月別アーカイブ: 2015年9月

ソープランドの縁の下の力持ち

ソープランドでは数多くの方が働いています。
やはり花形と言える働き手は、実際に男性客の相手を務めるコンパニオン女性の方です。
お店を繁盛させるも衰退させるも、全ては女性の双肩にかかっていると言っても過言ではないのですが、ソープランドを経営していく上で重要な役割を担っているのは女性だけではありません。
それが、客として利用する場合も絶対に一度は接触するであろう男性スタッフです。
全国どのソープランドを見ても、女性だけで運営しているソープランドというのは存在していません。
必ず男性スタッフが居て、コンパニオンの女性が不自由なく働けるように、そして利用するお客さんが快適に過ごせるように、縁の下の力持ち的な働きをしています。

ソープランドの男性スタッフというのは、肉体的にも精神的にもキツイ仕事と言われています。
ソープランドの求人情報を見ると、女性と同じようにいつも募集が掛かっていることからも、そのキツさというのは窺えるものです。
一日の労働時間は、基本が12時間程度で残業も含めれば約15時間というのが当たり前のようで、さらに休みも月に1~2日というのは珍しくありません。
中には、1ヶ月2ヶ月休み無しで出勤しているというのも珍しくありません。
そのうえ、人間関係などもなかなか難しいようで、様々なタイプの方が集まるため精神的なストレスというのも馬鹿になりません。

仕事内容は、主に受付業務で、電話や来店されたお客さんの対応、システムの説明や案内、店舗の清掃や消耗品の補充、タバコなどの買い出しといった雑用も行いますし、さらに送迎などがあるお店であれば、送迎運転手なども業務内容となり、今ではどのソープランドでもウェブサイトを持っていますからその更新や、メールマガジンの発行といったことも仕事内容です。
長く勤めてお店からの信用も厚くなってくれば、女性の出勤管理やお金の管理も任されることもあるようです。

肉体的にも精神的にも厳しいソープランドの男性スタッフですが、一般的なイメージ通りキツイだけの収入というものがありますから、そこが唯一の救いでしょう。
最近では新人だと25万前後からのスタートで、その後継続年数や仕事内容、役職などが付けば50万ぐらいまで、店長クラスになれば月収100万円も現実的なものと言われています。
一般職に比べてかなり高いのですが、それでも長続きしない方が多いということですから、もはや金額の多寡は関係無いのかもしれません。

ソープランドへ遊びに行った際は、女性だけではなく男性スタッフにも感謝の念を伝えてみるのも良いでしょう。
ソープランドが快適な空間になるのも、男性スタッフが頑張っているおかげなのですから。

需要はあっても営業が出来ない外国人女性が働くソープランド

風俗好きの男性が一度は思うこととして「外国人の女性と遊びたい」というものがあります。
人気が高いのはやはり白人女性で、確かに妙齢の白人女性は美しい方が多く、お相手を願う男性が多いというのも頷ける話です。
外国人デリヘルというのはよく見かけるのですが、風俗の王様と言われるソープランドではあまり見かけることはありません。
外国人と遊ぶことの出来るソープランド、必ず需要はあるはずなのですが実際にやっているのかどうかは、全国のソープランドを探してもそのような情報はありません。

結論から言ってしまえば、ソープランドにおいて外国人女性と遊ぶというのは無理です。
日本で外国人が就労する場合は就労ビザが必要になりますが、風俗産業に従事するという名目ではビザがおりることはまずありません。
風俗で働く外国人女性というのは、日本国籍を取得したりといった特別な事情が無い限りはまず違法就労ということになります。
そのため、まずまともな風俗関係のお店では働くことが出来ません。
外国人風俗として営業をしている所の大半はデリヘルであり、ソープランドのような店舗と女性側がしっかりした契約をしなくてはならない風俗で働くことは出来ないのです。
「風俗業界であればそういったルールを無視して働かせるのではないか?」と思われるかもしれませんが、こと昨今の規制強化によってそういう無茶は出来なくなっています。
違法就労の場合、働いた方だけでなく雇用した側も処罰されてしまい、営業許可を取り消される可能性もありますので、迂闊なことは出来ないというわけです。

そういうわけで、日本中どこを探しても外国人女性が接客をしてくれる合法なソープランドはほぼ無いと言えるでしょう。
その代わりと言っては何ですが、最近では全国各地のソープランドに少しずつではありますがハーフの方が在籍するようになりました。
吉原や中州、福原といった大きめのソープ街であれば地域ごとに数人は在籍しています。
ハーフの方であればまず間違い無く日本国籍を持っているので、ソープランドで働くことも可能です。
しかし、やはりそういった方は容姿が特に優れているために人気があることが多く、フリーで遊ぶことはおろか予約を入れるのも難しい場合が多いので、根気よくチャンスを窺いましょう。
ハーフの方であれば、容姿は外国人に近くても日本の常識を弁えている方ばかりですし、言葉についても問題はありませんから、無理に外国人女性と遊ぶよりも楽しく遊べるかもしれません。

ソープランドの一日

一般の方から見るソープランドは未知の部分が多く、いったいいつもどんな仕事しているのか好奇心を掻き立てられます。
特殊な職種ですので、その全貌はあまり知られておらず、これからソープで働きたい男女のためにざっと紹介していきましょう。

【ソープランドの朝】
最近は「早朝サービス」などを実施している店舗がありますが、元々ソープや昼前くらいのオープンが一般的です。
男性スタッフは開店数時間前に出勤して店を開け、掃除やレジの準備、ボイラーの確認などからスタートします。
割り当てられたコンパニオンの送迎などがあれば、迎えに行き、一緒に出勤する場合もあります。
多くの店舗は複数でスタッフが常駐していますので、一段落つけば必要な買い物などに行きます。

ある程度しきれる古参のスタッフなどが予約の確認にあたり、また予約電話の応対がこの頃から始まります。
この対応は非常に大切であり、お客から見る店の印象を左右してしまうものです。
オープン時間が近づくと、店を開ける準備をし、いざオープンとなります。
その頃にコンパニオンも出勤しはじめ、お客の受け入れ状態がスタンバイします。

【営業中】
コンパニオンは通常「個室待機」か「待機室」で時間を潰します。
指名予約が入っている場合は時間に合わせて指定部屋の準備をはじめ、指名の予定がないコンパニオンは営業電話をしたり、もしくは”何もしないか”の2つです。

お客が来店し始めると、フロントでシステムの説明や待合室への誘導、アンケート、ドリンクサービスやオシボリサービスがあればそれを提供します。
コンパニオンの部屋の準備ができれば案内となります。
店舗によっては土下座にてお客を見送るところもあります。
プレイルームに入れば男性スタッフは一息つくことになり、あとは退店時間をチェックし、インターホンでコンパニオンに告げ、出てくるお客を接客します。

この際も事後アンケートを取る店が多いですが、最初のアンケートの時よりは少し緊張します。
それはプレイやコンパニオンに対するクレームなどがあり、この時の対応いかんでは、お客を怒らせたり、二度と来店しなくなる可能性もあるからです。

またコンパニオンに対しての対応の仕方にも注意が必要で、コンパニオンとスタッフの上下関係は店舗によって違いますが、コンパニオンが圧倒的に上の立場の店舗なら、気持ちが削がれるほどに気を使わなければいけない場合もあります。

【閉店後】
ソープランドは法律で夜の12時までの営業と定められているので、その時間に合わせて閉店業務を行います。
備品の補充や出入り業者への発注(ドリンク、タオルなど)。
そしてたいていは店長や責任者が売り上げの集計をとり、オーナーに電話連絡しますが、この時売り上げが悪いと長電話(怒られる)になります。

この時間帯はフロントスタッフ陣の最も緊張する時間でしょう。
怒られた店長は機嫌も悪くなりがちなのです。
場合によっては「ミーティング」などが始まり営業に対しての反省などが行われます。

掃除や閉店作業するものと、コンパニオンを送迎するものとに分かれ、日によっては店長がコンパニオン、スタッフを食事に連れて行ったりすることも一般企業よりは多いのが特徴です。
特にコンパニオンに対しての「アフター」は気分よく働いてもらい長く在籍してもらうため、またスカウトマンによる引き抜きなどの防止策として店長は気を使います。

うまく言っている店舗はコンパニオンと店長の関係性が良好で、逆にこれが不適切ですと、複数人がこぞって引きぬかれてしまう・・と言った自体にもなりかねないのです。

実際にソープ店のスタッフはこういった地道な毎日を送っており、お客目線から見るよりは厳しい職業です。
基本的には「使いっ走り」のような仕事ないようですが、ソープ店のスタッフはスタートの給料は一般の会社よりも高く、また待遇もそれなりに良い場合が多いようです。
コンパニオンの手配の手腕や経営センスがあれば、ごく短期間で店長にまで上り詰める道も用意されています。

ソープ嬢のNO.1のお話

ソープ店のホームページなどを観ていると、「指名NO.1」とか「イチオシ嬢」「プレミアムガール」などと写真に書かれていることがあります。
これはもちろん店側でもプッシュしている「人気嬢」であり、指名もたくさん取るコンパニオンのことです。
クラブやラウンジ、キャバクラには「NO.1嬢」が存在して店はお客にアピールをしますが、ソープランドにもNO.1は存在します。
NO.1には2つのパターンがあり、ソープ店ではこれを使い分けて店のイメージアップに利用します。

【指名NO.1】
これはもちろん最もたくさん指名と取るコンパニオンで、言い方を変えれば「一番稼ぐ」ソープ嬢です。
たくさん来店する「太い客」を数人持っている場合もあれば、フリーでついたお客を次々と指名に変える凄腕のコンパニオンもいます。

【ビジュアルNO.1】
風俗専門誌や広告、ホームページなどでコンパニオンの写真を使うことがありますが、こういった時にはビジュアルレベルの高いコンパニオンを在籍させている店舗は有利です。
ホームページの在籍嬢確認ページなどでも先頭部分に可愛い子を配置していおけば店の印象もよくなりますし、”ハク”が付きます。

外見が飛び抜けた子が面接に来ると、「店の広告塔」としての役割も果たすことから保証金など多くの優遇で迎え入れることもあるようです。

【ビジュアルとサービスのツートップ戦略】
外見の良いコンパニオンは意図的に在籍させていますが、指名をたくさん取る子は自然発生的に頭角を現してきます。
お客の好みやタイプを見て、太い客になりそうなお金持ち風の客が現れた時、フロントの客回しセンスが必要になります。
見た目が良ければすべてOK、というお客もいれば、サービス内容にハマるお客もいるからです。
ビジュアル系とサービス系のツートップを駆使し、フリーのお客をリピートさせることが店の売り上げを左右しますので、こういった人気嬢の使い方でフロントの手腕に差が現れるのです。

【指名NO.1の実力】
ソープランドで指名NO.1になるようなコンパニオンは一日で10万以上稼ぐことはザラにあります。
それなりの容姿、色気、プレイテク、会話術、あらゆる部分で”女子力”が求められ、それをクリアしたコンパニオンです。
やはりその地位に辿り着くまでにはそれなりの努力もしますし、健康的で肌のメンテナンスも十分に施され、もちろん一般女性には求めることができないようなハイレベルな性的快楽を味あわせてくれるテクニックもかね備えています。

【NO.1嬢が地雷?】
ソープ嬢の仕事は男性が思う以上にハードです。毎日続く過剰な性行為のために体を壊してしまう子も少くなく、一般的には長期間働けない職種なのです。

もちろんコンパニオンの目的は「お金」ですから、特に指名がとれる実力のある子は力を入れるお客を選別します。
太い客になりそうなお客には全力でかかりますが、そうでないお客には手抜きとまではいかないまでも、普通のプレイで捌いてしまうこともあるようです。
お客は「NO.1嬢」を期待してしまうので、それほど悪い接客やサービスでなくても”地雷”と感じてしまうこともあるようです。

NO.1嬢に限らずコンパニオンはお客に対しての「目利き」はしますので、ソープ来店の際は服装などにも気をつけていきましょう。

ソープの代名詞ともなっているサービス

ソープランドというと、多くの方が想像するプレイといえばマットプレイではないでしょうか。
エアーマットをローションでぬるぬるにして、その上に男性が寝っ転がり、同様にローションで体をぬるぬるにした女性が男性と密着して、体を洗ったり全身を愛撫したりするといったプレイです。
基本的にソープランド以外ではマットヘルスと呼ばれる専門ヘルスでしか行われないサービスであり、マットヘルス自体がそんなに有名な風俗ではないことからも多くの方がソープといえばマットプレイという認識を持っていると思われます。

マットプレイというと、ソープ物のAVなどでも見かけることがありますが、素人目には体をなんとなく密着させているだけにしか見えません。
しかし、実は結構色々なテクニックが隠されていて、これを上手に行える女性は徐々に減ってきていると言われています。
確かに格安店では省略されることも多く、さらにやや時間の長い大衆店などでも無かったりすることもあり、マットの経験を積む場所というのが徐々に減ってきているのも関係しているようです。

マットで行われる技の数は、少なく見積もっても20はあります。
技の名称に関しては同様の技でも若干名称が違ったりというのはありますが、それらを分けても20はあると言われており、上手な女性ほど持ち技も多いようです。
一番オーソドックスな技は「千流下り」と呼ばれる技で、仰向け状態であれば表千流とかうつぶせ状態であれば裏千流と呼び分けられます。
他にも、カエル挟みやカニ挟み、松葉崩しに風見鶏、金の鯱、アメンボ、鯉の滝登りなどは基本的な技としてよく行われています。

さて、先述の通りマットプレイは徐々に受けられる場所が減ってきているサービスです。
しかし、ソープランドのサービスを代表するものの一つですから、遊びに行った際には是非味わっておきたいものでもあります。
マットプレイが基本省略されやすい格安店であっても、コースの設定によってはマットを楽しめますが、本当にマットを楽しむのであればやはりある程度価格の高い中級店以上が望ましいでしょう。
中級店以上になるとマットプレイがあるお店の方が多く、格安店の女性に比べて格段に経験が豊富です。
特に技術の差が出やすいサービスですから、やはり経験豊富な方のサービスを受ける方が、得られる快感もより素晴らしいものとなることは間違いありません。
しかしながら、マットに関しては完全に女性の技量に依存しますから、運が良ければ格安店などでもマット上手な女性もいるかもしれません。
そういった女性を探して店を渡り歩くのも遊び方の一つなのです。