を読み解く力は必須であり、それにはいくつかのポイントを抑えることが大切なのです。

●ホームページデザインの印象を読み解く

ソープランドのホームページは、他の業態にくらべても完成度が高く、そしてデザインは「高級路線」が多いのが特徴です。ソープランドをよく知る人こそ、この「高級」というイメージに弱く、錯覚を起こしてしまうのです。
本当の高級店はもちろん、大衆店や低価格店であっても、ホームページを高級に彩ることはかんたんにできます。また、「ラグジュアリー」「ハイソサエティー」「ハイレベル」・・・といった高級感を演出するようなコピーを入れることは”違法”ではありません。
どのソープ店のオーナーも、自分の店を少しでも良い印象で売り出したいのは当然のことですから、必然的にソープランドのホームページのほとんどが高級志向に落ち着いてしまうのです。ですから、「高級店」「大衆店」「格安店」の見極めは、WEBページのデザインではなく、きちんと”料金システム”を確認することが大切です。

●人気店かどうかを読み解く

どんな業種でも、人気店には人気店になる理由が存在し、顧客を引きつける魅力を持っているものです。何時間も並ぶという労力を使ってでも行列店に行きたがるのも、同様の理由があるからなのです。
ソープランドにおいても、これはある程度同じです。閑古鳥が鳴いている店を選ぶよりも、人気店で待合室にお客が溢れているような店のほうが、満足度が高い傾向にあるのです。この「人気店かどうか?」をホームページから読み解くには、いくつかのポイントを確認するとよいでしょう。

1.在籍嬢が多いかどうか(40人以上ならばOK)
2.ページの更新が頻繁にされているかどうか
3.「店長ブログ」「姫ブログ」など機能が多いかどうか(高級店は除く)
4.ネット上に書き込みが多く見られるかどうか
5.ポータルサイトで紹介されているかどうか
6.グループ店かどうか

在籍嬢の多さは、ほぼ店の人気と比例するといっても良いでしょう。また、ページが更新されずに放置してあるような店舗は疑わしさを感じます。
3)のページ機能の多さも、店の活気と比例するので、要チェックです。ただし、高級店のホームページでは、あえてシンプルにする傾向もあるので、このチェック方法の場合には除外して考えましょう。
4)と5)に関しては、ホームページだけでは読み解けませんから、SNSやソープランド体験談などが配信されている別のサイトを確認したり「シティヘブン」「マンゾクネット」などのポータルサイトを閲覧する必要があります。

●画像・動画コンテンツから優良店かどうかを読み解く

多くのソープ客が、ソープランドのホームページを見るときに「姫写真」ばかりに注意をひかれ、他の画像・動画コンテンツを見逃してしまいます。しかし、こういった営業外の作業に力を入れているソープ店は、余裕のある「優良店」が多いのです。
時間を必要とする、姫の動画や複数枚用意されたグラビア、また店内写真やアクセスマップなどもチェックすべきポイントです。画像・動画コンテンツの多いホームページを配信しているソープ店ならば、設備投資にもお金を使い、細部にまで行き届いた経営がされているものと見て間違いないでしょう。

●おわりに

男性客が神経を研ぎすませて閲覧する「姫写真」も、今回ご紹介したような要素が整っていて初めて信用することができるのです。慣れてくれば、数多くあるソープランドのホームページを、1サイト数分で検収することができます。多くの情報の中から、選りすぐりの1店舗を発掘しましょう。

アラサー・アラフォー男性の「ソープランドデビュー」が増えているわけ

日本の男性にアンケートをとると、「風俗経験したことがない人」がある人を大幅に上回ります。今や射精産業は、ソープランドを始めとする風俗業ではなく、自慰行為のためのAVやオナニーグッズなどが多くを占めているのです。
また、風俗デビューはなかなか一人ではできにくいものです。昔は現在よりも情報が希薄だったため、風俗にはさまざまな噂や都市伝説がつきまとい「怖いところ」という印象が強く、友人や職場の先輩に教えてもらって初体験するというのが、最も多いデビューの道筋だったのです。人間関係が濃密ではなくなった現代の日本では、こういった事情が重なることで風俗未体験の男性が増えたのでしょう。

●アラサー・アラフォーの風俗デビューが増えている

生涯未婚率が危機的なレベルにまで達していること、セックスレス夫婦が増えていることなどが原因で、最近ではアラサー・アラフォーの男性の中に、性欲のはけ口をソープランドなどの風俗店に求める人が増えつつあるようです。
そして、現在ではインターネット端末は誰でも持っていますから、興味本位でネット検索し、そこに繰り広げられている艶めかしい世界を目の当たりにするのです。実際にその中の何割かが、見事風俗デビューを果たし、その数は年々増えつつあります。性欲そのものは思春期などの若い男性の方が高いのは当然ですが、年を取ってからの覚醒は一種独特の激しさがあり、深くはまり込むほど夢中になるのです。

●「衝撃」と「後悔」が共通した感想

アラサー・アラフォー男性がソープランドデビューをしたとき、口を揃えて出て来る言葉が「衝撃」と「後悔」です。”衝撃”は当然のことですが、”後悔”というのは「もっと早く知っていれば良かった、人生を損した気分だ」ということです。童貞であっても既婚者であっても、ソープランドで繰り広げられる性的サービスの数々は、まさに別世界の代物であり、怒髪天の衝撃を受けることは間違いのないようです。

●豊富な資金力が後押し

童貞であったり、これまで風俗を経験したことがない男性は、たいてい仕事がまじめで、それなりのステイタスを築いているものです。自由に使える金額は世間の男性の平均よりもはるかに高く、それは同種の男性がハマりやすい「アイドルの追っかけ」「アニメ」「ゲーム」につぎ込む金額の多さからも、容易に推測できます。
中には、ソープランドの方に資金を投入したいために、その他のお金のかかる趣味を止めてしまう男性もいます。それだけソープランドには魅力が多いということになるのでしょう。

●ソープ嬢の変化も拍車をかける

アラサー・アラフォーで風俗経験のないような男性は、女性の好みも独特です。たいていが「清純派」好みであり、妖艶な魅力のある女性にあまり興味をそそられないのです。
以前ならばソープランドは、その”妖艶な女性”の宝庫でしたが、最近ではまったく毛色が違っています。まるでアイドルと見間違えるほどの可愛いルックスと、低年齢、そして風俗嬢と思えないほど清純さただよう雰囲気など、アラサー・アラフォー男性のストライクゾーンにぴったりとハマるような子が急増しているのです。こういった、ソープ嬢の全体的な変化もまた、アラサー・アラフォー男性をソープランドに惹きつける要因として考えられます。

●おわりに

男性はセックスの経験によって、”オス”としてのターニングポイントを通過します。「セックス以前」と「セックス以降」では、人格や価値観するらガラリと変わってしまうこともめずらしくないのです。
またこれは「風俗の経験」にも当てはまります。これまで真面目な恋愛しかしたことがない人が、セックスのプロフェッショナルであるソープ嬢のサービスを受けることで、脳の中で何かが弾け、そして覚醒するのです。アラサー・アラフォーの男性の中で、人生に行き詰まりを感じたのなら、迷うことなくソープランドの門を叩いてみましょう。そこで「第二の人生の扉」を開くことができるかもしれないのです。