カテゴリー別アーカイブ: 初心者向けソープランドの遊び方

「痛客」「魚雷客」にならないために…

男性は、「女性から好かれること」が生きがいの一つでもあります。女性から好かれていないことを無意識で感じていれば、どこか自分に自信が持てず、フラストレーションがたまり、そしてコンプレックスまでも生まれてしまうものです。
これは、「ソープランド」という”サービス上の付き合い”であっても同様です。男性は、そこに女性が絡んでいる場合、病院であろうが、レンタルビデオ店であろうが、コンビニやガソリンスタンドであろうが「目の前の女性から好かれたい」という本能的願望があるのです。
しかし、一転「サービスする側」の女性からするとまた視点が違います。「痛客(いたきゃく)」「魚雷逆」男性客は、商売上仕方なくサービスはしても、女性の本心として受け入れがたい男性のタイプなのです。できればソープランドにおいても「痛客」「魚雷客」と噂されないような態度と振る舞いを心がけなければなりません。

●痛客・魚雷客とはどんな客?

ソープ嬢たちのスラングとして使われる「痛客」「魚雷客」とは、もちろん歓迎されない男性客のことです。痛客とは「痛い客」のことであり、料金を払っているのだから「お客様は神様です」を信じてしまっている高圧的な客や、ソープ嬢をすぐにでも落とせて店外デートに持ち込めると信じ込んでいる客などです。
また、大企業や高学歴を自慢する客も「痛客」として認定されてしまうこともあるようです。こういった男性客は、一般生活においても女性からあまりモテることはありませんが、ソープランドのように「客が少し上の立場でいられる」という状態では、その特徴に拍車がかかってしまうのです。
「魚雷客」とは、ソープランドファンで用いられる「地雷」をもじって作られた造語なのでしょう。サービスが悪かったり、テクニックが無い、年齢詐称しているようなソープ嬢のことを地雷といいますが、これの男性客バージョンが「魚雷客」だそうです。
魚雷客として認定されてしまう男性は、不潔であったり、店の規定を守らない、プレイが暴力的といった、コンパニオンに苦痛を与えるタイプです。痛客と魚雷客の線引きは曖昧ですが、どちらもコンパニオンに嫌われてしまう客、ということでは共通しています。

●ソープ嬢から好かれることはかんたん!

ソープ嬢たちは、ある程度どんなお客も受け入れる心の用意をしてくれています。高額の報酬を得られる仕事ですから、それは当然といえば当然なのです。反対に、そういった「女性に好かれやすい状況」の中で痛客・魚雷客と思われるというのは、相当性格的に難がある男性だということになるでしょう。
ソープ嬢に好かれるのはかんたんです。個室に入ったら、ソープ嬢の案内を素直に聞き入れ、そして優しくプレイをすることです。特に変態的なものでなかったら、プレイの要求はしても大丈夫です。
少しだけ気をつけなければならないのは、「会話」です。会話の量は多くても少なくてもかまいませんが、あまりソープ嬢の過去やプライベートに突っ込んだ質問をしないことです。「休みの日は何しているの?」くらいは全然大丈夫ですが、「どこのデパートによく行くの?」「どこに住んでいるの?」などというのは、”ストーカー対策”の観点から言ってもNGです。
そして、嫌われる男性客の多くが「自分アピール」が過ぎるようです。短い時間で、なんとか相手に自分を印象付けようとする心理から生まれる行為は、たいていソープ嬢から見ると良く映らないのです。

●おわりに

ソープランドは、普通に利用するだけならば、お客に求められることはほとんどありません。しかし、「ソープ嬢から好かれたい」と考えるならば、時間がかかるという認識を持ちましょう。ソープ嬢に不快感を与えず、本指名を何度か繰り返えせば、当たり前のようにこちらのことを好きになってくれるでしょう。

『ソープランド選び』SNSの罠にかからない方法

インターネットの普及によって、ソープランドを含む風俗店の情報がかんたんに入手できるようになりました。現在のソープランドの人気も、インターネットの存在がなくてはなしえなかったはずです。過去には、情報が乏しかったために、ソープランドでの失敗は数え切れませんでしたが、現在では風俗初心者であっても、自分の好みにマッチした店と女の子を選び、楽しむことができるのです。
しかしその反面、インターネットの間違った情報によって起きるマイナス面で損をする男性客もいます。ツイッターやフェイスブック、インスタグラムなどの一般投稿には、気をつけなければならない「罠」があることも知っておきましょう。

●高度な情報収集ができるSNS

一般的にソープランドの情報は、各ソープ店が配信しているオフィシャルページや、風俗情報サイトなどが配信するポータルサイトを利用します。しかし、これらは「ソープ業界側」が配信するものですので、本当の店の良し悪しを判断することは難しいのです。自分の店を悪く宣伝することはありませんから、これはビジネスとして当然のことです。
そこで、実際にソープ店で遊んだことのある男性の「口コミ」によって、宣伝ではないリアルな情報が得られるサービスとしてSNSは役に立つのです。SNSは風俗業界ではなく、飲食店の評価や、家電製品の体験談報告など、多くのジャンルで活用されています。
めぼしいソープランドがあれば、その店をそのままSNSで検索することで、多くの男性客の体験談と生の評価を知ることができるのです。一歩踏み込んだ高度な情報を入手できるのが、SNS最大のメリットだといえるでしょう。

●しかしSNSには「罠」がある

しかし、SNSを始めとしたインターネットの世界は「正善説」で成り立っています。利用者がすべて善人であるならば、これほど有益なアイテムはないのですが、中には悪いことを企む輩も少なくないのです。
それは「嫌がらせ、腹いせの口コミ投稿」です。最近ソープ店でのお客のマナーの悪さが問題になっています。店の約束事を守らなかったり、信頼関係を築く前に店外デートに誘い、断られるなどの「困ったお客」が増えているそうです。
こういったマナー違反の客には、ソープ嬢の方でも厳しく接するのが当たり前なのですが、冷たくあしらわれた男性客がSNSに有る事無い事を書き込んでしまうのです。こういった行為は店側にはかなり迷惑なのですが、対処する方法もありません。
また、そういった嘘の書き込みを信じ込んでしまうお客もまた、得をすることはないのです。こういったSNSの罠にはまり込んで、せっかくの優良店を逃さないためにも、防御策を持っておく必要があります。

●SNSの罠にかからないための防御マニュアル

ソープランドには限りがありますから、せっかくの優良店を、逆恨みした客の書き込みによって選択肢から除外することは損失です。SNSの嘘の書き込みに惑わされないための防御策を覚えておきましょう。

〈嘘の書き込みを見破るコツ〉
1.悪い書き込みの投稿者名を覚え、連続で書き込んでいないか確かめる
2.悪く書き込まれた店・ソープ嬢の名前を再検索して他の書き込みを確かめる
3.悪い書き込みが「感情的」な文章になっていないか確かめる

腹いせで悪い書き込みをする場合、冷静さが失われて感情的になり、また同じスレッドに「連投」しているのが普通です。虫の居所が収まらない人間はとにかく”しつこい”のです。
また、同店舗、ソープ嬢を他の人の書き込みで確かめることも大切です。ツイッターで悪い書き込みを見つけたら、別のSNSであるミクシィや2ちゃんねる、爆サイなどで検証する方法も有効です。

●おわりに

便利さの多いインターネットですが、すべてを信じ込むことは危険です。数え切れない情報の信憑性を疑うことも、インフラ化しているネットを安全に利用するコツだと言えるでしょう。

初心者向けソープランドの遊び方 ~後編~

前回までで、初心者がソープランドでの遊び方の準備編はお終いです。
今回は、ついに実際にお店で遊ぶ際についてのお話です。

【STEP3・ソープランドでのプレイについて】
予約した時間にソープランドに着いたら、まずは受付を済ませます。
受付が済むと、店のボーイさんに待合室に通されるかと思いますので、まずはそこでサービスの準備が出来るまで待つことになります。
予約してるのに待つとはおかしな話かもしれませんが、この待つ間というのももうソープランドでの遊びの一環なのです。
待っている間は待合室の雰囲気や期待感を楽しみましょう。
個室の準備が出来次第呼ばれて、案内されて浴場へ向かうことになります。

個室に入ったらあとは女性に任せて楽しむだけなのですが、一般的なサービス内容の流れを解説しますと、服を脱いで即即、即即が無いなら椅子を使ったプレイからマットプレイ、浴槽でのプレイをしてからベッドプレイへという流れです。
格安店であればマットプレイが省略されることが多くなっています。
この流れの中で、店のルールによって回数無制限であったり2回までといった形になります。

この時の注意点としては、元を取ろうとガツガツするのは非常にみっともないですし、女性に嫌われる原因になりますから控えた方が良いでしょう。
ヘルスなどと違ってサービス内容に制限が無いとはいえ、女性が嫌がるような行為を強要したりするのはマナー違反です。
あくまで大人の遊び場であることを自覚し、常識のあるゆったりとした余裕のある行動を心掛けましょう。
また、ソープランドが初めてであれば、サービス開始前に女性にその事を言っておくと良いでしょう。
数ヶ月もソープで働いている女性であれば、そういった男性の相手も何度もしていますから、下手に勝手に動かれるよりもサービスがしやすいと言われています。
女性によっては、そういう相手に手抜きのサービスをする人も居るかも知れませんが、そういった女性を避けるために前もってネットなどで情報収集をしておくのです。

以上、3回に渡りソープランド初心者が実際に遊ぶまでの流れを説明しましたが、ソープランドで遊ぶというのは別段難しいことではありません。
出発前に行った様々な準備は、実際に店で遊ぶ際に活きてくることです。
これら熟読しておけば、まずソープランドへ行って後悔するというような事態に陥る可能性は大きく減らすことが出来ます。
あとは同じ女性をリピート指名していくなり、新しいお店や女性に行ってみるなりと、自分だけのソープランドの楽しみ方を作り上げていきましょう。

初心者向けソープランドの遊び方 ~中編~

さて、前回はお店の選び方についての記事でしたが、今回はお店を決めた後のお話となります。
お店に行く前にやっておくことなどを中心に説明します。

【STEP2・ソープランドへ行く前にしておくこと】
無事に行くお店を決めたならば、まずは予約をしておく必要があります。
予約をしないフリーでという方法もありますが、そういった場合はほぼお目当ての女性に入ることは出来ませんので、目星を付けた女性に入るならば前もって予約をしておきましょう。
予約の方法は簡単で、ホームページなどにお店の電話番号があるのでそこへ掛けて予約を入れるだけです。
その際「店の利用は初めてなんですが」と告げれば、お店の人がシステムなどの説明してくれることでしょう。
また、ソープランドは基本的に入浴料とサービス料が別になっていて、ホームページには入浴料しか記載されていないこともありますので、総額の料金なども確認しておくと良いでしょう。
無事に予約が済めばあとはその時を待つだけですが、行く直前になったらちょっとやっておくことがあります。

ソープランドに行く直前にやっておくこと、それは身だしなみを整えておくことです。
まず、必ずシャワーを浴びておきましょう。
「お風呂入りに行くのにシャワー浴びるの?」と疑問に思うかもしれませんが、前もって清潔にしておくのとそうでないのでは、女性に与える印象は大きく変わります。
女性も意思がある人間であり、第一印象の良い男性にならより好意を持って接してくれるはずですから、その為の下準備というわけです。
もちろん服装なんかも同様で、オシャレにとは言いませんがよれよれのTシャツとかではなく、洗濯したての襟付きシャツとかにしておくとか、靴も薄汚れた物ではなく綺麗に洗って磨いてあるような物が良いでしょう。
歯磨きをして口臭に気を付け、爪も短く切ってヤスリで滑らかにしておかないと、プレイに支障が出ることもありますので、徹底しておきます。

ここまでの準備が出来たら、後はお店へ向かうだけです。
予約時間に遅刻しないように、少し余裕を持って店に行けば待合室でちょっと落ち着く時間が取れます。
また、ネットで情報収集をしていると差し入れ云々という話を目にするかもしれませんが、それは気にする必要はありません。
そういった事はあくまで気に入って何度かリピート指名をするようになってから、気遣い程度に行うもので、初対面からいきなり差し入れなどは逆効果ですしお金の無駄ですからやめておきましょう。

次回は、一番重要なプレイについてのお話です。

初心者向けソープランドの遊び方 ~前編~

風俗の王様として知られるソープランド。
風俗デビューにまずはソープランドを、と考える男性諸氏も多いのではないでしょうか。
しかし、「ソープランドに行きたいけれどよくわからない」なんていう話もよく耳にしますし、ソープランドについて誰かに相談するというのも何かと気恥ずかしいものです。
そこで、初心者がソープランドで遊ぶにはどうしたら良いのかを、ステップごとに解説していきましょう。

【STEP1・店選び】
ソープランドで遊ぶための第一歩として、まずは店選びが重要です。
ソープランドでどれだけ満足出来るかというのは、8割方この段階で決まります。
ソープランドと一口に言っても、そのクオリティというのはまさにピンキリ、値段もピンキリです。
近年では減ってきたとはいえ、悪質な店もありますから事前にしっかりと情報収集をしておかないと、変な店で後悔することにもなりかねません。

ではどのように選ぶかというと、まずは先立つものがどれぐらい用意出来るのかによって変わりますが、初心者であれば最低でも大衆店~中級店ぐらいの価格の店が良いでしょう。
価格としては3万円前後といったところで、時間も長すぎず短すぎずの80分~100分程度となっています。
この時間ですと、ソープランドの醍醐味であるマットプレイなども十分行われますし、マット以外のプレイも時間を気にすることなく行うことが出来るでしょう。
「初めてならとにかく安い所で様子見の方が」と考えるかもしれませんが、格安店などではソープランドとしてのサービスが時間的にも十分でないことが多く、他の風俗と大して違いを感じられることは少ないかもしれません。
逆に、高級店だと時間が2時間近くにもなりますので、時間を持て余してしまったり店の雰囲気に気圧されて気分的に楽しみきれないこともあります。
だからこそ、価格・時間ともに程々の大衆店~中級店というわけです。

予算が決まったら次は情報収集ですが、情報を調べる際には必ずインターネットで様々な方向から情報を集めることが重要です。
街の風俗案内所などで聞くのはオススメ出来ません。
ああいう所の案内人は店からお金を貰って人を呼ぶだけなので、必ずしも良い店を勧めてくるとは限らないからです。
風俗情報サイトなどでは、その地域にある大体のソープランドをリスト化して価格帯ごとに分類していたりするので、そこから予算に合わせた店を選び、ホームページを見て女性を選びます。
その店についてのネット掲示板や体験記などを探してみると、店の大体の雰囲気がわかるでしょう。
何となく気になった店や女性をピックアップして、調べておきましょう。

次回は、実際にソープランドへ行く前に準備しておくことなどを中心にお話します。