カテゴリー別アーカイブ: 初心者向けソープランド用語集

初心者向けソープランドで使われる用語集【プレイ編】

ソープランドでは、風俗の王様と言われるだけあって、様々なプレイが行われます。その中には普通の生活ではまず耳にしない用語もあるので、風俗初心者の方には用語だけ聞いてもわからないのではないでしょうか。
そこで、ソープランドのプレイにおける用語を集めてみました。

[ダブル、トリプル]
時間枠を複数取ること。ダブルなら二枠、トリプルなら三枠。HPなどに表記されている「40分1万円」などというのは、シングル枠での値段。時間が倍になれば料金も倍になる。

[S]
スキン(コンドーム)のこと。S着と書いてあればスキン着用でのサービスとなる。

[NS、生]
どちらもノースキン、コンドーム無しの意味。快感は高まるが同時に性病の危険性も高まる。

[即即]
即尺・即ベッドの略称。尺は尺八でフェラチオのこと。入浴前に行われるが、悪臭とか恥垢など不衛生な状態や性病の恐れがある客には、基本サービスでも行われないこともある。

[スケベ椅子]
凹の形をした椅子で、へこみ部分に手を入れて局部やアナルを洗う。

[くぐり椅子]
スケベイスの中央部分が空洞になっていて、体を入れられる造りになっているタイプのもの。スケベイスよりも格段に値段が高いので、高級店で利用されていることが多い。

[椅子洗い]
スケベイス、くぐり椅子に座らせた客を、胸や陰毛など体で洗うプレイの総称。

[マット]
エアーマットを用いたプレイ。マットプレイと呼ばれることもある。ソープ特有のサービスだが、保健所の基準では設置してあると違法なので、摘発の理由となる。

[泡踊り]
マットに寝転んだ客に、嬢が石鹸を泡立てて自身の体に塗り、胸や陰毛を使って体を洗うプレイのこと。一日に何度もこれを行うと嬢の肌が荒れるので、現在ではローションを使ったボディ洗いが一般的。

[壺洗い]
膣を壺に見立てて、椅子洗いやマットプレイの際に指やペニスを膣に入れて洗うプレイ。

[たわし洗い]
陰毛をたわしに見立てて、椅子洗いやマットプレイの際に陰毛で体を洗うプレイ。

[花時計]
騎乗位になった嬢が、挿入部分を中心にして回転するプレイ。

[潜望鏡]
浴槽で行われるプレイで、対面になった男性客の下半身を正座した嬢の太ももの上に乗せ、水面上に出たペニスをフェラチオするプレイ。

[二輪車]
男性一人に対して2人の嬢が同時にサービスを行うこと。3人ならば三輪車となる。

この辺りが、ソープランドのプレイでよく使われる用語です。
用語を知っていればどのようなプレイかを想像することが出来ますから、情報を仕入れる時に必ず役に立つことでしょう。

初心者向けソープランドで使われる用語集【上級編】

ソープランドで使われる用語は非常に面白いもので、前回は【初級編】ということで比較的良く使われる言葉を解説しました。
今回は【上級編】としまして、ちょっと耳慣れない用語も解説していきます。

[裏を返す]
一度入ったソープ嬢に再度入ること。店によってはこの回から本指名として扱う所もあるし、三回目から本指名とする場合もある。

[切り返し]
ソープ嬢と対面してから延長をすること。プレイ中に延長を決めたりするのもこれに含まれる。店によっては延長時間を本指名とする所もある。

[魚雷]
態度の悪い客のこと。地雷の対義語のようなもので、主にソープ嬢や店側が使う。

[姫予約]
店がソープ嬢の予約を開始する前に、ソープ嬢が客の予約を店に入れること。ソープ嬢の馴染みとなった客だけが出来るもので、予約が取りづらい嬢でも優先的に予約を入れられる。

[振替]
指名したソープ嬢とは別の女性をあてがわれること。指名した嬢が急に休んだとか予約で一杯だったなどの様々な理由で行われる。また、本来は在籍していないのに指名を受けて振替だけで営業するような悪質店が行う手法でもある。

[義理風呂]
主に新人のお茶をひきそうなソープ嬢に、店側が他店のボーイなどに客として入ってもらうこと。料金は店が出すこともあるが、ボーイの自腹であることも多い。女性を引き留めモチベーションを上げさせるためのいわばサクラ。

[裏引き]
ソープランドにおける御法度の一つで、店を通さずソープ嬢と客が直接営業を行うこと。バレればソープ嬢には罰金、客側は出禁などもある。

[ポン引き]
店の従業員になりすまし、路上で店へ誘導する振りをして別の場所でお金を巻き上げる人。繁華街に多く、楽しむどころかトラブルに巻き込まれる可能性の方が高いので、声を掛けられても絶対についていってはいけない。

[太客]
嬢によって定義は違うが、ダブルやトリプルで入ったり、ソープ嬢にとって金払いの良い客のこと。

[NG客]
嬢個人が接客不可とした客のこと。プライベートで知り合いだったり、嬢に嫌われたりするとなる。店には入れるので、同店の他の嬢に入ることは可能。

[店泊]
ソープ嬢が仕事終わりにそのまま店に泊まること。早朝ソープをやっている店などで、ラストまで入っていた嬢がそのままオープンからといった場合に行われる。

こんな所が、ソープランドでよく使われる用語です。
上級編には聞いたことがない用語もあったのではないでしょうか。
知っていればちょっと「おっ?」と思われるような言葉もありますので、話の種に覚えておくと良いかもしれません。

初心者向けソープランドで使われる用語集【初級編】

流通や小売、飲食に芸能など、どこの業界においてもその業界独自の専門用語というものがあります。
それらは当然風俗業界にもありまして、その代表たるソープランドでも数多くの専門用語があります。
今回は【初級編】として、比較的よく使われる用語の用語集です。

[ソープ嬢]
ソープランドで働く女性。コンパニオンとか泡姫と呼ばれることも。

[ボーイ]
ソープランドで働く男性。受付や客の案内、消耗品の補充などの雑用をこなす表に出る裏方。

[部屋持ち]
自分用の個室を持っているソープ嬢。その店のトップクラスの人気嬢で、割り当てられた個室の内装を自由にしたり出来る。主に高級店にこのシステムがあるが、大衆店や中級店でもソープ嬢のモチベーションアップにこの制度を取り入れている所もある。

[お茶をひく、お茶ひき]
指名などがなく待機状態のこと。ソープだけではなく水商売全体で使われる。遊郭時代からの名残で、かつては手空きの女性に提供用の茶をひかせていたことから。

[入浴料]
ソープランドの店舗側に入る料金。店に入る際にフロントに支払うのが通例。

[サービス料]
ソープ嬢が受け取る料金。個室に案内されてからソープ嬢に直接支払う。相場は、入浴料の1.5倍~3倍。

[総額料金]
入浴料とサービス料を合わせた料金。格安店や大衆店ではこの形式で値段を記載していることが多い。割引やら消費税やらが全て計算された額になっている。

[本指名]
一度接客をしてもらったことのあるソープ嬢を指名すること。本指名の数=その店での地位とも言えるので、本指名で入ると喜ばれることが多い。

[フリー]
ソープ嬢の選択を店側に任せること。写真などを見て選べることもあるが、その場合は店によって写真指名扱いになることも。基本的にお茶ひきの嬢があてがわれる。

[写真指名、パネル指名]
受付で用意されているパネルや写真からソープ嬢を選ぶこと。修正などによって美化されているのが基本で、写真とちょっとぐらい違う嬢が出てきても怒ってはいけない。

[口開け]
その日最初の客のこと。風俗用語としてソープ以外でも使われている。

[上がる]
一般的には仕事が終わる終業を意味するが、ソープ用語としては業界から居なくなることを意味する。

[下がる]
上がるとは逆に、一度辞めたソープ嬢が業界へ戻ってくること。

[飛ぶ]
ソープ嬢やボーイが、連絡無しに急に辞めてしまうこと。ハードな業界であるため、どの店でも必ず一度は遭遇する。

[地雷]
客から見て態度やサービスが悪いソープ嬢のこと。風俗全体で利用されている用語の一つ。

これらの用語は、インターネット上の掲示板などで情報交換などでもよく利用されていますので、ソープを利用するなら是非覚えておきたい用語です。