月別アーカイブ: 2016年5月

大型連休のソープランドはいつが混む?

大型連休というのはソープランドにおいてはかき入れ時で、どのお店もイベントを行ったり割引券を発行したりして、集客に努めています。かき入れ時ということもあって女性の出勤も増えていて、ソープランド業界はやや活気がなくなりつつある業界と言われていても、この時期などはそれなりに賑わうものです。

それに合わせて女性の出勤というのも増えていて、普段よりも多くの女性が出勤していたりしますから遊びに行くには最適な時期なのですが、実はこういった期間は普段と若干違う状況になるものです。その違う状況というのは、「夜よりも昼が混む」とか「連休前半よりも後半の方が空く」「客層が変わる」といったものです。

何故こうした状況が発生するのかというと、やはり普段とは男性の動きも違うからです。連休だからこそ日中はしっかり遊んで夜は家に帰ってゆっくり休みたいという人が大半で、そういった人はソープ遊びも日中にしてしまうようです。店にもよりますが、18時を境に動きが鈍ってくるという話もありますから、大型連休は夜を狙っていくと良いかもしれません。働いている女性からしても、普段はお茶を挽くことが多い昼勤の人の方が稼ぎが良かったりということも多いようで、それを知っている夜番の女性は大型連休などの期間だけは昼勤にしたりする方もいます。

また、連休の後半が空くというのは、連休の後半はやっぱり外に出ずに家でゆっくりしたいと考える人が多く、用事は前半にまとめてこなしてしまうということで、ソープランドも前半の方が混むというわけです。連休前半には在籍数の多い店ですと出勤数が多すぎて女性の間で部屋の取り合いになったりすることも珍しくないようです。

客層も若干の変化があるようで、どちらかというと指名よりもフリー客が増える傾向にあるようです。あまり風俗遊びをしない男性なども訪れることが多いようですし、指名でも定期的に指名する常連は足を遠ざけ、ネットなどからの一見さんの指名が大半を占めるようです。

大型連休などにソープ遊びをするのであれば、とりあえずフリーで遊ぶという場合は、出勤数も多くそれでいて比較的空いている連休前半の夜などがオススメです。指名を入れるのであれば、連休後半は昼夜問わずに多少は予約を入れやすいでしょう。ただ、普段と違う状況ということで女性のモチベーションに差が出てしまうこともあるようで、サービスが低下したりする可能性もあります。状況的にもサービス的にもあくまで例外ということを認識して遊ぶと良いでしょう。

ソープランドは口コミ評価で選ぼう

ソープランドへ遊びに行こうと思い立って、まずやらなくてはいけないのが遊ぶ店の選択です。ソープランドは全国で1300軒、一つのソープ街ではおよそ30~60くらいのソープランドが営業しています。特例として吉原が130軒近くありますが、吉原でなくても遊ぶ店を選ぶ時はなかなか困ってしまうものです。

では、どうやってその店を選ぶのかというのは、ソープ遊びに慣れた方でも難しいもので、人によってその判断基準は十人十色と言ったものではないでしょうか。お店のコンセプトを重視する人もいれば、価格で決める人もいるでしょうし、女性で選ぶ人もいるでしょう。どのような選び方でも自分が納得する選び方であれば良いのですが、個人的にオススメしたい選び方というのは、口コミや体験談などの評判で決めるものです。

ソープランドの料金設定はピンキリで、基本コースで10,000円で済むところもあれば、30,000円のところもありますし、50,000円のところや100,000円のところもあるというぐらいの価格差があります。値段が高ければ高いほど良い店である傾向はあるのですが、必ずしもそうとは言い切れないのです。

昔ならまだしも最近では不況によって高級店よりも格安店が賑わうようになり、中級店などは無くなりそうなほど数が減ってきています。高級店とは名ばかりに実質は割引きイベントなどで値引きを前提とした値段設定にしている店も増えていて、そういった店は高級店と名乗っておきながらもサービスは値段以下の質の低い物になっていることも珍しくありません。

一応は高級店ですから基本コースは50,000円程度、そこから割引きをしても10,000円引かれるかどうかで、多少引かれても40,000円以上ですから、そこそこの格安店でも2回は遊べる金額です。それなのにハズレの店を引いてしまえば後悔することは免れません。

しかし、ネットの口コミ評価などにおいて悪評がある店というのはその悪評を隠しきることは不可能です。悪評というとネガティブなイメージがあるものですが、実際は一番生の声に近いものだと言えます。お店側が宣伝の一環として好評の口コミを作ったりすることはありますが、わざわざ悪評をお金払って作るということはあり得ないのですから。

まずは予算の範囲内で店を選別して、次に口コミなどで店を絞り、最後に女性で選ぶというのがベストの選び方ではないでしょうか。ソープ慣れしていなくて店の選び方がわからないという方は、選び方の一つとして参考にされてはいかがでしょうか。

ソープ嬢がふだん何してるか知りたい!有名ソープ街でアンケート

ソープ嬢は男性憧れの存在です。
そして、女性の私生活に興味をもつのは男の性でもあり、世間とかけ離れた世界の住人であるソープ嬢ならば好奇心も倍増するというものです。

最近ではソープ店HPのブログなどで、自分の私生活を配信するソープ嬢も増えています。
現在の風俗嬢はあっけらかんとし、昔のように閉鎖的でもなくなってきているのです。

今回は有名ソープ街のコンパニオンたちを対象に「ふだん何をしているかアンケート」をしてみました。

●オンラインゲームにハマるソープ嬢の急増
アンケートで意外に多かったのが「オンラインゲームをしている」「モバゲーをしている」などのインドア派が多いことです。

これは、「ソープ嬢の趣味が変わった」のではなく、「ソープ嬢になる女の子が変わった」というのが理由のようです。

まじめに生活をしてきた、学歴もそこそこな「普通の女の子」がソープランドに入店しはじめているのです。
お酒やギャンブルもしないタイプで、娯楽をネットに求める新タイプのソープ嬢です。

●パチンコはソープ嬢の定番
昔から風俗嬢がギャンブルにハマるのは有名な話です。
最近でもやはりパチンコは人気なようで、とくに地方にあるソープ店のコンパニオンにパチンコ好きが多いようです。

日頃の溜まったストレス発散にはもってこいの娯楽なのでしょう。

●飲み歩く
お酒が好きなソープ嬢もいまだに多くいるようです。
ソープ嬢は在籍店舗を飛び越えたコミュニティーがあり、ソープ嬢仲間たちと夜な夜な繁華街に繰り出すのです。

高収入な彼女たちですから、普通のサラリーマンでは頻繁に行けないような高級な店で楽しんでいるようです。

●ブログ配信
店舗のHPだけでなく、自分のパソコンやスマホで作ったブログ配信に情熱を燃やすソープ嬢も増えています。

また、主婦がブロガーとしてネット収入を得ていることも多いので、ソープ嬢も「将来の収入源」としてネットビジネスを見ているという理由もあります。

ソープ嬢、元ソープ嬢にも「有名ブロガー」は多数おられるようで、ソープ嬢のコミュニティー拡大に一役かっているのです。

●ペットに命がけ
アンケートをしていて最も幸せそうに解答してくれるタイプが「ペットを飼っている」ソープ嬢です。
空前のペットブームですので、これも自然な流れなのでしょう。

近くの公園で犬と戯れたり、ドッグラン、ドッグ・猫カフェの常連だったりと、「ペットに命がけ」の子がかなりいます。

動物と触れ合うことで得られる”いやし効果”はスリリングな毎日を送る彼女たちに、活力を与えてくれるのでしょう。

また、ペットを飼うソープ嬢は、前述のような「ブログ配信」をしている子が多く、最近ではユーチューバーも急増しているようです。

●海外旅行
”ふだん”というわけではありませんが、ソープ嬢に旅行好きは多いようです。
ダイビング免許の資格保持者も多く、海外の海を楽しむ健康的なアウトドア派です。

このタイプには英語に堪能な子も少なくなく、日本の暗部を見てきた彼女たちですから、将来は思い切って「海外移住」をもくろんでいる子も要るようです。

昔のソープ嬢のように「場末の飲み屋で潰れてる」ような解答はまったくなく、現在活躍中のソープ嬢たちはそれなりに生活を満喫しているようです。

健康的で美人なソープコンパニオンが増えたのも、彼女たちの私生活が変化したことにも原因があるようですね。

アイドルオタクを卒業して『ソープ嬢』を追いかけるメリット

グループアイドルブームが日本中を席巻しています。
収入のほとんどをCDやDVDの購入、またはコンサート・イベントへの参加で浪費していますが、はたから見ると理解しがたい価値観だともいえます。

風俗業界にも数年前から「フードル」といわれる人気嬢が存在し、多くの男性を魅了しています。
ソープランドでもたんなる「コンパニオン」としてではなく、アイドル的な捉え方をしてソープ嬢を追いかける熱狂的なファンもいるのです。

ソープ業界はいま、AV女優の受け皿の役割をしていて、全国的にも知名度の高いコンパニオンが多数存在します。

このソープ業界のアイドル達を追いかけるメリットは、芸能界のアイドルを追いかけるよりも遥かに高いといえます。

アイドルオタクを卒業してソープ嬢を追いかけるメリットをいくつか紹介しましょう。

●「抱けるアイドル・ソープ嬢」これが最大のメリット
「アイドル」といっても異性を追いかけるわけですから、どんな理屈をこねても所詮「性的欲求」は捨て切れません。

いくらコンサートやイベントに参加しても、「握手」や「言葉を交わす」くらいが関の山で、それで性的な願望が叶えられたとは到底思えません。

しかし、ソープ嬢ならば料金を支払えば実際に「抱ける」のです。
セ○クスをすることは異性への「最大級の願望の達成」ですから、「実際に抱けること」が、ソープ嬢を追いかけることの一番のメリットだといえるでしょう。

●”超”有名ソープ嬢も存在する
冒頭でも少し説明しましたが、現在のソープ嬢には「元AV女優」もたくさん在籍しています。
お世話になってファンになったAV女優と実際に肌をあわせることができるのですから、アイドルと握手するなんて行為とは比べ物にならないほどの喜びがあるのです。

こういった元AV女優の引退後の足取りを追うサイトも多くあり、ネット上で在籍店などを調べることも可能です。

実際に対面してセ○クスをするわけですから、「アイドルを彼女にする」という、夢のような話も完全に不可能ではないのです。

●”まとも”でいられる・・・
”性”は抑圧されることで人の精神を屈折させます。
ようするに「まともでない状態」になるのです。

アイドルグループを長年追いかけて、手の届かないものを渇望し続けるとやはり精神衛生上よくありません。

男女問わずアイドルを追いかけている人たちは、どこか屈折していて、世間の人から奇異の目で見られることも多いようです。

しかし、ソープ嬢をいくら追いかけてもこうはなりません。

なぜなら、実際に追いかける対象と性行為をすることで、目的のほとんどを達成してしまうことで精神の屈折が起きないのです。
ソープ嬢に入れ込んで登楼を重ねても、「まともでいられる」のです。

●後悔しない・・・
アイドルグループを追いかける状態は「収支のバランス」が取れていません。
自分の追いかけるアイドルの恋愛報道などがあると、そのファンたちは「裏切られた」となるのです。

自分のアイドルが他の男に抱かれると嫉妬の嵐に苛まれ、これまで彼女につぎ込んだ金をもったいなく感じファンを辞めてしまいます。
このときに取り返しのつかないほどの”後悔”をしてしまうのです。

しかし、ソープ嬢をいくら追いかけても、実際には「セ○クス」まで到達しているので、サービス料に対して十分に元をとっていますから「収支のバランス」が取れています。

ソープ嬢が引退をしても、残念な気持ちになるくらいで、ぶつけようのない怒りは生まれないのです。

●ソープ嬢は今「美形」が揃っている
現在、ソープ嬢のビジュアルレベルは「過去最高」の状態です。
不況の煽りを受けて貧困女子が急増し、ソープランドの求人に若い女性が殺到しているのです。

ソープ店舗側はたくさん応募してくる女性の中からビジュアルの良い子を選んで入店させるのは当然です。
自然淘汰される形で美形ソープ嬢が生き残るしくみなのです。

庶民派を売りにする芸能界のアイドルでは”歯がたたない”ようなソープ嬢も珍しくありません。
こんな子に極上の性的サービスを受けられるのですから、もう「親しみやすい」だけのアイドルを追いかける意味も失くなってしまうでしょう。

まずはソープ店のHPを閲覧してみましょう。
そこには一昔前とは打って変わったアイドル級のコンパニオンたちが顔を揃えています。
また最近のソープ嬢の傾向して「清純派」「素人風」「オタク系女子」などのニュータイプも多く在籍していますので、きっと自分好みの女の子を見つけることができるでしょう。

経済評論家激白!風俗が失くなれば日本経済が危ない!?

日本経済の不況が報じられて久しくなります。
中国や韓国などの近隣諸国の経済発展がめざましく、世界を席巻した「メイドインジャパン」も、今では大企業の倒産や不振で復興の兆しすら見えてきません。

経済を専門とする経済学者の間では、日本の暗部として考えられている「風俗業界」が、日本経済にトドメが刺されることの防波堤になっていると噂されています。

もし、日本の風俗業界を政府が強く取り締まりでもすれば、弱った経済に大打撃が与えられると考えられているのです。

●廃れつつある日本の繁華街・・・
日本各地の繁華街が悲鳴をあげています。
ここ数年で、外食産業全体の総売上が「5兆円」も減少し、人々は確実に「インドア化」しています。

繁華街は、国民が稼いだお金を放出する最も大きな市場でありますから、繁華街の衰退イコール「経済の衰退」でもあるのです。

「金は天下の周りモノ」といいますが、国民が節約と貯蓄ばかりをすると繁華街での商品は売れなくなり、そこで売るために作る物の需要がなくなって製造業や商社の売上も落ちます。

企業の売上が落ちると、こんどはそれを作る人、運ぶ人、得る人も必要なくなりますがから就職難が発生するのです。

ここでソープランドを始めとする「風俗業界」が、悪循環に立ち向かっているのです。
経済の悪化に反比例するように、ソープ店の集客は増大しています。

ソープ街はたいてい繁華街の近くにありますから、そこに足を運ぶ男性客たちは少なからず繁華街で消費活動をしてお金を落としているのです。
もし、これさえも失くなってしまったら・・・

ソープランドは経済の循環に一役買っているというわけです。

●「貧困女子」の最後の就職先
ここ数年、社会問題となっているのが「女性の貧困」です。
シングルマザーなどはもちろん、保育士や介護士などの労働条件が極めて低い職種の女性たち、親に財力がない大学生、専門学生などが極度の貧困にあえいでいるのです。

そして貧困女子の「最後の砦」が性風俗への転職です。
これがなければ彼女たちは消費はおろか、生きていくことさえ難しくなります。

また、援助交際も右肩上がりで検挙数が増えています。
売春によって得た収入で家賃や光熱費を支払い、学生は授業料を工面しているのです。

「じゃあ、ソープ嬢にならなくても援助交際でいいじゃないか?」と思われうかも知れませんが、そう簡単な問題ではありません。

援助交際は犯罪ですので、もちろん「所得税」「源泉徴収」もありません。
これでは政府の財源のプラスにはならないのです。

政府の財源は、会社で例えるならば「総売上」に当たりますから、経済全体に影響を及ぼすのです。
正規の風俗店ならば全て税金も納めていますから、援助交際とは性質がまったく違うわけです。

●日本人男性の「メンタル」にも影響がある・・・
日本からソープランドが消えたら、日本人男性の「メンタル」にも大きな影響があるといいます。
男は性の満足度によっても仕事に対する意欲も違ってくるのです。

頼りなかった男性でも、結婚をきっかけにまじめに働くようになるものですし、性的な満足度が得られないと働く意欲も将来の夢も失ってしまうのです。

こういった国民男性の心の状態は、企業の生産力にも大きく反映するものです。
実際にソープランドのヘビーユーザーは会社内での地位が高く「やり手」が多いのです。

男性の性は不思議で、実物の女性に射精するのと、家に閉じこもって自慰で射精するのとでは精神的な影響がプラスとマイナスほども違います。

ソープランドに通う男性は、知らず知らずのうちにメンタルコントロールをして仕事に励み、日本経済に貢献しているのかもしれません。

さすがに経済の専門家だけあり、説得力のある論証で、聞けば聞くほどに納得してしまいます。
落ち込んだ日本経済のためにも、現在の日本の風俗、ソープランドが消えてしまう日が来ないことを祈るばかりです。