月別アーカイブ: 2016年3月

京都・大阪・奈良・滋賀県の風俗事情

全国を見渡してみると関西ほど経済力があるにもかかわらず、ソープランドが少ない地域はありません。
かつては、首都東京を凌ぐとも言われた経済力を背景に、著しい発展を遂げた関西圏にソープランドがこれほどまでに少ないことには疑問を抱く方も多いでしょう。
京都、大阪、奈良、滋賀県の風俗事情とともに気になるところです。

かつては「巨大ソープランドエリア」だった大阪

これほどまでに関西圏にソープランドが少ない理由は簡単で、京都や奈良は国宝級の文化財の宝庫であり、またそれらの保存地区でもあることから自治体の条例が厳しく、風俗店自体が少ないのです。
そして大阪は、かつて雄琴や福原に匹敵するソープランド保有地域でしたが、1989年に開催された「大阪花の万博」の時に「ソープランド撲滅計画」が実施されてそれ以降はソープランドの新店舗出店も許されず、現在に至ります。

日本第2位の人口を有している大阪のソープランドはレベルも高かったという説もあり、関西のソープファンとしては”嘆かわしい”の一語に尽きます。

現在の関西圏の風俗事情

ソープランドを失った大阪をはじめ、現在の関西の風俗事情はどうなっているのでしょうか?

◎大阪
ソープランドが撤廃されてからの大阪は多くのヘルス、ピンサロ、デリヘル、エステなどで”埋め尽くされている”といった現状です。
大阪は全国で最も警察当局の取り締まりが厳しい街であり、それでも懲りることなくソフト系風俗が次々に現れては消え、を繰り返しているために混沌とした状態です。
中国、韓国など外国系の風俗も多く、決して安全とは言えませんが遊ぶことには困らない街です。

◎京都
ソープランド不毛地帯です。
また府の条例は厳しく、店舗型のソフト系風俗も、街の規模からすれば少ないと言えます。

京都の風俗業者はお隣の滋賀県雄琴ソープ街に資本を移して店舗を構えていることが多く、それらは現在の雄琴の原動力的な存在となりつつあります。
ソフト系風俗でもデリヘルの比率が高い地域ですが、雄琴へのアクセスが容易であることから多くの京都府民は「雄琴の常連」であるのも事実です。

◎奈良
奈良も京都同様にソープランドは存在せず、また店舗型ソフト風俗も少ないエリアです。
一人暮らしが少ない地域なので、デリヘルもホテルで呼ぶことが一般的で、決して安い料金でおさまりません。
奈良は非常に大阪に対してアクセスがよく、買い物をはじめとするレジャーであっても大阪に出向くことが多く、風俗遊びも大阪を利用する人が非常に多いのが特徴です。

◎滋賀県
滋賀県民は「雄琴ソープ街」という至宝を持つために、恵まれた環境にあります。
しかしソフト系風俗が極端に少なく、周辺地域とはパワーバランスが逆転した状態です。
意外に京都や大阪のピンサロを求めて遠征する人もいると言いますから、男性の本能の不思議を感じてしまいます。

関西には、東は雄琴、西では神戸の福原、南では和歌山市にソープ街が存在する「ドーナツ化状態」です。
首都東京は吉原を中心にバランス良く関東圏全般にソープランドがあることを羨ましく思う関西人も多いようです。

雄琴ソープ街・スマホ一台で店舗を見極める裏ワザ

ソープランド業界は全国的にインターネット広告に力を入れていて、それは雄琴ソープ街でも同様です。
雄琴はほぼすべての店舗がホームページを開設していて、そして良くも悪くも「完成度が高い」のです。
システム説明などの見やすさや、リアルタイムな待ち時間確認、キャストのグラビアページなどの便利機能が満載で、そのへんの一般企業の自社ホームページよりもはるかに洗練されています。

しかし、この完成度の高さが、逆に店舗選びの際の”判断基準”を難しくさせる原因にもなっているのも事実です。
簡単にいうと「優良店もそうでない店もホームページが素晴らしい!」ということなのです。
ですから、インターネットで優良店・人気店・人気嬢を見つけるには少しの工夫とテクニックが必要になります。
ここでは、スマホ一台でインターネットにアクセスし、自分に合った店舗を見つけるための裏ワザをご紹介します。

●「求人」ページを見てみる
たいていのホームページにはキャストの「求人ページ」が設けられています。
そのページの中に入ると、店舗から女の子に向けた「求人内容」が書かれているのです。
これは本来お客が見るべきところではありませんが、なぜか現在のソープのホームページでは自由に閲覧ができるようになっています。

ここではいわゆる「裏情報」に近いことが垣間見ることができ、募集年齢の制限(18~24歳までなど)を見ると、だいたいその店舗の年齢層を知ることができますし、給料が高く、待遇が手厚い店舗ならば間違いなく人気店とみてよいでしょう。
逆にそっけない文面で、待遇も良くない店舗はキャストと経営者との関係も上手くいっていないことが多く、「地雷」に当たる可能性が高いともいえます。

●メルマガページで「優待度」を知る
安定した顧客を得るために、ソープでは「会員」「メンバー」を募っています。
一度来店すると自動的にメンバーになるところもありますが、インターネットから「メルマガ会員」などを募集して特別な情報の提供や割り引きをしてくれるサービスもあります。
雄琴はとくにメール会員に対してのサービスが手厚く、ほとんど無料ですので、いくつかの店舗の会員になっておくと比較しやすいでしょう。

●メール、チャット、ブログ機能の有無
店舗の店長やキャストが配信するブログなどを配信している店舗もあり、中には企業並みに「コールセンター」を設けていることもあります。
これは秘密主義であったソープランドの慣習を打ち破るものであり、こういったシステムを持っている店舗は、まず間違いなく優良店です。

●情報量の多さでその店の「得意分野」を知る
雄琴ソープのホームページは、どの店舗も定番的な「形式」があります。
トップページ、料金、キャスト写真、アクセス、割り引き・・など、同じような分類の仕方で情報を配信しています。
そして、各ページの「情報量の多さ」がその店舗の「得意分野」の表れでもあるのです。

たとえば、キャストの写真をクリックすると、複数のグラビア写真や動画、プロフ、出勤予定などがでてきますが、そのページ内の情報が多ければ「キャストに自信がある店舗」ということになります。
また店舗内の紹介写真を大量に配信している店舗は設備に自信があり、イベントページのボリュームが多ければ、割り引きサービスに力を入れている、ということになります。

店舗の良し悪しはホームページだけで語られるものではありません。
しかし、現在のソープ業界ではネット戦略の成否が集客に大きな影響を与えることが知られているので、より多くの情報を配信している店舗は「本気で店を流行らそうとしている」と考えることもできるでしょう。
全国のソープ街と比較しても、雄琴はどの店舗も平均以上のクオリティーを保っていますが、その中がさらに良い店を見つける裏ワザとして利用して参考にすると良いでしょう。

ソープランドでも大々的に摘発されることがある

風俗業界というのは、全体的に店の入れ替わりが激しい業界です。
数々の規制によって現在営業出来ている店であっても、必ず何らかの法律に抵触するようなグレーゾーンで営業している状態ですから、ちょっとしたことですぐに摘発されてしまうからです。
特にデリヘルやマッサージ店などは特にその傾向が強く、違法営業も多いのがその理由です。
しかし、同じ風俗業界でもソープランドは摘発が極端に少ない業種で、よっぽどのことが無い限りは年間でも片手で数えられるぐらいしか摘発されたというニュースは出てきません。
ソープランドは、風俗業界の特に規制が厳しいため再出店なども難しく、経営する側も特に慎重になっているというのも理由として考えられるでしょう。

そんなソープランドですが、大規模な摘発というのが数年に1回はあるもので、ここ数年であれば2012年に吉原で行われた大手グループの摘発が記憶に新しいところです。
系列店舗8店が摘発され、その容疑はどれも売春防止法違反というものでした。
何故このグループが摘発されたのかは様々な憶測が飛び交っていて、脱税していただとか働いている女性に薬物使用があったとか、他の店を圧倒する低価格により吉原の相場に価格破壊をもたらしたため、妬んだ他店からタレコミされたなどなど。
摘発から3年だった現在では、この8店舗のうち半数は別のグループの系列店として、残りの半分は未だ閉店状態となっています。

そして、2015年にも大規模な摘発が行われました。
ニュースでも日本海側の温泉街にあるソープ街としか伝えられていませんが、大手暴力団の分裂にともなう資金源を断つための摘発で、約10軒のソープランドのうち、事情聴取を受けたのは全店、摘発されたのは2店、さらにはソープの広告を出していた広告業者にまで摘発が及んだということで、摘発まではいかなくても営業の自粛を行う店もあるようで、一つのソープ街がほぼ壊滅状態になっているとのことです。
この騒動は、この地域だけに留まらず福岡でも浄化作戦が行われ、摘発まではいかないものの行政指導を受ける店が続出したとのことです。

ソープランドは昔から暴力団の資金源であったことは公然の秘密で、表向きはどこのソープランドもその関係性を明示していませんが、現在でも関係がある店が存在しているのは事実ですが、そういった店は今回のように摘発されているのも事実です。
こういったニュースがあることでソープランドが危険な場所と思う方もいるかもしれませんが、昭和の時代ならばいざ知らず現在では普通にルールを守って遊ぶだけで危険な目にあうソープランドというのはまず存在しません。
いちいち摘発情報を気にするだけ損というものですから、あまり気にせず節度を持って楽しむのが得策でしょう。

福原ソープランドはどんなことをしてもらえるのですか?

エレベーターのドアが閉まった瞬間にこれが始まると一気に興奮状態になります。
ボディタッチももちろんOKです。

2)入室
プレイルームに入室すると改まっての挨拶があり、高級店の三指をつく独特なスタイルに驚かれる人もおられます。
大衆店くらいの価格帯のお店ですと先に体を軽く洗い、マ○トプレイに入りますが、高級店になると「即即サービス」といい、体を洗う前にズボンを下ろされて生フ○ラが始まります。
そのままベッドにもつれ込み射精するまで好き放題できます。
即即は即フ○ラ+即ベッドプレイの略です。

3)マ○トプレイ
マ○トプレイはソープランドの代名詞ですが、近年はあまり重要視されていないようです。
エアマ○トの上に男性が仰向けになり、ローションまみれのコンパニオンが全身を使ってマッサージし、もちろん性的なプレイもします。
伝統的なマ○トプレイはスケベイスやツボ洗い、パイズリ、泡踊り、くぐり椅子など多くありますが、店によって、またコンパニオンによってする場合とできない場合もあります。
これはソープランドの進化の代償ともいうべきものであり、嘆くファンもおられますが、その代わりに以前ではあり得なかったほどの若年のコンパニオンがいたり、モデル級の美女が在籍していたりと重点を置くポイントが次第に変わってきているのです。
最近風俗に通うお客の中には、いかにもプロ的なソーププレイを嫌うお客もおり、これをパスしてベッドでのプレイに時間を多く使いたいという方も多くいます。
受付後のアンケートでこれを聞かれる場合もありますし、コンパニオン自信に直接伝えることに問題はありません。

4)ベッドプレイ
マ○トプレイで一度射精し、ローションを洗い流してからベッドに移動します。
短時間に何度も射精できないという方はどちらかをメインにして楽しみます。
マ○トではコンパニオンが責め、ベッドではお客が責める、というのが通例でしたが、現在では「好きにして」かまいません。
自分の好きなプレイのスタイルを伝えると、ほとんどのコンパニオンは上手く対応してくれるでしょう。

5)洗体・ピロートーク
プレイが終了すればもう一度体を洗い清めて、後の残り時間はコンパニオンとゆったりした時間を過ごすも良し、時間ギリギリまで粘ってプレイを楽しむも良しです。
時間数分前にはフロントからインターホンで通知してくれますので、気にせずに楽しみましょう。
ここで片付けが遅くなり数分時間をオーバーしたくらいで「延長料金」などはかかりません、常識の範囲内で行動していれば大丈夫です。

いかがでしたか?
これが代表的なソープランドでのプレイの流れと内容です。
店舗によって若干の違いはありますが、男性の性の欲望を十分に発散させてくれるのがソープランドなのです。
福原ソープ街はこういったサービスの他、次々と刺激の強いサービスが開発されつつあり、これからいったいどんな新しいプレイが出てくるのか?夢膨らむ歓楽街なのです。

雄琴ソープ嬢卒業後はいったいどこへ?

1500人以上のソープ嬢が働いているといわる雄琴ソープ街。
職業がら入れ替わりも激しく、常にコンパニオンの新旧交代が繰り広げられています。
自分がお気に入りにしていたソープ嬢が、ある日突然姿を消してしまう・・・。
こんなことも雄琴では珍しくない話。
でも卒業したソープ嬢たちがいったいどこえ行ってしまったのか気になる方も多いでしょう。
今回は、雄琴でソープ嬢をしていた女の子たちの”その後”を追跡してみました。

●店舗運営側で働いている
最近ではコンパニオンを卒業した女の子を店や会社に留まらせるところも増えています。
フロントスタッフになる場合もありますが、たいていは技能講習や現役コンパニオンの指導役、また運営的な業務に就くことがほとんどです。
長年コンパニオンと培った現場の生の感覚を活かせますし、また経営者サイドでも女性スタッフは役に立つことが多いのです。
雄琴にもかなりの元ソープ嬢の店舗社員が存在します。

●他のソープランドや風俗店に移っている
年齢の問題や経営者側とのトラブルや不満、また好条件を提示されての引き抜きなどで他のソープランドや風俗店に移っていることもあります。
これは厳密には「卒業」ではありませんが、もっともよくあること。
たいていの場合は自分を本指名しているお客をごっそり持って移動しますので、お気に入り嬢ならば後から連絡もあるはずです。
雄琴は非常に狭い空間ですので、こういった理由で辞めた子は福原や金津園、関東に飛んでしまう子も多くいます。

●完全なる引退・・一般人へ
予定していた貯蓄額が溜まった、結婚した、風俗自体から足を洗いたい・・こんな理由で一般人になる「完全なる引退」をする子ももちろんいます。
夢であった職業についたり、自分で好きな店を持つ子もいますし、結婚ならば尚の事めでたいことです。
ただ、一瞬ソープ嬢が嫌になって後先考えずに突然やめてしまった子などは、一般社会の価値観に馴染めず、また舞い戻ってくるケースも目立ちます。
雄琴にもかなりの「出戻り嬢」がいます。

●ライター・ルポライターなどの風俗関連の職種に転身
数は多くはありませんが、元風俗嬢の作家やルポライターなどに転職する子もいます。
”ソープ嬢”という、一般の女の子では計り知れない貴重な時間を過ごしたのですから、こういった子たちの書く文章やルポライティングには凄みと説得力があり、その世界で有名になることも少なくありません。

拍手をして喜んであげたいような痛快な卒業をする子もいれば、先行きが不安な卒業生もいます。
お気に入りとして贔屓にしていた男性は淋しい思いもしますが、「いつかその時はやってくる」と覚悟をしておいたほうがよいでしょうね。