月別アーカイブ: 2018年4月

日本のソープランドは外国人にも大人気! その要因は?

日本の風俗を代表する業種として、国内のみならず世界的にもちょっとした知名度がある風俗となっているのがソープランドです。
風俗は世界中どこの国でも存在していますし、国によって独特のシステムで運用されていたりしますが、実は日本のソープランドと同じようなサービスを提供している風俗はほぼありません。
近年では、東南アジアの方でマッサージパーラーというソープランドとほぼ一緒のシステムの風俗が登場していますが、それでも世界的に見ればその辺りだけのようです。

日本のソープランドは、海外の方にとても人気が高くなっていて最近では日本に観光に来たついでではなくソープランドを目当てに日本を訪れるということもある程の人気です。
それについて国内では賛否両論ありますが、そこまで人気になるのにはもちろん理由があります。その理由というのが『多様性のあるサービス』と『サービスの上質さ』です。

海外にある風俗は、全て日本と違って本番がある風俗です。しかし、日本では法律で本番行為が禁止されているため、それ以外の方法でお客さんを楽しませなくてはいけません。
そのため、ソープランドは同じソープランドでもそれぞれのお店で特徴がありますし、行われるプレイというのも同一ではありません。
ただ性的快楽を得るだけではなく、ストレス解消であったり肉体的な癒しであったり、ただコミュニケーションを楽しむといったことであったり、遊び方は色々あるのです。
海外の風俗で日本のソープランドのような多様性のある遊び方をしようと思っても、まず見つかることはないでしょう。
日本人の国民性というのもありますが、こうした規制があったからこその多様性に繋がっているのです。

サービスの質についても、ソープランドのサービスと海外の風俗では全く別物と言われています。
ソープランドのサービスは、とにかく男性上位で男性を王様のように扱ってくれます。
最近では恋人接客なるものも増えているようですが、それでも男性を上位に置いて接してくれているのは変わりありません。
しかし、海外の風俗では考え方が違うこともあって、ソープランドほど献身的にサービスを行ってくれるというのはまずありません。
ちょっとでも嫌な客であればサービスを拒否しますし、プレイ中でも気に入らないプレイがあれば断られます。
やはり外国人であっても男性であれば献身的なサービスを好むのは同じようで、その辺りも外国人に人気になっている理由なのでしょう。

ソープランドがある日本は、実は風俗ではとても恵まれた国と言えるかもしれません。
世界的に見ても最上級のサービスを当たり前のように受けられる贅沢、日本にいると忘れがちですが、是非そのありがたみを噛みしめて利用したいものです。

ソープランドで「ソファープレイ」が意外に興奮する理由

ソープランドのサービスには”一応”規定の流れがあり、コンパニオン主導で入室から退室まで滞りなく行われます。

ただし、基本的にはお客の好きなようにできる、という営業方針なので、「マットはいらない」などのリクエストは受け入れてくれます。

たまには今までと違ったプレイをすることも、ソープの良さを再発見できるものです。

たいていのソープ店には、くつろぐための「ソファー」が置いてあり、それを利用したプレイは意外に興奮するものです。

「ソファープレイ」が盛り上がる理由を考察してみました。

●臨場感がある

ソファーのような椅子でセックスをすることは、日常でもあまりないはずです。

もしあるとしたら、オフィスラブや、不倫、カーセックスといった、背徳感を感じるようなものでしょう。

ソファーでのプレイは、そういった「生活臭」を感じることで興奮度も高まるのです。

AVなどを見ていても、普通にベッドで行うプレイよりも、椅子や車の中、屋外や倉庫といった生活感のある場所でのシーンの方がエロさも増すものです。

一種のイメージプレイ的な要素がソファープレイにはあるのです。

●ベッドではしずらいプレイができる

ソファーは背もたれがあることで、ベッドではしずらいプレイもしやすくなります。

座った状態での後背位など、騎乗位系の体位はベッドよりもソファーの方が男性は楽です。

また、「立ちバック」のようなプレイもベッドよりソファーの方が形なりやすいでしょう。

また、ベッドはクッション性が高く、動きによってはハネ過ぎますが、ソファーならばピストンもしやすくコントロールしやすいのもメリットです。

●ソープ嬢が盛り上がることがある

ソープ嬢は1日に何人もの男性客を相手にし、そして多くの客が同じようなプレイの流れでプレイします。

すると、どうしてもソープ嬢の方でもマンネリ化してしまい、気分的に盛り上がりにくくなります。

実際に閉店間際のソープ嬢のプレイよりも、開店直後のプレイの方が激しい傾向にあるともいいます。

ソファーでのプレイは、そんなマンネリ化したソープ嬢のメンタルをリフレッシュすることにもつながります。

その日のプレイの良し悪しは、ソープ嬢のメンタル的なコンディションで大きく左右されます。

ソファープレイに持ち込むことによって、全体的なサービスがワンランクアップすることも期待できるのです。

●新しい快楽の発見がある

「性欲」というのもは、同じことにはすぐに慣れてしまい、願望がエスカレートする性質があります。

よく今まで体験したことがない性の発見を「覚醒」といいますが、未体験に足を踏み入れることも快楽の一つなのです。

ソファーでのセックスに慣れた人は別ですが、一般男性ではあまり経験はないはずです。

普段の慣れた環境を捨て、未体験の場所と環境でプレイすることで、これまで感じたことのない「快楽の発見」があるものなのです。

エスカレートする性欲に実際のプレイがついてきていないのであれば、ソファープレイを試してみましょう。

●おわりに

たいていのソープ店はソファーが置いてあるので、興味のある人は一度体験してみてはいかがでしょうか?

ソープ嬢の方でも、多くの場合喜んでOKしてくれるはずです。

「巨乳」が好きな人のためのソープ嬢の選び方入門

男性の女性への好みは「尻派」と「胸派」に大別することができます。

そして”巨乳好き”は多く、ほとんどの男性が女性の大きな乳房に魅了されるのではないでしょうか?

ソープランドで遊ぶときには、この自分女性の好みは重要です。

しかし、最近ではブラなども発達し、「ニセ乳」がネット写真でも多いのが辛いところです。

ここでは、巨乳好きの男性が好きな人のための、”本物の巨乳”を見つけるためのマニュアルを公開したいと思います。

●年齢的には「若い子」に巨乳が多い?

女性も年齢が高くなると全身が豊満になるため、それにつられてバストも少し肥大化します。

しかし、胸部、背中部の皮下脂肪を寄せ集め、ブラの中に収納するのは、完全な「ニセ乳」だといえるでしょう。

ニセ乳はブラをしているときは大きくても、外してしまえば”消失”してしまうのです。

これほど残念なことはないですよね?

統計を見てみると、女性のいわゆる「カップ数の平均」は、年々高まりつつあるとのことです。

一見年齢の高い女性の方が豊満に感じられても、実際の「バストの大きさ」では、若い子の方が上なのです。

顔や体つきに惑わされず、巨乳狙いならば若めのソープ嬢を狙いましょう。

●「谷間」に惑わされるな!

巨乳といって連想するのは「谷間」ではないでしょうか?

大きく膨らんだ2つの乳房がより集まり、そこで作られる立体的な谷間は、男性の性欲を掻き立てられるものです。

ですから、機能性の高いブラでも、実際のカップ数よりも大きく谷間ができるような構造になっているのです。

いわゆる「寄せてあげてブラ」と言うやつですね。

これは、巨乳好きならば絶対に見抜かなければなりません。

寄せてあげてブラには、DカップがFカップに、FカップならばGカップに・・・と、とんでもない「詐称」を実現できる能力があるからです。

すごいのになると、本来谷間ができないはずのAカップであっても、Dカップくらいの谷間を作れるブラもあるので要注意です。

この谷間に騙されず、正しいカップ数を見極める方法はかんたんです。

それは「脇の状態」を確かめることです。

脇の部分のブラの繊維が引っ張られていたり、脇全体が凹んでいるような場合、明らかに「寄せて上げて」をしています。

本当の巨乳なら、ブラの「横乳」がはみ出た状態となっているはずです。

●ソープ嬢の姿勢にも注意

もう一つ、巨乳と勘違いをしてしまうものに「ハト胸」があります。

胸囲を図ると大きいのですが、カップ数は大したことがない・・・というやつです。

これもネット写真で確認することができます。

ハト胸の女性は、たいてい姿勢がものすごく良くて、胸を張ったような姿勢をしています。

あまり胸を強調したハト胸ソープ嬢よりも、少し猫背くらいでカップが大きく見えるソープ嬢を選びましょう。

●おわりに

巨乳好きの男性にとって、ソープ嬢のバストサイズは、「成功か?失敗か?」を決定づける生命線となります。

今回ご紹介した「巨乳を見分ける方法」を活用し、より成功率の高いソープ嬢選びを実現しましょう。

「ソープはもはや治療院」30・40代で童貞を捨てる人が急増中

若者の未婚率や非交際率が高まっている、というニュースをよく目にするようになりました。

また若者だけではなく、30代・40代という年代でも”童貞病”をこじらせている人も増えているようです。

30代・40代の男性でも、「10人に1人がセックス未体験」という驚きの調査結果もあり、これは年々増えつつある傾向にあるのです。

●童貞男性はあきらめ始めている?

「草食男子」「オタク」「アニメキャラしか愛せない」など、理由は様々ですが、本心から「セックスを望まない」わけではないようです。

しかし性体験は、若い間に済ませおかないと、年齢が高くなってきてからではさらに卒業するのが難しくなります。

社会に出て出会いの数も減り、女性に対して苦手意識を持つようになると、それはすでに「末期症状」なのです。

そして、多くの童貞男性は、女性とのふれあいに対してあきらめかけています。

「どうせ俺なんか・・・」と心を閉ざしているのです。

●ソープはもはや「治療院」と化している?

こういった童貞男性の中には、自分の叶えられない願望を果たすため、また”童貞病”を克服するために、ソープランドを利用する人も多いようです。

モテナイ病・童貞病・女性恐怖症の原因はただ一つ「セックスをしていないから」であり、これは本人たちもよく理解しています。

それらを克服するためにも、ソープ嬢という「恋愛とセックスのプロフェッショナル」に”施術”を求めるのです。

これはある意味正解です・・・。

よく、「素人童貞」という言葉を悪い意味で使いますが、素人童貞は完全童貞よりもはるかにマシな状態なのです。

ソープランドで実際の女体を経験していると、異性に対してとんでもない妄想や勘違いはしなくなりますし、女性に対しての屈折した感覚を持たなくなります。

女性側も、変に神聖に捉えられたり、狂った恋愛観を持って接触されるよりも、性体験豊富な男性を好みます。

「素人童貞」は、”ほぼ童貞病を克服した男性”だといえるのです。

勇気をふりしぼってソープを「童貞病治療院」として利用した男性の多くに、実生活でパートナーができる人が多いそうです。

●ソープ嬢は「童貞を好む」

あまり知られていないことですが、一般女性が童貞男子を忌避するのに対し、ソープ嬢は「童貞を好む」傾向にあります。

童貞を卒業することを「筆おろし」といいますが、これは人生の一大イベントでもあり、それを自分ができることに、どこか優越感のようなものを感じるのかもしれません。

童貞男性は、「童貞だったらソープ嬢にバカにされるのではないか?」という余計な心配をされるようですが、これはまったくの反対であることを知らなくてはなりません。

ソープ嬢たちは、職業的にも男性客の「プレミアムウーマン」になることに喜びを感じるのです。

初めてソープランドに行った際には、胸を張って「童貞です!」と告白しましょう。

その日のサービスは”特別なもの”となるはずです。

●おわりに

昔の日本の村々では、若い未体験男性に対して、中年女性の誰かが”筆おろし”をする習慣があったようです。

現代のモラルでそれは許されなくなり、それが童貞増加の大きな要因であるという説もあるのです。

ソープランドは現代においての「村のおばさん」の役割も果たしているのですから、人間社会とは実に不思議で感慨深いものです。

なぜ男性は「フリーでソープに突撃」してしまうのか・・・

インターネットが普及し、ソープ業界が宣伝媒体をネットに変えたことで、ソープランドは以前よりも、はるかに使いやすいものとなっています。

ネット広告では、これまで店に行かなければ確認できなかった、コンパニオンの顔写真を無料で閲覧することができますし、気に入った子が見つかれば、そのまま予約することも可能です。

しかし、この便利になった時代においても「フリーで遊ぶ」男性が存在します。

なぜ彼らはネットの恩恵を享受せず、アナログな遊び方を選ぶのでしょうか・・・。

●ギャンブル性を楽しむ

男性の遊びの代表を「飲む・打つ・買う」といいますが、もちろんソープランドは「買う」です。

そしてネット写真などでリサーチし、安全性の高いネット予約ではなく、店に直接突撃し、情報の無いコンパニオンで遊ぶという行為は「打つ(ギャンブル)」にあたるのではないでしょうか?

どんなコンパニオンが出て来るかわからない状態のまま待合室で待つことは、競馬でいうと馬券を買ってレース結果を待つ行為に似ています。

このときに得られる「ドキドキ感」を楽しめるのも、フリー突撃の楽しさなのかもしれません。

ソープランドという1つの遊びで、2つの楽しみ方ができるのがフリーのメリットなのです。

●大当たりを引いた経験がある

フリーで遊ぶ場合、店側が「常連として通ってほしい」と感じた客には、レベルの高いコンパニオンを付けてきます。

過去にフリーでこういった「大当たり」を引いた男性は、同じフリーで遊ぼうという心理が働くものです。

フリーならば料金が安くなることも多いですし、そうなるとコスパはかなり高くなり”お得感”も得られます。

ソープ店では、在籍している女の子をまんべんなく稼がせたいという状況があるので、本当ならばお客はすべてフリーで来てもらうほうが営業はしやすいのです。

やりやすい客を高待遇で向か入れるというのも、ソープ店側の本音ともいえます。

●「自分の目」を信用できない

ネット写真であれ、フロントの姫写真であれ、「写真はあくまで写真」です。

この姫写真から自分の好みを選びだそうとするとき、多くの男性が「邪念」が入ってしまい冷静さを失います。

姫写真を選ぶのが苦手な客は意外に多く、しだいに「自分の目が信用できない」といった状態に陥るのです。

「写真はあてにならない・・・」とこぼす男性の多くがそういった人です。

どうせ、自分の目で選んでも気に入った子が探せないのなら、「他人に選んでもらったほうがマシ」となるのは当然のことなのかもしれません。

自分の目を信用できない男性客もまた、フリー登楼派となるのです。

●おわりに

このように、フリーでソープランドに行きたがる男性の心理には様々な理由があるのですが、「デメリット」を受ける危険性を多くはらんでいることも覚悟しなくてはなりません。

ソープの遊び方は人それぞれで、あらゆる男性心理を受け入れる懐の深さがあることも、ソープランドの良さの一つなのかもしれませんが・・・。