月別アーカイブ: 2015年7月

ソープランドで働きたい男性の話

ソープランドの華やかな世界観とそこで働く従業員たちのことは世間ではあまり知られていません。
ソープランドで遊んだ男性の中には「自分もソープランドで働きたい!」と思われる方も少なからずいることでしょう。
毎日きれいなコンパニオンに囲まれて働く男性従業員を羨ましく思うのは当然のことです。

【どうやって入店するのか】
ソープの男子の求人はスポーツ紙の求人か、ホームページの求人ページ、または風俗情報誌などを見て応募されるのがほとんどです。
やはり特殊な業界ですので、以前は昔かなり遊んだ人や社会経験豊富な人、借金を持つ人などが多かったのですが、現在では若いふつうの従業員もたくさんいます。
「寮付き」「食事付き」「高収入」など、待遇は非常によく、まじめに働いて、生活を切り詰めればそれなりの蓄えをつくることは可能です。

【どんな仕事をするの?】
仕事内容は高給のわりには誰でもできる仕事内容で、主な業務は「雑用」です。
店番、買い出し、掃除、タオルやサービス後の片付け、お客とコンパニオンの送迎、片付けなど業務全般に及びます。
店の方針によってはお客の入店退店、案内時には土下座して対応したり、待合室で膝をついて接客などをしなくてはならず、そういったことに抵抗のある方には務まりません。

また上下関係も厳しく、オーナーや店長は絶対的存在ですので、まるで体育会系の新入部員のように振る舞わなければいけない店舗もあります。

【コンパニオンとの関係】
ソープランドの男子従業員のことを思い浮かべた時に必ず考えるのが、「コンパニオンとの接触」です。
しかしコンパニオンは店の大切な商品であり、接し方を間違えると仕事がやりにくくなったり、最悪の場合は店を去らないといけないような事態に発展します。

またコンパニオンは男性従業員よりも”自分の方が上”くらいに思っていることも多く、アゴで使われることも少くありません。
よく新人にプレイの技術指導ができるんじゃないか?と甘い期待を持たれがちですが、下っ端の従業員にそれはまずありません。
コンパニオンと心の底から対等に接することができるのは店長とオーナーくらいのものです。

【男子従業員の将来】
ソープランドは1店舗は小さいですが扱う金額はかなり大きく、店が流行るとオーナーはかなり儲かります。
そしてその店舗を任せられた店長もかなりの高給取りになりますし、人脈を作ることもできます。
オーナーから手腕を認められた店長は新店舗を任せられたり、飲食店のフランチャイズのような形態で実質的に経営者になることも多く、ソープランドグループなどはこういった形で作られていることもあります。

そうなるとかなりの高収入となり、いわゆる「成功者」の仲間入りを果たすこともできます。
他の職種でここまでくるのに多くの時間を必要としますが、ソープランドではオーナーに認められれば出世のスピードも非常に早いのが魅力です。

店長はコンパニオンの確保から経営のコンサルティング、広告、従業員とコンパニオンの管理など、店の成功と失敗を分けてしまうような部分を考えなければならず、もちろんセンスも必要です。
決して年功序列ではなく実力次第で出世が決まりますので、やる気と野望のある人ならチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ソープランドとヘルスの違い(法律・サービス・経営姿勢)

ソープランドとヘルスなどその他の風俗が根本的に違いは、サービス内容だけでなく、法律による位置づけなどでも区別されています。

ソープランドは「本番行為」が確実に行えることが他との大きな違いであることはよく知られています。
しかしSNSや風俗口コミサイトではヘルスなどでも「本番ができる」との裏情報も多数見かけますし、ソープより安いそれらのソフトサービス系風俗で本番行為ができるのであれば、ソープランドの価値はなくなってしまいます。

それでもソープランドが今だに「風俗の王様」として君臨し続けられるのには確固たる理由と背景があるからなのです。

【法律上の分類】
現在の風俗店のほとんど(闇風俗を除く)はほぼ「届出制」となっています。
正式には「性風俗関連特殊営業」とされていて、この中でソープランドはヘルスと別項目に位置づけられています。
「浴場業」として定められるソープランドへの規正は厳しく、風営法の適用以外にも消防基準法や保健所の立入検査指導などもあります。

保健所の抜き打ち検査で非適合も見なされればそれだけで営業許可は剥奪され、またこの時に性感染症に対する指導も行われますので、ソープは「最も衛生的な風俗」と言えるのです。

またコンパニオンとその他の従業員の身元、国籍確認も行われ、身分証明書の提示も義務付けられています。

【衛生面で安心な理由】
ヘルス店のコンパニオンの「本番行為」は指名客の獲得や、多くの客に対するフェラサービスの疲れなどが理由と言われていますが、これらはコンパニオンの自主的な考えによるもので、突発的に行うものです。
ヘルスでも自主的に定期健診に行く嬢もいますが、本番が必須でない分ソープ嬢より性感染症に対しての警戒心は薄いと言えます。

またソープランドは他の業態の風俗と違い「協会」「組合」がどの地域にも存在し、警察、保健所、消防ともに指導を受け各ソープ店に対して指導をしています。
そのため性病予防の知識に関しても知識が深く、それはコンパニオンだけでなく、フロント陣も同じです。

そして性病の感染に最も怯えるのはコンパニオン自身であり、本番が必須サービスであるためにその注意の度合いもかなり高いものなのです。

【新規出店ができないこと】
全国のほとんどの地域ではソープランドの新店舗出店が禁じられています。
ですので徐々にその店舗数を減らしてきているのが現状で、現在新規オープンとして出店される店は権利の譲渡により行われています。

しかしこの悪条件もまたソープ店の誠実な経営姿勢に現れています。
短期間で荒稼ぎしてまた次の店に移る、といった方法が考えられる状況ではありませんので、今ある店舗をリピートの多い繁盛店にするしか稼ぐ手立てがないため、できる限り失敗を防止して顧客の信用を失くさない努力をするのです。

ヘルスとソープランドは単に「本番」ができるかどうか、だけでなく、こういった背景がさまざまな部分で反映して差が生まれています。
ある意味”不遇”な環境下に置かれているソープランドは風俗業界の中でもかなり異質な特徴を持っていると言えます。

ソープランドの社会的立ち位置

「風俗=違法行為」という観念があり、もちろん性質上女性には敵視される「男の遊び場」であることは間違いありません。
実際に犯罪行為に抵触している無届けの風俗店もたくさんあり、トラブルや事件もあります。
しかしなぜソープランドは警察に「届け」まで出して、店内で行われている業務内容も知られているはずなのに、堂々と営業できるのでしょうか?

【風俗と治安】
原始的な風俗・・それは売春です。
そしてそれは人類がはじめた商売の中でも最古のものだと言われています。
それほど歴史のある商売であるということは、人間社会になくてはならない本能的なものであり、それを抑制した時の反動は凄まじいものだといいます。

あれだけ法律で国民をがんじがらめにした旧ソビエト連邦でさえ、売春には寛容であっといいます。
それは「性の自由」を民間人から奪ったあとの反動を考慮に入れてのことなのでしょう。

日本でも「大阪ミナミ」のソープ排除条例や「歌舞伎町」「西川口」の一斉摘発などがありましたが、その後に現れた地下風俗店の蔓延に警察当局は実体をつかむことさえできずに苦労し、決して「治安改善」にはつながらないのです。
当時の自治体トップの意向は汲みかねますが、これが人間社会というやつなのです。

自治体によっては風俗業に対して締め付けがきつく、ほとんど風俗店が存在しない地域もありますが、それなりに人口のある県や街では「援助交際」「主婦売春」「出会い系サイト」や実体も業態も得体の知れない風俗が湧き出るように存在しています。
もちろんそういったものには警察の監視は事件になるまで届きませんので、売る方、買う方ともに危険度の高いものですあり、実際に新聞の一面に載ってしまうような事件も起きやすくなるといえます。

【ソープランドは「優等生」?】
ソープの存続はある意味自治体に委ねられています。
潰してしまおうと思えばいくらでもできますが、それをしないのにも前述のような理由があり、きちんと届けを出して法の範囲内で営業するソープランドはある意味風俗業界の「優等生」であると言えます。

ソープランドは地元警察に営業形態から従業員の名簿(スタッフ、コンパニオンとも)を提出し、神経質なほどに営業時間などの法令を守りながら営業しています。この状態は「リーチ」のかかった状態でもあり、相当のプレッシャーの中で店を切り盛りしています。

よくソープ街をパトロールする制服や私服警官に、店舗の門番が”挨拶”をしている場面を見かけますが、名簿の提出や届けの接触することから「顔見知り」になっているのです。
同地域で犯罪が発生した時などは惜しみなく情報提供など、惜しみなく協力もしますので、特に「上からの御達し」でもない場合は”なあなあ”な雰囲気といったところです。
立場の弱いソープランド業界はこういった関係性を作ることに努力を重ねているのです。

ソープランドを含めた届出制の風俗の社会的な立ち位置は微妙なところにあります。
女性団体などから標的にされやすいという業態ですが、性風俗が決してなくならい性質のものなら、今のソープランドの営業姿勢は絶妙であり、安心度の高いものであるといえます。

ソープ嬢にどう接するべきか?

ソープランドは接客業とはいえ、コンパニオンが裸になり性行為をする場所です。
「どう思われてもいい」という方なら仕方ありませんが、男ならやはり「よく思われたい」と願うものです。
女性に好かれたときの男の喜びは、ある意味性行為の満足をも上回るほど強烈な優越感に浸れるものです。

コンパニオンも人間ですので、自分が気に入ったお客にはサービスもよくなるもので、こういった良好な関係性をつくるのも「ハイレベルな遊び方」と言えるでしょう。
飲食店などでもそうですが、「上客」と見なされたお客は確実にいい思いをするのが現実です。

【とにかく清潔感】
これは基本中の基本です。
いくら仕事とはいえ、肌を合わせますのでこれはエチケットです。
ソープ嬢だけでなく女性全般が不潔な男を嫌います。
「爪を切っておく」「トイレで下半身の手入れをする」などもソープの慣習としては当たり前のことです。
口臭や体臭などにも気をつけておくとずいぶんとウケが変わります。

服装などもカジュアルで構いませんが、清潔感があるものが良いでしょう。
ソープ嬢は「太いお客」と「細いお客」を見極めますので、リッチな風体のお客にはサービスも良くなりがちです。
一個でもブランド物をつけていけば印象は見違えるように変わるでしょう。

【とにかく褒めましょう】
コンパニオンの外見が自分のタイプでなくても、そこで怒りをあらわにしてしまっては、その後のプレイにも支障がでることがあります。
サービスと言っても「性行為」ですので、片方がその気でなければリズムもおかしくなるものです。

どんなにタイプが合わなくても、「とにかく褒める」ことは女性を相手にするときの常套手段です。
2次災害はお客側がつくってしまっていることも少なからずあるのです。

【プレイは存分に、されど紳士的に】
ソープはお金を支払って性の解放をしにいくところですので、その目的は叶えたいものです。
それはコンパニオンのほうでも十分に理解していますから、どんどんとリクエストをするのがいいでしょう。
60分や120分などの短い時間で、こちらの性感帯を理解してもらおうと思えば、言葉のコミュニケーションがなくては難しいのです。

ただ責め好きの男性に激しすぎるプレイをする方がいますが、女性の体はデリケートです。
ソープ嬢は一日に何人ものお客を相手にしますから、ほどほどにしておいたほうがよいでしょう。
紳士的な振る舞いはコンパニオンに好かれる必須条件です。

【ご法度】
たまにコンパニオンがメールアドレスを教えてくれることがありますが、これはあくまで「営業用」です。
いくら気に入ったコンパニオンと遭遇したからといって、こちらからしつこく携帯番号やアドレスを聞くのはご法度です。
もちろん「店外デート」などはありませんし、トラブルの原因ともなります。

キャバクラなどと違い、風俗店での「本気の恋愛」や「口説く行為」というのは印象を落としてしまうものですのでご注意を。

ソープランド嬢とは言え「女性」であり、また仕事に徹しすぎたコンパニオンも魅力のないものです。
好きな女性と初デートをするような気持ちでコンパニオンに接すれば、地雷嬢と言われるような子でもサービスがよくなることもあるのです。

現在の高級ソープの傾向

ソープランドも雰囲気が昔とずいぶんと変わりました。吉原や神奈川県など関東のソープランドでは古くからの伝統や習慣の残る店舗はほんの一握りではないでしょうか。昔のソープといえば豪華な店作りと少し年齢のいった技術力の高いソープ嬢が、普段の性行為では味わえないような特殊な快感を提供する・・といった感じで、そこには「恋愛感情」のようなものが入り込む余地はなく、ある意味純粋で混じりけのない「性欲そのものを満たす場所」といった雰囲気でした。

男性スタッフは客をまるで殿様のように扱いもてなします。非現実的な世界観がそこにありましたが、ここ最近、新しく出店するソープランドではそういった慣習はあまり見られず、ごく自然な接し方をします。高級店であっても、折り目の正しい接客はしますが、昔のような土下座をして客を送り出すような店舗は減少しています。

ソープ嬢は高級クラブでトップ争いをしているような「極上の女」もしくは「凄テクを駆使するテクニシャン」の2択でしたが、現在の人気店のコンパニオンは至って普通の女の子たちなのです。高級店ではソープ嬢をビジュアルのレベルでふるいにかけますので美形を揃えますが、とくに強い色香を感じるような嬢はあまり見かけなくなりました。

しかし以前までのソープ文化に違和感を感じていいた人も多くいるのも確かです。ソープランド業界は、ある時期世間の風潮と流行についていけず、風俗の王座をヘルスやピンサロなどに譲っていた空白の期間もありました。

それが最近ソープ店の待合室をのぞくと客層にも変化を感じます。いかにも遊び人風の人は姿を消し、イマドキ風の若者や、年齢よりもかなり若い目のファッションでキメた中年男性ばかりで、知的なお仕事をされている方も多いようです。

キャストの技術が落ちた・・と嘆かれる古くからのソープ通の声も聞かれますが、実際のところ「泡踊り」や「スケベイス」などは現在のソープファンにはあまり高い評価は受けないようで、マットそのもを断るお客も多くなりました。要は「需要が変わった」といったところなのです。

地方にはこういったプレイを標準的なプレイとしている場所もありますが、そこにはあまり若い層のお客はおらず、みなヘルスやピンサロ、デリヘルなどに流れてしまっているのが現状です。

吉原、川崎、福原など比較的大都市にあるソープ街では特に高級ソープのサービスの傾向や雰囲気、内容が大きく変化しています。日本最大のソープ街吉原では高級ソープの”高級”の部分でさえ排除し、高額な支払いの対価を過激なプレイに置き換える店舗も増えつつあり、そして非常に人気があるのです。

最新鋭とも言える比較的新しく出店された高級店では外装や内装もシックでオシャレで控えめなデザインが多く、ケバケバしい装飾は排除されています。リゾートホテル風であったり、エステサロン風であったりと、昔のソープランドの面影はありません。

コンパニオンのサービスとしてはアイドル、モデル並のビジュアルをもち、渋谷や代官山を歩いていそうな雰囲気の現代的美女が、まるで恋人に対するような雰囲気をかもしだしてお客を喜ばせます。年齢層も昔よりも10歳ほどは低くなっており「よく出来た女」というより「可愛く甘える女の子」といったところでしょうか。今はこれに骨抜きにされる男性が多いのです。

こういった若いコンパニオンなどは普段の生活で仲良くなれないタイプの娘たちばかりですので、そんな手の届かない娘たちを好きにできる・・というのが、現在のソープランドの楽しみ方なのかもしれません。