月別アーカイブ: 2017年4月

選挙権18歳法改正で期待されるロリソープの急増

平成27年公布された「公職選挙法」の一部改正によって、選挙権が20歳から18歳にまで引き下げられました。

これによってさまざまな変化がもたらされると言われていますが、「ソープランド業界」への影響も多大であると期待の声が高まっています。

若ければいいってものではありませんが、多くの男性が10代のソープ嬢と合法的に遊びたいという気持ちがあるはずです。

「ロリソープが急増するのではないか?」という、これからの期待感と可能性を解説いたします。

●現在は「18歳以上」を自主規制している
ソープランドで働くことができる、法律的な規定では「18歳以上」になります。

しかし、ソープランド店、または協会の自主規制によって、店舗、またはソープ街ごとに「18歳入店可能」と「20歳以上入店可能」に分かれているのです。

一概には言えませんが、「関東は年齢層が高め」「西日本は低年齢」「北海道は低い」といった感じです。

これらはトラブルの防止や、業界の健全化など、各自のポリシーが反映された結果です。

●「18歳以上」は変わらない!
選挙権が2歳引き下げられてことで、「タバコ」「酒」なども18歳へ引き下げるような提案もあります。

これは「成人の基準が若くなる」ということなので、もちろん性的なこともそこに含めて良いのでは?という議論があるのです。

ですが、やはり18歳というと高校生になるので、全体的に「ソープランドは16歳から」となることはないでしょう。

やはりソープ嬢の最低勤務可能年齢は「18歳から」となるはずです。

●この時期の「2歳」は非常に大きな差?
思春期と呼ばれる13~15歳から20歳くらいまでの女性は、1年でとんでもなく成長をします。

18歳と20歳では2歳しか違わないと思われますが、ロリ好きの男性からすると「大きな2歳」なのです。

実際に外見の変貌も違いますが、精神的に「数ヶ月前までJKだった」のと、「2年前にJKだった」のとではまったく別物扱いとなるのでしょう。

若い子が好きではない男性にとっては理解できない価値観ですが・・・

●自主規制がゆるくなる可能性は高い
このように、法的には18歳以上となっていても、現実的に18歳のソープ嬢を探すのはむずかしく、いくら以前よりも増えているといってもやはり絶対数は少ないです。

しかし、ソープ店・業界が自主規制をゆるめれば、可能性は飛躍的に上がるでしょう。

おそらく、経営が思わしくないソープ店あたりからその動きが始まるはずです。

●ソープ嬢を考えている10代の女性は多い?
経済不況が長く続き、貧困家庭に育った子がかなりの数いて、そういった境遇は大人になっても引きずることがあるそうです。

また、十分な教育を受けられなかったような苦しい家庭出身のソープ嬢は、実際にたくさん存在します。

「AV女優」「グラビアアイドル」「風俗嬢」など、これまであまり女性に好まれなかった職業が、今では水面下で人気が高く、それらの通ずる共通点が「学歴がなくても高収入が得られる」ということです。

業界の自主規制がゆるくなれば、おそらく応募者は殺到するはずです。

とくに「20歳以上から入店OK」が標準のの関東地方では、18歳のソープ嬢は売れる可能性が高い「金の卵」としてもてはやされるでしょう。

●現在も人気が高まる「ロリソープ」の需要
現在、多くのソープ街には、低年齢のソープ嬢で揃えられた「ロリソープ」が人気を集めています。

世の男性の好みが「大人の色気」から「みずみずしい若い魅力」へと変貌しているのです。

ロリソープは軒並み成功を収めていますから、これからも店舗数が増えることは必至です。

法改正によって18歳のソープ嬢が増えることを、ロリフェチの男性から期待されているのです。

「失敗してもくじけるな」ソープ求人で落ちた女性のリベンジ作戦

多くの女性がソープランドの求人に応募しているようですが、残念ながら面接に落ちてしまった子もいるはずです。
しかし、ソープ嬢になろう!と決意した女性ならば、強い動機と必要性があるはずです。
なんとしてもソープ嬢になるためのリベンジ作戦を考えてみましょう。

●「女性として」否定されたわけではない。
ソープランドの面接に落ちてしまった女性の、一番心配な部分は”メンタル”です。
ソープランド面接での不合格は、どこか「女性を否定された」ような気分になるからです。
しかし、これは少し早合点です。
最近のソープランドは、ジャンルによって細分化が進み、「美人かどうか」「スタイルがいいかどうか」「色気があるかどうか」だけを判断基準にしていません。
店には店のコンセプトがありますから、それを最も重視するので、「女として否定された」ではなく「店との雰囲気の相性が合わなかった」というふうに理解しましょう。

●「私は何系?」とまず考える
前項で書いたように、現在のソープ業界はバリエーションが豊富です。
大人びて色気のある女性が「ギャル」「ロリ」といったジャンルの店に面接に行っても受かりませんし、その逆もしかりです。
ですから、まず「私は何系?」と考えることが大切です。
その際「何系が好き」ではなく、他人の目から見て何系かを判断する必要があります。

●人気店を外してみよう!
ソープランドの面接は、店長との駆け引きだけではなく、所属しているソープ嬢たちとの相対的な関係も大切です。
コンパニオンがたくさん在籍している人気店では、飽和状態になり、人数的に抱えることができずに落としてしまう場合もあります。
また、外見の良い順に合格を出していくのは当然なので、大量在籍の店舗ではハードルがどんどん高くなってしまい、競争率も自然に高くなるのです。
1~2度面接に落ちたら、人気店を外して応募してみましょう。
そういった店舗のほうが、サポートが手厚かったり、フリー客が回ってくる可能性も高くなるでしょう。

●SNSで風俗嬢の友人をつくって「紹介」してもらう
最近大流行の「SNS」には、ソープ嬢のコミュニティーがたくさん存在します。
現役のソープ嬢から、ソープ嬢の卵・志望者までたくさん参加しているので、書き込みをしてみましょう。
あまり知られていませんが、ソープ嬢は横のつながりと仲間意識が強く、友人を大切にします。
もし、SNSでそういった現役ソープ嬢と知り合えたら、非常に心強い味方になってくれるでしょう。
そして、友人になったソープ嬢に紹介してもらい、別ルートで面接をすると、合格はほぼ確実だといえるでしょう。
店側も紹介してくれたソープ嬢の顔もありますから、かんたんに不合格を出すことはありません。
また、そういったルートで入店すると、店での立ち位置も早く決まり、余計なストレスを感じずに働くことができます。

いくつかのリベンジ作戦を解説しましたが、ふつうの女性ならば、まず間違いなくどこかの店舗に在籍することが可能、だということを覚えておきましょう。

ソープ店長の望んでいる「ぜひ欲しい人才」とは?

どんな職種の就職先を探す場合でも「需要と供給」というものを理解しておく必要がありますよね?

そこの代表者が「どんな人材を望んでいるか?」を知ることが面接合格の基本ともいえるのです。

これは「ソープランド」でも同じこと。

「誰でも入れる」なんて思ってナメてかかると、思わぬ”不合格”を喰らわされることも少なくありません。

とくに、ソープランドが未経験の女性ならば、選定の目はさらに厳しくなるはずです。

ここではこれからソープランドの求人に行こうと決意した女性のために、ソープランドの店長が望んでいる「ぜひ欲しい人材」をまとめてみました。

●「入店動機」がハッキリとしている子

最近では、性風俗もそれなりに市民権を得ているようで、若い女性がソープランドに対して持っているはずの”嫌悪感”が薄れきています。

それにともなって「興味本位」で面接に来る子も増えているそうです。

興味本位が悪いわけではありませんが、こういったあやふやな動機を語る女の子は、入店してから店の規定をまもらなかったり、休みがちで出勤態度が悪いことも多いそうです。

ソープランドでは「借金していること」はマイナス面ではなく、それこそがもっとも王道な志望動機だと言われていますから、借金していることを隠さず、そしてそれを「最大の動機」として話をしましょう。

興味本位で入店する子でも「絶対一度はやってみたかったんです!」と、自分の意思を伝えることが大切です。

●コミュニケーション能力が高い子

ソープ嬢は体をはって稼ぐ職業ですが、意外にも本指名をたくさん取る子は「コミュニケーション能力の高さ」のあるコンパニオンです。

ただし、クラブやキャバクラなどのよな「話術」主体のものではなく、可愛らしい女性のしぐさや、雰囲気、人当たりの良さなどが人気を呼ぶポイントとなります。

厳しい現実ですが、普通の生活環境で「モテル女性」はソープ嬢になっても指名をたくさん獲得します。

”女性らしさ”を面接官にアピールしましょう。

●身だしなみの整っている子

どうせ服を脱ぐ仕事なので関係ないと思われがちですが、ソープランドの面接官は「清潔か汚いか」「ファッションセンスがあるかどうか」をチェックします。

身だしなみの乱れた子は、やはり入店してもいい加減な仕事をしてしまうことも多いそうで、それはその子だけの問題ではなく「店の信用」に関わる重要なところなのです。

面接に行くときには、高い服を用意する必要はありませんが、できるだけ清潔で凛々しく見えるような服装で武装していきましょう。

●受け答えのしっかりしている子

普通の会社の面接ではちゃんとした態度を取るのに、ソープランドならば適当でいい、と勘違いしてしまうこともあるようです。

ソープランドの経営者サイドの人間関係は強固な「タテ社会」であり、そこで育った店長もまた「挨拶がちゃんとできる子」「しっかりと受け答えができる子」を本能的に好みます。

女の子たちがたくさん指名が取れるようなアドバイスをすることもありますから、やはり「素直さ」は大切だということです。

意外にもソープランドの店長は「ベテランの即戦力」を望むことは少ないようです。

ソープ嬢という職業は歯車が合えば、数ヶ月でベテラン以上の集客能力を発揮できる可能性があるからです。

社会人として、普通の女性として、相手に好印象を与えられる身なりと態度で、面接に挑むようにしましょう。

ソープランドにおけるお土産論 ~女性→男性編~

前回、ソープランドにおけるお土産について、男性→女性について考察してみました。今回はその逆、女性→男性へのお土産についてを考察してみたいと思います。

■ 女性が客の男性にお土産を渡すことの是非
コンパニオンの女性が客である男性に土産を渡す理由としては、幾つかの理由があります。大別すれば2つ、「先行投資の場合」と「プレゼントに対するお返しの場合」に集約されるでしょうか。例えば、イベント時の贈り物であったり高級店などで帰り際に渡されるお土産などは前者、それ以外はほぼ後者です。

こうしたお土産は全て女性の自腹なので、稼ぐために働いている女性の贈るお土産というのは、どうしても投資の意味合いが強くなります。もちろん全てがそうであるとは限りませんが、あくまで気持ち良く帰ってもらうためのアクセントとしての物であり、高級店で働く女性などはその重要性を理解しているのではないでしょうか。

■ どんな物を贈れば良いのか
男性に渡すお土産というのは、なかなか難しいものです。自腹で渡すわけですし、あげるのは1人や2人ではありませんから、金額を考えなければ利益は出ません。かといって見て分かる安物というのは、受け取る男性側もそう気分は良くありませんから逆効果になるかもしれません。

予算としては、イベント時に無差別に配る物であれば500円程度、お返しや投資として渡すものであれば1,000円~5,000円くらい(総額の1割ぐらい)が目安と言われています。自分が働く店のランクによって適正額は変わりますが、高級店なのに安物というのは悪印象かもしれません。

定番の贈り物としては、ブランド物のハンカチや靴下、サラリーマンなどであれば文房具系なんかも良いでしょう。意外な所では、AmazonカードとかiTunesカード、クオカードといったマネーカードなんかが人気で、喫煙者の男性であればタバコとかも喜ばれるようです。

妻帯者の方などの場合、形の残る物は避けられる傾向にあるのでマネーカードを、独身男性ならブランドのハンカチや靴下など、相手によって使い分けましょう。

■ いつ渡すべきか
男性から女性に向けて渡すお土産と違って、女性から男性に渡す場合は最初から渡してしまっても問題ありません。好印象だった客やこれから太客になってくれそう、定期的に指名をしてくれそうなど、ちょっと気になった客にツバをつけるような感じで、最初は小さめのお菓子などを渡してみると良いでしょう。

ちゃんとした贈り物を渡すのであれば、やはり何回か裏を返してくれる男性に渡すべきでしょう。贈り物を貰ったのであれば、その返礼という形であれば渡しやすいのではないでしょうか。毎回渡す必要はありませんが、あくまで関係をつなぎ止める意味でも、たまに贈ってみてはいかがでしょうか。

男性から女性、女性から男性では、お土産に対する意識は大きく違います。どちらにせよ、お土産が潤滑油になる場合もならない場合もあるということで、贈る際には慎重に行うべきと言えるでしょう。

NSで遊べるソープやキャストを探す方法

ソープランドでは様々なサービスが行われていますが、その中でも究極のサービスとされているのがNSサービス、いわゆる生プレイと呼ばれるものです。これは、スキン(コンドーム)を着用せずにサービスを行うもので、その快感というのは一度味わえばスキン着用でのサービスでは満足出来なくなるという方も多いようです。

高級ソープなどでは、昔からNSサービスが基本となっているのですが、最近ではNSでのサービスは性病に感染しやすいということもあって、徐々にその風潮も変わりつつあります。しかしながら、まだまだ生サービスを望む利用客というのも多く、表向きはスキン着用店を謳っていても実はNSで遊べるというケースは珍しくありません。

さて、そうしたNSで遊べるかどうかはどうやって知ることが出来るのでしょうか。実はお店のウェブサイトなどに密かに書かれているのですが、どういう部分に記載されているかをちょっと紹介してみましょう。

■ コース料金
一番わかりやすいのが、コース料金です。ウェブサイトのシステム料金などのページでコース設定を見てみると、普通のコースとは別に少し高額になっているコースが用意されていたりします。こうしたちょっとお高いコースが、NSサービスのコースであることが多いです。

■ キャスト紹介
コース料金を設定していない店の場合ですと、キャスト個人のページなどに記載されているケースがあります。在籍女性一覧の個人ページなどに謎のマークがあったり、指名料がちょっと高くなっていたり、名前の表示の仕方が違う、お店からのコメントなどなど、様々な所でさりげなく表記されていたりします。

■ メルマガや会員専用ページ
とにかく徹底して会員だけのサービスとしてNSサービスを提供している場合、誰でも見られるウェブサイトの方には何も書かず、会員登録した人だけが得られる情報に表記していることもあります。それが、メルマガや会員専用ページで、こういった所ではわりと直球にNSサービスに触れていることが多いようです。メルマガはともかく会員専用ページは一度利用しないといけないことが多いので、リピーター限定サービスといったところでしょうか。

上記はあくまでも「NSサービスの可能性を示している」だけであって、実際にどうかというのはお店に電話で確認したりするのが一番正確であることは間違い有りません。NSサービスが出来る女性を探す方法の一つとして、覚えておいてみてはいかがでしょうか。