月別アーカイブ: 2018年5月

むしろ既婚者ほどソープランドがオススメできる理由

ソープランドに通う男性はみな彼女や奥さんがいなくて、射精する場所に困った男性だと思われがちですが、これは誤解です。既婚者と未婚者の比率は、ほぼ互角といったところなのです。
結婚をしているにもかかわらず、ソープランドに通う男性を、世間の女性は敵視し糾弾しますが、実は「既婚者ほどソープランドに行くべき」なのです・・・。その理由などを解説します。

●セックスレス防止のために

現在、既婚者の2組に2組が「セックスレス」だという驚きのデータがあります。セックスレスは夫婦間に亀裂をもたらす大きな原因になりますから、非常に危険な状態だといえるのです。
セックスレスになる大きな原因は、”男性側”にあるといいますが、これは「雄の本能」としては仕方のないことなのかもしれません。男性は数回セックスをした女性に対して、初めの頃のような魅力を感じなくなります。
現在セックスレスではない男性でも、その多くは「奉仕セックス」をしてるはずです。そして男性は、セックスをしなければしないほど、セックス自体に興味が失くなっていきます。自慰行為で射精だけ済ませれば、リアルな女性を抱きたいという願望も大きく減退していくものなのです。
そこで有効なのが「ソープランド」の利用です。ソープランドは、毎回相手を変えることはできますから、常に新鮮にセックスを楽しめます。また一般女性ではあり得ないような快感を与えてもくれるのです。月に1~2回ソープが良いをしていれば、セックスに対しての興味は持続し、一番近くにいる妻を抱きたくなる可能性も増えるでしょう。

●不倫防止のために

男性の多くに不倫願望があります。これもまた男性の本能でもあり、回避するのは難しいのです。しかし、これが近所の主婦であったり、同級生、知人が相手では「家庭崩壊」の可能性が高くなります。
そこに恋愛感情が生まれることは必至であり、後で後悔することはあっても、その時点では燃え上がった感情をコントロールすることは難しいのです。ソープランドでしょっちゅうガス抜きをしてれば、不倫願望も限界を超えることはないでしょう。

●充実したセックスライフのために

男性は、自分の妻や彼女に対しては、性欲のすべてをぶつけようとは思わないものです。妻や彼女に対しては、どうしても気を使いがちになり、「楽しむためのプレイ」を控えてしまうものです。この状態で何年も妻だけと暮らしていると、セックスが単調になったり、新しい性の開拓をしなくなるためマンネリ化して魅力を感じなくなります。これは妻の方でも同様に感じていることでしょう。
ソープランドは、ハイレベルで性の欲望を追求するところなので、男性が通うとさまざまなプレイスタイルをマスターすることができます。そして、ソープに通う既婚者男性の多くが、ソープランドでマスターしてきたセックスプレイを妻とも楽しもうとします。これは女性側にとっても嬉しいことであり、旦那とのセックスが充実し、精神的にも満たされると、普段の生活の中でも「女性の良い部分」が現れるようになり夫婦仲もよくなるのです。

●おわりに

ソープランドは「射精産業」の一つですが、「性生活アドバイザー」の一面も持っています。パートナーのいない独身男性はもちろん救われますが、結婚して妻との性生活がうまくいっていない既婚男性のほうが、むしろおすすめできる要素がたくさんあるのです。

地元民だからこそ利用を避けることもある

面白いもので、人は身近になればなるほどその存在に近づかなくなることが多く、例えば「東京に住んでるけど東京タワーに登ったことがない」という人は結構多いと言われています。観光名所ですらこうなのですから、ことそれが風俗街であればよりその傾向は強くなるようです。

雄琴のソープ街がその顕著な例と言えますが、雄琴ソープ街は繁華街から離れた郊外に形成された大規模ソープ街。ソープ好きの間では当然のこと、地元民ならまず知らない人がいないという場所です。そして、この雄琴ソープ街も「地元民ほど近づかない」という場所の一つなのです。

■地元民だからこその悩み
雄琴のソープ街というのは、いわゆる郊外型のソープランドで周囲には本当に何もありません。特筆すべきような商業施設などもありませんし、住居ですらそんなに多くありません。地元民からすれば、そっちの方へ向かうだけで「あ、ソープランドへ行くつもりだな」なんて思われてしまうわけです。

ソープランドというのは法律的に真っ当な商売ではあるものの、やはり利用していることが周囲にバレるというのは避けたいのが人情というものです。地元民には即バレしかねないという環境が地元民がソープランドを利用する際に、金津園や福原の方へ向かうという選択をさせてしまうことになるのです。

■地元民でもソープデビューは雄琴
そんな雄琴の地元民ですが、ソープデビューをする際に限っては雄琴を利用することが多いようです。特に高校を卒業して大学生になったばかりの若者が、バイトしてお金を貯めて大学の先輩などにソープへ連れていかれるというのが一種の通過儀礼になっているのです。

他にも18歳になって免許を取ってドライブをするにあたって、雄琴ソープは行きやすい場所です。国道ですし交通量も少なめで運転しやすく、初心者のドライブとしてはやりやすい道路ですし、ソープ街のメインストリートを冷やかしに行くだけでも若者には楽しいものですし、そのついでにソープデビューということもあるそうです。

最近では、かつては共存していた温泉街がソープ街と完全に袂を分かち、雄琴という土地のさらなるイメージアップのために排斥運動を行っているという話もあります。そういった運動が起こる中、その運動に参加していない地元民でもちょっと行きづらくなるというのはしょうがないことなのかもしれません。雄琴の地元民には地元民のジレンマというものがあるようですが、そういった雰囲気に負けずに是非とも雄琴のソープランドを利用して頂きたいものです。

STD流行!出会い系止めてソープランドへGO!

ここ数年、STD(性感染症)が急増しているとしきりに報道されているようです。性病が流行るとまず最初に目をつけられるのが、ソープランドを始めとする「風俗店」です。
しかし、これはあきらかに”風評被害”以外の何ものでもなく、それは風俗業界関係者、また風俗利用者である男性が最も理解していることでしょう。STD流行の原因は、出会い系サイトやSNSコミュニティの普及よるものだということが真実です。その内幕を暴いてみました。

●「性病の恐怖」から逃れたい市民感情

「性病=風俗」というのは、昔から存在する一般市民の考え方です。性病など、いつ自分の身に起きるかもしれない”恐怖”に対し、人は安心感を求めるために原因と答えを急いで求めるようになります。そして性病と風俗を結びつけて考え「風俗に行かなければ大丈夫」という安心感を得たいのです。
1980年代に起きたエイズ騒動のときにも同じことがありました。ソープ業界は風評被害のために、壊滅的な経営不振に陥りましたが、結局ソープ店からの感染者は1人も現れることはなかったのです。この、無理やり原因と結果を急ぐ行為は非常に危険です。「ソープランドが原因」と、間違った解釈をしたためか、真実を知ることが遅れてしまい、エイズは今や80年代の数倍の感染者を出す結果となっています。

●STD流行の原因は「出会い系」と「SNS」

スマホの普及によって、「出会い系サイト」と「SNSによる男女の出会い」は、実態が把握できないほどその数を増やしています。クラミジア・淋病・ヘルペス・コンジローマ、最近危険視されている「梅毒」などは、性病予防の知識が乏しい未成年の女性を介して被害を拡大させているのです。
出会い系に絡んだ事件事故は、かなりの数テレビニュースで目にすることがあります。これらは最悪の結果であり、水面下ではその数千倍の”出会い”が繰り広げられているということは間違いないでしょう。

●ソープランドのSTD対策マニュアルは「医療レベル」

ソープランドは「セックスを前提」とするビジネスです。STDなどの対策も、当然のように行われています。出会い系サイトやSNSの出会いのように、感情的で突発的に男女が関係するそれとは、全く次元が違うのです。
ソープランドのSTD対策は、「医療レベル」とも言われていて、それは経営者、店長、ソープ嬢自身が、STDに対して深い見識と対処策を持っています。ネット上でも一般女性からの性病の質問を、ソープ嬢が回答して解説しているというサイトをよく見かけますが、それほど彼女たちには、高度なSTDの知識があるのです。

●おわりに

STDの爆発的な普及は、数年単位で繰り返されます。それでも男性の性欲求はどこかで開放しなくてはなりません。STDの心配があるときこそ出会い系サイトやSNSの利用をやめて、「ソープランド」を活用すべきなのです。

なるべく早くソープデビューしたほうが出世する理由

高校、大学を卒業し、これから社会に出ようという若者の中に、まだ「童貞」の男性が増えているといいます。20代の青年層の交際率は低下し続けているのだそうです。
男性ならば社会に出れば、やはり「出世」を目指すはずです。しかし、そのとき恋愛・性体験を済ませているのとそうでないとでは、出世の度合いが違うのです。
恋愛はゆっくり相手を見つければいいとしても、性体験だけは十分に経験しておくべきです。日本には「ソープランド」という便利な風俗産業があり、一定額の料金を支払えばかんたんに「性のノルマ」をクリアすることができます。社会に出る前に、なるべく早くソープデビューしたほうがいい理由などをまとめてみました。

●男性の自身は「性的自信」と比例する

男性ならば、学生のときにこんな経験をしたことがないでしょうか?勉強ができるわけでも、スポーツができるわけでもなく、またケンカが特別強いわけでもないのに、どこか自信たっぷりで心に余裕があり、そして女の子にもモテる同級生の存在です。そして、学校行事の旅行や普段の生活の中で一緒に風呂に入る機会があり、その同級生の男性器が平均よりもかなり大ぶりであることに驚かされるという経験です。
これは偶然ではなく、日本国中、あるいは世界中の思春期の男子が経験して気づくことなのです。
—–男性器の大きさは「オスの自信」をもたらします。
さらにいえば、「精力の強さ」こそが、その男性の「人間としての強さと自信」につながるのです。性体験がない状態は、どこか後ろめたいような、引けを感じるような無意識の精神状態を構築してしまいます。
せめて数だけでもこなせていれば、ペニスが大きくなくても、なんとなく「男の自信」を保つことができるのです。セックス未体験のまま社会に出るということは、スタート地点からすでに「気持ちで負けている」ということになります。

●医学的にも認められている出世と精力の関係

「英雄色を好む」といいますが、昔から出世をする人間は精力も旺盛です。これは医学的にも認められているのです。男性が男性らしくあるためには、「テストステロン」という男性ホルモンが必要で、これが多い人は男らしく、そして活力に満ちた生活を送ります。
テストステロンは、睾丸内の精巣で作られ、たくさん性的行為をする人が分泌を活性化させるのです。「金持ちになりたい」「誰にも負けたくない」「頑張りたい」といったポジティブな感情もまた、このテストステロンの性質によるものです。
昔の中国の皇帝たちは、側近の男性に「去勢」を行いクーデターを防いでいたのです。これを”宦官”といい、中国、朝鮮、東南アジアの王国で古くから行われてきた慣習です。
要するに、精巣を摘出されてテストステロンの分泌をなくされると、競争心、出世欲など男性らしい性質が失われてしまうのです。最近ではセックスレスのカップルが増えているようですが、性生活から離れてしまうと、徐々にテストステロンの分泌力も低下してしまうので、日本の将来は危険な状態だといえます。

●ソープランド通いによって一歩抜きん出る

かりに高校や大学で恋愛ができなくても問題ありません。今すぐにでもソープランドに飛んでいけば、男性ホルモンはすぐにでも活性化されるからです。おそらく童貞の男性ならば、初めて女性の体内で射精をすれば、その時点で性格や考え方、モノの感じ方などに変化が起きることに気づくでしょう。
就職すれば経済力もつきますし、一人暮らしをはじめるなど、実家で親の庇護下にあるときよりも自由に動けるようになりますから、まさにその時期がソープデビューのチャンスなのです。ソープ通いを始めれば、きっと新入の同僚たちから一歩抜きん出ることができるはずです。

遊び方の好みで違うソープランドの使い方

男性の遊びのスタイルや好みは千差万別です。飲酒のしかたでも、パーティーが好きな人、大宴会ではっちゃけたい人、じっくりバーで酒を味わい人などに好みが分かれるように、「性的遊び」も趣味趣向が違うものです。
ソープランド一つとってみても、それぞれの好みで利用の仕方に差があります。また、多様性が進んだ現在のソープランドでは、あらゆる遊びのスタイルに対応できる奥の深さがあるのです。ここでは、男性の遊び方の好みの違いによって、どのようにソープランドを利用すればいいかを指南してみました。

●毎日セックスしない気がすまない男性なら・・・

プレイ自体はノーマルでも、毎日射精しないと心身のバランスが整わないという男性もいます。自慰行為をするように毎日セックスがしたいけど、独身で彼女がいない男性のケースですね。
こういった好みの男性には、ソープランドの「早朝・日の出割引」がおすすめです。余程の高収入男性でなければ、90分で3万円もする大衆店以上のソープランドに通うことは不可能です。
しかし、多くのソープランドが実施している、早朝6時台という極めて早い時間帯限定の割引システムを利用すれば、週に2~3度通うことは現実的に可能です。「仕事前に一発抜く」ということを習慣づけている男性は意外に多いのです。

●酒池肉林が好みの男性なら・・・

我を忘れてドップリと性の世界に浸りたい・・・という酒池肉林タイプの男性ならば、ソープランドの「2輪車」を利用することをおすすめします。いわゆる”3P”プレイになりますが、リアルな生活の中ではなかなか実現できないプレイですね。
料金はソープ嬢2人分になるので、倍額かかりますが、得られる快感は3倍以上です。古くは高級店のオプションとして有名でしたが、現在では大衆店以下の低価格ソープでも2輪車オプションのあるソープ店はかんたんに見つけることができます。店によってコンパニオンが限定されたり、細かな規定もあるので、事前にチェックは必要です。

●変態的なプレイが好みの男性なら・・・

ソープランドのコンセプトやジャンルは、ここ数年非常に豊富になっています。

◎コスプレ
◎イメージ・バーチャルプレイ(痴漢・オフィス・学園・セクハラなど)
◎痴女
◎緊縛・SM
◎アダルトグッズ使用オプション

など、ありとあらゆる変態プレイが実現可能なのです。そして嬉しいことに、こういったジャンルのソープ店は、低価格なことが多くて利用しやすいというメリットもあります。

●癒やしを求める男性なら・・・

ストレスの多い毎日を送り、精神的にまいってしまっている男性ならば、セックスにも「癒やし」を求めるものです。打てば響くような会話をしながら、優しく包容力のある女性に癒やされたいならば「熟女店」がおすすめです。
熟女ソープに務めるソープ嬢は、それなりに人生経験も豊富で、男性の心理をよく理解しています。痒いところに手が届くセックスをすることで、心身ともに癒やされ、明日からの”生きる活力”を与えてくれるのです。
熟女店はテクニック・接客・料金の安さのすべてを兼ね備えています。仕事と家庭に疲れ果て、たまには現実逃避をしたい男性にも熟女ソープはおすすめできます。

●擬似恋愛・ナンパがしたい男性なら・・・

まだ若くて活力みなぎる男性ならば、若いソープ嬢がいる「大量在籍店」がおすすめです。同年代の話の合うコンパニオンと疑似恋愛を楽しんだり、または思い切って店外デートに誘ってナンパしたいという元気な遊びが可能です。ただし、ソープランドは基本的に店外へのお誘いは規則違反です。
しかし、実際にはこっそりOKするソープ嬢がいるのも事実ですから、決して不可能ではありません。実行するときには細心の注意を払いましょう。

●おわりに

現在のソープ業界に勢いがあるのは、ジャンルやコンセプトのバリエーションが豊富になったことも大きな要因の一つです。自分の好みに合った遊び方をするために、ネットを利用してホームページやポータルサイトを閲覧し、プレイ内容をリサーチしてみましょう。