月別アーカイブ: 2017年1月

「都会型と地方型」どちらのソープが面白い?

ソープランドは日本全国に点在しています。

関東や関西、九州、四国、北海道など、どのエリアにも「ソープ街」を形成し営業しています。

そしてソープ街は「繁華街型」と「地方型」に分類することもできます。

大きな繁華街に隣接している場合と、近くに繁華街がないケースがあるのです。

この両者には歴然とした違いがあるのも事実であり、一概に「どっちがおもしろい」ともいえません。

ソープランドの「地方遠征」を考えている男性のために、繁華街型と地方型のソープの特色をまとめてみました。

●「斬新」「流行」を求めるならば迷わず繁華街型ソープ!
ソープランドの業界は、今や2度目の高度成長期を迎えており、年々サービススタイルも新しいものが現れている現状です。

風俗通いが多い人などは、これまでになかったような斬新なプレイが楽しめるソープ店を楽しみたいはず。

そういった人は迷わず「繁華街型」を選びましょう。

繁華街型ソープ店は過当競争気味であり、新しい発想を次々に編み出し、他店に差をつけようと努力します。

またソープ業界の流行に乗り遅れると致命的ですので、資金を投入します。

風俗全体に詳しく、現行のサービスに飽きている人には繁華街型ソープが最適です。

●”ハプニング”を求めるならば地方型ソープ!
繁華街型のソープランドは洗練されていて、どの店も「最低基準」をクリアした店舗ばかりです。

料金システムにおいても、高い店にはそれに見合うサービスが提供され、安い店が安い理由もあります。

これらは良い意味で「平均化」されていて、安心して遊べる理由ともいえます。

しかし、地方型のソープランドでは「ハプニング的」に、コスパがとんでもなく高い店舗が存在します。

あまり指導されていないソープ嬢が、低価格の店舗にも関わらず「ゴムなし」「中出し」OKだったり、初対面なのに店外デートしてくれたりと、繁華街型ではあり得ないほど「ガードが低い」ことがあるのです。

何度も書きますが、これは”ハプニング”であり、絶対そうだという保証はありませんから、ご注意ください。

●地方型にも例外がある!
このように、繁華街型と地方型でそれぞれに特色があることを書きましたが、中には例外もあります。

それは滋賀県の琵琶湖湖畔にあるソープ街「雄琴」です。

雄琴は地方型ソープ街といってよい条件が揃っていますが、吉原や福原、金津園などの繁華街型ソープランドに匹敵、いやもしくはそれ以上のクオリティーで武装されたソープ街なのです。

田園風景と温泉街・・・というロケーションからは想像できないほどの斬新さと豪華さを併せ持つ、地方型ソープの例外として知っておきましょう。

日本人が思っている以上に日本は広く、またソープランド業界も広く深淵です。

人間はどんなに良いものでも同じものばかりを体験していると「飽き」が出てしまうもの・・・

たまにはホームグラウンドのソープ街から、一歩飛び出して、いつもとは違う系統のソープランドを楽しむのも良いかもしれませんね。

【一発逆転!】ソープランドで借金が返せる理由

多重債務者は現在日本に15万人いると言われ、「なんとか今が返済できているが将来が心配」というような人を合わせるとその数倍になるとも言われています。

20年前の状態と違うところは「女性の多重債務者」が増えたことで、これは貸金業者が主婦やフリーター、女子学生に対しての貸付審査基準を甘くしたことなども理由として考えられます。

そんな女性の中には、「自己破産をせずに自力で働いて返済しよう」という強い人います。

そして一発逆転をするために最適なのが”ソープランド”なのです。

ソープランドに就職し「借金を完済させた!」といったエピソードは数え切れないほどあります。

ではなぜ、借金返済にソープランドが最適なのか?

そこのところをご説明しましょう。

●ソープランドの信じられない高収入の実情
ソープランドは、女性の職業としてはトップクラスの高収入です。

上と下とではかなりの開きがありますが、50万円~70万円くらいならば楽に稼げる世界です。

大学生などでも週2~3回の出勤で30万円~40万円ほど稼げるのですから、一度ソープ嬢になると「やめられない」というのもうなずける話です。

●融通の利く給料支払いシステム
多重債務になっている人は毎月複数の支払期日におびえなければなりません。

こういった状態にソープランドの給料システムはマッチしているのです。

基本的にソープランドは「個人営業」という形になりますから、毎日売上を精算して”日払い”の形で現金が支払われることが多いのです。

これが一般の企業だと、多少給料が高くても一月に一度の振り込みなので、返済期日に間に合わない場合があります。

また店舗によっては「前払い」「前借り」をさせてくれるところも多く、これは昔からのソープランドの伝統です。

●低価格の「寮」で生活費のコストダウン
借金を返済するためには、生活費をいかに切り詰めるか、ということも大切です。

ソープ店のほとんどが「寮」としてマンションを用意しており、家賃もかなり抑えているようです。

気前の良い店では「無料」などということもありますから、生活費のコストダウンにはうってつけの環境だといえるでしょう。

●経営者や店長には借金問題に詳しい人もいる・・・
借金問題を解決するためには、ただ働いて返せば良いというわけではありません。

また、少しの返済手順の違いで損をすることもありますし、思い切って債務整理をする方が得な場合もあります。

もともとソープランドは借金苦に苦しむ女性が集まるところですので、経営者や店長は金融に関する法律に詳しい人が多いようです。

一般の人が知らないような裏技を知っていたりすることもありますから、借金を抱えたソープ嬢には心強い味方となるでしょう。

●おわりに

ソープランドはある意味「借金を返す」ことにおいて特化した職業だともいえます。

実際に多くの女性がソープランドで一発逆転をしてきた事例がそれを証明しています。

どうしようもない借金問題で八方塞がりになっている人は、一度ソープランドへの転職を考えてみてはいかがでしょうか?

ソープランドの入り口は今やどこにでもあり、インターネットを開けば求人広告はいくらでも見つけることができます。

ソープ嬢ってこんな女の子~ソープランドを初体験したときに戸惑わないための知識~

日本の男性の「非交際率」は7割とも言われ、同時に「童貞率」も急増しています。

少子化が懸念されるなか、こうした数値を見ると日本の未来が心配でなりません。

しかし、恋人がいない男性であっても「性欲」がないわけでなく、ソープランドなどの風俗店にはそうした男性たちの姿をよう見かけるようになりました。

ただ、恋愛経験のない男性は、女性に対して恐怖心すら覚えるようで、まだまだ「ソープランドに行ってみたいけど、怖くて行けない」という声も多数耳にします。

そんな女性に免疫のない男性のために、いったい「ソープランドにはどんな女の子が働いているのか」を解説してみました。

●”ケバい系”が減少、増えつつある”清楚系”
一昔まえまでは、ソープランドのみならず、風俗で働く女の子の大半は「ケバい系」でした。

今でもそういった子もいますが、数的にはかなり減少しています。

その代わりに急増しているのが「清楚系」です。

これは一般男性の好みや、巷で流行しているファッションの傾向がソープランドにも反映するので、現在の女性のファッション傾向が大人しいことを考えると、当然のことかもしれません。

”清楚”といっても「金持ちのお嬢さん風」ではなく、ごく一般的な黒髪でメイクの薄いおとなしめの女の子のことです。

気弱な男性でも迫力負けすることはないので、平常心を保ちやすい女の子たちです。

●大学生バイトの急増
最近では3人に1人が「奨学金」を利用して大学に進学するそうです。

この奨学金というのは、「タダ」で大学に行けるわけではなく、単なる「借金」ですので、奨学生は経済的に困窮しているのです。

親にばかり負担もかけていられない環境の女子学生はバイトをしますが、勉学と両立をしやすい風俗店に在籍する子も増えています。

こういった子はまったくスレておらず、ごくごく”普通の女の子”たちなのです。

●高級店ソープ嬢はまさに”人格者”
「ソープ嬢」と聞くとぶっ飛んだ女の子が働いているイメージをもつ人が多いようですが、彼女たちは揃って苦労人です。

人生の再建をかけて働いている子もいますし、将来の夢のための資金を稼いでいる子もたくさんいます。

たくさんの苦労をした人ほど、性格の角がとれて丸くなるのは人の常であり、ソープ嬢もまた同様です。

とくに高いレベルの接客術を身につけた「高級店」のソープ嬢にいたっては、スキがなく洗練されていて、無礼な客に対してもやんわりイナしてしまう懐の深さもあります。

性欲に満たされた男性を見下げることもなく接してくれるので、女性経験のない男性の恋愛リハビリテーションには最適かもしれません。

●「熟女」もまた良し!
ソープ業界の定番的ジャンルとして人気が衰えないのが「熟女店」です。

「恋愛経験もないのにいきなり熟女!?」と驚かれるかもしれませんが、それほど突飛な選択ともいえません。

戦前までの日本の村々では、性体験のない若い男性に対して、村の既婚熟女たちがセックスのレクチャーをしていたことは有名な話です。

ある意味熟女はソープ嬢のなかで「最も男性を知っている」部類になりますので、驚くほどに満足することができ、またセックスとはなんたるか?を本質的に知ることもできるのです。

このように、ソープランドに対して「高いハードル」を感じることは必要なく、反対にセックスの経験が浅いからこそ「ソープランドで慣らす」ことが大切なのです。

また、ソープ嬢の風紀もかなり改善されており、あまり常識はずれな女の子は、面接ではねられてしまうご時世ですので、安心して体験してみましょう。

「新しいソープランドの遊び方」今までにないオプション研究

全国的に広がりつつあるソープランド・ムーブメントは、いまだ衰えを知りません。

日本人の男性の人口には数限りがありますから、店舗間の競争も熾烈を極めているようです。

「新しい発想で儲ける」というのはどのビジネスにも共通していますので、ソープランドもそれに漏れず新発想が続々と登場しているのです。

中でも、昔のソープランドではあまり見られなかった「オプションサービス」には目を見張るものがあり、基本料金にプラスして選ぶオプションには多くのサービスが生まれ続けている現状です。

新しいソープランドの遊び方として「オプション・サービス」について詳しく見てみましょう。

●禁断の「グッズ使用」オプション
以前までのソープランドではほとんど見ることがなかったオプションに「グッズの使用」があります。

”グッズ”とはもちろんアダルトグッズのことで、ローターやバイブなどのことです。

グッズがなぜNGだったかというと、それは「ソープ嬢に与える負担」のためです。

グッズは性器に使用し、性器は粘膜というデリケートな部位です。

一般女性が自分のパートナーと使用する分には問題ありませんが、ソープ嬢は毎日多くのお客を相手にしなければなりません。

そのお客たちが全てグッズのオプションを言ってきたら、どうしても負担が大きくなりすぎるのです。

しかしなぜか、その”禁断”とも言えるグッズのオプションを解禁している店舗が急増しているのです。

●一度は体験したいローション風呂
ソープランドの最も代表的なサービスは「マットプレイ」です。

昔は石鹸の泡を使って体を密着させて全身を刺激するサービスでしたが、一時期から「ローション」がそれにとって代わりました。

滑りの良さは石鹸の泡の何倍もなめらかで、ローションを使っての手コキなどは、下手をすると本番以上の快感を得ることができるのです。

そして、このローションを使った究極オプションとして「ローション風呂」というものがあります。

バスタブに高濃度のローションをお湯代わりに張り、そこに浸かってサービスを受けるのです。

この独特な浮遊感と、全身が性感帯になったような気持ちよさは、ソープファンならば是非一度は体験したいものです。

●デンジャラス系オプションの数々
一昔前から急増した「M男」のために「痴女系」「拘束系」などのソープ店が姿を現しました。

そしてその反対の「レイプ願望」「調教願望」のある少し”デンジャラスな男性のためのオプション”も増えつつあります。

ロリータ・ファッションで着飾ったソープ嬢に、追加料金で拘束器具や目隠しなどを使用し、Sプレイができる店舗が登場しているのです。

しかし、あくまで「ソフト」であり、本格的なSM愛好者のためのものではないことを付け加えておきます。

これもコンパニオンにはかなりの負担がかかるものとして知られています。

●下着に関するオプションは豊富
最近では、セックス未体験の男性が増えたせいか、変態的な性願望をもつ人がいて、それに呼応するかのようなオプションサービスもあります。

代表的なのが「女性の下着」に対する性的欲求です。

オプションとしては、下着を購入してソープ嬢に身に着けてもらい、プレイが終わったあとにそれを持ち帰ることができるといったサービスです。

また、OL系・オフィス系などでは「パンスト破り」といった変わった欲求に応えるオプションもあります。

これらのオプションは低価格で人気の高いサービスとして導入する店舗が増えています。

ノーマル・アブノーマル含めて、現在のソープランドのオプションはバリエーション豊富です。

こういったオプションを利用する男性客の中には、奥さんや彼女がいたりするケースも少なくなく、男性の性的欲求は「射精」だけでは満足できないほどミステリアスだということなのでしょう。

「恋愛か?プレイか?」ソープランド客の目的別お店選び

ソープランドに求める男性の欲求は多種多様です。

ひたすら肉体的な快感を求めるだけの方もおられますし、タイプに合うソープ嬢とイチャイチャしたい、またはチャンスがあれば恋人になりたい・・・といった方もおられます。

ソープランドというサービス業においては、このどちらのタイプにも対応しており、拒むことはありません。

ただし、店舗によって「恋愛向きか?プレイ向きか?」の特徴が若干わかれている傾向にあり、高い満足を得たいのであれば自分の目的にマッチした店舗選びは必須です。

●徹底した「プレイ重視」が好きな男性には?
昔のソープランドでは「高級店」のソープ嬢が、プレイ重視の男性には最適でした。

しかし、時代が変わってソープ嬢の価値も少しづつ変遷しているのです。

現在では高級店のソープ嬢の多くがビジュアル・若さ・接客術を優先していることが多く、ハードプレイ向きでない高級店もあります。

そこで、存分にプレイを楽しみたい男性におすすめなのが「オプションの多い店」「3Pのある店」です。

ハードプレイ系ソープは健在で、むしろそれは20年前のソープランドの常識を超えています。

ソープ嬢の方でも、「本気でセックスを楽しむタイプ」が登場し、負担の多いアダルトグッズのオプションが使えたり、3Pのような高いテクニックを要するプレイが得意なコンパニオンが在籍している店舗ならば、まず間違いはないでしょう。

●「恋愛重視」な男性には?
プレイよりもむしろ会話の方を好み、心の空きを埋めてくれるようなソープ嬢を求める男性ならば、比較的金額の高い店や、女性のオーナーが経営している店舗、かわいい演出がされた女の子趣味な店舗が向いているでしょう。

こういった店舗を選んで面接を受けるソープ嬢は、女っぽく、また恋愛に対してもスレていないことが多いのです。

○○系、▲▲系といったコンセプトがなく、オーソドックスなサービスを落ち着いた雰囲気で楽しめるようなソープ店ならば、ガツガツせずに会話にも集中できるでしょう。

ただし、女性特有の警戒心も強いでしょうから、本指名で通い信頼を勝ち取る努力は必要です。

●「劇的恋愛型」な男性には?
「劇的恋愛型」と書きましたが、ようするに「ナンパ目的」の男性のことです。

ソープ嬢はデリヘル嬢やピンサロ嬢のように簡単には落とすことはできませんが、「ガードの硬さ」は店舗によって差があります。

この”ガードの硬さ”は、「経営者との信頼関係」に比例するといってもよいでしょう。

ソープ店舗の方は「絶対的に店外デートは禁止」というの常識ですから、経営者とソープ嬢に硬い信頼関係があれば、その分ガードは硬くなると考えられます。

そして、良い経営者であっても、在籍嬢が100人もいるような大型店では、どうしても「スキ」ができますので、ナンパ目的ならばそういった店舗が狙い目かもしれません。

責任はもてませんが、大量に在籍嬢がいるソープ店のあまり人気のなさそうなコンパニオンならば、経営者や店長から”ノーマーク”なことが多いので、歯車が合えば店外で会える可能性はゼロとは言えないでしょう。

ソープランドのマーケットは巨大で、ソープ嬢にもあらゆるタイプがいるのです。

高い満足感を味わいたいならば、まず自分の性癖や願望を熟知し、それに見合った店舗を探し出すことが成功の第一歩だと言えるでしょう。