カテゴリー別アーカイブ: 未分類

今では信じられない昔ホントにあった風俗店

昔、夜の歓楽街はリスクを覚悟で遊ばなければなりませんでした。
現在の洗練されたハイクオリティーなソープランドしか知らない若い男性ならば、にわかに信じがたいものですが、ホントにあった質の悪い風俗店の話です・・・。

●女の子が1人しかいない風俗店

昔は現在とは違い、女性の貞操観念も強く、風俗店はコンパニオン探しに苦労したものでした。
しかし、風俗という商売は、たとえ女の子が1人でもそれなりに稼げてしまうもので、ホントに1人しかないのに店舗型の風俗を経営しているところがたくさんあったのです。
サービスがとくに悪いわけでもなく、料金も妥当なので、1回経験して味をしめ、2度、3度と来店をしても出てくる子はいつも「同じ子」。
店員は「みんな予約が入っちゃってて」などと言い訳をしますが、それも限界があります。
超小型の店舗型サロンや、黎明期のデリヘルによくあった話です。
現在の100人超えの在籍を誇るソープランドが乱立する状況を当時の風俗経営者は予想できなかったでしょうね。

●NGの多い風俗店

昔の風俗店には、あまり「接客指導」という概念がありませんでした。
いくばくかのお金を払えば女性が体を提供してくれる、という事実そのものに大きな価値がある、という考えなのでしょう。
なので、風俗嬢の方も好き放題でNGが非常に多い風俗嬢がたくさんいたのです。
「キス・クンニ・フェラがだめ」、「今日は生理だから・・」と一方的に言われ、パンツさえ脱がない風俗嬢もめずらしくありませんでした。
笑顔でお客の要望になんとか応えようとしてくれる現代のソープ嬢のありがたさは、この当時の風俗を知っているオヤジ世代のほうが実感できているはずです。

●パネルが別人

昔からコンパニオンをこちらが選べる「グラビア」「パネル写真」は存在していました。
しかし質の悪い風俗店では、選んで出て来たのが「まったくの別人だった」ということがよくあったのです。
現在のソープランドで言われる「パネルマジック(パネマジ)」などという生易しいものもではありません。
何しろ「別の人」なのですから・・・。

●店員が怖い・凄まれる

昔の風俗店の店員は、ひと目見て「その筋の人」みたいな人が大半でした。
客商売では考えられないことですが、お客が気に入らないと凄んでくるような非常識な輩もいました。
こういった昔の風俗店の存在が、日本人が風俗店に対する嫌悪感をもつことになった原因です。
現在のホテルマン並みの接客を誇る高級ソープを見ると、「いい加減な奴らは生き残れない良い時代になったのだ」と嬉しくなるのです。

●不潔

昔の風俗店はとにかく不潔だった記憶があります。
壁は剥がれ、ちゃんと衛生管理をしているのか?と疑いたくなるようなタオルやアメニティグッズ、ベッドなど、まるでスラム街の売春宿を彷彿させるような質の低い風俗店が山のようにありました。
現在のカフェやリゾートホテルを思わせるようなソープランドの内外装などの設備を知ると、二度と昔に戻ってほしくないと願うばかりなのです。

●おわりに

いつ、何をきっかけに風俗店のクオリティーが高くなったのかは不明ですが、とにかく「時代は変わった」と感じさせられます。
現在のハイクオリティーの「常識」の部分が作られていくのに、ソープランド業界の進化が一役買っていることは間違いのない事実です。

日本最高額のソープランドは1回で20万円

ソープランドで遊ぶことを趣味とする人達にとって、最高級の贅沢というのは高級ソープで遊ぶことではないでしょうか。美人で品がある最上級の女性からまるで王様になったかのようにもてなされ、最高のサービスを受けることが出来るというのが高級ソープなのですが、弁護士とか医者などのいわゆるVIP層と言われる高額所得者ならまだしも、一般の所得レベルではなかなか遊びに行くことは出来ません。

高級ソープの定義というのは、一般的に「基本コースが50,000円以上」となっています。地域的な相場があるので一概にこれが当て嵌まるというわけではないのですが、ネットが普及して情報がある程度広まりやすい現在では大体がこの基準に従っているのではないでしょうか。その中でもさらに高級な部類は最高級ソープとか超高級ソープなどと呼ばれて、70,000円以上の店がそれに該当します。

さて、そんな最上級ソープの中でも「日本で最も高いソープランドというのはどこなのか」というのは興味が湧く部分ではないでしょうか。日本にある1200軒あまりのソープランドのうち1割あるかないかの高級ソープ、さらにその中でも最高額を争うのが、東京の吉原にある『ラブボート』と神奈川の川崎にある『琥珀』という2店です。

まず、吉原の『ラブボート』で、ハードサービスで有名なお店で、昔ほどの活気が無いと言われる吉原でも高い人気を維持している店です。こちらの最高額はダイヤモンドクラス(VIP)というコースで200分で170,000円となっています。価格だけで言うのであれば、コンパニオンが3人付くプレミアというコースもあるので、そちらも考えるともう少しいくかもしれません。

次に、川崎の『琥珀』ですが、こちらは360分で入浴料が129,000円となっていて、『ラブボート』に近い時間ですと240分で入浴料89,000円です。これは入浴料であって別途サービス料が掛かりますので、総額的には倍の360分260,000円とか240分180,000円か、それよりもちょっと多めぐらいになると予想されます。若干設定時間が違いますので、一概にどちらが上とは言い難いのですが、こちらもコンパニオンが複数付くプレイがあるので、そちらも考慮するともっとかかるでしょう。

どちらも1人のコンパニオンで20万に届こうかというぐらいですから、これが二輪車三輪車ともなれば50万近い金額になってしまいます。あまりにも高額になっていて、ちょっと想像しづらいかもしれませんね。宝くじにでも当たったら、是非遊んでみたいものです。

スペシャルプ○イ!こんなソープランドのテクニックで昇天しました!

男はみんな”アブノーマル”です・・・。

とくに最近のインターネットの普及で、いつでもアダルト動画を観られる環境にあるのですから、ノーマルでいられるはずもありません。

しかし、嫁や彼女の有無に関わらず、アブノーマルプ○イを実現させることは難しいのです。

相当な変態性をもった女性でないと、AV女優のようなことはしてくれませんし、そんなことをしてくれと頼んだら人間性まで疑われるような事態にもなりかねません。

そんな、欲求不満男性の強い味方となってくれるのが「ソープランド」です。

ソープランドのスペシャルプ○イの数々をみていきましょう。

●全身リップ

ソープランドのマットプ○イのスタートが「全身リップ」です。

キスから徐々に降下していき、足の指まで舐めてくれ、そこからフ○ラに移行していくのです。

これは「射○させるテクニック」ではありませんが、一般女性が絶対にやらないプ○イです。

むしろ、全身リップは男性が女性に対してするものですので、反対のプ○イはソープランドでしか味わえないものだといえるでしょう。

著者もこれを最初に味わったときには射○をこらえるのが必死でした。

何度も発射する自信がある人ならば、思い切って挿入前にぶちまけてしまうのもOKです。

●ア○ル責め

男のア○ルは”最も不浄な部位”として、一般女性がまず触れることがない場所です。

このア○ルをソープ嬢はなんのためらいもなく責めてくれるのです。

どんなソープ嬢でも「ア○ル舐め」くらいは頼まなくてもしてくれますし、中には指を挿れて前立腺を刺激したりもしてくれます。

ア○ルにちなんだ”スペシャルテクニック”としては、「ア○ル舐め&手コキ」や「指入れ前立腺マッサージ&フ○ラ」という、ハイブリッド系の技があります。

これをされた時の、下半身に感じる浮遊感とともに昇天は筆舌しがたいほど独特なもので、一度経験すると依存症になるほどの強い快感を得ることができるのです。

●マウントポジションでプ○イの数々・・

風俗でソープランドのみが『本○』を許されていることから、ソープ嬢の「挿○してからのプ○イ」はハイレベルでバリエーションも豊富です。

一般女性でも騎○位くらいする子はいますが、その多くは「自分が気持ちよくなるため」にするものです。

これに対し、ソープ嬢のマウントポジションでのプ○イは、完全に「奉仕型」といえます。

膣壁に円を描くように擦り付けられるペニスの感覚は、ソープランド以外で味わえることができません。

「騎○位抱きつきキス」「騎○位&同時パイズリ」「騎○位&睾丸マーサージ」などのプ○イで射○すると、「俺はこれを求めていたのだ!」と叫びたくなるほどの満足感を享受することができるのです。

今回ご紹介したプ○イは、ソープランドでは初期設定として当たり前のように行われるものです。

「二輪車」と呼ばれる3Pプ○イや、拘束、SM、コスプレ、痴女プ○イなど、さらに高みを目指したい人には「上の世界」も存在しています。

アダルト動画などを観て、変態願望がふつふつと湧き出てきたら、嫁や彼女に頼まずにソープランドへ出かけましょう。

恐るべき女の鏡!ソープ嬢が尊敬できる理由

現在の日本では少しましになりましたが、どの国でも売春婦やソープ嬢のような女性たちは蔑視され続けてきました。
しかし、ほんとうに彼女たちを見下すような目で見ることが正しいのでしょうか?

実際に深くソープ嬢と知り合って理解を深めるに従って、こういった「世間の目」がいかに誤解だらけであるか実感することができるのです。

●”セックス”は誰にでも商売にすることはできない!
飲み会や夜の街で知り合った女性と、行きずりのセックスをした男性は多いでしょう。
また、出会い系サイトなどで違法の出会いを体験した場合なども同じです。

男性はとにかく性のはけ口だけを求めて「一夜の恋」に耽るのですが、その時に得た満足度というのは「射精したことによる」ものだけです。
もちろん相手の女性に「テクニック」など求めませんし、それは「お互いが楽しんでいるだけ」の行為なのです。

これに引き換え、ソープ嬢の場合はどうでしょう。
正直、彼女たちはセックス楽しんでいません。
しかし、行きずりのセックス以上の満足感を男性客に与えているのです。
逆にいうと「自分が楽しんでいたら相手は満足させられない」のが性風俗の性質なのです。

行きずりの恋ではなくても、普通の男女間のセックスではどうでしょうか?
逆に男性が女性に「あの人ヘタ」なんてことを言われてしまうことだってあります。

そうです、ソープとはじめとする「性風俗」は自分の楽しみを犠牲にした上に成り立っている商売であり、それは誰にでもできるものではないのです。

●「自分の力で生きる」ソープ嬢たち
ソープ嬢になる女性たちの多くに「借金問題」があります。
「お金のために体を売って・・」これが世の女性たちが風俗嬢を蔑視する理由です。

しかし、これが最大の「勘違い」なのです。
世の中には多くの「自己破産」の事例が存在します。
これは国が保証するものですから、当然の権利です。

ただ、お金に困ってカードを申請したり消費者金融で借り入れをし、それを払えなくなって「踏み倒す」のが自己破産なのです。

また、日本という国は「餓死できない国」と言われるほど社会保障が整備されています。
最後の最後には「生活保護」という制度で、他者の支払った税金で生活をしていくこともできるのです。

こういった環境の中で、ソープ嬢たちは「自分の力で生きる」選択肢を選んだのです。
借金を踏み倒すこともなく、社会保障を受けるでもなく、自らの体を切り売りして稼ぐのが彼女たちの真の姿なのかもしれません。

●恋人や奥さんと比べたら?
ホストに貢ぐためにソープへ・・・これもよくあるソープ嬢のパターンです。
しかし、彼女たちにとっては、ホストであろうが”純愛”に違いありません。
普通の恋人や旦那と変わらない感覚でホストと付き合うのです。

ここで、男性たちは自分の恋人や奥さんとくらべてみましょう。
自分の収入が少なくて生活苦に陥ってしまったときや借金で苦しんでいる時に、自分の彼女や奥さんが、「じゃあ、私が風俗で稼ぐから心配しないで!」などという行動を起こしてくれる女性がどれだけいるでしょうか?

たいていは「甲斐性なし!」の捨て台詞とともに別れを切りだされるのがオチです。
それに比べてソープ嬢はどうでしょうか?
比べるまでもありませんね・・。

実際に昔ソープ嬢には「ヤクザの女」が多かった、と言います。
男を立て、恥をかかせないために自分を犠牲にしたのです。
そんな彼女たちは「女の鏡」といってもいいし「最高の女」と賞賛すべき人たちなのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?
力強く生き抜くソープ嬢は、か弱い女性にして「恐るべき存在」と言ってよいほどに「肝の座ったいい女たち」なのです。