月別アーカイブ: 2016年10月

まだまだ動きのある福原のソープランド

兵庫県神戸市にある福原は、ソープ街として風俗好きの間ではとても有名な場所であり、ソープランドが消えゆく現在では、関西のソープ需要を満たす数少ない場所となっています。ソープ街と呼べる規模の場所は関西圏ではここか雄琴かというものですし、兵庫県内だけでなく大阪や岡山などの近隣県からも、ソープランドを目的に訪れる客というのは少なくありません。

では、現在の福原も昔のような活気があるのかというとそうではありません。日本全国的にソープランドが下火になって徐々に店舗件数も減少しつつあり、福原もその流れに逆らうことは出来ておらず週末や休日の活気はともかくとして、平日などはやはり閑散しているという印象は拭えません。しかしながら、福原はまだまだ終わったソープ街というわけではありません。

その理由として挙げられるのが、「新規開店などが年に数軒は行われていること」です。先述の通り、ソープランドというのは日本全国で下火になりつつあり、利用者の減少なども相まってその数は毎年少しずつではあるのですが減少の一途を辿っています。規制強化などの影響が大きいのですが、こうした中で福原では多少ではあるものの新規開店やリニューアルオープンといった流動性があり、少しでも新しい客層を開拓することが出来ています。

福原のソープランドのほとんどが加入している神戸特殊浴場協会が公開している新規開店などのデータでは、ここ数年の間毎年5軒前後の店舗が開店・リニューアルしており、流行や需要に合わせて店が入れ替わりを行っています。利用者の希望に柔軟に答えられるというのは生き残りには重要なことですし、そういった努力を続けることは決して無駄ではないと言えます。

毎年徐々に入れ替わりがあるものの、そうした入れ替わりを乗り越えた老舗は非常に長く営業を続けているのも福原の特長で、高級店などはもう10年選手というのも珍しくありませんし、格安店や大衆店といった入れ替わりのある価格帯でも同じくらいの老舗もあります。今の時流によって出来た店と昔のサービスを受け継ぐ店が混合しているという状況で、ソープ好きにはたまらない街になってきているのではないでしょうか。

日本のソープランド全盛期だった80年代~90年代の頃とは大きく変わった現在の福原ソープランドですが、現在には現在の店の良い所というのがあります。近年では大阪の新地などが話題になりがちですが、福原のソープランドもまだまだ捨てたものではないのです。

ソープ嬢になるために『今すべきこと』5つ

まだまだ続く日本の不況ですが、とくに女性の就業環境が悪化してると言われています。

本来ならば「男の仕事」だと言われてきた、運送業・製造業・建設業などにも就職先を求めて女性が殺到しているようです。

しかし、借金問題を抱えていたり、どうしても汚れ仕事が苦手な華奢な女性もいるでしょう。

現在ではキャバクラなどのお水業界も低迷していて求人が減っていますから、「思い切ってソープ嬢になる!」と一大決心をした女性もいるはずです。

ソープランド業界の景気がかなりいいほうですが、ソープ嬢という仕事は少し特殊であり、入店を申し込むにも少しコツが必要ですし、また多くの女性が”風俗”という仕事に勘違いした感覚も持っています。

これからソープ嬢になりたい!という女性のために、無事にソープ店へ就職できるよう、面接前に心がける『今すべきこと5選』を解説します。

1.清潔感が大事!

ソープ嬢に必要なものは、何よりも「清潔感」です。

「服を脱ぐのだから関係ないじゃない?」と思われるかもしれませんが、くたびれた着衣で面接に行っても落とされるだけです。

反対に「服を脱いですべてを見せる職業」なので、高いレベルの清潔感が必要なのです。

面接時には、体臭などもこっそりチェックされていますが、これは後々お客についたときに「クレーム」や「悪評価」の原因となるからです。

2.履歴書は”企業”に提出するつもりで書く!

ソープランドなどの風俗業界、また水商売も昔から面接に重きを置いていませんでした。

ですから、履歴書が必要のないところや、面接した当日から仕事をするような店も多くあったのは事実です。

しかし、時代は変わって現在では、そういったルーズなことをするソープ店は少なくなってきました。

今やソープ店は、一般の企業と何ら変わらないしっかりとした経営方針に変わっているのです。

住所、学歴、職歴などはもちろん、志望動機や希望欄、なども手抜きなく書き込んでいくと好印象を与えることができます。

3.言葉使いにも注意が必要!

ソープ嬢という仕事は「究極の接客業」と例えられるように、お客の相手をする女性の職業として「最高級のおもてなし」でお客と接しなければなりません。

実際にお客のクレームとして一番多いのは「コンパニオンの不適切な接客」です。

また、「言葉使い」は指導されたくらいですぐに改善できるものではありません。

ある程度指導はされますが、最初から社会人としてきちんとした会話ができるところを見せておけば、面接担当者も安心してOKをくれるでしょう。

むしろ外見レベルよりも、こちらを重視する店長も多いほどです。

4.やる気を見せるのはどこも同じ!

ソープ嬢には毎日出勤をしているレギュラーと、週に1回くらいしか出勤しないバイトがいます。

多くのコンパニオンを抱えている店ならば、週に1回ペースの出勤でも問題ありませんが、在籍数の少ない店舗ではレギュラー嬢を求めています。

また、毎日出勤する子は仕事のレベルが向上しやすく、人気嬢になることが多いのです。

また出勤数を確保できないときに頭数として確保できるので、店側からするとありがたい存在です。

ソープ嬢になることを決心したならば、思い切って他の仕事にケリをつけてソープランド一本に絞ったほうが、メリットがたくさんあると知っておきましょう。

「お店に気に入られる」ことは、”出世”を意味することだということです。

5.自分を見つめて相性のいい店舗を選ぼう!

現在のソープ業界にはたくさんの「ジャンル」が存在します。

いくらあなたが「美人」であっても、それだけですべての店舗の面接に合格できるわけではありません。

色気ムンムンの20代後半女性では「学園系ソープ」への入店は難しく、また20歳で「熟女店」への入店も難しいのです。

現在ではインターネットでほとんどのソープ店が自社のHPを配信していますから、その店舗のコンセプトもかんたんに確認することができます。

そして、いい店舗が見つかれば、HP内のほとんどに「求人ページ」がありますから、そこから問い合わせるとよいでしょう。

いかがでしたか?

現在のソープ業界は、以前とはすっかり様変わりして、普通の企業とあまり変わらないほどしっかりとした経営をされています。

面接をする方にもそれなりの準備と心構えが必要ですので、「ナメてかかったら」思わぬ不合格をもらってしまう可能性があることを知っておきましょう。

ネットで調べる!いいソープランドの見分け方

ほんの15年前まで、ソープランドで遊ぶにはたくさんのノウハウや情報網が必要でした。

ソープ店の情報というのは、雑誌やスポーツ新聞、風俗情報誌に掲載される僅かなものだけでしたので、昔のソープファンは多くの「失敗」を経験したものです。

ところが現在では、インターネットが普及して、スマホやパソコンでアクセスすれば瞬時にたくさんの情報を入手することができるようになりました。

現在ではホームページも持っていない店舗は、もはや”時代遅れ”とばかりに蔑まれるほどなのです。

しかし、インターネットでソープランド情報を手に入れるにも、少しの工夫が必要です。

いいソープランドに出会うためのいくつかのノウハウをまとめました。

●広告コピーに惑わされない

ソープ店は、ホームページを作成するときにできるだけクオリティーの高いものを作ろうとします。

大衆店や格安店であっても「高級」「ラグジュアリー」「至高のサービス」「ハイレベル」といった広告コピー(宣伝文)を使用します。

これは商売上仕方のないことですが、こういったページを見たときに受ける”雰囲気”だけをたよりに、店の方向性や傾向を推し量るのは危険です。

ちゃんと料金システムや、店内写真(グラビア)も確認して全体像を予想しましょう。

●全体の文字数を確認する

ソープ店のホームページには、割引情報やイベント情報・コンパニオン情報などを盛り込んだ「文字だらけ」のホームページと、トータルのデザイン性を重視して文字を控えているページとがあります。

前者は大衆店や格安店に多く、後者は高級店に多いという傾向があり、「どちらが優れたソープ店か?」ということは一概には言えません。

ただし、文字数が多く含まれている店舗は、なんとかお客を呼ぼうとする姿勢がありますので、優良店が多いようです。

高級店では文字数が少ないのは「自信の表れ」と思って良いでしょう。

●プロが作ったページか、従業員が作ったページか確かめる

見るからにショボいホームページもあります。

最近ではブログ形式のもので、従業員が自らページを作成している場合もあります。

これはコスト削減が理由です・・・

ホームページをプロのWEB制作会社に依頼をすれば、数十万から百万以上はかかるので、売上の悪い店では依頼するのが難しいのです。

一概には言えませんが、従業員が自らページを作っているような店舗は客入りが悪く、サービスもそれなりのところが多いので、失敗の可能性は高いといえます。

見るからに豪華でページ数の多いホームページを配信しているソープ店ならば「流行っている店舗」だと思っていいでしょう。

●女の子のページやブログを確認する

トップページのデザインだけ立派で、システムの説明や、コンパニオン紹介ページが手薄な店舗は、あまり良い店でない可能性があります。

コンパニオン写真をクリックすると、自己紹介や複数のグラビア、中には動画などが搭載されている優れたホームページ作りをしている店舗はやる気があり、サービスも手厚い優良店が多いのです。

最近ではコンパニオンが自ら更新している「ブログ」や、ツイッターやインスタグラムなどのSNSと連携している、手の込んだものもあります。

●メルマガ・アンケートフォームがある

ソープランドには昔から「会員制度」がありましたが、現在の最先端では「メルマガ会員」が主流です。

無料で登録でき、個人情報もそれほどしっかりと書き込まなくてもよく、特典が多数盛り込まれています。

また、店内アンケートよりも、さらにお客の本心がリサーチできる「アンケートフォーム」を設置している店舗もあります。

無料メルマガやアンケートフォームを実施している店舗はサービスが良い店舗だと思って間違いないでしょう。

昔の新聞の小さなスペースに広告を掲載していた頃とは違い、現在は情報量が多い分、「良い店」と「悪い店」の判断がしやすくなりました。

自分のお住いの「地域名」に「ソープランド」という語句を付け足して、GoogleやYahoo!・Bingといった検索エンジンで調べてみましょう。

福原ソープ街を歩いて発見したこと~カメラマンの独り言~

フリーのカメラマンをしています。

雑誌社との契約で数週間神戸を取材をし、合間に1日休みができたことから「福原ソープ街」に出かけてみることにしました。

7年くらい前に福原は個人的に遊んだ経験があり、そのときにコンパニオンが非常にいい子だったので、福原の記憶全体がキラキラとした印象があるのです。

その子を探すことも考えましたが、当時の年齢から計算すると、すでに32歳・・・

「とっくにソープは上がっているだろう」と、良い思い出はキレイなまま保存しておくことにして、街を散策してみることにしました。

●多聞通りは相変わらずの印象・・
福原は「多聞通り」と呼ばれる国道28号線に開けた街です。

多聞取りの景色は7年前と印象は同じで相変わらずの印象です。

神戸の中心繁華街の三宮から離れているといっても、さすがは都会・・・国道は渋滞気味できらびやかさのかけらもない無情緒な感じです。

福原は「平清盛」ゆかりの地ですが、多聞通りを歩く限りはそれを感じさせるものは何もありません。

●柳筋に入ってやっと現れた「福原」の景色
福原にはメインストリートが2本通っていて、一つを「柳筋」、もう一つを「桜筋」といいます。

昔の花街を思わせるネーミングに思わず胸が高まります。

まずは「柳筋」から福原へ入りました。

多聞通りから一本入っただけで景色は一変します。

ひと目見た視界の中に数十店舗のソープランドが飛び込んでくるのです。

まだ昼間の明るい時間なので、ネオン装飾は目立ちませんが、ひと目で「風俗関係」とわかる華やかさです。

柳筋は大衆店や格安店が多く、福原でも”激戦地区”といわれるエリアです。

7年前に訪れたときの記憶にある店舗は少なく、すっかりと様変わりしています。

ポップな印象の店が多く、吉原あたりのソープ店よりも大きくてキレイな感じがします。

7年前に登楼した店舗は代替わりをして店名も外観も変わっていたのが少し寂しい気分になります。

●桜筋は福原の有名店が立ち並ぶエリア
中道を使って桜筋に出ました。

桜筋は福原でも有名店や高級店が多く、景色的にはこちらの方が記憶のまま残っている感じ・・

大型の高級店は威風堂々として、さすがの貫禄を見せつけいます。

桜筋には多くの居酒屋や焼肉店、おしゃれなバーなども点在しています。

これも福原の特徴で、全国的にはソープランドのある街は”寂れた”印象のところが多いのに対して、福原は「生きている街」といったところでしょう。

薬局が多いのは風俗街に共通する特徴ですね。(なぜか古くて小さな薬店が多い)

マンションが所狭しと立ち並び、また一般住宅と混在していて、どこか穏やかな雰囲気です。

夕方に差し掛かる時間になると、タクシーが目立ち始め、それは「ソープ嬢の出勤」を意味します。

ネオンが落ち始めると、「花街のメインイベント開始」です・・・

気がつけば男性客らしい人を数人見つけることができました。

7年前と比べると、変わった部分と変わらない部分があり、新鮮さと懐かしさの両方を堪能できました。

今回は仕事の続きがあり、”登楼”は控えました。

こんどまたゆっくりと楽しみに来る予定です・・・。

高級店・大衆店・格安店、ソープランド選びここがポイント!

ソープランドは他の風俗と違い、「高級店」「大衆店」「格安店」など、価格帯による分類がされています。

これらは、たんに「金額の差」だけではなく、雰囲気やコンセプトなどにも違った傾向があります。

また、「お金持ちが高級店に行き、貧乏人は格安店へ行く」というのも少し違います。

収入が少ない方でも頑張って貯金をし、高級店専門で通われることも珍しくありません。

要は「自分の好みの雰囲気・遊び方・コンパニオンの傾向などで好みが別れているのです。

各ジャンルの説明に従って、自分の好みとマッチングしてみましょう。

●高級店の傾向

高級店は文字どおり「高級感」を全面にうちだしていますので、まずはそういった”ラグジュアリーな世界観”が好きな方なら相性が良いでしょう。

”高級さ”は店舗の造りだけでなく、コンパニオンも上質です。

ビジュアル・テクニック・話術など高いスキルを持つ子が在籍しています。

ただし、高級店のコンパニオンは折り目正しく仕事をされますので、ナンパ目的や、恋愛感情を満足させたい男性ならばあまりマッチしないかもしれません。

実際にナンパをした場合、高級ソープ嬢は、最も”落ちにくい”人種ですし、それなりに通えばチャンスもありますが、なんせ料金が高いので、一般平均の収入の方では難しいかもしれません・・・

あくまで高級ソープは、クールに遊ぶところだと覚えておきましょう。

●大衆店の傾向
もともと「大衆店」はソープランドのジャンルの中では最低価格を打ち出していました。

昔は「中級店」という店舗も多くあり、高級店に匹敵するサービスでありながら「少しだけ安い」といジャンルだったのです。

ところが最近では、ソープ業界にも価格破壊が起こり「格安店」「激安店」が現れ、今では大衆店は「中堅」の位置づけとなっています。

大衆店は、「もっともソープの良さが味わえる」価格帯ジャンルとして人気が高く、また斬新な発想で、強いコンセプトを打ち出す面白いソープが多いのです。

コスプレ・学園系・オフィス系・痴女系・SM系など、数え切れないほどの種類があります。

高級店よりもコンパニオンのガードも柔らかいので、気に入った子がいれば長く通いつめれば店外デートのチャンスがあるかもしれません。

最先端ソープを堪能したいエネルギッシュな男性に、大衆店は向いているかもしれません。

●格安店の傾向
格安店は60分で1万円台で遊べるソープランドで、いまやファッションヘルス並の料金を提示しているところもあります。

しかし、冒頭でも書いたように、財布の中身が心細いから・・という理由だけで選ぶものでもありません。

価格に関係なく、格安店には格安店の面白さや楽しみ方もたくさんあるのです。

肝心のコンパニオンのレベルですが、最近のソープランドに、困ってしまうほどのビジュアルレベルの低い子はあまりいません。

それよりも格安店は在籍数が多いところが多く、自分の相性にあった子が選びやすいというメリットがあります。

また、「お仕事系」と言われる、テクニックは凄いがプロフェッショナル過ぎて情緒に乏しい・・・といったタイプのコンパニオンは格安店にはあまりいません。

ピンサロほどの無教育なわけではありませんが、接客全体がナチュラルなのです。

どちらかというと「素人系」が好きな男性ならばピッタリとハマるかもしれません。

このように、ソープランドの価格帯別分類は、コストだけの分け方ではありません。

今やソープランドはジャンルやコンセプトも多種多様で、たったの「3段階」で分けられるほどシンプルでもないのです。

インターネットにはたくさんのソープ情報が配信されていますので、まずはたくさんの情報を得て、相性の良いソープ店を選びましょう。