月別アーカイブ: 2015年6月

日本のソープランドと海外のソープランド

日本において、性風俗産業の最たる物といえばソープランドです。
個室浴場とか高級サウナとか言われ、昭和の時代にはトルコ風呂と呼ばれて日本の風俗産業を語る上では絶対に欠かせない業種となっています。
さて、このソープランドというシステムですが、一般的な流れとしては、来店してまず入浴料を払い、個室浴場にて女性にサービス料を支払うというシステムで、個室の中では様々なサービスが行われます。
性風俗というのは日本だけでなく世界中にありますが、実はこういったただ性行為をするだけではないシステムは日本独自で、現在では他の国でもまれに見かけることがありますが、日本から輸出された物なのです。

日本と同じソープランドのシステムを真似ている国は幾つかありますが、代表的なのは韓国です。
韓国でも日本と同じ店舗型風俗という形で営業を行っており、名称もかつての日本と同じトルコ風呂という名称を利用していました。
平成9年にトルコ大使館から抗議を受けて名称変更したのも日本と同じで、現在では「按摩施術所」とか「按摩バン」といった名称が使われています。
東南アジアでも「マッサージ・パーラー」という店がありますが、こちらは厳密に言えば日本のソープランドとは違うシステムとなっています。

あくまで似たようなシステムというのであれば、世界中にありますがこのように入浴の一環として様々なプレイを楽しむことが出来るというのは日本のソープランドだけです。
そういった意味で考えれば、日本のソープランドは世界的にみても非常にレベルの高い性風俗と言えるのではないでしょうか。

近年では、外国人観光客が増えたことによって、ソープランドの中には外国人客も受け入れるという店も増えています。
大多数は外国人客とのトラブルを避けるためにも、外国人禁止の店も多いのですが、ソープランドの本場とも言える東京の吉原においても、外国人向けのソープランド情報誌に積極的に店舗を掲載している店も出てきていますし、利用している外国人客も多いようです。
今後、東京オリンピックなどでより外国人観光客が増えると予想される日本、特に東京のソープランドなどでは外国人の姿を見かけることも増えるでしょう。
日本人が海外の風俗を楽しみたいと思うのと同様に、海外の人も日本のソープランドを楽しみたいというのは当然のことなのです。
ただ、海外は日本に比べて性病感染などの可能性が非常に高いため、外国人客を受け入れている店というのは安全面で不安が出てくるかもしれません。
今後は、遊びに行くソープランドを選ぶ際には、店がどのようなスタンスで営業展開をしているのかも気にしてみる必要があるかもしれません。

ソープ街にはその地域ごとの特色がある

日本全国にあるソープランドは、およそ1300軒。
現在の日本では規制強化の関係もあり、その数は徐々に減ってきてはいるものの、その人気は高く全国的にソープランドが集まって形成されているソープ街というものが存在しています。
日本全国にあるソープ街の数は、一般的に知られているだけで42の地域に形成されています。
その中でも有名な所といえば、まずは日本一の遊郭街として江戸時代からの歴史を持つ東京・吉原です。
他にも、薄野遊郭からの流れを持つ北海道・薄野や福原遊郭の流れを汲む兵庫・福原など、長い歴史を持つソープ街もあれば、旧赤線・青線地帯からの流れでソープ街へと転じた岐阜・金津園や川崎・堀之内などなど、その由来は非常に様々です。
そんなソープ街ですから、同じソープランドが集まっているといっても、それは全てが同じというわけではありません。
あまり知られていないかもしれませんが、ソープ街によってそれぞれ若干の特色があり、それによって他の地域からも客を呼ぶことが出来たりしている一面もあり、ソープ街存続のための重要なポイントであるとも言えるようになっています。

例えば、東京の吉原を例としてその特徴を挙げてみますと、まず「店舗数の多さ」というものが挙げられます。
吉原にあるソープランドの数はおよそ130店舗で、この数は2位他の地域の倍近い数となっています。
かつては高級ソープ街とも言われるほどに数多くの高級店が立ち並び、活気も凄いものでした。
それだけの規模を誇るソープ街ですからさぞや広い地域かと思われるかもしれませんが、しかし吉原というのはそこまで広い場所ではありません。
また、近年の規制強化などによって改装などもろくに行うことが出来ないため建物が古くなっています。
そのため、吉原は「店舗数が多く店の選択肢は広いが、建物が古くさらに狭い店が多い」という特徴になります。
サービスを受ける個室や建物の状態というのは遊ぶ上でも重要なポイントですから、そういった物を気にする方には吉原はあまりオススメ出来るソープ街ではないというわけです。

こういった特徴はどこのソープ街にもあり、吉原とは逆に歴史が浅いからこそまだ比較的新しめの綺麗な建物でしっかりとした広さを持つ個室を用意している地方のソープ街というのもありますから、それこそ行く人の好みによって最高のソープ街というのは変わります。
各地のソープ街へと赴く時には、そういった地域ごとの特色を知っておくとより楽しむことが出来るかもしれません。

すすきのソープ街Q&A(価格とコンパニオン)

すすきのは日本でも有数のソープランド密集地域です。その知名度は吉原、金津園、雄琴などに匹敵しますが、噂を聞いて訪れた男性客は少し違和感を感じます。

他の地域のソープ街は、近隣の繁華街や温泉街から少し離れた地区で離れ小島のような形態で存在していて、一歩ソープ街に足を踏み入れると”ソープ店以外何もない”ような状態になるのに対し、すすきのは完全に周囲の飲食店や飲み屋に溶け込む形で営業しているのです。

1階が飲み屋、2階がソープランド、3階がジンギスカン~のような感じで、小中規模の雑居ビルが道路の両脇に立ち並び、ぎっしりとサービス業の店舗が詰まっています。すすきの自体に人が多く集まるのは、街自体に「カオス感」が無く、至って健全な雰囲気であり、また治安も非常に良いことから、札幌市民にとっては無くてはならない街だからです。そのために「すすきの」という名称自体が他の風俗街の地名よりも全国的に知名度が高いのです。

風俗好きの男性から受けるすすきのソープ街の印象は「安い」または「女の子がかわいい」など、いずれも高評価であり、風俗店紹介のポータルサイトなどでも高い評価を受ける地域です。

【思い切って遊べるすすきのソープ】
すすきののソープ店が優れているところは他の地域で分類されている「格安店」「大衆店」「高級店」などをあまり気にせず遊ぶことができることです。

40店舗ほどのソープ店の相場は60分コースなら1万円から2万円までの間で必ず収まり、それ以上の高級店は1~2店舗ほどしかないのです。その高級店と言われる店舗でも他の他の有名ソープ街の「少し高めの大衆店」くらいです。

ホームページなどで店選びをする時でも「価格」は重要な選択条件になりますが、すすきのはどこも似たり寄ったりなので、女の子選びだけに集中してピックアップすることができます。

そのかわり過度な高級感を売りにする店舗も少く、また男性スタッフの対応もいたってフランクであり、へりくだるような接客はありませんので、その点は了承して来店しましょう。

【コンパニオンの特徴】
口コミなどで見られる「コンパニオンが可愛くて若い」などは個人的な価値観もあり、一概には言えませんが、背が高くて色白の娘が多いのは事実です。

コンパニオンの若さに関しては地域の条例により18歳からの勤務が可能で、北海道の就職事情があまり良くないことも関係しているのかもしれません。

歓楽街としては古くから知られていますが、ソープ業界の歴史はそれほど古くなく、以前のすすきののソープ店の評判はあまり良いものではありませんでした。

近年になり若年層のコンパニオンが在籍するようになって一気に火がついたような経過があり、他の地域の高級店などで体験できる「極上のソーププレイ」などは期待しないほうが良いかもしれません。

しかしそれらを差っ引いても、他の地域でそープランドを何度も経験している猛者たちから高い評価を受けるだけの価値があり、すすきのでしか味わえないような価値があるのも事実なのです。

「すれていないナチュラルな接客と超美形」・・すすきののコンパニオンの価値はこれに尽きるでしょう。

福原という西日本で最大規模のソープ街

神戸という街は、日本でも有数のオシャレな街として知られています。
昔から日本の海外貿易の要所として栄えてきた所であり、文明開化の明治時代以降は海外の文化がいち早く一般庶民に浸透すると共に、外国人居留区なども作られ日本の国際化の最先端を争う街でした。
現在の神戸も多くの人が集まる一大都市として、日本でも重要な土地として存在を示しています。

そんな神戸には福原という土地があり、そこは日本有数のソープ街として知られています。
ソープ街として有名なのはやはり東京の吉原ですが、東の吉原・西の福原と並び称される程のソープ街であり、大阪万博とともにソープランドが大阪から全滅した今では西日本最大規模のソープ街として、連日多くの男性客が福原を訪れています。

福原ソープ街は、桜筋と柳筋という2本の通りに挟まれた地区を中心に、筋沿いやその周辺のごく狭い地域に数多くのソープランドが立ち並んでいます。
桜筋と柳筋は、南北におよそ400mに伸びる150mほど離れた隣り合った路地で、1周しても約1kmほどという非常に狭い地域です。
その地域におよそ60店舗、高級店から格安店まで様々なソープランドが営業を行っていて、どのような予算でも遊ぶことが出来ます。
福原という街の立地は非常に良く、兵庫県の中心となっているJR西日本の神戸駅から徒歩10分、神戸高速鉄道東西線の新開地・湊川駅などからは徒歩5分と、繁華街から程近い場所に位置していて、神戸駅周辺で遊んでからでも十分立ち寄れる位置にあります。
ソープ街として形成されている地域が多少狭かったとしても、十分人が集まりやすくなっているのです。

福原にあるソープランドは、格安店から高級店まで幅広いのですが、やはり人気になっているというか多く人が集まっているのは格安店です。
そのため、格安店や大衆店といった低価格帯のお店が福原ソープの大半を占めており、価格も15,000円前後が中心となっていて、とても遊びやすい価格設定となっています。
格安店というと、ともすればサービスが悪く値段分も楽しむことが出来ない場合もあるのですが、福原ではそういった店は皆無とは言いませんが割合が低いと言えます。
その理由の一つとして、神戸特殊浴場協会という福原で営業するソープランドが集まって作った組合の存在が挙げられます。
地域に根ざした組合を作ることで最低限のレベルと安全性を保ち、安心して遊べるように店舗側も努力しています。

こうした努力によって、福原ソープ街は今の時代を生き抜いているのです。

ソープ街を歩いてみて感じること

ソープランドのほとんどが「ソープ街」と呼ばれる密集地域に存在しており、女性はもちろんのこと、ソープにいかない男性なら足を踏み入れることのないところです。
この特殊なエリアを歩くとさまざまな発見があり、カルチャーショックを感じることもしばしばあります。

【ソープ以外何もない】
ソープ業界は新店舗を出すことが禁じられている地域がほとんどで、現在あるソープ店は非常に狭い地域に密集しているのが特徴です。
札幌のススキノや博多の中洲以外のソープ街を歩くと「ソープ以外何もない」と感じられます。

一種独特な雰囲気がありますが、どこかのほほんとした印象で、新宿や六本木の繁華街などに比べると平和な雰囲気が漂っていることに気づきます。
住宅街との境界線が曖昧になっているソープ街もありますが、ソープ街の中にあるのはラーメン屋やコンビニ、薬局やコインパーキングなどで、昼間などに歩くとネオンを付けていない店舗もあり、おだやかな空気感が流れています。

【老朽化・・】
もともとソープ店は莫大な設備投資をして店舗を建設していて、造りが頑丈なために長持ちしていることと、前述の新店舗が作れないことで、全体的に老朽化している店もよく見かけます。
実際に店内に入るとガラリと雰囲気が変わりきらびやかで清潔ですが、これも現代ソープの特徴だと言えます。

外観まで工事を加えた新店舗なども昔のソープ店のようにギラついた感じはなく、美容院やクラブ、リゾートホテルのようなハイセンスでシンプルなデザインが目立ち、ソープ街以外のところで見たら、それと気づかないほどに洗練されています。

【道行く人】
このような状況ですので、もちろん道行く人も、ソープ目当ての男性ばかりで、しかもあまり堂々と歩いている人は少ないように感じます。
それぞれ自分のお目あての店に一目散に入ってしってしまうので、特に昼間は静かです。

意外に見かけないのがコンパニオンの姿です。
ストーカー対策などもあるようですが、外でお客と顔を合わせないようにタクシーか店の送迎でやってきて、さっさと店内に入ってしまうようです。

「中洲」「ススキノ」以外の地域では”客引き”も少なく、またこれらもソープランドのものではなくアンダーグラウンドな無許可の風俗店です。

ソープ店の前に従業員が1人立っているのをよく見かけますが、これは客引きでなく「門番」のようなものです。
システムの説明などをする人で話をしても安全です。
自分の店を猛プッシュすることもなく、いたって事務的な応対をしてくれます。

【夜・早朝】
やはりソープ街は夜がメインです。
日が落ちてくると派手なネオンが目立ち始めてにわかに活気づきます。
アルコールが入ったお客もいますので、一般的な繁華街のように賑わうソープ街もあります。

特筆すべきは「早朝」でしょう。
まだ日も上がりきらない6時台に何店舗かに凄まじいにぎわいが見られるのです。
それは「早朝割引」を実施している店舗で、通常時間から比べるとかなりの値引きがあるのです。
周囲は車も少くひっそりとしているので、その盛り上がりには異様な印象を受けるでしょう。

「風俗=ダークなイメージ」というのが一般的な受け止めかたですが、実際にソープ街を歩くと、安全で開放的な印象さえ受ける街もあります。
実際に大きな繁華街などと比べても犯罪発生率などは格段に低いですし、これは世界的に見ても非常に珍しいことだそうです。