月別アーカイブ: 2018年4月

「巨乳」が好きな人のためのソープ嬢の選び方入門

男性の女性への好みは「尻派」と「胸派」に大別することができます。

そして”巨乳好き”は多く、ほとんどの男性が女性の大きな乳房に魅了されるのではないでしょうか?

ソープランドで遊ぶときには、この自分女性の好みは重要です。

しかし、最近ではブラなども発達し、「ニセ乳」がネット写真でも多いのが辛いところです。

ここでは、巨乳好きの男性が好きな人のための、”本物の巨乳”を見つけるためのマニュアルを公開したいと思います。

●年齢的には「若い子」に巨乳が多い?

女性も年齢が高くなると全身が豊満になるため、それにつられてバストも少し肥大化します。

しかし、胸部、背中部の皮下脂肪を寄せ集め、ブラの中に収納するのは、完全な「ニセ乳」だといえるでしょう。

ニセ乳はブラをしているときは大きくても、外してしまえば”消失”してしまうのです。

これほど残念なことはないですよね?

統計を見てみると、女性のいわゆる「カップ数の平均」は、年々高まりつつあるとのことです。

一見年齢の高い女性の方が豊満に感じられても、実際の「バストの大きさ」では、若い子の方が上なのです。

顔や体つきに惑わされず、巨乳狙いならば若めのソープ嬢を狙いましょう。

●「谷間」に惑わされるな!

巨乳といって連想するのは「谷間」ではないでしょうか?

大きく膨らんだ2つの乳房がより集まり、そこで作られる立体的な谷間は、男性の性欲を掻き立てられるものです。

ですから、機能性の高いブラでも、実際のカップ数よりも大きく谷間ができるような構造になっているのです。

いわゆる「寄せてあげてブラ」と言うやつですね。

これは、巨乳好きならば絶対に見抜かなければなりません。

寄せてあげてブラには、DカップがFカップに、FカップならばGカップに・・・と、とんでもない「詐称」を実現できる能力があるからです。

すごいのになると、本来谷間ができないはずのAカップであっても、Dカップくらいの谷間を作れるブラもあるので要注意です。

この谷間に騙されず、正しいカップ数を見極める方法はかんたんです。

それは「脇の状態」を確かめることです。

脇の部分のブラの繊維が引っ張られていたり、脇全体が凹んでいるような場合、明らかに「寄せて上げて」をしています。

本当の巨乳なら、ブラの「横乳」がはみ出た状態となっているはずです。

●ソープ嬢の姿勢にも注意

もう一つ、巨乳と勘違いをしてしまうものに「ハト胸」があります。

胸囲を図ると大きいのですが、カップ数は大したことがない・・・というやつです。

これもネット写真で確認することができます。

ハト胸の女性は、たいてい姿勢がものすごく良くて、胸を張ったような姿勢をしています。

あまり胸を強調したハト胸ソープ嬢よりも、少し猫背くらいでカップが大きく見えるソープ嬢を選びましょう。

●おわりに

巨乳好きの男性にとって、ソープ嬢のバストサイズは、「成功か?失敗か?」を決定づける生命線となります。

今回ご紹介した「巨乳を見分ける方法」を活用し、より成功率の高いソープ嬢選びを実現しましょう。

「ソープはもはや治療院」30・40代で童貞を捨てる人が急増中

若者の未婚率や非交際率が高まっている、というニュースをよく目にするようになりました。

また若者だけではなく、30代・40代という年代でも”童貞病”をこじらせている人も増えているようです。

30代・40代の男性でも、「10人に1人がセックス未体験」という驚きの調査結果もあり、これは年々増えつつある傾向にあるのです。

●童貞男性はあきらめ始めている?

「草食男子」「オタク」「アニメキャラしか愛せない」など、理由は様々ですが、本心から「セックスを望まない」わけではないようです。

しかし性体験は、若い間に済ませおかないと、年齢が高くなってきてからではさらに卒業するのが難しくなります。

社会に出て出会いの数も減り、女性に対して苦手意識を持つようになると、それはすでに「末期症状」なのです。

そして、多くの童貞男性は、女性とのふれあいに対してあきらめかけています。

「どうせ俺なんか・・・」と心を閉ざしているのです。

●ソープはもはや「治療院」と化している?

こういった童貞男性の中には、自分の叶えられない願望を果たすため、また”童貞病”を克服するために、ソープランドを利用する人も多いようです。

モテナイ病・童貞病・女性恐怖症の原因はただ一つ「セックスをしていないから」であり、これは本人たちもよく理解しています。

それらを克服するためにも、ソープ嬢という「恋愛とセックスのプロフェッショナル」に”施術”を求めるのです。

これはある意味正解です・・・。

よく、「素人童貞」という言葉を悪い意味で使いますが、素人童貞は完全童貞よりもはるかにマシな状態なのです。

ソープランドで実際の女体を経験していると、異性に対してとんでもない妄想や勘違いはしなくなりますし、女性に対しての屈折した感覚を持たなくなります。

女性側も、変に神聖に捉えられたり、狂った恋愛観を持って接触されるよりも、性体験豊富な男性を好みます。

「素人童貞」は、”ほぼ童貞病を克服した男性”だといえるのです。

勇気をふりしぼってソープを「童貞病治療院」として利用した男性の多くに、実生活でパートナーができる人が多いそうです。

●ソープ嬢は「童貞を好む」

あまり知られていないことですが、一般女性が童貞男子を忌避するのに対し、ソープ嬢は「童貞を好む」傾向にあります。

童貞を卒業することを「筆おろし」といいますが、これは人生の一大イベントでもあり、それを自分ができることに、どこか優越感のようなものを感じるのかもしれません。

童貞男性は、「童貞だったらソープ嬢にバカにされるのではないか?」という余計な心配をされるようですが、これはまったくの反対であることを知らなくてはなりません。

ソープ嬢たちは、職業的にも男性客の「プレミアムウーマン」になることに喜びを感じるのです。

初めてソープランドに行った際には、胸を張って「童貞です!」と告白しましょう。

その日のサービスは”特別なもの”となるはずです。

●おわりに

昔の日本の村々では、若い未体験男性に対して、中年女性の誰かが”筆おろし”をする習慣があったようです。

現代のモラルでそれは許されなくなり、それが童貞増加の大きな要因であるという説もあるのです。

ソープランドは現代においての「村のおばさん」の役割も果たしているのですから、人間社会とは実に不思議で感慨深いものです。

なぜ男性は「フリーでソープに突撃」してしまうのか・・・

インターネットが普及し、ソープ業界が宣伝媒体をネットに変えたことで、ソープランドは以前よりも、はるかに使いやすいものとなっています。

ネット広告では、これまで店に行かなければ確認できなかった、コンパニオンの顔写真を無料で閲覧することができますし、気に入った子が見つかれば、そのまま予約することも可能です。

しかし、この便利になった時代においても「フリーで遊ぶ」男性が存在します。

なぜ彼らはネットの恩恵を享受せず、アナログな遊び方を選ぶのでしょうか・・・。

●ギャンブル性を楽しむ

男性の遊びの代表を「飲む・打つ・買う」といいますが、もちろんソープランドは「買う」です。

そしてネット写真などでリサーチし、安全性の高いネット予約ではなく、店に直接突撃し、情報の無いコンパニオンで遊ぶという行為は「打つ(ギャンブル)」にあたるのではないでしょうか?

どんなコンパニオンが出て来るかわからない状態のまま待合室で待つことは、競馬でいうと馬券を買ってレース結果を待つ行為に似ています。

このときに得られる「ドキドキ感」を楽しめるのも、フリー突撃の楽しさなのかもしれません。

ソープランドという1つの遊びで、2つの楽しみ方ができるのがフリーのメリットなのです。

●大当たりを引いた経験がある

フリーで遊ぶ場合、店側が「常連として通ってほしい」と感じた客には、レベルの高いコンパニオンを付けてきます。

過去にフリーでこういった「大当たり」を引いた男性は、同じフリーで遊ぼうという心理が働くものです。

フリーならば料金が安くなることも多いですし、そうなるとコスパはかなり高くなり”お得感”も得られます。

ソープ店では、在籍している女の子をまんべんなく稼がせたいという状況があるので、本当ならばお客はすべてフリーで来てもらうほうが営業はしやすいのです。

やりやすい客を高待遇で向か入れるというのも、ソープ店側の本音ともいえます。

●「自分の目」を信用できない

ネット写真であれ、フロントの姫写真であれ、「写真はあくまで写真」です。

この姫写真から自分の好みを選びだそうとするとき、多くの男性が「邪念」が入ってしまい冷静さを失います。

姫写真を選ぶのが苦手な客は意外に多く、しだいに「自分の目が信用できない」といった状態に陥るのです。

「写真はあてにならない・・・」とこぼす男性の多くがそういった人です。

どうせ、自分の目で選んでも気に入った子が探せないのなら、「他人に選んでもらったほうがマシ」となるのは当然のことなのかもしれません。

自分の目を信用できない男性客もまた、フリー登楼派となるのです。

●おわりに

このように、フリーでソープランドに行きたがる男性の心理には様々な理由があるのですが、「デメリット」を受ける危険性を多くはらんでいることも覚悟しなくてはなりません。

ソープの遊び方は人それぞれで、あらゆる男性心理を受け入れる懐の深さがあることも、ソープランドの良さの一つなのかもしれませんが・・・。

【責め好き必見】ホントにイクときのソープ嬢の体の反応

セックスの好みは様々で、「責め好き」な男性も一定の数おられるはずです。

こういった男性がソープランドで遊ぶとき「演技をしているのでは?」と、ソープ嬢のリアクションを疑ってしまうものです。

責められたときに感じる演技をするのも、ソープ嬢のテクニックの一つなのですが、責め好き男性ならば「本気で感じさせたい」というのが本望なはずですね?

ここでは、ソープ嬢が「ホントにイク」ときの体の変化をまとめていますので、参考にしてください。

●「発汗」はイクときの女性のサインNO.1

多かれ少なかれ、女性はセックスのときに「演技」をします。

しかし、これに悪意はなく、「自分も楽しみたいから」ということが理由なのです。

ですが、これだけで終わらせたくないのが、責め好き男性の性質です。

では、”確実”に女性が感じてイクときには、どういった体の変化があるかといえば、それは「発汗」だといわれています。

とくに腰や太ももの辺りに、強いオーガズムを感じるときに女性は汗をかきます。

手で触っていれば、それを知ることができるでしょう。

じんわりと湿っていれば、それは「感じているサイン」なのです。

●白濁した膣液も確実に感じている証拠

69やクンニをしているとわかりやすいのですが、膣内の奥の方から、白濁した乳白色の膣液が流れ出て来たときも、確実にソープ嬢が感じている証拠です。

これは、より多くの精子を引き込むために出てくるもので、女性がDNAレベルで男性を欲している証拠なのです。

これをクンニ中に発見できれば、それは「ソープ嬢が感じているサイン」として喜びましょう。

その時ソープ嬢は仕事を忘れて「発情期のメス」になっているのです。

●「黙る瞬間」を見つければ、それが「イク」ときのサイン

前述のように、女性は自分自身が楽しむためにも、ある程度の演技はします。

リズミカルに声を出したり、体をよじらせる動きの多くもまた「自分のボルテージ」を上げるための演技なのです。

そして、「ホントにイク」ときには、頻繁に「黙る」「動かなくなる」といった瞬間が目立つようになります。

これは、男性が経験する「射精」のときのことを思い出せば理解できます。

射精をする瞬間は、それまでの動きとはまた違ったモードに入り、集中力が高まって意識が内側に向けられ、少し止まったような動きをしたり、息を止めたりするはずです。

女性のイクときもこれと同じなのです。

仕事であれプライベートであれ、オーガズムがそこまでやってきていれば、仕事中でもイキたくなるのは女性の本能です。

「イク準備」として呼吸をとめて集中力を高める行為が「黙る瞬間」だと知っておきましょう。

その後に体が痙攣したら、間違いなく本気イキしているのです。

●おわりに

責め好きならば演技だけでは満足できませんし、それを確認できなければ欲求不満が残るものです。

この感じているサインを見極める方法は、もちろん一般女性も同じですから、ぜひ覚えておきましょう。

ソープ嬢の言動に対する「誤解」で腹を立てない考え方

ソープランドで遊ぶとき、しきりに「腹を立てる」男性がいます。

最近ではネットで、ソープランドの評価の口コミサイトがありますが、そこでもやたらと悪評価をつけている書き込みが目立つのです。

ソープ嬢は20年前に比べると、かなり職業意識が高くなり接客態度は向上しています。

数多い風俗業態の中でも、際立って接客がいいのもソープランドなのです。

なのに、ソープ嬢の言動に対して「気に入らない部分」を見つけてしまうのは、こちらの「誤解」があるからです。

ソープ嬢の言動で腹を立てても、得することは何もあまりありません。

楽しい時間を過ごすために、誤解を正しておくことも大切なのです・・・。

●ソープ嬢の多くは「緊張」している?

ソープ嬢の平均勤続年数は「5年」だといわれています。

ですから、たいてい遭遇しているソープ嬢は、この仕事をはじめて2~3年のキャリアしかありません。

一般の仕事でキャリアが2年といえば、それは「新人」のレベルです。

まだ仕事の本質すら理解できていない”未熟な人”なのです。

しかし、男性がソープランドに行ったときにはそうは考えません。

これが多くの誤解を招く原因なのです。

ソープ嬢の多くは、まだ仕事にこなれてない状態ですので、とくに新しい客のときには、かなりの緊張感を持っています。

過度な緊張が、その人間の言動を硬化させ、実力を半減させることは理解できるはずです。

チグハグな動きをしたり、ミスをするのもまた「緊張感」が原因だと言えるでしょう。

これを理解してあげるだけでも、ソープ嬢に向ける厳しい評価の目は和らぐはずです。

「まだ仕事に慣れていないんだな」と思うと、腹を立てる場面もかなり減るはずです。

●ソープ嬢は「プレッシャー」をかけられている?

ソープランドで遊んだことがある男性なら、「事後アンケート」を経験したことがあるはずです。

すべてのサービスが終わって退店する際に、男性従業員がアンケート用紙や書面でするアレです。

お客はアンケートを軽い気持ちでしますが、ソープ嬢にとっては、自分の店での立場を決定するような重要なものです。

ソープ嬢は「監視されている」職業だということです。

また、本指名競争なども、ソープ嬢としてはプレッシャーの要因です。

多くの本指名客を持ち、店に貢献できるソープ嬢は、店での立場も安泰ですが、あまりにアンケートの結果が悪かったり、本指名が取れないと、場合によっては「除籍」もありえます。

この”プレッシャー”にソープ嬢たちは常に怯えながら仕事をしているのです。

強いプレッシャーの中で仕事をすれば、いっぱいいっぱいになり、良い仕事をすることはできないものです。

これを知ることで、彼女たちへの目線も少しは変わるはずです。

●おわりに

ソープランドでは安くない料金を支払いますから、「俺はお金を払った客だ」という意識も強まります。

この価値観がソープ嬢の対する目線を強くしてしまう原因なのですが、それが「楽しさを奪う要因」でもあるのです。

プレイルームの中で、支払った料金以上の楽しみ方をしたいのであれば、こちらがソープ嬢の”緊張をほぐしてやる”くらいの寛容さが必要であり、それができればより有意義なソープライフを満喫することができるのではないでしょうか。